BCAAの摂取量には上限があるの?コツや注意点を紹介

BCAAの摂取量 コツと注意点

BCAAという成分を知っていますか?筋力トレーニングや運動を頑張って続けている方の多くは、サプリメントやプロテインなど、様々な補助的な商品を試して利用している方が多くいるようです。今回はBCAA商品と上手に付き合うポイントなどを紹介します。今飲んでいる方からこれから商品探しをしようとしている方まで、是非参考にして下さい。

BCAAの摂取量は決まってるの?

BCAAの摂取量の目安

Branched Chain Amino Acidsの頭文字であるBCAAは、分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。バリンとロイシン、イソロイシンの必須アミノ酸のことを指していて、筋肉の成長に大きく関わる成分です。

最近では様々な商品が販売されていて、味や口当たりも飲みやすく加工されています。筋肉の成長や疲労の軽減に役立つBCAAは、摂取する量が決まっているのでしょうか。

1回の摂取量は?

体に良いものは沢山摂取した方がより確実に効果が得られる気がしますが、血液を通して摂取したBCAAが筋肉に補給されますので、1回に5gから10g程度摂取するのがお勧めです。男女の違いや体型によっても異なりますが、このぐらいの量を摂取しておきますと、成分の効果を発揮しやすくなります。

1日の摂取量の上限は?

効果を期待して無理に大量に摂取するのではなく、自分の運動やトレーニングの成果をサポートする役割であると考えますと、BCAAに過度な期待をせずに済みます。

アミノ酸であるBCAAは、1日の摂取量の上限は特に設けられておらず、過剰に摂取した分は体内で自然に分解されますので副作用などの心配もありません。

効果があるおすすめの摂取量は?

せっかく飲むならより効果的な摂取量を知りたいものです。1回の摂取量を5gから10gと先程紹介しましたが、このペースを毎回維持しておきますと、計量する際にもだんだん分量の把握がひと目でできるようになり、時間を掛けずにBCAAの用意ができます。

BCAAの過剰摂取は危険?

BCAAは過剰に摂取せず適度に

必須アミノ酸であるBCAAは、必要以上に摂取するのは危険なのでしょうか。医薬品などは用法や容量が決まっていますが、使用する方の性別や年齢、体型の差によって分量が異なるBCAAの場合はどうするのでしょう。

食事でも補える成分であるBCAAは、栄養面で取り切れなかった分をサプリメントなどで補うという考えが前提ですので、運動前や後など効果的に活用される場合には問題ありませんが、意味もなく食事の変わりとして摂取するのはあまり好ましくありません。

適量を維持してバランス良く取り入れるのがお勧めです。過剰に摂取した分は体外へ排出されますが、その際に腎臓や肝臓など内臓への負担が大きくなりますので、筋肉を大きく育てることにだけ集中せず、程良い分量で取り扱いするのが良いでしょう。

BCAAの効果的な飲むタイミングは?

BCAAを飲むタイミング
コンパクトなボトル入りや個包装の商品が多く、飲みたい時にいつでも飲めるBCAAですが、できれば効果的に摂取して体内に取り入れたいと考える方が多いはずです。飲むタイミングはどのようにすれば良いのか考えます。

一般的に言われているのが運動前と後に飲むのが良いと言われていて、特に運動の30分前が最適とされています。その理由は、BCAAは摂取してから30分後ぐらいが血中の値がピークになり、その後2時間で元の数値に戻ります。そう考えますと、運動開始時にBCAAの値を最大にするためには、運動前30分の時を摂取時間にする習慣を身につけると、より効果が得られます。
しかし厳密に時間を計測して行う必要はなく、おおよその目安ですので是非試してみてください。

BCAAのおすすめの飲み方は?

それではお勧めの飲み方をここで紹介します。すぐに真似できますので活用して下さい。

スポーツドリンクに混ぜて飲む

スポーツドリンクに混ぜてBCAAを摂取
これは一番便利な方法です。最近ではゼリー状やドリンクの商品も増えていて、手間を掛けずに外出先でも摂取しやすくなっていますが、粉末のBCAAの場合には、毎回計量して飲むのは時間の経過と共に面倒になってくるはずです。

スポーツドリンクに溶かしておきますと、ボトルごと持ち運びが簡単にできる上に運動中の水分補給もBACCドリンクがサッと手に取れますので、成分を有効な状態で体内に摂取できます。早速試してみてはいかがでしょう。

起床後や就寝前の摂取もおすすめ

起床後や就寝前にBCAAを摂取
運動の前後や最中というイメージがあるBCAAの摂取ですが、寝起きや就寝前にも適しています。吸収が早いBCAAの成分が有効に働いて、目覚めがスッキリします。

また寝ている間には難しい栄養補給を就寝前に済ませることで、筋肉の分解が進むことを阻止します。寝起きが悪い方や寝つきが悪い方は、ルーティーンの一つにBCAAを加えますと、しっかり休めてシャキッと起きられるメリットがあります。

まとめ

BCAAについての知識は増やせたでしょうか。この頃は気軽に購入できるようになって、欲しい時にいつでも入手できるBCAA商品ですが、その分購入時にはしっかり成分について学び、取扱方法に関する情報を知っておいた方が良いでしょう。

筋力トレーニングや運動を続けるモチベーションにも繋がるBCAAのコツや注意点に配慮して、理想の体型を目指して頑張ってみてはいかがでしょう。