効果的な腹筋マシンは?おすすめ商品を紹介!

筋トレをしてモテる体づくり

腹筋マシンには自宅で使えるものからジムで行う本格的なものまで沢山の種類があります。適切の方法でしっかり鍛えることで、お腹がスリムになり、スタイルアップすることができます。

新生活がスタートして、スーツや制服を身にまとった初々しい若者が目立ちます。気温の上昇と共に薄着になる機会も多くなり、運動不足や食べ過ぎでたるんだ二の腕やお腹周りが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?そんな時に役立つのが筋トレ。中でも腹筋運動は、お腹を引き締め美しいウエストを手に入れる為には最強のエクササイズです。

自宅でも鍛えられるおすすめ腹筋マシンを紹介

自宅でも鍛えられるおすすめ腹筋マシン
空いた時間にいつでもできるのがメリットの自宅での筋トレ。ジムに通う時間が無い方にとっては、腹筋マシンは魅力のアイテムですよね。今回は、多彩な腹筋マシンを紹介してみたいと思います。

EMSマシン(電気刺激マシン)

近頃、ブームとなり大注目されているのがEMSマシン。この腹筋マシンは、電気刺激マシンとも呼ばれていて、電気刺激により効率的に筋肉を鍛える運動器具を指します。

どんな仕組みかと言うと、私達が普段筋肉を動かす時には「動かす」と言う意思が脳に伝わり、様々な神経を通して微弱な電気信号としてそれぞれの筋肉を動かしています。その脳からの指令を介さずに電極を身体に貼りつけることで、皮膚の表面から直接神経に電流を流し筋肉を収縮させて筋力アップを図るというのがEMSマシンです。

痛みを感じる神経への刺激を極力抑えて、電気の波形の調整や周波数を変化させるなどして筋肉が縮むような刺激を与えることで筋肥大や増強効果を狙い、収縮と弛緩を繰り返すことで筋肉が鍛えられるとされています。

元々は、ケガや闘病などで筋肉が弱ってしまった時にリハビリに使用されていたものですが、一般の方からアスリート用に研究・開発され運動器具として今では大ブームとなっています。

EMSマシン(電気刺激マシン)の筋トレとは?

EMSマシン(電気刺激マシン)による腹筋の筋トレ

では、通常の筋トレとはどんな点が違うのでしょうか?普段私達が行なっている筋トレは、力の入れ具合を加減することで負荷をコントロールできますが、EMSマシンの場合は負荷加減の調整が難しくなりますので、安全性を確保するのが重要となる点に違いがあります。このことから、通常の筋トレの代わりにはなり難いと考えられまるが、その反面、トレーニングが難しい部分に刺激を与えることができる可能性もありますので、弊害が起きないように注意しながら使用してみるのも良いかもしれません。

EMSマシンは、現時点では特殊なパットを貼りつけるものが主流で、その効果のほどはある程度の筋肥大は期待できるものの、脂肪燃焼効果の面から見ると難しい面もあるようです。しかし、EMSと筋トレを併用した場合は、ダイエット効果も期待できるとされていますので、時間がある場合は併用するとより効果がアップする期待が持てます

SIXPAD(シックスパッド)

シックスパッドとは、お腹に貼るだけで効率的に腹筋を鍛えられる運動器具で、謀有名サッカー選手がCMをしていることで知られています。

各種スポーツプレーヤに絶大な人気を持っており、プロにもアマチュアにも注目されています。ヨガなどと併用している方もいる程で、EMSマシンの中でも1.2を争う人気商品です。腹筋を鍛える「アブズフィット」と二の腕と太ももを鍛える「ボディフィット」の2種類があります。その人気の秘密は、シリコン製のパッドをお腹に貼りつけるだけと簡単で、痛みを感じやすい低周波でもピリピリしませんし、コードレスなのでいつでもどこでもエクササイズができることに加えて、1日1回23分程で効果が期待できるのが魅力です。また、持ち運びも簡単でどこでも手軽にトレーニングができますので、三日坊主でも継続しやすくなります。

期待できる効果としては、腹部の筋肉量が増やせることです。最もトレーニング効果が高いとされている20Hzですので、継続することで効率良く筋肉を鍛えることができます。また、筋肉量が増えることで代謝が良くなりますので、脂肪燃焼効果も期待できることに加えて、筋肉の種類の一つである腹部表面筋肉の速筋を鍛えることが可能ですので、引き締まったウエストも夢ではありませし、ウォーキングやジョギングなど軽い運動を加えることで更に美ボディ効果アップが期待できます。

シックスパッドは、お腹に貼るだけと簡単ですのでつい頑張り過ぎてしまいがちですが、早期の効果を期待するあまり無理をすると、効果が半減したり皮膚がかぶれたりと逆効果になってしまう可能性もありますので、1日1回23分を目安に継続することが大切です。

スレンダートーン

通販を中心に販売され、シックスパッドと並んで注目されているのがスレンダートーン。ネットでの評価も高く、人気のエクササイズマシンの一つです。

医療や理学療法の分野で高い評価を得ているBMR社が開発したマシンで、家庭用に使いやすくなっているのが特徴です。BMR社独自のEMS技術を駆使していますので、機能性は勿論のこと安全性に対してもしっかりと管理されています。

何と言ってもスレンダートーンのメリットは、ただ貼るだけで腹筋運動と同じ様な効果が期待できるという手軽さです。低周波の電極を流して筋肉を鍛えるというマシンですので、一見シックスパッドと同じ様なものと思いがちですが、シックスパッドは周波数が20Hzで常に保たれており、トレーニングプログラムが1種類となっているのに対して、スレンダートーンは周波数の調整が可能となっており、トレーニング強度もレベルに合わせて10種類が用意されている点が大きなメリットであり、シックスパッドとの大きな違いでもあります。また、それぞれに独自の性能を持っているのも商品を検討する際には見逃せないポイントです。

スレンダートーンは、腹筋や二の腕、ヒップ周りのほかフェイスといった部位の商品が販売されていますので、鍛えたい部分に合わせて利用してみると良いでしょう。

バタフライアブス

忙しい方でも好きな時に腹筋を鍛えられるのがバダフライアブスの良さ。薄くて軽量なので主婦なら家事をしながら、仕事が忙しいという方なら通勤時でも仕事中でも気軽にトレーニングができます。腹筋の強化と引き締めを目的として開発された商品で、EMS技術によって強度と周波数を調整できる電気パルスを発生させ筋肉に刺激を与えます。

バタアフライアブスの大きな特徴は、お腹に貼るだけで腹筋が鍛えられる点で、何と1分間に4,200回の電気震動が発生して腹筋を刺激してくれますので、インナーマッスルまで鍛えられるのが魅力。また、ワイヤレスでコンパクトサイズのデザインとなっていますので、操作が簡単ですし、10種類のデジタル出力強度が選択でき、6種類のトレーニングプログラムが選べるようになっていますので、好みのトレーニング法でチャレンジできるのがメリットです。その他にも、皮膚から取り外した後5秒以内に電源が自動的にオフになるなど節約機能が付いていることに加えて、他のEMS器具の場合は、部位別に複数購入しなければならない商品もある中、このバダフライアブスは一つで腹部だけでなく、わき腹や二の腕、太ももなどをピンポイントで引き締められますので、気になる部分の引き締め運動には最適です。

性能や安全性の面でも、アメリカの医療機器の政府機関であるFDAの基準をクリアしていますので、安心して使える本格派腹筋マシンですし、USBケーブ付きですので充電にも大変便利です。

EMS器具全般に言えることですが、バタルフライアブスを使用する際には、皮膚の弱い方や妊娠中、何らかの疾患で通院中の方などは専門医に相談してから使用すると安心です。使用する前の注意事項をしっかり把握して安全に美ボディ作りにチャレンジしましょう。

ベンチタイプの腹筋マシン

自宅でいつでも手軽に腹筋トレーニングができるとして注目されているもう一つの器具が、ベンチタイプの腹筋マシンです。

腹筋だけでなく、背筋も同時に鍛えることができるのが最大のメリットで、腹筋運動を行う際の定番と言っても過言ではないかもしれません。安定感や耐久性も抜群で、コンパクトに折り畳めるものが殆どなので、置く場所を取らず持ち運びにも大変便利ですので、自宅でいつでも手軽にトレーニングができます。また、普通の腹筋運動よりも効率良く結果を導き出してくれる期待が持てます。

ワンダーコア

器具を使わず腹筋をトレーニングするのは辛いものです。そこに忙しさが加わると、なかなか続かないという方も多いのではないでしょうか。また、ジムもお金が掛かりますし、何よりもハードなトレーニングを行うこともしばしばですので、いつの間にか行かなくなってしまったという声も多く聞かれます。

自宅で簡単に腹筋を鍛えられる運動器具として大人気となっているのが「ワンダーコア」。知る人ぞ知るアメリカで大人気の腹筋エクササイズマシンで、日本に上陸するや否や通販サイトなどで大注目の人気商品です。

ワンダーコアは、何と言ってもたった30秒身体を倒すだけで腹筋が鍛えられる手軽さが人気の秘密で、コンパクトでありながらも腹筋トレーニングを強力にサポートしてくれるのが魅力。その仕組みとは、まず、デュアルレジスタンスシステムと言われる、上下両方向から腹筋を刺激する機能を備えていて、背もたれの反発力によって身体を倒す時も起こす時も常に腹筋を刺激するだけでなく、背筋も同時に鍛えることができます。更には、180度以上身体を反らすことができる180度フルレンジモーションが搭載されている為、コア部分全体を限界まで追い込んで収縮させ、腹筋・背筋は勿論のこと広範囲の筋肉を鍛えることができます。加えて、ワンダーコアは、普通の腹筋運動のクランチ、シートを回転させてのツイスト、膝の曲げ伸ばしをして腹筋を鍛えるタック、背もたれに足を掛けた反対の姿勢で足に負荷をかけるサイプレス、自転車を漕ぐように動かすバイシクル、背もたれに付いているローラーでマッサージするストレッチの6種類のトレーニングができますので、気になる部分に応じたトレーニングが集中的に行え、短期間での効果が期待できます。

忘れてはならない機能に、着脱可能な3本のバネが付いていることです。取り外しが可能ですので、腹筋初心者からアスリートまで幅広く対応していますし、腰に不安を抱えている方でも利用ができるように、腰への負担を軽減しているのも大きな魅力です。

ワンダーコアを使用した場合の効果は、普通の床での腹筋運動に比べて個人差はありますが、3倍以上のトレーニング効果があることが科学的に実証されています。また、筋肉を付けることで代謝が促進されると言われていますので、床での腹筋運動よりも脂肪燃焼が促さることにより、リバウンドが起こり難くなると同時に太りにくい体質も実現できます。

無理な腹筋は、知らず知らずのうちに身体に負担を掛けるものです。苦しいトレーニングや身体への負担の軽減でき、コンパクトで置く場所に困らないワンダーコアは、試してみる価値ありのおすすめ商品です。

女性に人気

腹筋マシンでくびれたウエストを
くびれたウエスト、形の整った美しいバストなど綺麗なスタイルをいつまでも維持するには、腹筋を鍛えることは欠かせないポイントです。ストレッチをしたり器具を使ったトレーニングなど腹筋を鍛える為に多種多様なものが推奨されていますが、女性の間で人気となっているのはどんなものがあるのでしょうか?

ながらウォーク

綺麗なスタイルを維持するには筋トレは必要不可欠ですが、早期の効果を期待するあまりやり過ぎてしまうと逆に筋肉で太さが目立ってしまっては困りますので、程よい負荷をかけて行うのがポイントの一つと言えるかも知れません。また、他の筋肉と同様に腹筋を鍛える場合も筋肉のバランスが重要ですので、わき腹部分の筋肉も鍛えると美しいウエストラインが実現しやすくなります。

そんな時におすすめなのが、ながらウォーク。たったの3分座ってゆらゆらと腰を動かすだけの簡単なエクササイズマシンで、この動作を繰り返すだけで引き締まった美ボディが手に入ります。

「ヒップアップクッション」と呼ばれている骨盤運動に適した傾斜が付いているのが特徴の一つで、座るだけで骨盤が立ち無理なく背筋が伸びて美しい姿勢になります。もう一つは、360度フル回転する「オールアラウンドスプリングシステム」を搭載している点で、左右・前後の動きが行なえることにより多彩な骨盤運動ができますので、骨盤のゆがみ予防に力を発揮します。更には、8の字や360度回転させることで腹筋だけでなく、わき腹などの腹部周りを効率的に刺激して引き締めてくれます。

ながらウォークは、自宅で簡単に骨盤や腹筋トレーニングができる目的で開発され、スポーツジム監修のマシンですので、サポートグリップやエクササイズDVDを参考にしながら、初心者でも効率良くトレーニングが可能となっています。

カラーは、可愛いピンク、インテリアとのコーディネートがしやすいネイビー・ブラウンと3色で、組み立てが必要無くコンパクトサイズなので、収納にも困りません。また、コンセントや電池も必要ありませんので、いつでもどこでも手軽に使えるのが魅力です。

筋トレは、雑誌やテレビを見ながら、音楽を聞きながらなど楽しんでできることが続ける大きなポイントですので、過度の負荷が無く効果が出るまで続けやすいといったメリットのほか、工夫次第で楽しめ腹筋をバランスよく鍛えるには見逃せない商品です。

その他自宅でできる腹筋マシン

EMSマシンやベンチタイプマシンには、パーソナルトレーニングジム監修など様々なものがありますが、その他にはどんなものがあるのでしょうか?商品によって、トレーニング時間や機能もまちまちですが、効果が実感できると更にヤル気がアップしますよね。自宅で簡単にできる腹筋マシンは女性に大注目されていて、リーズナブル価格で購入できるものが目白押しです。

腹筋ローラー

腹筋を鍛えるのに、誰もが取り組んだことがある定番中の定番がクランチと呼ばれる腹筋運動ではないでしょうか?その中でも、本格的に腹筋が鍛えられるとして話題となっているが腹筋ローラー。高負荷のトレーニング方法として注目されていて、床での腹筋運動の効果に不満がある方にはおすすめです。

腹筋ローラーは、車輪を通す様にグリップが付いているシンプルな器具で、手頃な価格が人気の理由の一つで、グリップを握って身体を伸ばしたり縮めたりして使用します。これは、かなりハードな運動で、腹筋の他に背筋や腕の力も必要になり、他のトレーニングと併用することで更に効果がアップしやすくなります。また、置き場所も取らない為、手軽に始められるのも魅力。

腹筋ローラーは、腹直筋や外腹斜筋、内腹斜筋といった腹筋全般の筋肉が鍛えられることに加えて、姿勢維持に需要な働きを持っている脊柱起立筋にも力を発揮しますので、姿勢のバランスが取れ腰痛や背中の痛み改善に役立ちます。また、広背筋や上腕三頭筋も鍛えられますので、姿勢は勿論男性の場合は、魅力的な体形作りも夢ではありませんし、女性の場合は二の腕のシェイプアップに効果が期待できますので、引き締まった二の腕を目指すなら試してみる価値ありです。

実際にやってみると、見た目よりもハードなトレーニングですので、初心者は膝をついた姿勢からチャレンジしてみましょう。また、回数に拘ってしまったばかりに、腰や肩を傷めてしまっては逆効果になってしまいますので、できるだけ背中を丸めるのを意識して行うと腰や肩への負担軽減になります。

バランスボール

手軽に自宅で腹筋トレーニングする際に、女性の間で話題となっているのがバランスボール。手軽に体幹トレーニングができるとしてブームとなっていて、腹筋を鍛えるのにも最適です。

バランスボールトは、エクササイズボールとも呼ばれていて、元々はリハビリ用に作られたものですが、現在では一般的にダイエットや筋トレ器具として使用されるようになっています。大きさも様々なものが販売されていて、カラーも豊富に揃っていますので、好みで選んで楽しんでみるのもおすすめ。

効果は体幹だけでなく、使い方によって腹筋を含めた様々な部分の引き締めに効果やゆがみの改善が期待でき、脂肪燃焼しやすい身体にしてくれます。また、筋肉をバランスよく鍛えることが可能なので、姿勢や腰痛改善にも力を発揮してくれます。座ってバランスを取るだけでも効果が期待できますし、横になりながらでも楽しくトレーニングができますので、ズボラさんや飽きやすい方も、一度挑戦してみると良いでしょう。

チューブトレーニング

自宅トレーニングの幅を広げてくれるアイテムの一つがチューブトレーニング。女性でも簡単にできるのが魅力で、自重+チューブでより効果的な腹筋強化が期待できます。また、忙しくて時間が取れない、やりたい時にすぐにトレーニングをしたいという方にもおすすめです。

チューブトレーニングとは、伸縮性のあるゴムチューブを使って筋トレを行うもので、腹筋トレーニングにも最適です。チューブの伸縮による負荷を利用して行うのもで、自重トレーニングを合わせるのも良い方法。トレーニング方法は様々あり、チューブの強度も色分けされ各種販売されていますので、自分に合った強度を選ぶのもポイントです。より筋力アップを図りたい方は、ハードタイプがおすすめです。

トレーニングのコツは、チューブをたるませないことと正確なフォームで行うことに加えて、最大のポイントなのが戻す時はできるだけゆっくり戻すこと。ゆっくり行うことでより筋肉を刺激して効果アップが期待できます。

アブマット

腹筋運動は、身体をより深く下げることでストレッチ性が向上すると言われています。普通の床上の腹筋では水平にしかなりませんので、可動域の半分ほどしか動かしていないことになります。そんな時により高い効果を発揮してくれそうなのがアブマット。

アブマットはシンプルな形をしていますが、腹筋運動においては優れものです。その理由は、曲線状になっているマットを利用することで背中を深く下げられますので、効果的に腹筋を鍛えることができます

アブマットを床に置いて、その上で通常の腹筋運動を行うだけと簡単ですし、価格も運動器具としてはお手頃価格と言えます。置き場所にも困りませんので、誰でもいつでも使いたい時に使用できるのが魅力です。

トレーニングジムで腹筋を鍛える方法

トレーニングジムで腹筋を鍛える
お金と時間を気にしないという方や計画的なスケジュールで効率的に鍛えたいという方は、トレーニングジムを利用するのも一つの方法です。

トレーニングジムは、専門のトレーナーが付いてくれる場合や目的に合わせたトレーニングスケジュールを基に自分で行う方法などがありますが、忙しく時間の無い方にとっては続けにくいというデメリットがある反面、ケガや事故の心配も殆どありませんし、短時間で効率よくトレーニングができますので、効果が出やすいのが大きなメリットです。また、食事指導を行ってくれるジムもありますので、リバウンドしにくい体質や生活改善が実現することも期待できます。

忙しい中でも、時間を効率よく使いたい方にはおすすめで、トレーナーに客観的に指導してもらうことは、安全性にも繋がり安心してトレーニングに没頭できるだけでなく、モチベーションを保つ効果もあることに加えて、日頃のストレス解消の場としても一役買ってくれそうです。

 

まとめ

一口に腹筋を鍛えるといっても、様々なマシンがあることが分かりますよね。それぞれにメリット・デメリットはありますが、自分に合ったマシンや器具を探しそれを最大限に活用して、理想のメリハリボディを手に入れましょう。また、腹筋を鍛えるということは、美しいスタイルの維持だけでなく、姿勢の矯正や腰痛の改善などにも繋がっていますので、無理をせず気長に取り組むことが大切です。

腹筋トレーニングは、それぞれのマシンの正しい使用法をしっかり押さえながら1にも2にも続けることが効果を実感する最大のポイントです。