BCAAの効果とは?摂取するタイミングはいつ?副作用はあるの?

BCAA 効果 摂取 タイミング 副作用

BCAAは筋肉にはどのような働きをもたらすのか、ご存知でしょうか?筋力トレーニングをする際には、頑張って運動をすることに加えて栄養補給が大きく関わります。食事面で様々な気配りを行っても、失った栄養素を全て食事でカバーするのは難しくなります。そのような時におすすめなのは、栄養をサポートする商品です。今回紹介するBCAAはどのような効果があり、どんなタイミングで摂取するのが正しいのでしょう。副作用のことと合わせて詳しく紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

BCAAはどんなもの?

BCAA 効果 ダイエット 筋トレ
BCAAとはBranched-Chain Amino Acidsの頭文字からとった略称で、日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。3つのアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンがこのBCAAです。タンパク質は胃腸内で分解されペプチド〜アミノ酸と変化し、アミノ酸の状態で吸収されていきます。

筋力トレーニングをサポートする存在

BCAAに含まれるアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分かれます。必須アミノ酸は体内で合成して製造できないもので、非必須アミノ酸は他のアミノ酸や栄養素から合成できるアミノ酸です。体内で合成できない必須アミノ酸は、体外から食事で摂取するしか方法がありません。BCAAは筋力トレーニングをする方に欠かせない栄養素の一つです。

初心者にもおすすめ

筋力トレーニングを始めたばかりの頃は、想像以上に体力の消耗を感じやすく、心身共にモチベーションを維持するのが難しくなります。しかし必要な栄養素をしっかり体に摂取することで、だんだん体が疲れにくくなるだけでなく、回復が早い肉体が手に入ります。BCAAは筋力トレーニング初心者に必要不可欠です。

子供は摂取できる?

プロテインなども子供向け商品が販売されるようになり、スポーツを激しく行う若者の成長を手助けする商品があります。BCAAも同じで、子供向け精進を販売するメーカーがありますので、興味がある方や必要性を感じる方は、是非参考にすることをおすすめします。

BCAAのメリットや効果は?

ではBCAAを摂取することでどのようなメリットや効果があるのでしょう。

疲労感を軽減できる

筋力トレーニングをすることで体内の様々な栄養素が消耗されますので、運動後には当然疲れた状態になります。そのような時に失った栄養素が凝縮してあるBCAAを摂取することで、疲労感を軽減して元の体に素早く戻れる効果があります。

筋肉の基となる

アミノ酸として筋肉の基となるBCAAは、元々失われやすい栄養素ですので、筋力トレーニングをすることでその消耗が一層進みます。優れた筋肉を育てて維持するためには、BCAAを常時摂取してキープすることが求められます。

エネルギー源になる

疲労を感じやすくなるというということは、その分体のエネルギーが不足していてパワーが蓄積されていないことになります。BCAAは摂取することで失ったエネルギーを補って元通りの肉体を蘇られる力があります。

脂肪代謝効果がある

BCAA 効果 脂肪代謝に働く
BCAAには脂肪燃焼効果があります。筋力トレーニングをする方の中には、並行してダイエットをする方も沢山います。そのような方が少しでも効率良く脂肪を減らして、充実した筋力トレーニングをする方に最適な栄養素です。

筋トレの際にBCAAを摂取するタイミングは?

筋力トレーニングをする場合、BCAAはどのタイミングで取り入れるのが良いのでしょう。いつ飲んでも同じのように感じる方も多いとは思いますが、実際に使用する時には、少しでも良さを早く実感したいものです。

いつ摂取するのがいい?

疲労にも関わるBCAAは、筋力トレーニング中にベストなパフォーマンスをする為に、運動前に摂取しておくと良いでしょう。また次の日に疲労が残りますと、朝起きる時点から体が思うように動かないなどのトラブルになりますので、運動の直前にも摂取しておくと安心です。しかし特別決まりがあるわけではないので、様々なタイミングを試すのもおすすめです。

どのくらいの頻度で必要?

筋力トレーニングをする頻度や体形、運動量などによっても異なりますが、通常の目安は1日1,500㎎程度と言われています。また飲む頻度はトレーニング状況に合わせて、特別運動をしない日は摂取する必要はありませんが、通常よりも多く運動をした時などは、3,000㎎程度摂取して、失われた栄養素を補うと安心です。

飲み忘れた時の対応策

例えばジムへ通っている方の場合、トレーニング直前に飲む分を持参するのを忘れるなどのトラブルに見舞われる可能性があります。そのような時には仕方がないので、帰宅してすぐにBCAAを摂取して疲労対策を行いますと、次の日に疲れを残さず過ごせます。

BCAAの副作用はある?

気になる副作用について紹介します。BCAAに限らず、様々なサプリメントや栄養補助食品などは、副作用について使用前にしっかり調べておいた方が安心です。

気になる副作用について知ろう

副作用という言葉を聞くととても怖い商品であるようなイメージがありますが、決められた分量を摂取している正しい使い方をしている場合には、特に副作用の心配をする必要はありません。しかし分量以上に摂取する過剰な使い方は、肝臓や腎臓への負担が大きくなりますので、臓器の働きに悪影響が起こる危険性があります。

過剰な摂取はあまり意味がない

体に良い効果があるBCAAは、沢山摂取した方がその分効果やメリットが大きいような感じがしますが、実際にはそのようなことはなく、過剰な摂取分はすべて体内から外に排出されてしまいますので、十分気を付けてからBCAAの摂取をしましょう。

用法や用量を守った使い方をしよう

病院で処方される薬とは違い、自分の健康維持などに役立てるBCAAですが、使い方をきちとんと守るようなことをしないままでいますと、商品そのものを無駄にすることになります。また初めて購入する場合には、小さめのサイズにして様子を見るなど、初めからまとめ買いをして無駄にすることがないような購入の仕方がおすすめです。

BCAAはサプリメントでも摂取できる?

筋力トレーニング時に摂取するもののイメージは、プロテインのようなドリンクタイプのものを想像する方が多いのではないでしょうか。ここではBCAAのサプリメント商品について紹介します。

自分にあった商品選びが大切

パウダー状のBCAAは、水にサッと溶かして飲むものですが、より手軽な方法で筋力トレーニングに必要なBCAAを摂取したい場合には、サプリメントタイプを選ぶと良いでしょう。ドリンクタイプがどうしても苦手な方でも安心で、必要な栄養素を確実に散り入れることができます。食事だけでは補うことが難しいBCAAは、過剰なカロリー摂取をすることなく必要な栄養だけを取り入れられます。

サプリメントで摂取するメリット

BCAAはパウダーでもサプリメントでも摂取できる栄養素は同じですが、サプリメントですとジムや旅行、出張など外出先での摂取がより簡単にできるのが大きなポイントです。パウダー状でも簡単に摂取できるのは同じですが、水やシェイカーの準備が必要になりますので荷物の負担になります。しかしサプリメントですと、ポケットなどにしまって出掛けられるのがメリットです。それほど気負わずに継続できる点も便利です。

メーカーごとに品質は変わる?

どのような商品でも同じですが、様々なメーカーから販売されているものは、メーカーごとに品質も変わりますので、味や飲みやすさなども異なります。それぞれ商品開発に試行錯誤をしているBCAAばかりですので、飲みにくいものや味が好まないものは少なく、利用者目線の高品質商品が多数あります。それぞれの違いや同じメーカーでもフレーバーの違いで印象が変わりますので、色々試してみるのも楽しいでしょう。

おすすめのBCAAサプリメント

これからBCAAを購入する方におすすめの商品を紹介します。多くの種類が販売されているBCAAですが、自分好みの商品を探すと良いでしょう。日々のトレーニングのサポートアイテムとして役立つBCAAは、豊富な種類から選択することで、自分に合ったものが探せます。

約90杯分で初心者にも適量です

■エクステンド マンゴー味

アメリカで人気があるメーカーの商品で、男女年齢を問わず好まれる味である問ゴー味のパウダーです。水に溶けやすいので飲みにくく感じることもないでしょう。

価格重視でBCAAを購入したい方におすすめ

■MRM BCAA レモネード

レモネード味でシュガーレスなので、甘い味が少し苦手な方でもBCAAを使用できる商品です。コストパフォーマンスを重視してBCAAを買いたい方に最適となります。

女性に人気の抹茶味のBCAA

■チョイス ホエイプロテイン 抹茶
抹茶味ですので普通のドリンク感覚でBCAAを摂取できます。女性に人気の抹茶味ですが、男女年齢を問わず親しまれるBCAAとなります。

BCAAの購入先は?

ドラッグストアでの購入も可能になりつつあるBCAAですが、プロテインほどの知名度や普及率がないことも影響していて、店舗によっては品揃えが豊富でない場合があります。その点インターネット通販ですと、味や内容量などを比較検討しながら商品選びがじっくりできます。送料無料の商品を選びますと、送料負担を気にせずほしいBCAAを短期間で入手できます。

BCAAを継続して飲むコツ

できれば飲み忘れることなく継続して取入れたい栄養素であるBCAAですが、外出先などでも飲み忘れないようにするためには、早めに用意して荷物に詰めておくと良いでしょう。例えばジムで飲む場合には、ジムに行く時のバッグに用意しておくなど、自分なりに工夫をしますと疲れ知らずのまま筋力トレーニング自体も継続できます。

まとめ

いかがでしたか。BCAAはプロテインほどよく知られた存在ではありませんが、筋力トレーニング時に失った栄養素を補う重要性があります。今まで特に取り入れていなかった方や、良い商品に巡り合えないままBCAAを摂取したくてもできなかった方は、是非この機会により良い商品を探してみてはいかがでしょうか。