筋肉痛とプロテインの関係。プロテインを摂取するタイミングやおすすめを紹介

筋トレにおすすめのプロテイン 効果やおすすめ商品

筋肉痛とプロテインの関係にはどのような関係があるのでしょうか?プロテインを摂取するベストなタイミングやおすすめ商品をご紹介します。

学生時代に体育の授業や部活の後に筋肉痛になったという経験のある方はいませんか?近頃では様々な筋トレがもてはやされています。運動やトレーニング後に起こることが多いのが筋肉痛ですが、筋肉痛の時にはプロテインを採ると効果があるとされていることから、今回は筋肉痛のメカニズムに迫ってみたいと思います。

筋肉痛の原因ってなに?

ふくらはぎ

運動を行った後におきやすい筋肉痛ですが、本当の原因は何なのでしょうか?筋肉痛は医学的にははっきりと解明されていませんが、現在は運動によって傷ついた筋繊維を修復しようとするときに起こる傷みであるという説が有効とされています。運動することで、普段使わない部分や同じ筋肉を使い続けたりして筋繊維や周りの組織に微細な傷が付き刺激物質が生成され炎症がおきるのが原因と考えられています。

筋肉痛と言ってもすぐにおこる場合と2、3日経ってからおこる場合がありますが、日頃から筋肉を使っている方は修復が早く、あまり使っていない方は修復に時間が掛かってしまうことによって時間差があるとされています。

ちなみに、加齢によって筋肉痛の出方が遅くなるという説がありますが、定かではないと言われています。

タンパク質不足が原因?

筋肉痛になる原因の一つにタンパク質不足が挙げられます。筋肉痛は傷ついた筋繊維が修復しようとする時に起こる傷みですが、その修復に関わるのがタンパク質です。筋肉痛を早く治す為には、炎症を抑えることが重要となりますので、更なる運動は控えて食事を見直してみるのが良いでしょう。また、ダイエットを行っている場合には食事制限があったり飲酒の習慣がある場合はアルコールの分解に多くのタンパク質を必要とするとされていますので、タンパク質不足になりやすくなります。筋肉痛が長引いてなかなか治らないという方は、タンパク質を多めにとってみるのが良い方法です。

他の原因は考えられる?

運動をした後に筋肉に痛みが起こるのが筋肉痛ですが、運動をすればするほど筋肉の中には疲労物質である乳酸が蓄積してくることが分かっています。この乳酸が痛みを引き起こす原因の一つとされていますが、詳しいことはまだ分かっていないのが現状です。

良く耳にすることに、筋肉痛は年齢に左右されるという説がありますが、年齢が上がる毎に痛みが遅く出るようになり、若いと早いといったことはハッキリしていません。確かに筋肉痛の種類には「即発性筋肉痛」と「遅発性筋肉痛」の2種類がありますが、年齢と関係しているかどうかはまだ明確になっていないのが現状です。低年齢の場合は、筋肉を活発に動かす機会が多くなり、歳をとるにつれて運動を行う機会が減り筋肉を動かさなくなることが原因という見方もあります。

筋肉痛を予防するには何が必要?

ストレッチ

では、辛い筋肉痛を予防するには何が必要で、どのようにしたら良いのでしょうか?予防の上で一番メリットがあるのが、日常的に運動を行い筋肉を発達させておくことがポイントとなります。筋肉痛を起こさせる大きな原因の一つが運動不足ですので、ストレッチやあまり負荷の掛からない運動など適度に身体を動かす習慣を身に付けておくことが大切です。しっかりとした筋繊維を作る為には、タンパク質を始めバランスの良い食事もマストです。運動をした後の食事内容は、筋肉の構成や疲労回復に役立つタンパク質を多めに摂ることもポイントです。

また、運動する場合はいきなり強い負荷を掛けずに軽い負荷から行うのもポイントで、少しずつ強くしていくことで痛みの減少や発症の予防に役立ちます。加えて、運動する際には、ウォーミングアップとクールダウンを行うことも重要で、筋肉痛予防の観点だけでなくケガの防止にも役立ちます。

筋肉痛とプロテインの関係性は?

筋肉痛が起きる原因の一つにタンパク質不足が挙げられますが、運動する際に用いる方が多いのがプロテインです。プロテインは日本語でタンパク質を意味し、運動を定期的に行っている方の中には食事と一緒に摂っている方も見受けられます。一般的にタンパク質は食事の際に摂取するものですが、傷みが起きている時だけでなく筋肉痛以外の時でも取っておくと筋肉痛の予防にも繋がります。

筋肉痛を回復させる為にプロテインを摂取すると、傷の修復に役立つだけでなく筋肉を作る為に欠かせないタンパク質が補給されますので、筋肉痛を和らげ早期の回復に導いてくれます。

プロテインを摂取するタイミングが重要?

筋肉の回復をサポートしてくれるプロテインですが、摂取するタイミングが重要とされています。では、いつ摂ったら良いのでしょうか?プロテインを摂取するタイミングとしては、運動後30分以内に摂取するのが有効とされています。傷ついた筋繊維が修復に必要としているタンパク質を素早く届けることで回復を早めてくれます。その際には、プロテインだけでなく炭水化物やビタミンCと一緒に摂るとより効果的です。その理由は、運動中は糖分であるグリコーゲンが消費されており補給が必要であることと、疲労回復やタンパク質を効率的に届けてくれる作用が期待できるからです。

寝る前にプロテインを飲んでもいいの?

身体にとって大切なタンパク質であるプロテインは、運動した後30分以内に摂取するのが効果的とされていますが、就寝前に摂取するのも効果的です。その理由は成長ホルモンの影響があるからです。人間の身体は、睡眠している間に多くの成長ホルモンが分泌されています。その成長ホルモンは、身体の様々な機能のコントロールや筋肉量を増やす役割を担っており、タンパク質の吸収を促すという大切や役割も持っています。ですから、成長ホルモンが多く分泌されている時間にタンパク質を補うことは筋肉を増やすことに繋がるというわけです。

プロテインを飲むのに最適な時間は、就寝する30分~1時間前とされており、その理由としては胃に負担が掛からないようにする為と成長ホルモンの分泌のピークに合わせる為です。

筋肉痛の回復は勿論のこと筋肉を増やすことにも一役買ってくれますので、メリットを最大限に活かす為に上手に利用しましょう。

筋肉痛の朝に飲むのは大丈夫?

プロテインを採る時間は、就寝前の他に筋肉痛が起きている朝でも効果が期待できるとされています。何故なら、朝は体内の水分や栄養素が低下している状態でタンパク質も同じことが言え、様々な栄養素が欠乏している状態の身体にプロテインを摂取するとより効果的に役立つからです。また、忙しい朝にしっかりとバランスの取れた食事を用意するのは難しい場合もありますので、手軽なプロテインは活用しやすいアイテムです。

摂取する時間は、朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。とはいえ、朝の場合は飲みづらいこともありますので、他の飲料水と混ぜて飲むと摂りやすくなります。

おすすめのプロテインを紹介

ザバス 【SAVAS】ザバス ホエイプロテイン100 ココア1050g(50食分)

<ポジティブ意見>
・飲みやすい
・美味しい
・効果が実感できる

<ネガティブ意見>
・少し高い
・飲みにくい
・口に合わない

美味しくて飲みやすいと人気なのが、サバスのプロテインです。こちらの商品は、大豆を原料として作られており、国内生産なのが大きな安心です。筋肉作りには欠かせないタンパク質は言うまでもなく、身体に必要な栄養素がギッシリ詰まっていますので、定期的に摂取することで身体に対して効率的に働いてくれます。通常のココア味の他、フィッシュコラーゲンや鉄分などを添加した女性に嬉しいミルクティー味の商品も用意されていますのでスタイルアップに一役買ってくれそうです。

一番売れているプロテインとして人気が高くなっていますので、美味しく飲んでビューティボディを実現しましょう。

まとめ

いかがでしたか?筋肉痛はタンパク質と深く関係がることが分かりましたが、筋肉痛が長引く場合にはタンパク質不足を考える必要があります。バランスの良い食事の他、手軽に摂れるプロテインを利用することも一つの方法で、効果を得るには摂るタイミングも重要です。栄養補給にもピッタリですので、試してみてはいかがでしょうか。