バランスボールで腹筋を鍛えよう!おすすめの鍛え方とは

トレーニング バランスボール

今回は、バランスボールで腹筋を鍛えよう!をテーマにお話しさせていただきたいと思います。おすすめの鍛え方とはどんなものがあるのでしょうか?

自宅にあるバランスボールが有効利用されていないケースは多く、そのまま部屋の片隅に放置されている方も多いのではないでしょうか。今回はバランスボールを使って腹筋を鍛えることを紹介すると共に、おすすめの方法や基礎的な筋トレ方法などについても紹介します。気になる体形を改善するために、良いダイエットを探している方は是非参考にしてください。

バランスボールの効果

バランスボール
手頃な価格で購入できるバランスボールは、持っているけど実際にはほとんど使用していないというケースも珍しくありません。ここではバランスボールを使うことでどのような効果が得られるのか紹介しますので、使う前の参考にしてください。

腰周りを鍛えるのに効果的

腰回りを鍛える運動はあまりありませんが、バランスボールを使うことでピンポイントに効果が得られます。ウエストのくびれに憧れる方におすすめです。

基礎代謝を上げることができる

基礎代謝を上げることに繋がるようなイメージがないバランスボールですが、シンプルな運動でもしっかり体を動かすことに繋がっていますので、基礎代謝の向上だけでなく冷えの改善などの効果も期待できます。

平衡感覚やバランス力を鍛えることが出来る

大人になってしまうと鍛えるのが難しい平衡感覚ですが、バランスボールを使用することで無理なく自然と強化できるメリットがあります。

歪みを矯正してむくみを解消

体のゆがみは便秘などの健康障害を引き起こす可能性がありますが、バランスボールで矯正することで内臓の位置が元通りになり、便秘だけでなくむくみも解消できるなど、女性に嬉しい効果が期待できます。

血流が良くなって腰痛や肩こりが改善

腰痛や肩こりは血流の悪さが影響していますが、バランスボールで運動することで血の巡りが良くなりますので、痛みや不快感が解消される効果が期待できます。

バランスボールの基礎的な筋トレ方法

イスとしても使えるバランスボールは基礎的な筋力トレーニングをマスターすることが、腹筋を鍛える成功への鍵となります。

基本の座り方を学ぼう!

バランスボール

バランスボールに座る際には、柔らかいボールですので不安定であることは当然です。しかし自然と安定させようと体制を動かしていることで、背筋が伸びて骨盤が正しい位置に固定されます。慣れるまでの期間はバランスをとるのが難しいかもしれませんが、回数を重ねるごとに簡単に座れるようになるので安心です。

普通の椅子とは違う柔軟性

同じ姿勢を維持してしまう通常の椅子は、夢中で作業をする間に腰痛の原因となる痛みや不快を抱えてしまいますが、バランスボールの場合は体制を変えながら座る必要があるため、こまめに運動をした状態で作業ができます。バランスボールを椅子代わりに使用すれば座っているだけで筋力トレーニングが可能です。

腹筋に効果的なバランスボール

椅子として使用することで作業をしながら腹筋を鍛えられるバランスボールは、筋力トレーニングと作業効率の向上を同時に実現できます。一見するとちゃんと作業ができているのか疑問に感じるかもしれませんが、バランスボールを椅子として使用することで集中力を高められることもあります。

バランスボールの選び方

バランスボールは沢山の色や大きさの商品がありますが、体の大きさや体型が異なる方が全員同じ物を使用することで問題はないのでしょうか。ここでは、バランスボールを選ぶ際のポイントを紹介します。

知りたい!バランスボールを選ぶポイント

インターネットでも簡単に買えるバランスボールですが、実際に手に取って座った感触などを確かめて購入するのが理想です。大きさは座った時に膝が90度に曲がる大きさのものを選びますと、椅子として使用する時だけでなく、日々のトレーニング時にも使いやすいでしょう。

全身を乗せることから耐久性が大事

丈夫であることが求められるバランスボールは、外側の膜がしっかり厚みがあるものが良いでしょう。インターネットなどで購入する際には実際に手に取ることができませんので、購入者の口コミなどを参考にして決断するのがおすすめです。

何に使用するのかを明確に!

筋力トレーニングのアイテムと購入する場合がほとんどですが、椅子として使用する方もいることから、最近では滑り止めがついたバランスボールも販売されています。自分がバランスボールを何に使用するのかをはっきりさせておきますと、迷わず購入商品を探せます。

大きな存在感…色にもこだわって選択

インテリアの一部にもなるような存在感があるバランスボールは、部屋の雰囲気を考えて購入しますと、邪魔な存在と感じることなく日々のトレーニング出に使用や、椅子としての活用も受け入れられます。

バランスボールでのおすすめの筋トレ方法

バランスボールで実際に筋力トレーニングをする場合には、どのような方法があるのでしょうか。画像も含めて筋力トレーニングの方法をご紹介していきます。

体幹トレーニング

体幹トレーニングは、バランスボールを使うことで一層強化できるはずです。

体幹を鍛えるトレーニングは数多くありますが、バランスボールを使用して行いますと、心身共に健康的になれます。特に激しい動きなどはしない体幹トレーニングですが、シンプルな動作に加えてバランスボールを使用することで、効率良く腹筋を鍛えられます。

ボールクランチ

ボールクランチとはどのような筋力トレーニングなのでしょう。

バランスボールの上で仰向けになり、そのまま上体起こしをする腹筋トレーニングです。上体を起こした際には、へその位置までのぞき込むようにすると効果的になります。シンプルな動きですが、バランスボールが背中にある状態で行う腹筋運動は、床で行うよりも効率良く鍛えられます。

バランスボールに合わせたトレーニングマットも用意

筋力トレーニングを楽しむためには、グッズ選びも楽しみに加えると長く続けられます。バランスボールとセットでトレーニングマットを用意しましょう。

トレーニングマットの役割

バランスボールを使って効率良く腹筋を鍛えるためには、バランスボールの機能を十分に出せる環境を整える必要があります。その一つがトレーニングマットで、自分の体を保護して運動しやすくするのは勿論ですが、バランスボールが滑ってしまわずに思い通りのトレーニングができます。また、トレーニングマットは名前通りに他のトレーニングに使うことができる上、集合住宅などでは気になる騒音対策にもなるので、一枚あると便利です。

購入方法は?

バランスボールはインターネット通販でも購入できますが、スポーツ用品店やホームセンターなどのスポーツ用品売り場などでも気軽に購入することが可能です。低価格でもカラー展開が豊富な中から選べるようになっていますので、自分の好みやバランスボールの色の組み合わせを考えて買い求めるのがおすすめです。

ウエアにもこだわる

グッズ選びと共に欠かせないのがウエアへのこだわりです。自宅でトレーニングするので服装は別にこだわらなくても…と思わずに、長く楽しみながらトレーニングを続けるためには、着心地が良くお洒落なウエアを用意することで思い通りに行動できます。

まとめ

いかがでしたか。バランスボールを購入したまま上手に活用できていなかった方は、この機会に効率良く腹筋を鍛えることをおすすめします。使い方次第では自分が理想とする体形が手に入るバランスボールは、日々の健康維持やダイエットなど目的に合わせて活用できるアイテムです。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。