ダンベルべンチプレスの使い方。おすすめ商品も紹介

ダンベルベンチプレス 効果 筋トレ

ダンベルベンチプレスは、筋力トレーニングに慣れていない初心者でも始めやすく、バーベルよりも取扱いがしやすい特徴があります。今回紹介するおすすめ商品を参考に、有効な使い方をして、今まで以上に筋力アップを図りたい方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ダンベルベンチプレスとは

ダンベルペンチプレス 正しい使い方 おすすめ 
ダンベルペンチプレスとはどのような筋力トレーニングなのでしょう。

ダンベルを使用する筋力トレーニング

重たいバーベルで行うベンチプレスとは違い、ダンベルでできるダンベルベンチプレスは、鍛えたい筋肉を理想の形に仕上げられるおすすめのメニューです。

初心者向けのメニュー


難しいマシンを操作するようなこともないダンベルベンチプレスは、初心者でも安心して取り組める筋力トレーニングです。ダンベルの負荷を変えることで、勿論ベテランの方も満足できるメニューとして使えます。

筋肉痛の際の正しい対処法

筋肉痛になる可能性が高いダンベルベンチプレスは、症状を感じた場合は早めに休んでトレーニングを中止しましょう。数日して痛みが治まるのを待ってから運動を再開した方が安心です。中には同じように運動をしても症状が出ないこともある筋肉痛は、個人差が大きい症状とされています。いつまでも良くならない場合は、早めに医療機関へ相談してみるのがおすすめです。

ダンベルとバーベルでは違いがどうでるのか

ダンベルペンチプレス バーベル ダンベル 違い
同じベンチプレスでもダンベルとバーベルではどのような違いがあるのでしょう。

自宅でもできる筋力トレーニング

ダンベルの場合は両手に一つずつ持つ場合や片方のみに持つことができます。一方のバーベルは、両方の手で同時に持ち上げることしかできないため、鍛え方にも違いがあります。左右バランス良く鍛えられるのはバーベルで、片方ずつ鍛えることが多いダンベルは、左右で筋肉の付き方にばらつきが出る場合があります。

両方試してみる

どちらが良いとか悪いということがないダンベルとバーベルは、両方ベンチプレスを行って試してみると良いでしょう。人によって取り組みやすい方や持ちやすい方が存在するはずです。男性だからバーベルということもなく、女性だからダンベルが良いとは限りません。また初心者でもスムーズにバーベルを使いこなす方もいますので、自分に合った鍛え方を探してみましょう。

女性でもバーベルは使用できる

バーベルは男性が使用するイメージが強いアイテムですが、負荷を軽くすることで女性でもしっかり持ち上げることができます。筋力トレーニングを行っているということが実感できるバーベルは、一度は挑戦して満足感を味わうのがおすすめです。最近では自宅で使用できるコンパクトなバーベルもあります。便利なアイテムを賢く使って鍛えるようにしますと、楽しみながら取り組めます。

ダンベルベンチプレスの重さの目安は?

ダンベルペンチプレス 重さ 目安
ダンベルベンチプレスはどのくらいの重さを目安に行うと良いのでしょう。

平均でどのくらい?

左右で分けて持つダンベルは、バーベルとは違いますので、重量の計算の仕方が変わります。女性の場合、片方10kgで合計20kgぐらいが平均ですが、個人差がありますので無理は禁物です。男性の場合は片方20kgで合計40kgぐらいが一般的です。男性も無理は禁物で、特に初心者の方は軽い重量でスタートすることがおすすめです。

無理をして負荷を増やさない

慣れてきたからといって、どんどん負荷を増やしてダンベルベンチプレスを行うのではなく、自分のペースを維持することが大切です。平均値などはあくまでも平均ですので、参考資料として役立てるようにしましょう。

徐々に重くすることで確実に鍛えられる

急に重量をアップさせてダンベルベンチプレスを行うよりも、少しずつ負荷を増やして取り組んだ方が鍛えられる可能性が高まります。周囲の影響や平均値を気にして取り組むのは良いですが、あまりデーターに振り回されないに気を付けましょう。

ダンベルベンチプレスの効果とは

ダンベルベンチプレスは、行うことでどのような効果が得られるのでしょう。

可動域が広がる

可動域が広がることは、筋力トレーニングをする中でとても重要です。様々な筋力トレーニングメニューがありますが、可動域が広げられる種目はあまり存在しませんので、ダンベルベンチプレスは鍛える価値が高いメニューです。

最大限に伸縮できる

最大限に伸縮できるダンベルベンチプレスは、初心者からベテランまで誰もが鍛えておくと良いメニューです。最大限に伸縮するメリットとして、思い通りのパフォーマンスができるようになることから、様々な場面でダンベルベンチプレスの高い運動効果が発揮されます。

バランスよくトレーニングできる

左右にダンベルを持って行うダンベルベンチプレスは、アンバランスに鍛えられてしまう他の種目よりもバランス良く左右の筋肉を良い形で大きくできます。どうしても左右で形が違ってしまうことが多い筋肉の大きさは、ダンベルベンチプレスのように同時に鍛えられるメニューを選ぶことで改善されます。

おすすめのダンベルは?

ダンベルが自宅にありますと、ダンベルベンチプレス以外にも様々なメニューで使用することができます。筋力トレーニングを今後も頑張って続けようと思っている方は、優れた商品を低価格で購入できるインターネット通販を活用するのがおすすめです。早速購入時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品①

10kg2個セットのダンベルは、ブラックを基調とした落ち着いた色合いで、男女年齢を問わず使えるようになっています。重量の異なるプレートが複数付属されていますので、自分の習得度合いに合わせて負荷を変えられます。錆びにくく床を傷つけない素材で仕上げられていますので、安心で安全な筋力トレーニングが実現します。

おすすめ商品②

アイロテックのラバーダンベルは、ブラックにレッドが加わったお洒落なカラーで、普段の筋力トレーニングが一層楽しくできるようになります。片方20kgのダンベルは、男女年齢を問わず使用できます。トレーニング内容や習得度合いに合わせて、プレートで重さを変えて使用できる便利な商品です。

ダンベルを購入する際のポイント

価格面を重視して安い商品を買うのも良いでしょう。しかしあまりに安すぎる商品は、すぐに破損や故障につながることから、あまりおすすめできません。使いやすさや持ちやすさ、丈夫で長持ちする素材で仕上げられていることが大切です。インターネット通販での購入は自宅まで届けてもらえるので便利ですが、実際に使い心地を確かめたい方は、スポーツ用品店やホームセンターのフィットネスアイテムが販売されているコーナーなどを利用しますと、実際に手に取ってから購入することができます。

家族でシェアする方法もあります

ダンベルはプレートの変更で重量が変更できるものが主流になっています。個人的に自分用を所有するのは良いですが、家族で一つ購入して使用する方に合わせて重量を変更することもできます。ダンベル選びは賢く行って、ダンベルベンチプレスに活用するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。ダンベルベンチプレスは、バーベルで行うベンチプレスがダンベルでできる筋力トレーニングで、初心者でも取り組みやすい内容であることが理解できました。ダンベルベンチプレスに興味がある方は、是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。