ダイエットで胸が小さくなる?維持できるおすすめの筋トレ方法とは

お腹痩せ ストレッチ 効果 メリット

ダイエットをする上で意外と多い悩みが痩せた同時に胸もなくなってしまった!という悩み。バストの9割は脂肪なので、ダイエットで脂肪を落とせば当然バストも小さくなります。ですが、これを最小限にとどめることも出来るのをご存知ですか??せっかく理想の体型になっても女性らしくなくては意味がありません。バランスのいい女性らしい体型を目指してみませんか??

ダイエットで胸が小さくなる原因

ダイエット 胸 小さくなる 原因
栄養不足と運動による刺激が原因!これらについて詳しくご説明してきましょう。

栄養が不足して胸へ栄養がいかなくなるから

バストは脂肪が9割!ダイエットにより落ちるのは脂肪が優先!栄養不足とは少し大げさかもしれませんが、食事を減らせば体にとってはいつもと違う状態と認識されるのは当たり前ですよね。栄養が足りない状態であれば、脂肪もたまりにくくなります。脂肪は基本的に私たちの体にとって多く入ってきたエネルギーの塊なので、足りなければ減っていくばかりなのです。

運動で胸が揺れてしまうから

運動に振動振動でバストが揺れると、垂れやすく、小さくなったと感じることがある!バストにはバストを支えている靭帯をクーパー靭帯と言います。クーパー靭帯とはなにで出来ているかというとコラーゲン組織で出来ています。乳腺と筋肉や皮膚を繋いでいるのがクーパー靭帯なのです。クーパー靭帯よりバストを支え吊り上げているのですが、このクーパー靭帯はゴムのような性質があり、運動などの振動でゴムが伸びきってしまうことがあるのです。悲しいことにこのクーパー靭帯が1度伸びると治らないと言われています。このためクーパー靭帯を守るために運動時の振動をなるべく減らすことが大事なのです。

胸を残して痩せる食事

ダイエット 胸 残す 食事
ポイントはボロンと大豆イソフラボン!これらはバストアップには欠かせない食材になります。1番やってはいけないのは過度な食事制限!これにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、バストアップはかなり難しくなってまいます。そのため、バランスの取れた食事にこれらの食材をプラスするようにしましょう。

女性ホルモンが活性化されるやみつきキャベツ

キャベツに含まれるボロンがポイント!ボロンとは日本語ではホウ素と言います。これはミネラルの1種であり、間接的バストを大きくする働きの手伝いをしてくれるのです。ボロンの特徴は生で食べることとたんぱく質と一緒に摂取することでさらに効果が高まると言われています。

大豆イソフラボン成分のオクラと豆腐の胡麻サラダ

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをする!バストを大きくしたければ、まずは乳腺を発達させることが近道!誰もが感じる生理前に胸が張ったり、いつもより少し大きくなった感覚!これは排卵前になり女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えるためであり、このエストロゲンと似た働きをするのが大豆イソフラボン!乳腺の発達を活発にさせてくれる役割があり、それにより乳腺細胞を増やすように働いてくれるのです。

胸を残して痩せる筋トレ紹介

ダイエット 胸 残す 筋トレ 方法
クーパー靭帯を補助する大胸筋と小胸筋を鍛えるのがベスト!このふたつの筋肉はかなりバストに影響がある筋肉です。これによりバストの垂れを防ぎハリのあるバストに変わるのです。

二の腕にも効果があるトライセプディップ

効果はバストアップだけではなく全身痩せにも!基本的には二の腕(トライセプ=三頭筋)を鍛えるために考案されたエクササイズとも言われていますが、やり方によっては二の腕だけでなくさまざまな場所に効果があると言われています。またこのトレーニングのいいところは器具がなにもいらないところもおすすめです!

■トライセプディップの方法


まず椅子に浅く座りましょう。次に足は前に伸ばします。両手は椅子を掴みおしりを浮かせて体を椅子の前に移動します。3秒から4秒かけながら肘と膝を曲げて体の位置を低くしていきます。そこから3秒数えながら元の位置に戻る15回程繰り返して1セット、3セット行いましょう。

綺麗なバストを作るダンベルフライ

大胸筋を鍛えるダンベルを使ったトレーニング!大胸筋を鍛えるにはもってこいなトレーニングであり、ジムなども割と多くの方がやっているものになります。

■ダンベルフライ


まず膝を曲げて仰向けになってダンベルを持って両腕を上げましょう。右腕を床につかない位の位置まで横に向かって下げます。そこから3秒数えて右腕を戻して左腕も同じように行いましょう。これを10回を3セット行います。

ダイエットを成功させるポイント

ダイエット 痩せる 成功 方法
ダイエットの鍵となるのが運動と食事と継続!これが1番効果も高い上に、リバウンドしにくい方法になります。これを行うためにまずあなたがしなければならないことを具体的にご紹介しましょう。

太っている原因を知る

なぜ今の体型になったかを考える!そのためにすることは、今の生活をまず把握することが大事なのです。1日朝起きてから寝るまでに食べたもの、どのぐらい動いたかをまず書き出してみます。そこから1日だいたいどのぐらいのカロリーを取り、どのぐらい動いて消費しているのか?をざっと割り出します。動いているカロリーと食べているカロリーの割合として、食べているカロリーが上回っていれば当然痩せることはできません。ここで大事なのが基礎代謝!今では基礎代謝は体重計などで簡単に出すことが出来ます。基礎代謝は生きているだけで消費するカロリーのこと!この3つをしっかり理解して、食べている量が多いならばそこを減らし、運動が足りないのであれば運動を増やすなどをしていくことが必要になります。

具体的な目標を決める

まずは1か月後の目標からの、1週間ずつの目標!ゴールをしっかり決めていくことが大事です。ゴールが決まれば後は過程をしっかり考えていきましょう。漠然と痩せたいというのは必ず挫折します。自分が出来ることを考えた上で、1週間ずつの目標を立てましょう。例えば1週間目間食をしない、よく食事を噛む!2週目毎日通勤は歩く、3週目夕食を軽めにして筋トレを1日何回行う!4週目運動する時間を増やす。など簡単なものでいいのです。続けられない目標を立てても意味がないので、必ず現実味のある目標を立ててくださいね。

胸を残して痩せるウォーキング方法

ダイエット 胸 残す ウォーキング
胸のことも考えたウォーキング方法とは?気になりますよね。詳しくご説明してきましょう。ここで注意するのは必ず運動の時は、バストに負担がかからないようにスポーツブラをつけましょう。ウォーキングはダイエットにおいては強い味方です。実はダイエットだけではなくバストアップにもいいと言われています!その理由としては肩甲骨や大胸筋を動かすことや血流がよくなることが理由となっています。さてここからは更にポイントをご紹介!

腰をひねらせるように歩く

体の芯をまっすぐにした状態で胸を張り、肩を広げるイメージで着地は踵からおろす!このとき内側を意識しておろし腰を少しひねる!
lこれによりひねりの動作がバストのアンダーを引き締める効果がある!イメージは1本の線の上を歩くように!アンダーをしっかり引き締めることでバストが大きく見えますよね。

まとめ

今のあなたのバストは小さくなってしまう理由はありませんでしたか?バストにはしっかり栄養を補給していくのと、筋肉をつけていくことでダイエットをしながらも綺麗なバストでいられるのです!やはり女性にとってはとても大事な場所です。ダイエットをして綺麗になるには正しい知識が必要なのです。あなたも今日から意識しながらダイエットに取り組んでくださいね。