ダイエットで20キロ痩せるには?期間、方法、減量のコツを教えます!

ダイエットで20キロ痩せるための期間

20キロのダイエットがしたい・・・この記事に注目した人の中にはそんな風に考えている人もいるでしょう。大幅なダイエットはその人の見た目を大きく変えるだけではなく、人生にも影響します!しかし、20キロの減量を決意するのはとても勇気がいること。そんなあなたのために20キロダイエットを後押しするコツをまとめました。

ダイエットで20キロ痩せることは可能なの?

ダイエット

20キロ減のダイエットに挑戦するということは、あなたの体重が仮に80キロならば60キロまで減量するということです。これまで蓄えていた1/4の脂肪をなくすために努力することを考えると、かなり衝撃な数字であり、20キロ減量の大変さが理解できると思います。

ですからダイエットで20キロ痩せることが本当に可能なのかと始める前から疑問を持つ人も多くいますが、痩せることは可能です。

数キロ程度の減量であれば適当に運動し食事制限をすればそれなりに減量は達成できます。しかし、20キロ減を目標とした場合はしっかりと計画を立て実践することが重要です。

20キロ痩せるための方法を確認する前に、20キロ減を達成した有名人はどんな方法で痩せたのか見ていきましょう。

実際に20キロ減した人はどんな方法で痩せた?

準ミス日本・宮下英子さん

太りだした原因はアメリカへ留学したこと。この20キロを1年間かけて減らしたそうです。

1年で20キロ減したダイエット法は?

ダイエット 野菜

①食事する際は机に鏡を置いて食べる
食事をする際に鏡で自分の食べる姿を見ることで、食べること太ることへの罪悪感が生まれ食欲を軽減してくれます。

②夜食が食べたいときは野菜
どうしても夜にお腹が空いてしまった場合には、野菜を食べ空腹感を満たす方法です。

③足の間にタオルを挟んで生活
体重以外にも下半身が太り、それを解消するために家事をする時には足にタオルを挟み生活。この筋トレ効果のおかげで下半身はスッキリし姿勢も良くなったそう。

以下の動画は宮下英子さんが下半身の悩みを克服した方法が紹介されています。

ハーフモデル・ヴィエンナさん

タイ出身のハーフモデルであるヴィエンナさん。画像の通り高校3年生の夏までは67キロという、ぽっちゃり体型だったそうです。しかしダイエットに成功し現在はスタイル抜群!

-20キロを実現した方法はコレ

Young Asian girl picking a weight for training

①1/4だけ食べるダイエット
食べたいということがストレスにならないように食べたいものを1/4だけ食べるというダイエット方法。甘いお菓子なども1/4だけ食べても良いと言うルールで実践。この方法ならストレスを感じにくいですね。そのほかの食事については食べる種類を多くすることで炭水化物をあまり摂らなくてもいいように工夫しているそうです。

②週2~3回はジムに通い汗を流す

③自宅まで帰るのは徒歩。45分間の道のりをウォーキング

20キロのダイエットは達成できる!

ご紹介した2人はしっかり20キロ減を達成しています。何もこの2人が特別な訳ではありません。20キロ痩せるためのプロセスをしっかり実践すれば痩せることは可能なのです。

大幅なダイエットで失敗してしまう人の特徴とは?

大幅な減量を目指してダイエット。ご紹介したように成功している人もいれば、失敗してしまう人も多くいるのが現状ですね。では成功した人と失敗する人の違いは何なんでしょう?失敗する人の特徴を知るだけでも20キロ減量のヒントが見えてきそうですね。

ダイエットの期間設定が適当

ダイエット期間

ダイエットを決意した人が、1日でも早く体重を減らしたいと思うことは当然です。しかしその思いだけが強すぎて20キロを2ヶ月で減量するという無謀な目標を立てる場合や、ダイエットを継続させる自信がないからか、とりあえず20キロ減を目指すと言うような期間設定が曖昧な場合は、失敗する可能性が極めて高いでしょう。

ただ自分の思いのみで適当にダイエット期間を設定すると、その期間内に目標が達成できないと一気にモチベーションも低下しますし、一度それを味わってしまうと次のダイエットを考えることも難しくなってしまいます。

ダイエットする理由や目標が曖昧

ダイエットの期間設定にも関わってきますが20キロ減を実現するためにはプロセスが何より重要です。ダイエットに失敗する人は1ヵ月後や3ヵ月後にはこれだけの体重を落とそうと目標を定めていない場合が多く、波のあるダイエットをしていることも。

また、20キロの減量をなぜ達成したいのか考えていない人も失敗の可能性が大きいでしょう。20キロのダイエットは可能ですが、想像以上に困難です。何のために減量するのか、その目的が曖昧であれば何ヶ月たっても体重は変わらないままでしょう。

ダイエットに不可欠な運動と食事のバランスが悪い

20キロと言う大幅な減量の場合、運動と食事の両面からメニューを考えない人は失敗してしまうでしょう。食事制限だけをする、ながらダイエットだけをしても痩せることはできますが20キロ減と言う満足のいく結果は得られない場合がほとんどです。

また20キロ減量させることは体への負担がすごく大きいので、極端なダイエットをするのではなく、少しでも健康的に痩せるために運動を取り入れる事は必須です。

自己管理ができない

変わる

以下のことの中で1つでも該当する人は20キロのダイエットをすることは難しいでしょう。

・毎日体重計に乗ってどれだけの増減があるのかをチェックしない。
毎日体重計に乗らない人は感覚でダイエットを行ってしまうため、やっている運動や食事の方法が効果的かどうかも分からないままですよね。これでは毎年ダイエットに挑戦することになるでしょう。

・ダイエットを自分の都合の良いようにアレンジしすぎる。
マニュアル本などに書いてあるダイエット法は自分にとって苦しいからと言ってアレンジしすぎると意味がなくなりますし、やっても効果が得られず時間の無駄にもなりかねません。

・少し体重が減っただけで甘いものや油分の多い食事をご褒美として食べてしまう。
体重が減ったことは喜ばしいことですが、その嬉しさのあまり今まで禁止していた食べ物をご褒美として食べてしまう…これでは痩せません。この癖がついてしまうと何かを達成するたびにご褒美を与え続け、今よりも体重が増えることにも繋がります。

また、痩せるためにやるべきことも苦手だからと言って行わないのも失敗する人の言い訳に多いので注意しましょう。

途中で諦めてしまう

ダイエット 自分との戦い

20キロでも少しの減量でもそうですが、ダイエットを成功させることができない理由の中で1番大きなものがこれです。途中で諦めてしまうということは、ダイエットのやり方や気持ちの面で無理が生じていたと言えるでしょう。辛いダイエットでもしっかり効果が出ていれば頑張ろうと思うものです。

途中で諦めないためにも、目標や痩せるまでのプロセス、やるべき事などをしっかりと把握し実践することが大事です。

20キロ落としたい男女が実践すべき減量方法は?

ダイエットに失敗してしまう人の特徴を知ったうえで、20キロの減量で実践すべき期間や方法、コツを見ていきましょう!

ダイエット期間は半年を目標にしよう!

ダイエットで20キロ減量したいなら、半年を目標に行いましょう!ダイエットを開始した日から2ヶ月後までの目標は毎月4キロ(計8キロ)の減量を目指し、3ヶ月目からは毎月3キロ減を目標に減量していくと半年で20キロ痩せるプロセスを作ることができます。

この減量を達成させるには、毎月しっかりと目標の体重を落とす必要があります。1ヶ月単位なので毎日の積み重ねを意識し行いましょう。このように目標を設定することでダイエットする意識も変わり、-20キロを達成しやすくなります。

ダイエットを継続させるには?

ダイエット 持続心

目標を半年と設定し、これからダイエットするぞ!そう決意してもなかなか継続できるものではありませんよね。継続できないのは1人でダイエットに挑戦していることが原因である場合が多いです。

周りの人にダイエットすることを宣言し、応援してもらう、外食などの誘いをなくしてもらうなど協力してもらうことで、ダイエットを成功させようという責任感も出てきます。

また、同じ目標を持った人をネットなどで探して、ダイエットの意識を常に持続させることや、ジムに通いトレーナーなどの指導を受けながら行うことも効果的でしょう。ジムやネットで出逢った人からダイエットの情報を聞くこともできます。1人でダイエットする自信がない人はこのような手段を使うようにしましょう。

ジムの場合、お金の面で躊躇する方も多いですが、今は市営のジムもあり1回ごとに通えて数百円で利用できます。参考にしてください。

運動と食事、どちらのダイエットも行おう

運動、食事の両面からのダイエットは必須事項です。食事面では今流行の「~抜きダイエット」でも良いですし、1日3回の食事の量は変えずに、回数を5回に別けて摂取する「5ファクターダイエット」でも良いでしょう。すぐに空腹になり諦めてしまいそうな極端な食事制限ではない方法を選びましょう。

体重が重いと運動するの避けてしまいそうですが、運動しなければ代謝も上がりません。まずは体に負担のかからない筋トレを探してください。スクワットやクランチが効果的ですが無理のないよう、ダイエット器具やバランスボールを使用して筋肉量を上げるのもおすすめです。筋肉量が上がれば、基礎代謝の量が上がるので脂肪燃焼の効果が期待できます。

また筋トレを行った後、有酸素運動であるジョギングを取り入れると格段に脂肪が燃焼されます。ジョギングが苦しい場合は早歩きのウォーキングに切り替えてください。

モチベーションを保つ方法を取り入れる

手軽にダイエット

あなたが20キロ痩せようと思った理由はなんですか?その目的を常に思い浮かべることもモチベーションを保つ方法の一つです。好きな人ができたからでも良いですし、可愛く・カッコよくなりたいでも理由は何でも良いのです。ダイエットが苦しくなった時に踏みとどまれる理由をもって減量に取り組んでください。あなたが目指す体型をした芸能人などの画像を常に見ることも大事ですよ。

毎日ダイエットをしていても変化がなかなか現れないように見える場合、モチベーション低下の原因になりかねなません。それを克服するために携帯電話のカメラ機能を使い写真を撮りましょう。写真を毎日撮ることでダイエットの成果が分かりやすく、これだけ頑張れたんだからまだ痩せられるという自信にも繋がります。

ダイエット途中のご褒美はよくありませんが、減量を達成したさいには頑張った自分に対するご褒美を考え、モチベーションを高く保ちましょう。

激痩せによる皮のたるみを予防するには?

20キロと言う大幅なダイエットをすると、今まで膨張して広がっていた皮膚がたれてきます。せっかく減量してスリムになったのに、皮がたれていたら格好悪いですよね。皮のたるみは急激なダイエットによって皮膚の収縮が間に合わずに起こります。予防するには、ダイエットのプロセスが重要。期間を半年と定めて少しずつ減量することが予防するうえで一番効果的です。

手術で皮のたるみを除去する方法もありますが高額なので、自分で予防する方法が賢いと言えるでしょう。

-20キロダイエットは入念な計画を練ってから開始しよう!

ダイエット計画

ダイエットすると決めたら前だけを向いて継続するのが一番楽なダイエット達成の方法です。20キロの大幅ダイエットをする場合、苦しくて投げ出しそうになったり、様々な誘惑も待ち受けています。何より、一度諦めてしまうと再度挑戦するまでに長い期間を必要としてしまうのです。

20キロダイエットの期間、方法、減量のコツを押さえ、「何となく」ではなく入念に計画を練ることが大事!やり始めてからではなく、やり始める前からダイエットは既に始まっていると心得て挑戦しましょう!