ダイエットは中学生でやっても大丈夫?無理しないダイエットを心がけよう。

ダイエット 中学生学生
Women's junior high school students speak on the phone

ダイエットをしたい中学生は最近多いようです。思春期真っ盛りの中学生!小学校から卒業するとまた少し大人に近づきますよね。そこで気になってくるのが体重!雑誌などで活躍する同年代の子と比べるとやっぱり太っていると悩んだことありませんか?とても難しい年ごろであるがゆえになかなか誰にも相談しにくいですよね。中学生にとってダイエットはどうなのか?一緒にみていきましょう。

中学生でダイエットをする際に気を付けたいポイント

思春期真っ盛りの中学生は、周りと自分を比べて様々なことに悩みを持つ時期。周りの評価が気になり、特に女性の場合は体形が気になりだす年頃ですので、ダイエットに興味を持つこともあるでしょう。この年頃は、短期間でダイエットをしたいと思うあまりに無理をしがちで、体調を崩すこともありますので注意が必要となります。今回は、中学生のダイエットのポイントを紹介します。

無理な食事制限をしない

食事はきっちり3食食べる!その分間食を減らす!
食事に関しては、中学生は成長期なので、きちんと1日3食きちんと摂りましょう。ちなみに朝食を食べないという中学生が多いのですが、ダイエットにおいて朝が1番大事な食事なので欠かさずしっかり食べることで朝からしっかり体を使いカロリーを消費出来ます。1食どこか食べないとなると、結局ほかで食べることになりやすい状況を自分で作ってしまいます。

食事面でのポイントとしては、間食と夜の時間帯の食べ方に気を付ける!間食は控えるかカロリーの低いものを意識します。夜の時間帯の食べ方としては、夕食をきちんと摂ること!そして就寝2~3時間前の間食をやめることをしっかり行いましょう。夕食を減らすことは、結局成長期のうちは栄養が足りないと体が欲してしまい、遅い時間帯に食べてしまうことになるのです。寝る前に食べたら、その分太ると意識しましょう。

お菓子を控える

ダイエット 糖質
中学生の時期は成長期でもありますので、食事から摂取する栄養は大変重要なもの。そのため、食事制限によるダイエットは控えた方が安心です。食事制限なしにダイエットするには、間食を控えるのが手っ取り早い方法のひとつ。中学生時代は、運動なども行う時期ですので何かとお腹がすくものです。そんな時にはついお菓子に手が行きがちですが、そこをグッとこらえることがダイエットのポイント。お菓子には、脂肪や糖質が多く含まれていることが少なくありませんので、間食を止めてみることから試してみましょう。

規則正しい生活をする

中学生に限らず、規則正しい生活を心掛けることはダイエットの基本と言えます。特に、中学生は成長期ですので、身体の成長をサポートする栄養素を十分に摂ることは不可欠です。また、睡眠の質も成長期には大切なもので、成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されると言われていますので、睡眠をしっかりと取ることも大切。深夜までスマートフォンを使っていると不眠の症状を引き起こすと言われており、成長ホルモンの分泌がスムーズに行われなくなっては健康的なダイエットとは言えなくなってしまいますので、生活を見直してみることがおすすめです。中学生は、規則正しい生活がしやすい環境ですので、寝る時間を意識するなど少しずつ頑張ってみましょう。

筋トレで代謝を上げる


中学生は運動しやすい環境にあり、ダイエットもしやすい時期です。簡単なストレッチから始め、身体が馴染んできたら筋トレを行ってみるのもおすすめ。意識的に行わなくても、授業や部活などで身体を動かす機会が多くなり、基礎代謝が高い時期でもありますのでダイエット効果が出やすいと言えます。夜寝る前に筋トレを取り入れてみることもひとつの方法ですので、代謝アップを図り消費カロリーを増やしてみましょう。

成長期であるということを忘れない

今はダイエットより健康な体を意識して! 成長期に体が栄養不足に陥ると、骨や筋肉が上手く育たなくなり骨折などの怪我が増えてしまうこともあります。また血液の循環が悪くなり冷え症になるなど、一生付き合っていかなければならないのは嫌ではありませんか??特に女の子の場合は、栄養が足らないことで女性ホルモンの分泌が止まりただでさえ、女性ホルモンのバランスが崩れやすいのに更に支障をきたし、生理が来なくなったり、生理周期が整わないなんてことにも繋がります。この時期は心と体がまだ未発達な状態です。そんなときに過激なダイエットを行うことで心のバランスを崩しやすく、中でも太ることを恐怖に感じることから拒食症の原因にもなり得ます。健康に痩せる!ということを意識しましょう。

中学生でもできるダイエット方法

中学生は、基礎代謝が多い分食欲も旺盛。友達付き合いの中での食に対する誘惑も大きく、ダイエットの妨げになる場合もあります。また、ダイエット法も極端に食事を減らしたり、一定の食材のみにのめり込んだりと危険をはらむ場合もあります。成長期である中学生のダイエットは、健康上の問題が生じないようにすることが必須ですので、無理なダイエットには十分気をつけなくてはなりません。無理なく続けられる、中学生におすすめのダイエット法を紹介してみます。

通学中のウォーキングダイエット

中学生 ウォーキングダイエット
無理のないダイエットの筆頭に挙げられるのがウォーキング。中学生の場合は、通学中にウォーキングを取り入れるのが手軽な方法です。朝ちょっと早く家を出て、歩幅を大きくし早歩きで歩きながらいつもより歩く距離を多くしてみると良いでしょう。朝起きるのがつらいなら、学校帰りに取り入れてみると続けやすくなるかもしれません。ウォーキングは有酸素運動のひとつですので、歩く距離を伸ばせば消費カロリーが増えていきます。

お風呂ダイエット

近頃では、お風呂の湯船につからずシャワーで済ませるという中学生が少なくありません。しかし、ダイエットをするならしっかりとお湯につかることがおすすめ。その理由は、お湯につかってしっかり身体を温めることで、全身の血流が良くなり新陳代謝がアップするから。入浴方法は、食欲が抑えられると言われている食前がおすすめです。入浴して血行を促進することで、脂肪燃焼効果もアップします。

骨盤のゆがみをとる骨盤ダイエット

骨盤が歪んで姿勢が悪くなると、内臓機能が低下したり血管が圧迫されて血流が悪くなることで、冷えやむくみを引き起こしたりと、身体にとってあまり良いとは言えない影響が出てきます。また、猫背などの場合は呼吸にも影響を及ぼし、浅い呼吸になりがちですので早期に骨盤の歪みを解消しておくことは大切。骨盤が歪んでいる場合は見た目の美しさにも影響を及ぼしますので、健康状態を良くするだけでなくダイエットの観点からも、中学生から意識して骨盤の歪みを解消しておくことが重要です。

椅子に座りながらのながらダイエット

椅子に座りながら行うダイエットは、家にいる時は勿論のこと学校の休憩時間でもできるおすすめの簡単エクササイズ。椅子に浅く座って太ももの間に両手の甲を差し入れて、太ももを外側に押すように力を入れると同時に太ももは内側へと力を入れます。数秒行ったら力を抜くという動作を、20回程繰り返しましょう。中学生は生活も規則正しく、運動もしやすい環境にあります。また、基礎代謝も多い時期ですので、カロリーの取り過ぎに注意しながら生活にちょっと工夫を取り入れるだけでダイエット効果が現れやすくなります。決して無理をせず、健康的なダイエットを目指してできることからチャレンジしていきましょう。

思春期の無理なダイエットによる悪影響

ダメ
この時期は体を作る大事な時期!無理をすると、10年後の自分の体はボロボロになるなんてこともあります。だからこそきちんと正しく痩せて欲しいのです。

省エネ体質になり将来痩せにくくなる

脂肪燃焼が活発な中学生は痩せるために有酸素運動ばかりだと、なかなか痩せにくい体になってしまう! 強度の低い持久型の運動の場合は、主に脂肪がエネルギーとして使われます。これがジョギングやウォーキング!脂肪が燃えるには酸素が必要ですから、呼吸が苦しくなるまで頑張る必要なく、軽く息が弾み、適度に汗ばむ強度で行うと脂肪をたくさん燃やすことが出来ます。そして脂肪が燃え始めるのが運動開始後約20分!これによりお腹や脚痩せの効果が高くなるのです。ダイエットの基本としては20分以上の運動が効率的!ですが、中学生の場合代謝がとてもいいので、痩せるために有酸素運動だけを習慣的に行っていると、身体がカロリーを使いづらい状況になります。これにより少ないエネルギーで効率的に運動が続けられてしまう。これでは脂肪が燃やされることが減り、ダイエット効果が下がる可能性があるのです。そうならないためには、筋トレが欠かせません。もちろんダンベルなどの運動強度が強い筋トレではなく、簡単なものがおすすめ!なぜなら中学生はまだこれから成長するので関節などに負担がかかると身体の成長に悪影響になると言われています。例えば腕立て伏せ、腹筋運動、上体そらし、スクワットなど、自分の体重を使ったトレーニングで十分です。
イメージとしては、脂肪を燃やすならジョギングやウォーキングなどの運動!痩せる体質になるなら筋トレなどの運動!これらを組み合わせるのが1番効率がいいのです。

リバウンドを繰り返しやすい

リバウンドの元は糖質! 意外と知らないのが、リバウンドしやすい食べ物のこと!脂肪がついてしまうのは、お肉の脂肪や揚げ物の油と認識しがちですが、そのほとんどは糖質!中学生において食べないというダイエットを行うと、どんどん筋肉が落ちてしまい、消費カロリーが減ることで太ります。ちなみに脂肪を燃やすには必須アミノ酸を摂取しないといけない!=食べないと筋肉は落ちるし、脂肪は燃焼されないしと太る要素満点!食べないことで一時的に痩せたと思っても、その後が大変なのです。

まとめ

ポイント
大事なことは今は成長途中であることを忘れないこと。ここで無理をしたダイエットしてしまうと大人になったときに、支障が出ることもきちんと知っておきましょう。健康的な生活の上で、体を動かすことや間食をしないこをメインにダイエットに取り組みましょう。