短期集中型ダイエットの方法を学ぼう!痩せやすい体づくりの基本。

短期集中型ダイエット 方法 痩せやすい体 基本

今すぐなんとか痩せたい!と思っている方におすすめなのが短期集中型ダイエット!最近衣替えをして、去年の服を整理してお気に入りの洋服を着てみたら、あれ?なんだかきつい!!そんなことありませんか??意外とあるのです。気にってとっておいた服が入らなくなっていたなんてこと。なんとかする方法をご紹介します!

短期集中におすすめのダイエット方法

短期集中型ダイエット おすすめ 方法
食事制限と運動を組み合わせが必須条件! 短期間で痩せるにはこのふたつの力が両方必要!

脂肪に変わりやすい炭水化物を減らす

糖質=炭水化物と思っているかたも多いでしょう。ただほとんど正解なのですが、正確に言うと炭水化物=「糖質」+「食物繊維」のこと!炭水化物はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルとともに5大栄養素の一つになり、生命を維持する上で欠かしてはならない重要な栄養素になります。

なぜ炭水化物を減らすことがダイエットにいいとされているか?エネルギーが体の中で使われていく仕組みが鍵!食事からとった糖をまずエネルギーとして使いはじめます。その糖がなくなった後に、脂肪は燃やされていきます。要は1番が糖質、2番が脂肪といったところになります。この糖質が多く含まれている炭水化物を抜くことで、脂肪が先に燃えやすくなるということなのです。

ただすべて炭水化物を抜いてしまうと、体のバランスが崩れてしまうのと体は非常事態と勘違いし、エネルギーを筋肉から使おうとしてしまうので、痩せにくい状態になってしまうので、炭水化物を減らすイメージでいきましょう。

食事制限をする

自分の目標の体重を決めて、基礎代謝を知り、どのぐらいの消費カロリーが必要かを計算していく!難しいことはなにもありません。体重計におおよその基礎代謝を計る機能があるので、それをぜひ参考にしてくださいね。また脂肪1kgは7200calあるのでこれに痩せたいkgをかけて、どのくらいのカロリー消費が必要かを出して、日数で割ればいいのです。おおよそ200~400cal毎日減らすだけでも効果はあると言われています。

1日の食事をスムージーに置き換える

ファスティングとは1日飲み物だけで過ごすという方法になります。もちろん水だけでは辛いので、酵素ドリンクなどを取り入れて行う方法が主流!この断食の効果としては。老廃物を体の外に出し、体内がリセットされ、デトックス効果がある点。体の中を綺麗にして燃費のいい体を手にいれることが出来ます。また胃腸の休息にも効果が高いとされています。断食の前後が大事!前日は断食に備えていつもの半分くらいの食事に減らし体を少しずつ準備しましょう。いきなりの断食は内臓に負担になってしまうので前日の夜は炭水化物水を控え、ささみや豆腐、卵など、低カロリー高たんぱくの食材で体の中の調整をしておきましょう。また断食後は栄養不足になっているので、脂肪や糖質の吸収がアップしてしている状態なので消化のいいものを少しずつ食べてください。

無酸素運動と有酸素運動を交互に行う


筋トレをしたら、体を動かす! これが効率のいい方法になります。また消費カロリーを上げるために筋肉量を増やすのが1番ですが、気を付けるのは毎日やらないこと!筋肉は休息と栄養補給をへて育つのです。そのため、部位を毎日変えてやるのが短期集中型にはおすすめです。

キャンペーンのあるエステサロンへ通う

時間がなく、自分でなんとかするんが難しい!そんな時は専門の方にお願いしましょう。今の時代、体験キャンペーンなど、お財布にも優しく痩せる効果を実感できるものがあります。その際に必ずカウンセリングを行ってくれるはずなので、自分の体がどのようなタイプなのか?など疑問に思ったことを聞く機会にしてもいいでしょう。

日頃からできる痩せやすい身体づくり

短期集中型ダイエット 痩せやすい 身体作り
今の瞬間から出来るのが姿勢を正すこと!姿勢が悪いと骨盤の位置がずれて体全体が歪みます。そうなると臓器が正しい位置で支えられずに前に出てきてしまったり、老廃物が溜まりやすくなることもあります。足を組む癖やほおづえをつく癖があるのであれば、すぐにやめましょう。

姿勢に気を付ける

今のあなたの姿勢は??背中を丸めていませんか?背もたれによっかかっていませんか?脚はデスクの中で開いていたり組んでませんか?今の現代パソコンなどをする時間がとても多く長い間座って作業することが多いですよね。それにより肩が体より前に出てしまい、背骨が曲がっている人が多くなっています。 これを踏まえると椅子にきちんと座っていれば簡単に姿勢を矯正できるということ!

正しい椅子の座り方はまず背もたれにお尻をつけ、ここで背筋を伸ばし腰の骨がまっすぐになることを意識します。そうすと必然的に腰の角度は90度になります。お尻と背骨を意識しつつ膝と腕も90度の角度にしましょう。頭は下げずに首すじを立てるイメージであごをひけば完成です。これにより腹筋と背筋の両方が引きあがるのです。そして、大事なのはパソコンを覗き込む形にしないこと!正面にディスプレイがくるように椅子の高さも調整してくださいね。まず正しい姿勢を知り、意識していくことが大事なのです。正しい姿勢をしてみて、こ辛いと思ったということは筋肉を使っているという証拠!更に姿勢がいいと周りからの目線も変わってきます。正しい姿勢をとることで凛としたイメージにもなるのでいいこと尽くしですね。

食事の時間と内容に気を付ける

食事はきちんと3食、バランスよく食べる! 夜遅くになりそうな場合は、夕方におにぎりなどの炭水化物は先に食べて置き、遅くはカロリーが低いものを選んください。夜は寝るだけなので、食べたものの多くが脂肪になりやすいのです。また筋肉をつけることは運動だけを意識するのではなく、食事でも意識してください。筋肉の元となるたんぱく質は自分の体重と同じぐらいのグラム数以上積極的に取るようにしましょう。またダイエットで陥りがちなのが、女性はホルモンバランスを崩しやすくなります。そのために大事なのが女性ホルモンと同じ働きをもつ大豆イソフラボン!豆乳や豆腐などに多く含まれています。ただこの大豆イソフラボンとり過ぎてしまうのもよくないので気を付けましょう。

無理のない運動をする


運動が苦手であれば、簡単な水中ウォーキングがおすすめ!歩くことは苦手や不得意は少ないはず!また水中であれば、関節への負担が減るので運動初心者でも体に負担がかからずにカロリーを消費することが出来ます。

十分な睡眠時間を確保する

痩せたいのであれば早寝早起き!しっかり睡眠をとるこで暴飲暴食が防ぐことやカロリーも寝ながら消費出来るる! なんと私たちは寝ている間もカロリーを燃やしています。確かに息はしていても体は動いていないはず?と思置いますよね。この息が大きくが関係しているのです!

人間は寝ているときだけではなく常にエネルギーを燃やして生きています。それが睡眠中は更に高いと言われています!睡眠時の脂肪をエネルギーとして使ってくれる確率はなんと70%ととても高い数字ですね。簡単に言うと寝ている間に私たちは300cal近く消費しているのです。これは白米軽く1膳半!そして運動量で換算するとジョギング1時間分の消費量にあたります。だからと言って夕食をたくさん食べすぎてしまうと、お腹にある食べ物の消化にエネルギーを使うのに集中してしまうため、脂肪が燃焼されにくくなるので気を付けましょう。

まとめ

短期間で痩せたいのであれば、食べること動くことのポイントを抑えて、ダイエット計画を立てる!これが1番の痩せる近道です。目標をしっかり立てて頑張りましょう。