生理の時のダイエットどうしてる?痩せるための正しいダイエット方法とは

生理中 ダイエット 痩せる 正しいダイエット方法

女性にとって必ず毎月来るのが生理ですよね。ふと思ったのはそんな時ダイエットはみんなどうしているんだろう?と思ったことありませんか。生理だと頭が痛かったりお腹が痛かったり、どうしても体調もすぐれないときもありますよね。だけど、頑張って痩せてきたのにまた戻ってまわないかな?と思いますよね。生理の時の正しいダイエットについて詳しくご説明しましょう。

生理前に痩せにくい原因

生理中 ダイエット 痩せにくい 理由
これは多くの女性が感じたことがあるのでは??
生理前になるとやたら体重が増えたりむくんだり肌が荒れたり、コンディションはよくない!また気持ち的にもイライラしたり、生理前は出来ればいろいろな意味で人に会いたくないなと思いますよね。さてこの生理前の憂鬱はダイエットにおいても影響を受けています。

体が水分を溜め込むため

これはプロゲステロンの影響が大きい!
生理前になるとなんだかやけに食欲が沸くな。食べちゃおうと思うことが多いので体重が平気で2kgほど増えることもありますよね。これは実はプロゲステロンという黄体ホルモンが影響していたのです。女性生理が近づくと妊娠しやすくする準備をはじめます。このためにプロゲステロンの量が増えます。これにより、体の外に水分や老廃物が排出されにくく状態になります。それに伴い腸のぜん動運動を弱めてしまうので、腸の働きも悪くなったり便秘になることも。これが影響して下半身がむくみやすくなるといわれているのです。生理前に増加し続けたプロゲステロンが徐々に減少することで、冷えを感じやすくなるという特徴があります。全身が血行不良になりやすくなってしまうこともむくみの原因ともいわれています。生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまったと思うのがほとんどですが、ホルモンの関係で体内の水分量が増えることで一時的に体重が増加す主な原因なので、体脂肪が増えた訳ではないのです。ちなみに、時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので2kg前後=1~3kg増えるのは、当然なのです。これを聞くと少し驚きですよね。

ただ生理前後にもその体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎや生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されないということにもなるので、きちんと体重計に乗って生理前と後の体の変化をみていきましょう。

食欲が増加するため

食欲が増えるのも妊娠の準備を体がするため!生理周期はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが正しく分泌されることに起こるのが生理でになります。排卵前から排卵にかけてはエストロゲンの分泌量が増えます。そのあとの排卵後から生理前にかけては、プロゲステロンの分泌量が増えると言われれています。

生理前に分泌されるプロゲステロンの役割は、受精卵が着床しやすいよう、子宮内の環境を整える働きがあるのです。それと一緒に、妊娠・出産に必要なエネルギーを蓄える準備期間でもあるのです。これにより食欲を増進させて栄養をたくさん取り込もうとします。それ以外では、細胞内に水分や塩分を蓄えたり、脂肪の代謝を遅らせて体に溜め込んだりする性質もあるのです。妊娠や出産を控えている女性にとってはとても大事なことなのです。

便秘になりやすいため

プロゲステロンが生理中も分泌されえているのが原因?! 生理前の便秘の原因になるプロゲステロンと言われていますが、これが生理中にも分泌されていることが便秘の主な原因と言われtいます。女性ホルモンはストレスなどの影響を受けやすいと言われており、乱れやすく、生理周期どおりに分泌サイクルが回らないこともあるのです。このホルモンバランスの崩れが、生理中にもプロゲステロンがたくさん分泌されてしまい、便秘を引き起こしてしまうのです。その他としては、生理中は生理痛などの影響もあって食欲がなくなる人もいますよね?そうなると必然的に食事量が少なくなり、食べ物にも偏りが出てきます。そうなると排便をスムーズにする食物繊維などが不足して腸の動きも弱くなり、食事量も少なくなるので、便の排出も少なくなるので便秘になることもあるのです。

代謝が悪くなりやすいため

基礎代謝が1番低いのが月経中!女性は月経中、基礎代謝がとても下がると言われており、 月経中に下がった基礎代謝は、次の月経が始まるまでにまた戻ると言われています。これを踏まえると生理中は体が痩せにくい状態であるということになりますね。また生理中はホルモンバランスの乱れによって、全身の血流が悪くなるのも特徴です。これにより体温が下がってしまうと基礎代謝も大きく低下します。体温が低いということは、あまりエネルギーを使わなくても体温を維持することが出来る状態です。エネルギーをあまり使わないとなると、消費カロリーの低下に直接つながってきますね。この様な理由によって、生理中は痩せにくく太りやすい状態という訳になります。

生理中におすすめのダイエット法

生理中 ダイエット おすすめ方法
痩せにくい時期にどうしたらいいの?と思いますが。ここでおすすめは気持ちもリフレッシュしながら体を動かすこと! もちろんハードなものではなく。ストレスをためないことだったり、血流をよくすることがメインのものを選びましょう。

心身ともにリラックスできるヨガ


ヨガとは、呼吸を整え、瞑想の世界にはいって、正理と一体になることと古代から伝わるインドの身心鍛錬の方法になります。最近は健康方やリラックス方でもとても注目をされています。 ヨガは心も体も綺麗にする方法なのです!ヨガを行うことで体の冷えの原因は血流の悪さを改善することが出来ると言われています。冷え性は血管の流れが悪く、体の動きもよくない状態。また心臓から遠い足先や指先などにいくとなおさら血流は滞りやすいと言われています。これを解消するには心臓のポンプ以外の筋肉のポンプを使って血の巡りをよくすることと骨のゆがみを直すことが1番早い改善策になります。ヨガを行うことでさまざまな体の部分が正しい位置に戻り、自然と体の機能はうまく働きだすのです。それにより血の巡りが改善され、冷え性や便秘などを解消してくれます。

血流を良くするストレッチ


ストレッチにおいて血の巡りがよくなることは、体内の中ら痩せ体質に導いてくれる!ストレッチをすることで、筋肉を柔らかくしていくことが出来ますよね?筋肉が柔らかくなると筋肉の可動域も広がり、より効率よく筋肉を使うことができるので代謝が上がると言われています。そして血の巡りがよくなることで栄養が全身に行き渡るようになり、これにより冷え性やむくみなども解消されます。その他にも肩こりの改善にも効果があるのです。またストレッチにより血液の流れがよくなることで体内の老廃物を外にだし、体の中から綺麗になります。そのおかげで血の巡りがよくなったことで、体温を高くなる効果があります。体温が上がると基礎代謝の向上も期待できます。体温が一度上がることで、基礎代謝が約12%上がり、その効果はウォーキングを約30分するのと同じぐらいの効果とも言えるのです。生理中なかなか動くのがおっくうであればストレッチはとてもいい方法になりますね。

ストレス発散にもなるウォーキング

ウォーキングには体を動かして痩せる効果だけではなく、リラックス効果も期待できる!現代社会はストレス社会。ストレスは過食や暴飲暴食を引き起こします。そして運動をするとストレスが減って食欲も抑えることが出来るというのはあまり知られていませんよね?。なぜウォーキングにリラックス効果があるか?と言うと、歩いている時は平常時よりも30%~50%多く酸素が脳に供給され、この状態が20分程続くとβ-エンドルフィンやドーパミンといった快楽ホルモンが脳内に出てくるのです。またβ-エンドルフィンは運動後3~5時間持続する力があるので、長い時間リラックス出来る効果が期待できます。またセロトニンもウォーキングにより分泌されます。セロトニンは、興奮しすぎた脳を抑える効果に加え、リラックスと幸福感をもたらしてくれるホルモンです。こうしたホルモンは、ノルアドレナリンなどに代表されるストレスホルモンから脳を守る役割もあるのです。

体幹を鍛える筋トレ

体幹は横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群という名前があり別名インナーユニット!このインナーユニットとは外から見えずに鍛えるのが難しいと言われている筋肉とも言われています。体幹の筋肉は果たしてなんの役割があるのかというと大きく3つにわかれといます。まずは体を支えることから、立ったり座ったりなど日常生活で使う筋肉のベース、次に手足の動きの土台となる手足の動きのベース、最後にひねりの運動の軸になるボールを投げるダンスする際に使うひねる動作の軸になります。この体幹を鍛えると女性特有の悩みが解決されると言われています。それが生理痛!生理痛が重くなる理由は冷えや骨盤のゆがみと言われています。これらが原因で血行不良になるとも言われています。血行不良は生理痛だけではなく関節の痛みや肌荒れにも繋がってくるので、体幹を鍛えることにより正しい姿勢や骨盤を支える筋肉をしっかりつけることにより血行の流れがよくなり冷え性や生理痛が改善されるのです。

痩せるための生理中の過ごし方

生理中 ダイエット 痩せる 過ごし方
1番は無理をしないこと! 生理中は体はさまざまなことと闘っている状態です。だからこそ、きちんと自分の体の声を聞いてあげましょう。

ストレスを溜めない

ストレスは生理中はなるべく発散できるようにする! 女性ホルモンは自律神経から命令が出されることで分泌されおり、自律神経はストレスに弱い特徴があります。生理中に無理なダイエットを行うとうと簡単に分泌バランスが崩れてしまうので、なるべくリラックスできる環境で過ごすようにしましょう。

温かい飲み物を意識して飲む

生理中は体温が下がりやすい! 体が冷えると代謝が悪くなってしまい、エネルギーを使われなくなります。この冷える現象は頭痛や生理痛といった体調不良の原因とも言われています。温かい飲み物やスープなどで体温を上げることを意識して過ごしましょう。

心地いい程度の運動を取り入れる

体重維持+ストレス発散になる程度の運動を心がける! 運動のメニューも、体に負荷をかけるものは避けましょう。リラックスできるストレッチやマッサージなどがいいとされています。

まとめ

生理中 ダイエット 綺麗に痩せる 成功
生理中1週間は生理前と同様に痩せにくい時期なのはわかりましたね。生理後2週間はエストロゲンの分泌が高まり、自律神経が活発になります。新陳代謝もアップして気持ちが安定してきますので。ダイエットを本格的にはじめるにはいい時期いなりますね。