ダンベルダイエット。女性でもできるおすすめのダイエット方法とは

ダンベルダイエット 女性でもできる おすすめ ダイエット方法

ダンベルと言うと本格的な筋肉トレー二ングを思い浮かべますよね。なんか辛そうだし、ムキムキにはなりたくないしと思う人が多いのかもしれませんね。ダンベルダイエットは実は女性でも簡単かつしなかやかな筋肉をつけることが出来るのです。意外と知られていないダンベルダイエットの全貌をご紹介しましょう。

ダンベルダイエットの魅力

ダンベルダイエット 女性でもできる 魅力

ダンベルは無酸素運なので、直接的に体内のカロリー源を消費する!カロリー消費の効率がよく、一定時間でのエネルギー消費量は有酸素運動の数倍にもなる! 無酸素運動のいいところは、筋肉自体を鍛えるので、緊密度があがることで、より多くのカロリーを消費しやすくなり、痩せ体質になりやすいのです。痩せ体質に体が変われば、そのあとも燃費のいい体になり体型をキープすることが出来るのです。

またダンベルダイエットは部分痩せや引き締めにも有効な方法になります。自分の気になるところを徹底的に鍛えることができるので、変化もわかりやすく続けるモチベーションアップにも唾がりますね。

その他にもダンベルダイエットは成長ホルモンを分泌させるので肌が綺麗になるとも言われています。筋トレをすることで成長ホルモンの分泌が増えることが分かっており、成長ホルモンの働きには、肌の新陳代謝を高める効果があると言われているため、美肌を作るのにも役立つのです。

自宅で簡単にできる

どこでも自分の体とダンベルがあれば出来る魅力!ジムなどに行く手間もなく、外に出ることもないので天気にもさゆうされないので、毎日の中に取り入れやすいのがダンベルダイエットのいいところでもあります。またダンスなどであれば、自宅でやるにしても夜などの周りに迷惑になってしまうことなども考える必要もありませんね。

お金がかからない

ダンベルの代用品はいくらでも作れる!もちろんきちんとスポーツショップでダンベルを用意するのもいいですが、簡単に自分でも作れてしまうのがこのダイエットのいいところ!まずは続けられるかお手製のダンベルで試してみるのもいいでしょう。100円ショップなどで売られている水を入れるタイプの物は水の量で重さが変えられるのもいいですよね。また500mlのペットボトルも中に水や砂をいれればお手製のダンベルの出来上がりです。ダイエットにおいて、やはりコストがかからないのは嬉しい点ですよね。

初心者でも挑戦しやすい

ダンベルは言わば運動神経は簡易系内!運動が苦手な人でも取り組みやすい!ランニングや水泳などに比べて運動神経がなくても出来るのがメリット!重りをさまざまなフォームで持ち上げて筋肉に負荷をかけるので、まずダンベルを持ち上げることが出来れば誰でも出来るのです。

ダンベルダイエットの効果

ダンベルダイエット おすすめ 効果

ダンベルの重さが負荷となり、筋肉がつき、基礎代謝が上がり痩せ体質になる!ダイエットにおいてはかかせないのが、筋肉・基礎代謝!これを両方兼ね備えているのがダンベルダイエットなのです。またこれのいいところはダイエットにおいて、みなさん経験があるのではないでしょうか?リバウンド!リバウンドしにくい体を作ることが出来るのもダンベルダイエットのいいところです。

しなやかな筋肉がつく

ダンベルの負荷により、引き締め効果が高い!動きはダンベルを持ちあげるだけでも、その効果は抜群!これによりメリハリのあるボディラインをつくることも出来るのです。

基礎代謝が上がる

基礎代謝とは息をしているだけでも使われるエネルギーのこと!このエネルギーの消費量が多ければ多いほど、食べたものが脂肪になりにくいのです。そこで基礎代謝向上に欠かせないのが筋肉なのです。筋肉量があがるとより多くのエネルギーを使うことが出来ます。ダンベルダイエットは筋肉を育てることが出来るので基礎代謝も上がっていくのです。

ダンベルダイエットのポイント

ダンベルダイエット 女性 ポイント

週に2~3回、14時~16時頃に行うのが1番効率のいいダンベルダイエットの方法!

なぜ毎日ではないのか?と言うと筋肉の超回復によって筋肉が育っていくため。超回復とは、筋肉が前の力を超えて回復することを言います。筋トレなどの刺激によって破壊された筋肉に、栄養と休息が与えられる事によっておこる現象になります。超回復が起きる時間は、基本的に筋トレ後24~48時間ですが、場合によっては72時間必要という場合もあります。この時間の間に、体の中で起きている事は、筋肉の破壊→回復→超回復という流れになります。超回復が完了したタイミングで、次の筋トレを行う事により、筋肉量を増やすことにつながるため、毎日行う必要はないのです。

また時間についてはなかなかこの時間に行うのは難しい人も多いはずなので、逆に筋トレによくない空腹時・食後・寝る前さえ避ければ自分の生活スタイルに合わせて行い、続けていくことが大事になってきます。

1週間通してメニューを決めるのもわかりやすいのでおすすめです。1つの筋肉は週1回を目安にローテションで鍛えるといいでしょう。また回数については個人差がありますが、はじめは1セット10回程度を目安になれてきたら段々と回数を増やしていくのがいいでしょう。

ここで基本のダンベル体操の姿勢をご紹介!
ダンベル体操をする時の基本姿勢は、ダンベルはしっかり握り立っている時は足を軽く肩幅くらいに開いて姿勢を安定させます。お腹に力を入れて引っ込めるようにして立ちましょう。膝は少しゆるめてあまり力を入れないようにすることで、動きが柔軟になるのです。回数は10回3セットを基本とし、慣れてきたら回数を徐々に増やします。これが基本になるので頭にいれておきましょう。

重さ選びに慎重になる

ダンベルダイエットでは大事なのは鍛えても、ムキムキにならない遅筋を鍛える!20回以上の反復回数で限界がくるような軽めの重さでトレーニングをするのが遅筋を鍛えることにつながります。また女性におすすめなダンベルは転がらず錆びないアーミーダンベル!これは鉄アレイと違い重さが調整できるので負荷を調整できるのです。重さの目安としてはダンベルダイエットでは女性なら1kg、男性なら2kg程度の重さを目安に行ってみましょう。

トレーニングは正しい姿勢で行う

必ず鏡を見ながら、鍛えた場所を意識する!なんとなく持ちあげるのと、鍛えたい場所を意識するのでは効果は大きく変わってきます。また必ず正しいフォームでやることが大事なので、鏡などで姿勢を確認しましょう。間違ったフォームでは意味もありませんし、最悪は筋肉を傷めかねないので、不安な場合はダンベルを持つ前に少し練習してから、実際にダンベルをもって行いましょう。

身体が痛む間は負荷を与えないようにする

体が痛い場合はまずは休息!そのあと重さを少し軽くして行う!早く効果をだしたいのはわかりますが、急に重い物を持ち上げて無理をすれば筋肉を傷めかねません。無理は厳禁です。まずは軽い物のから慣れてきたら徐々に重さをあげていくことが1番いいでしょう。また回数もあまりにも連続したからいいと言うものではないので、やり過ぎないように注意しましょう。

まとめ

ダンベルダイエット 成功 綺麗な体 筋肉
ダンベルダイエットのこはわかりましたか??ダンベルダイエットのいいところは、手軽にはじめられて、場所や天気も関係なくでき、リバウンドしにくいという点ですね。あなたも今日から早速はじめてみませんか??