シットアップベンチの使い方は?器具を使って筋トレを有効に鍛えよう!

腹筋 筋トレ シックスパック

シットアップベンチの効率的な使い方を、みなさんご存知でしょうか?新陳代謝の機能が低下すると共に、気になりだすのがお腹周りです。お腹周りをシェイプアップするトレーニングには腹筋が定番ですが、腹筋を行う際に便利なベンチがあると継続させるサポート役としても重宝します。このトレーニング器具として挙げられるのがシットアップベンチですが、一体どんな機能があるのでしょうか?今回は、シットアップベンチの使い方を紹介します。

シットアップベンチとは?

シットアップベンチ 使い方 器具を使う 筋トレ 有効に鍛える
筋トレ器具には様々なものがありますが、その中の一つにシットアップベンチがあります。シットアップベンチとは、腹筋を効果的に鍛えるための筋肉トレーニングマシンで、斜めに傾斜があり、通常の腹筋よりも負荷が大きくなりますので、本格的なトレーニングができる点が特徴です。商品によっては多機能であるものも見られ、豊富なトレーニングバリエーションを持っているものもあります。自宅で本格的なトレーニングができ、簡単に負荷が掛けられるメリットがありますので、効率的な筋トレが可能となります。

シットアップベンチの使い方


シンプルに上体を起こす使い方は勿論のこと、様々な使い方があります。機能性の高いシットアップベンチは、多種類のトレーニングが可能となる場合も多く、腹筋だけではなく背筋や上腕筋などを鍛えることもできます。フラットにできるものもあり、ダンベルを加えたりと工夫することで更にトレーイングのバリエーションも広がり、使い方次第で様々な筋トレが可能となるなどマルチに使用ができます。

基本的な腕立て伏せに効果的

シットアップベンチは、基本的な腕立て伏せに効果があります。平らにして使用できる商品もあり、腕立てバーがオプションで付いている場合もありますので、そんな機能を持っているベンチなら大胸筋や上腕三頭筋の筋トレにも効果的です。

レッグレイズなどもできる

レッグレイズは、主に腹筋下部を鍛えるためのトレーニング方法で、頭を上げずに足を上げて行うものですが、シットアップベンチを使用して行うことも可能です。シットアップベンチを使用すると、傾斜がある分余計に負荷がかかりますので、腹筋をより効果的に鍛えることができます。

腹筋全体を鍛えることができる

シットアップベンチ 腹筋
部分的に腹筋を鍛えることも可能ですが、もちろん腹筋全体に効果的なのは言うまでもありません。腹筋にも基本のトレーニングに加え、ツイストやサイドベンドなど様々な方法がありますので、上手く組み合わせてトレーニングすることで高い効果が期待できます。

背筋を鍛えるのにも役立つ

シットアップベンチを利用して、腹筋だけでなく背筋を鍛えることも可能です。シットアップベンチにうつ伏せになって上体を起こすことで背筋のトレーニングになり、自分に合った負荷で行えますので、初心者でも無理なく簡単にできます。

おすすめのシットアップベンチ5選!

シットアップベンチ おすすめ

様々な使い方ができるシットアップベンチですが、購入する場合は安全性や機能性を考えながらしっかりと検討することが大切です。ここでは、おすすめのシットアップベンチを紹介していきます。

おすすめ商品①

シットアップベンチとフラットベンチの両方の機能を兼ね備えているのが「マルチシットアップベンチ」です。この商品の特徴は、腹筋・背筋のトレーニングに欠かせないシットアップベンチとダンベルトレーニングには欠かせないフラットベンチの機能を持ち合わせている点で、1台で2役をこなしてくれる贅沢仕様になっています。累計2万台を突破する程の人気ぶりで、より使いやすく改良されているのが魅力。固定方法はボルト式で、従来のものに比べ安定感がアップしています。また、シートのサイズもベストサイズに変更していますので、使いやすさも抜群ですし程よいクッション性がトレーニング時の負荷を軽減してくれます。トレーニングバリエーションも豊富ですし、組み立ても1分と簡単なことに加え1年間の製品保証付きで安心です。

おすすめ商品②

自宅の小スペースで気軽に筋トレをしたいなら、絶妙なカーブが新しいカーブ式のシットアップベンチがおすすめ。この商品は、これ1台で腹筋・背筋・腕立て伏せの3種類のトレーニングが可能な優れものです。5段階の高さ調節が可能で、ハンドベルト付きですので腕や胸などの上半身の筋肉を同時に鍛えることもできますし、高さが変えられることでトレーニングのバリエーションが増え効率的に鍛えることができます。また、ストレートタイプよりも腹筋運動の可動域が広くなるカーブを採用していますので、本格的なトレーニングが実現します。使用しない時は、脚を折り畳んでコンパクトに収納できますので邪魔になりません。

おすすめ商品③

日本発スポーツブランドである「ボディーメーカー」が販売するシットアップベンチはクオリティの高さではイチオシ。小スペース設計であることは勿論のこと、多彩なトレーニングができる点でもおすすめです。固定パットが端に付いていることで、これ1台でシットアップからレッグレイズまでのトレーニングが可能となり、3段階の傾斜機能も付いていますので、初心者から上級者まで幅広く対応します。商品の特徴は、4段階に調節可能で簡単設計、ハンドル部分にグリップを付けていることによってプッシュアップが可能となります。また、トレーニング時の負担軽減にウレタンパットを採用していますので使いやすさも抜群です。滑りにくくするためのスリップ防止保護キャップ付きですので、思う存分トレーニングに汗を流せます。コンパクトに収納でき、いつでも取り出せるのが続けやすさのポイントです。

おすすめ商品④

もう一つのおすすめのカーブ型シットアップベンチは、「シットアップベンチカーブ型IMC-49」です。腹筋する際の可動域がストレートタイプよりも広くなるのが特徴で、より高い負荷が掛かり腹筋を刺激してくれるため、ハードなトレーニングを好む方には最適。背筋や太ももなどを鍛えられるバックエクステンション、腹筋に作用するシットアップ、腹筋の下腹部トレーニングに効果的なレッグレイズと3種類のトレーニングに力を発揮してくれます。自宅で簡単にいつでもトレーニングが可能で、1.5kgのダンベル2個が付いていますのでトレーニングの幅もグンと広がります。組み立ても簡単で折り畳み収納可能ですので、場所を取らないシットアップベンチです。

おすすめ商品⑤

フィットネスのプロが作ったシットアップベンチなら

「シェイプアップベンチ」がおすすめ。自宅でいつでもボディの悩みを解決可能なマルチエクササイズマシーンで、もちろん筋トレにも力を発揮してくれます。全身が鍛えられる優れもので、伸縮自在のチューブも付いていますので、チェストプレスやレッグエクステンションなどのトレーニングもお手のものです。また、強度が3段階に調整できる他、3段階の高さ調節も可能ですので、ビギナーから上級者までレベルに合わせたトレーニングが実現します。お腹のぜい肉や二の腕のたるみ、太くなった下半身や垂れたお尻が気になり出したら試してみる価値ありです。

シットアップベンチを使う上でのポイント

シットアップベンチ 使い方 注意点
シットアップベンチを使う上でのポイントは、あまり傾斜を付けないことです。あまり傾斜を付けてしまうと、負荷が大きいわりに腹筋に効いていないといった状態になりますので、傾斜に拘らずに行いましょう。

まとめ

シットアップベンチ 綺麗な身体 
いかがでしたか?シットアップベンチは腹筋を鍛えるにはベストなトレーニングマシンと言えますが、正しい使い方をしないと負荷が強くても筋肉にあまり効果が無いということにもなりかねませんので正しく利用しましょう。