糖質のメリット・デメリット。筋トレと糖質の密な関係性!

糖質のメリット・デメリット。筋トレと糖質の密な関係性

糖質と聞くとダイエットには制限が求められるイメージがある成分ですが、筋トレで筋育を増やしたい場合は、どのように取り入れるのが効果的なのでしょう。糖質について詳しく知っておきますと、自分にとって大切なものであると理解できますので、効率良く理想の体型に近づけます。糖質について詳しく紹介しましので、是非参考にして下さい。

筋肉を増やしたい人が筋トレで糖質が必要なメリット

筋肉を増やしたい人に必要な糖質
筋トレをしている方の多くは、理想とする体型を目指して日々努力しています。糖質を摂取して筋トレ効果を上げることは可能なのでしょうか。

運動の効果により血液中の糖分が筋肉に運ばれます

糖分を必要以上に摂取しますと脂肪が増えるイメージですが、運動の効果を活用することで脂肪に行くことがなくより理想的な体型になれる筋肉に届きます。筋肉に届いた糖分は、エネルギーや疲労回復に用いられますので、結果として無駄な脂肪とならず筋肉内で有効に利用されるのがメリットです。

どのくらいの糖質を摂取すればいいの?

運動をすることでエネルギーに変えられるのであれば、沢山摂取しても良いのでは?と感じてしまします。しかし必要以上に摂取した分は、過剰な糖分としてエネルギーに変えられること無く、脂肪として蓄積されてしまいます。

1日に必要な糖分の摂取量

年齢や体型によっても異なる1日に必要な糖分の摂取量は、100gから150gとされています。無理な制限などは健康上好ましくありませんので、適度な糖質を摂取してどんどんエネルギーに変える努力をする方が効果的です。

糖質を摂取するベストなタイミング

では糖質はいつ摂取するのが好ましいのでしょう。ベストなタイミングを知っておきますと、無駄なく栄養補給が行えますので、筋トレの効果を一層高めることに繋がります。

筋トレの前?後?糖質の摂取に適したタイミング

タイミングが重要な筋トレ時の糖質摂取ですが、筋トレ中から筋トレ後の3時間がベストとされています。その理由は、筋肉のインスリン感受性が高まるタイミングであり、脂肪に対するインスリン感受性が低くなっています。このタイミングで摂取した糖分は、脂肪ではなく筋肉に働きかけるため、筋肉が育つことから脂肪が大きくなることはありません。

痩せたい人は糖質制限と筋トレで脂肪燃焼できる

痩せたいと考えた場合、糖質制限か筋トレのどちらか一方でダイエットしようと考えることが多いですが、筋トレを加えることで更にスリムになれる可能性が高まります。どうしてそのようなことになるのでしょう。効果とメリットも一緒に紹介します。

糖質制限と筋トレで痩せられる理由

血液中の糖や脂肪の多くは、運動をすることで筋肉に送り込まれます。無駄なく摂取した糖質を、筋トレの運動効果によって筋肉を増やし、糖質の制限をしながら理想的な筋肉質の体液を入手できます

効果・メリット

糖質制限で痩せる
筋肉が増えて蓄積された脂肪が減少することのメリットは大きく、新陳代謝の上昇や冷え性の改善など、長年悩んできた症状を持病や体質だから仕方がない…と諦めること無く体の内側から大きく変えられます。

痩せたい人の糖質制限はどのくらいすればいいの?

では痩せたい人はどの位の糖質制限をすれば良いのでしょう。無理な制限は長続きせず、我慢の反動で暴飲暴食をしてしまうリバウンドに繋がりますので、十分注意して糖質を摂取しましょう。

痩せたい人はどの位の糖分を摂取していいの?

あまり制限をし過ぎて糖分が少なすぎますと、一日中ぼんやりしてめまいなどの症状に繋がりますので、1日100g以下を目標に制限しますと、無理なく続けながら空腹感で苦しむ心配もありません

痩せたい人の筋トレ方法と糖質制限方法

本気で痩せたい方が糖質制限と筋トレをする場合、どのような方法が良いのでしょう。今すぐ始められるそれぞれの方法を紹介します。

糖質制限中に良い筋トレ方法

自宅でもジムでもできることから、筋トレの王道メニューとなっているスクワットがおすすめです。シンプルな動きの中にも、下半身だけでなく腹部を強化できる運動です。ダンベルなどを用いることで一層効率良く運藤できます。

筋トレの効果を高める糖質制限の方法

筋トレの効果を高める糖質制限
筋トレに効果的な高たんぱく低糖質の食材を用いるのがおすすめで、特に蒸した鶏肉はシンプルな味付けで野菜と一緒に食べることで、筋肉の発達に良い食事が実現できます。腸内環境を良くするためにも、肉だけを食べるのではなく野菜や水分も一生に取り入れましょう。

まとめ

いかがでしたか。糖質と聞くとダイエットの敵というイメージがありますが、実は正しい摂取方法を学ぶことで、筋トレをした時の効果を一層高める優れた成分に生まれ変わります。運動をするからと言って過剰な糖質の摂取や無理な制限はあまり良くありませんが、自分の体型や運動量に見合った数値を知っておきますと、糖質を脂肪ではなく筋肉へ届けられます。興味がある方は、是非始めてみてはいかがでしょうか。