ダイエットを成功させる秘訣とは?失敗してしまう原因を知って改善していこう!

ダイエット 成功 秘訣 失敗 原因

正直ダイエットに成功したことがない!そんなあなたにぜひ知って欲しい!ダイエットはきちんと成功出来る秘訣があるのです。間違ったダイエットは体も心も壊す元になります。これからは健康で綺麗に痩せるダイエットをはじめてみませんか?

ダイエットを失敗させやすくする原因

ダイエット 失敗 原因
そもそもダイエットについて、正しい情報が少ない!それにより
ダイエットの知識が間違って認識されて、痩せることができない! 情報社会なので、ネットでダイエットと調べれば簡単にさまざまな方法が出てきますよね?ですがそれがすべではないのです。

また自分の気持ち次第というところもあります。なんとなく痩せたいなと思っていては正直難しいと思います。モデルさんや芸能人の方がもとから綺麗な方もたくさんいますが!少なからず体型を維持するために多くの努力をしています。それを見せないだけなのです。これからわかることはダイエットは努力が必要ということですね。

いつでも痩せれると思っている

いつだって痩せられるんだから!と勘違いしていませんか??明日から頑張って痩せようと思うことはとてもいいことです。

その明日はきちんと来ていますか?痩せることをはじめるにはその一歩をしっかり計画的に踏み出すのが大事!失敗したら嫌だな。痩せなかったら恥ずかしいな。とも思いますが、それはあなた次第!言い換えれば太っている今の状態は恥ずかしくないのですか??そして周りの友達もあれ?こないだダイエットすると言っていたのに。言っていることが嘘になってしまいますよね。ちなみ気持ちはいつでも痩せられると思っていても、実質年齢を重ねるにつれて、体自体が燃費が悪くなるのです。それが基礎代謝の低下!基礎代謝は30歳前後から下降傾向にあることもお忘れなく。

短期間のダイエットはリバウンドしやすい

短期間のダイエットは無理が多い! 健康的に痩せる法則として言われているのが体重を落とす場合、体に負担にならない減量の目安は1か月に今の体重の5パーセント以内!と言われています。これは意外とみなさん知らないですね。これにはきちんと理由もあります。短期間で体重を落とすことにより、筋肉も一緒に落ちる可能性が非常に高いため、このリバウンドをしやすい状態にななりやすいのです。簡単に考えたらわかるのですがまず今のあなたの体ができるまで、年齢と同じ分のペースで今の体が作られていますよね?そんなに時間がかかった体をほんの1か月でどうこうしようとする方がかなり無謀だということがわかりますよね。

太ってしまった理由を考える

太った 理由 原因
まずなぜ自分が太ってしまったのかを考えることで、痩せる方法も見つかる! 原因がわかれば必ず解決法も見つかるのです。

食事のしかたに心当たりがある場合

毎日何も考えずに好きなものを食べていませんか?ダイエットを成功している人の過半数の人が正しい食生活を送っていると言っても過言ではありません。私は太りやすいから食べ方を変えても仕方ない!そんなことは一切ありません。人間が生きていくのに欠かせないのが食事ですね。食事は私たちにとってとても大事なもの!だからこそ、きちんと意識することが大事!さてあなたの食生活はどうですか?バランスのとれた食事をとっていますか?しっかり噛んで食べていますか?早食いであったり、ながら食べはしていませんか?さてこれらのことだけでも、当てはまる人は太る理由はそこにあるのです。

生活習慣に心当たりがある場合

きちんと早寝早起きしていますか??睡眠不足は肥満の元になる!コロンビア大学が約2万人を対象にした調査によると、4時間以下の睡眠しか取らない人は、7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ、73%も肥満になりやすいと言う研究結果が出ています。5時間では50%。6時間の時は23%と、睡眠と肥満は切れない関係なのです。

そしてストレスも大きく関係しています。現代はストレス社会と言われて悩んでいる人も多いですよね。ストレスはダイエットの敵とも言えます。このストレスに負けないためには睡眠が大事!様々面から見ても大事なことは寝ることと言うのがわかりますね。

寝ることでどんなダイエット効果があるのか?というと痩せホルモンレプチンと太るホルモングレリンが関係しています。このふたつのホルモンは食欲のコントロールをつかさどるホルモン。レプチンとはどんなことをしてくれるのか?と言うと満足感を感じ空腹感をオフにします。グレリンは空腹感を感じ満足感をオフにします。簡単にいうと食欲のスイッチみたいなもので、グレリンが増える理由は寝不足が原因と言われています。みなさん1度は経験ありませんか?深夜まで起きていると、知らず知らずおやつに手が伸びていたなんてこと!これは体のホルモンの影響なのです。

運動不足に心当たりがある場合

最近いつ思いっきり汗をかきましたか???運動はやろうと自分で思わなければやるタイミングがなくなります。社会人になるとなおさら仕事が忙しくなり、残業も増えて自分の時間を取るのです難しい状況。そんな中で運動なんてできない!と思いますね。しかしそれは間違い!やっている人はしっかり行っています。それが意外ととても忙しい人だったりするのです。ジムに行くことがいいのではなく、今の自分出来る運動を継続して行うことポイント。少しはやおきをして通勤を徒歩にしてみたり、電車は座らずに立ったり、積極的に階段を使ってみたり、これだけでもかなりの運動になりますよね。生活の中でどうしたら運動出来るかを考えることが大事なのです。筋肉の特徴はは年齢とともに衰えていきます。鍛えなければどんどんなくなり、若いときと同じように食べていればたちまち太ります。

ダイエットを成功させる秘訣

まずは自分の生活の見直し!そこから課題を見つける! 1日の流れを1度きちんと分析しましょう。そこからわかるのが、カロリーのとり過ぎなのか、運動が足りないのか、睡眠不足なのかしっかり原因を突き止めて改善をしてくことが必要です。

自分に合うダイエット法を選ぶ

人はそれぞれ自分は自分! 自分にとって、きちんと続けられられるものを選びましょう。もちろん成功した人の方法を真似するのはいいのですが、自分の生活リズムなどもしっかり踏まえたうえでメリットとなるところを取り入れていきましょう。

ストレスを溜めない工夫をする

ストレスは基礎代謝を大きく下げる!ストレス受けると血管が縮み血液の流れは悪くなり、全身にさまざまな支障をきたし、基礎代謝を低下させます。ストレスホルモンのコルチゾールは太るホルモンインスリンの分泌を増やしてしまううのです。このインスリンは血液の中性脂肪を取り込むという役割を持っており、たくさんインスリンが出てしまうと体脂肪が増えるという太る原因になります。

ストレスを解消することにより、血流が正常に戻り、基礎代謝の向上につながり痩せた体質になりやすくなります。ストレスがなくなることにより、セロトニンの量も正常になり、自然と食欲も抑制できます。

ストレス発散の方法としてなにをしたらいいかわからない人におすすめはまず体を動かすことがおすすめ!運動することにより血流が促進されストレスが解消になると言われています。しっかり効果も実証されていおり、とくに一定のリズムの運動はストレス解消に効果的とされウォーキングやジョギングなど気軽にできる運動でもきちんとストレスは発散できます。

食事で気を付けたいポイント

ダイエット 食事 気を付ける ポイント
ダイエットにおいて食事を気を付けるのは必須項目! さてどんなことを気を付けましょう?

毎食の時間帯を決める

毎食時間が決まると生活習慣も整ってくる! 更に言うと、毎日同じ時間に食べることが習慣になることで、規則正しく生活できるので無駄な間食なども減ります。朝を食べないと、お昼までにお腹が空きおやつをつまんだりしてしまいますよね。そううするとお昼にはあまりお腹が空いていなければ軽く食事を済ます。さうなるとまた3時頃にお腹空いておやつを食べる。こんな形で食生活が乱れると余計なものを食べてしまう可能性が増えるのです。

一度の食事量を少なくする

事の量を減らして回数を増やす! その分余計なカロリーをとるのではないかと心配になりますよね。そこはちゃんとコントロールして1日の摂取カロリーを回数で割るのです。数回食事をするこで代謝が上がると言われています。人は食事をした後に、何もしなくても代謝が上がります。その理由は食べたものを分解・吸収しようとするために、体がエネルギーを使うのです。これがDIT(食事誘発性熱産生)になります。食事回数を増やすことで、このDITを増やすことになるので、代謝が上がると言われています。また食事と食事の間隔が短いため、ダイエットにおいて辛いとされている空腹感をあまり感じることがなく過ごせます分それにより、ストレスが減ることも上げられます。この1日に何度も食事をする場合は、3〜4時間ごとに食事をとることと摂取カロリーの上限は守ることがポイントです。

夕食から朝食までの時間を空ける

3食食べてOK!でも気を付けるのは時間のみ! 人間にとって夜は休息の時間でもあるので、1番動きが少ない時間です。言い換えると食べたものが1番体にたまりやすいのです。その時間までに食事を終えてしまえば、太る心配は減りますね。空腹時間が長いことで胃腸を休めることで、胃の機能の回復や消化吸収がよくなると言われています。ダイエットにおいてきちんと消化できることで体の毒素を体外に出せば自然と体のデトックスになります。これにより全身の血流もよくなり、痩せやすい体質になっていくのです。

21時以降に食べる場合は暖かい物を

温かいものは体を冷やさない! 冷たいものは内臓を冷やしてしてしまい、ダイエットおいて大事な睡眠がとりづらくなります。温かいものを食べるとなると冷ますのに時間がかかるのもポイント!満腹中枢は食事が始まってから20分後に反応すると言われています。この原理を使えば冷まして食べる=ゆっくりたべることで少ない量でお腹がいっぱいになります。

カロリーだけではなく糖質にも気を付ける

エネルギーの使われる順番とを知っていますか?体は主に食べ物からエネルギーを取るとなると糖質をまずはじめに使いはじめます。その次に脂質を使うのです。ここでは糖質を減らすことにより脂質が燃えるのが早まり痩せらすくなるとのです。健康な人が糖質でとるべき量は260g! 体がどうしても必要とする糖質の量はおおよそ100g前後!もし糖質を制限するのであればスーパ糖質制限であれば1日の糖質摂取量の目安は30g~60gとし、スタンダード糖質制限であれば、1日の糖質摂取量の目安は80g~120g、プチ糖質制限であれば1日の糖質摂取量の目安:120g~170gで行ってみましょう。

ダイエットに効果的な運動法

ダイエット 効果的 運動

運動はどこで出来るか?を考える! 時間がないのはわかりますが、では一生運動できません。生活の中で体を使うことを意識しましょう。

日常生活に運動を取り入れる

消費カロリーが増やすために必要なのは体の中で大きな筋肉の足!自分でも気を付けられる方法をご紹介!

足の筋肉を鍛える方法は膝をくっつけて座るたったこれだけ!!
気が付くと膝が開いてしまっていませんか??椅子に浅く腰かけて膝をくっけてしばらくキープします。このとき背中もしっかり伸ばします。だんだんと足あプルプルしてきませんか?これは足の筋肉を使っている証拠なのです。まずはテレビを見ながら、デスクの下などで習慣づけてみましょう。慣れてきたらさらに効果をあげるのであれば膝の間にクッションんなどを置いて負荷を上げるとより効果的です。

足腰に自信がない人は水中ウォーキング

運動する習慣がない人が急に運動するのは危険がいっぱい!急な動きに体はびっくりして、筋肉を痛め怪我に繋がる可能性があります。

それがないのが水中その証拠に水泳は年齢も問わないスポーツであり、お年寄りや子供・妊婦さんも出来る運動!水泳は健康増進のひとつでもありながら、病気のリハビリなどでも使われいたりと安心なスポーツですね。子供から高齢者までが出来る怪我が少ない運動は水泳なのです。消費カロリーも高かく、水中ウォーキングは1時間で400cal前後にもなります。

まとめ

ダイエットを成功させる秘訣はわかりましたか?せっかくであれば今日からはじめてみませんか?