アミノ酸たっぷりBCAAとは?1kgでどれくらい入ってるの?

筋力トレーニングに欠かせない補助食品などのアイテムは、できれば効率良く摂取して体に取入れたいものです。今回紹介するBCAAは、プロテインなどに比べてメジャーではありませんが、有効な成分が含まれた商品が数多くあります。是非今後の商品選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

BCAAとは?


あまり馴染みがないBCAAですが、筋力トレーニングをする方にとっては、体に取入れることが常識になっています。ここでは、BCAAに成分などについて紹介します。

どんなもの?BCAAについて知ろう

BCAAとは Branched Chain Amino Acidsの略称で、分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。必須アミノ酸にも含まれるバリンやロイシン、イソロイシンがこれにあたります。私たちの体を作るタンパク質のもととなっているのがアミノ酸です。アミノ酸には、数多くの役割があります。様々な働きで体をサポートしてくれていて、アミノ酸がもたらす効果はとても大きいです。アミノ酸は、タンパク質の構成物質で、私たちの体をつくるだけでなく、生きるための活動を続けるために重要な働きをしています。

BCAAは沢山摂取した方が良い?

筋力トレーニングをする方を始め、多くの方が体に取入れることができる栄養素ですが、過剰に摂取しても、結局は余分な分量は体外に排泄されてしまいます。用法や用量を守って、適度な分量のBCAAを摂取することをおすすめします。

いつ摂取するのが良い?

BCAAをどのタイミングで摂取するのが良いのかを知っておきますと、効率良く成分を有効利用できます。BCAAは、運動前に摂取することでより効果的な働きをするとされていますので、筋力トレーニングをする前に飲むような習慣を身につけましょう。

BCAAの効果は?

BCAAには有効な成分が含まれていることが理解できましたが、どのような効果がるのでしょうか。せっかく摂取するのであれば、効果内容を理解してから取り入れた方が良さを実感できます。是非活用してみてはいかがでしょうか。

筋肉の分解を防ぐことができる

筋力トレーニングを行っていますと、普段の生活では使用しない筋肉を使うことや、想像を超えた運動量で筋肉を酷使する場合があります。そのような時でも筋肉の分解を防げるBCAAを摂取しておきますと、理想の体形を目指しながら運動効果を高めることができます。

疲労の予防や回復力の促進

ハードな運動量になる筋力トレーニングは、疲労感が大きいので現状に戻るまでに時間を要してしまいます。そのような場合にもBCAAを摂取しておくことで、疲労回復の力を存分に生かしながら、疲れにくい体づくりにも貢献します。すぐに疲れてしまいますと、せっかくのトレーニング時間を有効利用できないだけでなく、ベストなパフォーマンスができないことで、時間を掛けて筋力トレーニングをする意味がなくなってしまいます。

体脂肪の減少にも貢献


BCAAは体脂肪の減少にも貢献します。筋力トレーニングに効果を高めてダイエットをしたい場合には、脂肪を燃焼させて筋肉を増やすことで実現します。BCAAを摂取しますと、気になる余分な脂肪を減少させて、引き締まった体形を目指せます。

オススメのBCAAご紹介

BCAAは多数のメーカーから商品が販売されています。最近ではドラッグストアでも気軽に購入できるようになり、プロテインほどではありませんが、多くの方から知られるようになってきています。一体どのようなBCAAが良いのでしょうか。

BCAAパウダー エクステンド BCAA+シトルリン マンゴー味 1243g

人気にマンゴー味で飲みやすいBCAAは、約90杯分のお得サイズになっています。残量を気にせずたっぷり毎日利用できるBCAAは、飲みやすく見ずにサッと溶けやすい商品がおすすめです。付属のスポーンがあるので、計量しやすく素早く準備ができます。

BCAA お得サイズ1kg パウダー MRM BCAA+Lグルタミン レモネード

飲みやすいレモネード味は、特に女性に人気のBCAAです。本場アメリカでもプロボディビルダーなどが愛用する本格的なBCAAパウダーです。一回分でLロイシン2500mg、Lバリン1500mg、Lイソロイシン1000mgが摂取できます。更には1000mgのグルタミンも配合された商品で、シュガーレスなのでカロリーも気になりません。

DNS BCAAパウダー200g

初めてでも安心の200g商品で、お試しで購入できるコンパクトサイズが人気です。付属のスプーンで計量するだけですぐに飲めるBCAAは、ジムなどの外出先でも準備がしやすくなっています。さっぱりとしたグレープフルール味は、飽きずに長く楽しめます。

BCAAを選ぶポイントは?

どの商品でも大きな違いがないと思われるBCAAですが、やはりフレーバーの違いは大きく、好みに合わせて選べる点からも、よく吟味して購入することがおすすめです。また水に溶けやすい商品を選びますと、飲みにくさやのど越しの悪さを解消してBCAAを摂取できます。初めはお試しサイズで小さめを買うなど、商品サイズにもこだわって選ぶようにしまうと、無駄なく自分が探しているBCAAと巡り合えます。

まとめ

いかがでしたか。BCAAはあまり馴染みがない成分ですが、身近な存在であるアミノ酸をたくさん含むことが良く理解できました。今までプロテインなどを始め、同じものばかり摂取していた方は、この機会にBCAAにトライしてみてはいかがでしょうか。