空腹時の筋トレはNG?食事をとるベストなタイミングは?

空腹時 筋トレはNG 食事 ベストタイミング

空腹時に筋トレを行うとどうなるのか?どのタイミングで食事をとるのか?意外と筋トレの疑問は多い物ではないでしょうか。ダイエットや健康に筋トレを行う方も多くなっていますが、行うタイミングを間違うと効果が半減してしまう場合もあります。そこで今回は、筋トレを行うタイミングと食事を摂る際のベストなタイミングを紹介していきます。

空腹時に筋トレはNG!

空腹時 筋トレはNG 
筋トレは自宅で空いた時間に行う方も少なくありませんが、トレーニングを行うタイミングは効果を左右するとされています。就寝前に行うという方もいますが、いつやれば良いのかはっきりと把握して行っているという方は少ないかもしれません。空腹時の筋トレはNGと言われていますが、どうしてでしょうか?

ダイエットしたい人は空腹時がおすすめ

空腹時 筋トレはNG ダイエット時 おすすめ
ダイエットを目的として筋トレを行いたいなら、空腹時がおすすめです。脂肪から直接エネルギーを補給することはダイエットには無視できないもので、脂肪燃焼を目的に行いたいなら、食前の空腹時に有酸素運動を行うことが最適です。

しかし、空腹時に筋トレを行うと、筋肉量が減少しやすくなるデメリットがありますので、食後に無理のない程度の筋トレを行っておくことがおすすめです。

筋肉の増量なら空腹時はNG

筋肉の増量を目的としている場合は、空腹時はNG。何故なら、筋肉量は負荷をかけることでしか増やせませんので、空腹時ではタンパク質や炭水化物などの様々な栄養素が不足し効率良く筋肉が作られません。従って体内に栄養素がタップリある時に行うのがベストです。筋肉増量を目指しているなら食後にしっかりと行いましょう。筋トレのパフォーマンスの質が上がり、筋肥大をサポートしてくれますし、トレーニング後にタンパク質を中心にバランスの良い食事を摂ると超回復を早めてくれます。

満腹時に筋トレを行うのはNG?

満腹時 筋トレはNG 食事 ベストタイミング
食後でお腹がいっぱいの時にすぐに筋トレを始めるのはNGです。満腹時にすぐに運動すると、消化不良を起こし身体に負担が掛かってしまいます。また、血中のグリコーゲンが増え、運動しても消費カロリーが脂肪まで届かず無駄に終わってしまいますので、ダイエット目的の場合は注意しましょう。筋肉増量目的の場合は、食後のタイミングで行うことは効果的とされていますが、やはり満腹時は避けた方が良いでしょう。満腹時は集中力にかけ、脇腹が痛くなったり吐き気をもよおしたりと身体に影響が出やすくなりますので、少し時間を空けてから行うのがベストとされています。

ベストなタイミングは?

筋トレ 食事 ベストタイミング
筋トレのベストなタイミングは、ダイエットや筋肉増量など目的によって違いがあります。せっかく筋トレをしているのに、なかなか効果が現れないとやる気も下がりますのでベストなタイミングを探ってみます。

食後2時間以上経過してから筋トレがベスト

ダイエット目的の筋トレであれば、食後2時間以上経過してから行うのがベスト。ダイエット目的の筋トレは、日中の代謝を上げることが目的となりますので、午前中が効果的とされています。その理由は、脂肪分解効果を最大限に得られる点が挙げられ、朝食後2時間以上たってから行うと良いでしょう。しかし、なかなか時間が取れないという場合は早朝トレーニングを行うのも一つの方法です。その場合は、十分に準備運動を行って身体を温めてから始めるのがポイントとなります。

筋肉の増量目的の場合は筋トレ前に少しだけ食べる&筋トレ後早めにタンパク質を!

筋肉の増量を目的としているなら、筋トレ前に少しだけ食べてから始めると良いでしょう。食べる際にはバナナなどの消化が良いものがおすすめです。筋トレを行った後は終わってから30分以内にタンパク質を十分に取ることも忘れないようにしましょう。

タンパク質は、筋肉増量には欠かせない栄養素で、トレーニングによってできた筋肉の損傷を効率的に回復させてくれますので、早めにタンパク質を摂ることはそれだけ筋肉にとっても効果があるとされています。

筋トレ前にBCAA摂取もおすすめ!

筋トレを行う際におすすめのサプリメントにBCAAがあります。BCAAとはアミノ酸サプリメントのことで、筋肉の疲労緩和や損傷の回復促進などに対して効果が期待できます。筋トレ前に摂取するとタンパク質の筋繊維合成を促してくれ、筋損傷回復の効率がアップします。アスリートの方は摂取している方も少なくないようですが、そうでない方でも筋トレを行う場合には需要なアミノ酸が含まれていますので、筋肉増量を目指すなら試す価値ありです。通常の食事からでも摂れる栄養素ですが、このアミノ酸は運動することで燃焼しエネルギーとなるという特徴を持っており、BCAAを摂取することで空腹時でもトレーニングに必要なエネルギーを速攻で補給できますので、筋トレ前に摂取しておくことがおすすめです。

まとめ

筋トレは、目的によって空腹時に行って良い場合とそうではない場合があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、最適なタイミングで行いましょう。タイミングが重要とは言っても、続けられなければせっかくの努力も意味のないものになってしまいますので、無理をせず自分なりに続けられるタイミングがベストと言えそうです。