レコーディングダイエットのやり方。記録をつけるだけでダイエット成功は本当?

レコーディングダイエット やり方 記録をつけるだけ ダイエット成功

レコーディングダイエットとはなにか知っていますか??岡田斗司夫さんが2007年に発売したその著書「いつまでもデブと思うなよ」で有名になったこのダイエット法!どんな風にダイエットをしたかというとなんと「ただ記録するだけ」これだけのダイエット。ですが効果は絶大!いろいろな疑問が頭に浮かびますよね?その疑問一緒に解決していきましょう。

効果的なレコーディングダイエットの方法

レコーディングダイエット 効果的 方法
食べた物飲んだものすべて記録する! 正直たったこれだけなのです。運動などを併用していくわけではないので、結果が出るまでには時間がかかりますが、数ヶ月単位で取り組んでいきましょう。ゆっくりコツコツと進めていきたい人や運動が苦手な人などはお勧めな方法になります。

ここで大事なコツを先にご紹介します。
書くだけのこのダイエット!成功させるにはきちんとレコーディングダイエットのルールを守ることなのです。ルールと言っても食事や運動ではありません。ルール化しておくことは

■1日のどの時間に記録するか?
■振り返る時間はいつにするか?
■体重測定はいつ行うか?
これをまず決めることが大事です。

振り返る時間はやはり夜がいいでしょう。1日通してどのうようなことがわかったのか?明日はどのようにするかを明確にすることで、次の日に前日の反省をいかせますね。

また体重の測定については、必ず毎日同じタイミングは鉄則!当たり前ですが、食事の前とあとでは必ず体重は変わってきます。測る時間がバラバラであると、せっかくの成果もよくわからなくなってしまいます。おすすめとしては「朝と夜」両方測ること!またご飯を食べる前に必ず図りましょう。毎日やはり違うものを食べて生活しているので、そのときによって当然体重にも変化が出てきます。そしてトイレに行った後の体重がより効果的です。

これらをまとめると朝と夜に食事の前にお腹が空いた状態で、トイレに行ってから体重を図ること!、 がいいことのようですね。その時間ごとの体重変化が毎日わかるので、モチベーションも上がりますよね。

ダイエットにおいて大事なのは頑張ろうと思える結果なのです。その結果はここでは体重の変化になります。やはり減れば嬉しいですよね。その気持ちがダイエットの原動力にもなるのです。

体重や食べたものと時間を記録する

ここで大事なのはひとつ残らず書くこと!もちろん間食の内容も書きましょう。たとえたくさん食べてしまったとしても、すべて書き出すことで明日は気を付けようと思います。そこで食べていないことにしてしまうと、レコーディングダイエットは失敗になります。

摂取カロリーも追加で記録する

書くことになれてきたら、食べた物のカロリーも書き加えましょう。 レコーディングダイエットでは、1日に食べる食事のカロリーを1500kcal内に収めるようにと言われていますこの摂取カロリーは普通の人であれば。成人男性であれば1500kcal、成人女性なら1200kcal前後と言われています。この必要な分の平均的な基礎代謝を目安にカロリーを決めているようです。ダイエットにおいて、摂取カロリーっと消費カロリーははとても大事なこと!運動等がないので、摂取カロリーを減らしていくことがメインになります。ただ、最初からカロリーは書きません!最初はまず食べ物を書くだけにしておいてくださいね。

カロリー制限をしてみる

摂取カロリーの制限がこのダイエットのポイント!運動がない分消費カロりーを増やすことはできないので、減らすのは食べる方のカロリーになります。ただ極端にバランスの悪い食事にするのはNG!野菜や低カロリーの食材をうまく使いながら、偏りを出さないメニューが大事なのです。

食べたものを記録するだけで痩せる理由

レコーディングダイエット 記録つける 痩せる
自分はどのぐらい食べているかを知ることで、食生活の見直しが出来る! 今現在今日・昨日など食べたもを全部言えますか?意外と忘れてしまうことが多く、また間食や夜食など、ちょっと一口などとつまんでしまうこともありますよね。その積み重ねは正直余分なエネルギー補給にしかなっていないのです。余分なエネルgギーは私たちの体はよくできており、非常事態様にとっておいてくれるのです。1度とっておいたものをエネルギーとして使うのはとても大変なことなので、なかなか使われずにどんどんたまっていくのです。

少し話が脱線しましたが、この食べているものがどのぐらいかわかることで、食べなくてもいいものに気が付いたり、足りない栄養素に気が付くことで自然と規則正しい食生活になっていくのです。

食べ過ぎが防止できる

書き出すことで、我慢が出来るようになる! 例えばなんとなくあったから食べてみたということが減ります。なざならば必要でないとわかったからなのです。意外と気が付かずになんとなく食べてしまうことが多いのです。それは便利な世の中になりおいしいものがどこでも手に入る幸せの代償でもありますね。文字にすると、いかに見えないプレッシャーをかけられている感じですが、それはいいことなのです。

食べたものを見直せる

なにをどのぐらい食べたか?がしっかりとわかる! 間食をしな1日通して、野菜やお肉をどのぐらい食べているのか?このレコーディングダイエットはそれがしっかりわかるよになります。そうなれば明日は野菜を多めにしよう!と気が付くと自然に健康的な食事に導かれていくのです。

摂取したカロリーが把握できる

今の自分がどのぐらいのカロリーを食べたかわかる人はそうそうしません! ですが、洋食などの外食などはすぐに1食1000cal前後になってしまうことがありますよね?それを知っていて食べているのか?知らずに食べているのか?ここがしっかりわかると1日の献立もなんとなく立てやすくなりますおよね。また今の体重計の機能に基礎代謝がはかれるものがあります。自分の食べたカロリーとこの摂取カロリーを見比べてもいいでしょう。体重測定にも体重計は必要なので、おうちにもマイ体重計があってもいいですね。1度買えばほとんど壊れることがないので、この機会に購入を検討してもいいでしょう。

リバウンドを防止できる

リバウンドはダイエットの天敵!リバウンドの元は暴飲暴食が主な原因ですね。この暴飲暴食のきっかけがストレス!多いのがダイエットで起こるストレスとも言います。無理のあるダイエットや辛い運動などが続くと心が頑張れなくなってくると、ついつい食べ物に走るのです。このレコーディングダイエットは、ストレスが少ないプラス食生活の見直しも出来るので、リバウンドには無関係と言ってもいいほど、リバウンドはしにくいダイエットなのです。

レコーディングダイエットを成功させる為のポイント

レコーディングダイエット 成功 方法
7つのステップアップを実践する! ダイエットの一番の敵は食欲ではなくストレスと先ほどもお話ししましたね。体重が減ることは嬉しいことですが、あまり最初から無理は禁物です!まずは気を付ける点として、やることを欲張らないこと。

最初は食べたものをただメモするだけのレコーディングダイエット!この時点のNG行動はカロリーを調べたり、カロリー制限をするのはNG!今は食べた物を書くことだけに集中する!このメモを取るのが慣れてきたら次の段階に進みます。メモが日常生活の中で当たり前になったら、食べたもののカロリーをすべて調べて、書き出す」という段階へ移行しましょう。カロリーを全部書き出していきかましょう。そこから徐々に食べ物を見ただけで、カロリーの高いもの、低いものなどがわかるよになります。そしてカロリーを全部書くことにも慣れたあとにまた先に進んでいけばいいのです。何も無理する必要はあありません。このダイエットは長期戦でもあるので、自分のペースでゆっくり行うことで、成功に近づいいていくです。この段階を詳しくお知らせしましょう。遠くの目標が分かった方が動きやすくなりますよね。カロリーを減らすことで気を付けるのは1日の1000kcal以下にしないこと!いくら痩せたくでもNG。急激なダイエットは、リバウンドするだけでなく、皮膚をたるませ、老ける原因になるので、最低でも3カ月~6カ月はかかる考えで気長に取り組みましょう。

さてここからは7つのステップをだいたいの日にち目安と一緒にご紹介しましょう。

■改善ポイント探す5日間
5日間は「記録することに専念する!食事記録をつけることに慣れる時期なので、何を食べたかなどは考え、食べたものすべてを飴1つでも記録します。食べたもの・食べた時間・体重も書いていきましょう。

■食べた物を数字にしていく1週間
次の1週間は、食べたものを可視化する!具体的には、食べたもののカロリー・体脂脂肪を加えましょう。

■食べるカロリーを決める5日間
1日の摂取カロリーを決めて、その範囲に収まるように食べるものを選んでカロリー管理する!この辺にんってくると、記録をつけること自体は苦でなくなっているはずです。いよいよ本格的なダイエットに入っていきます。1日3食を均等にする必要はありません。お昼にしっかりランチを食べて朝と夜を軽めにする、など配分を考えいていきましょう。ただ、1日カロリーオーバーしたからといって、諦めることはせず、次の日からまた頑張ればいいのです。

■辛い停滞期を乗り越える5日間
次の5日間はちょっと疲れが出てくる時期!この時期は、これまで通り記録を続けながらも少し気分転換が必要な時期ですね。体重も減りづらくなる時期なので、元通りの食事が恋しくなったら軽く運動したり空腹を感じないように趣味に没頭しましょう。ダイエットを飽きずに続ける工夫を自分なりに見つけて気を紛らわせましょう。

■体が変わってくる3日間
本当にお腹はすいているか?食事はまだ足りないか?をしっかり考えて食べる!今の食事量が足りないと感じることもあるかもしれません。そんなときは、腹持ちのいいメニューを工夫してみたり、カロリーだけでなく満腹感のあるメニューもしてれていきましょう。

■体重の安定期の3日間
次の3日間は体重の安定期になります。この段階まで来るとカロリー制限生活にも身体が慣れてきて、目標体重に近づきつつある時期とも言えます。少食べ過ぎてしまっても元に戻すのにはそれほど時間はかからなくなります。

■すべてのステップ終了!
レコーディングダイエット」期間中に身に付いた痩せ習慣と食習慣をこのまま続けていくのみ!

食事後10分以内に記録する

食べてなるべくすぐつける忘れにくく習慣づきやす! ご飯を食べたあとは、ゆっくりするのもとても大事!ですがお腹おっぱいになるとどうしてもやってくるのが睡魔!食後すぐ書く習慣をつけるようにしましょう。

毎晩記録内容を振り返る時間を設ける

毎日の振り返りは明日の改善点を見つける大事な時間!勉強でもそうですが、間違がえたらしっかり治すことで、人間は進んでいきます。そのために必要なのが今の自分のやり方試し方をしっかり振り返り明日に生かすことなのですね。

レコーディングダイエットにオススメの記録方法

レコーディングダイエット おすすめ 記録方法
スマートフォンやPCやエクセルを使って毎日の苦労を残していく! 今ではアプリの方がいろいろなアプリがあります。レコーディングダイエットの成果は書いた紙でもあるので、大事にとっておくことでやる気にも繋がりますね。

ノートに記録する

自分のお気に入りのノートに書く! 食後にすぐにかけるように、小さめの方が持ち運びは便利ですね。

いつも使用している手帳に記録する

会社の関係で手帳を持ちは近んでいるのならば、予定も一緒に管理できるので手帳もおすすめです!

レコーディングダイエットアプリを利用する

今ではダイエットアプリがたくさんありその中でおすすめなのはをいくつかご紹介しますね!
「シンプルダイエット」
体重をグラフ化してくれるアプリになります。目に見えて減っていけばやる気も出ますよね。目標体重まで後何キロかが一目で分かります。食事や運動も記録できるので、レコーディングダイエットにも使うことが出来きます。

「カロリーノート」
レコーディングダイエットに最適なアプリと評判も高いアプリ。手料理もメニューを入れれば材料のカロリーが出てくるカロリー計算もできる優れものになります。

まとめ

レコーディングダイエットはいつでも始められて、お金もかかりませんね。運動が苦手な人でもダイエットに取り組めるのはいいですね。レコーディングダイエットは今まで辛くて我慢が多いダイエットとは異なるので、ストレスも少ないと思います。また自分の食生活を見つめなおすことで、健康にもいいダイエット法になります。ぜひ今日からはじめてみませんか??