サウナでの消費カロリー!サウナのメリットやポイントを学ぼう。

サウナ 消費カロリー

サウナに入るとどのくらいの消費カロリーがでるのでしょうか?サウナに入ると痩せる!と言う人が多いですよね?実際にサウナに継続的に入ることでどんな効果があるのか?カロリーの消費はどのぐらいなのか?さまざまなサウナのハテナを紐解いていきましょう。

サウナでも消費カロリーはどのくらい?

サウナに1時間いるだけで150calの消費が出来る!じっと座っているだけでこれだけのカロリーが消費出来るのは嬉しいですよね。運動を1時間したらどうでしょうか?相当疲れますよね。ただ気を付けなればいけないのは、カロリーを消費したいがために、何時間もサウナに入るのは危険なのでやめましょう。

サウナに入るメリット

水分

美肌効果やデトックス効果など体の中から綺麗にしてくことが出来る!これにより体質が変わりやすくなり、痩せ体質に導いてくれるのです。褐色脂肪細胞を活発化させることが出来るのがサウナ!褐色脂肪細胞は、脂肪を燃焼する働きやエネルギーを放出し体温を上げてくれる働きを持っています。褐色脂肪細胞が活発になると、脂肪が燃焼されすくなり、痩せやすい体になっていくのです。この褐色細胞を活発化されるのがヒートショックプロテイン!実はサウナに入ること自体がヒートショックプロテインに当たるのです。

肌荒れやむくみ予防になる

新陳代謝がよくなること、肌の再生能力が高まりターンオーバーが早くなる!それだけではなく老廃物を体の外に出すことが出来る!皮膚は常に新しいものに作り替える機能があります。その効果を促進してくれるだけはなく、汗をかくことで毛穴の汚れを汗を一緒に出すことで、毛穴のつまりも解消されます。

体の老廃物を出す

老廃物や毒素を体の外に出して内臓などの働きを正常化する!内臓の働きがよくなることで消費されるカロイーも増えるので、体の内側からダイエットのサポートに繋がるのです。また水太りで太ってしまっている方にもおすすめです。

座っているだけで150キロカロリー

サウナの1番のメリットは辛くないこと!運動が苦手な人でも、誰でも手軽にはじめることが出来るのです。

サウナの消費カロリーを効果的に出せる入り方とポイント

タオル

継続的にサウナに入る頻度を増やすこと!サウナに1度入ったからといってすぐ体質が変化するものではないですよね?週に1度~2週に1度程度の頻度で通って少しずつ痩せやすい体質を作っていくのが効率的なサウナダイエットの方法になります。

その他には
■サウナの前にコップ1杯の水を飲む
■サウナに入る前に体を洗う
■体が冷えている時は浴槽に浸かってから
などの点を気を付けるとより効果が上がります。

サウナの入り方

低温サウナであれば20分、高温サウナなら10分を目安に入り、休憩をする!これを4~5セット繰り返す!もちろん自分の体調を見ながら回数は調節していきましょう。

短い時間を繰り返し入る

長い時間入るのは危険!短時間の繰り返しがポイント!ついつい痩せたいがあまり無理をしやすくなりますが、必ずサウナには時計があるので、きちんと時間の管理をしていきましょう。

湯船で身体を温める

浴槽に浸かってからの方が短時間で効果が上がる!体が冷えている方はサウナに直接入る前に10分ほど浴槽に浸かって体を温めてからにすると、サウナに入ってすぐ体温が上がってきます。また、高温のサウナが苦手な方・心臓への負担が心配という方もこの方法がおすすめです。これにより寒暖差を少なくでき、サウナの暑さに体が対応することが出来ます。

サウナの後は水分補給が大事

体内の汗が外に出る分、きちんと水分補給を行う!もちろん水分が不足すると、血液中の水分量も減り、血液がドロドロの状態になってしまうのです。そうなるとせっかく体が温まっていても、血流の促進が出来ずにダイエット効果が薄くなることもあるのできちんとなるべく常温のお水を少しずつ飲むようにしましょう。

サウナの注意点

注意点


■20分以上入らない
■空腹時・食後は避ける
■体調が悪いと感じたら入らない
■水分補給はこまめに行う
■急に体を冷やさない

健康のためにもこれらはしっかり頭の中に入れておきましょう。

心臓に負担がかかるので急に水風呂に浸からない

急に水に入ると心臓に負担が大きい!水風呂や冷水シャワーでクールダウンするのはいいのですが、いきなり冷水を頭や胸からかぶるのはNG!温度差が大きすぎて心臓への負担がかなり大きくなります。順番としては、まずは足先や手先などの末端から冷水をかけましょう。そのあとにゆっくり心臓へ向かい、最後に顔や頭から冷水をかけてくださいね。水風呂に入る場合もこの手順をで冷水をかけてから水風呂に浸かりましょう。

慣れないうちは5分以内に出る

無理は禁物!やはり最初は体がなかなかついていけません、そのため、時間を短くして自分の体に合わせてあげましょう。無理をしてしまうと体調を壊しかねません。

サウナダイエットの効果とは?

サウナ ダイエット
「蒸し風呂」の代表格であるサウナを利用したダイエットは、昨今の健康、美容ブーム以前から流行していましたが、その具体的な効果としては次のものが挙げられます。

体の芯からあったまる

サウナの魅力といえば、その高温な環境のため体の芯から温まるという点です。そのため、大抵はバスタオル1枚を羽織るくらいの格好で直に発汗作用を見ることが珍しくありません。また、激しい運動をするわけでもなくその空間に入り続けているだけなので、体力に自信がない人にも効果的です。

なお、サウナの温度については、本場であるフィンランドでは温度は80~90℃程度、日本では90℃程度が多いものの中には100℃オーバーくらいのところもあります。

代謝がよくなる

代謝
高温な環境に置かれることで大量の汗をかき、体内の代謝能力が向上します。その影響で、ダイエットやそれに付随したさまざまな効果が生み出されます。

座っているだけで150キロカロリー:既存記事そのまま

サウナダイエットでどの程度カロリーを消費するのか気になる人も多いことでしょう。

一般的には1時間で150キロカロリーを消費するといわれています。

これは、体重60キロの人が平均時速16キロで自転車を1時間漕げば300キロカロリーを消費するといわれているため、それと比べたら半分くらいと少ないです。しかし、このような有酸素運動では体の疲労も大きく、長期的な取り組みにはかなりの体のコンディションとそれを継続していく精神力が求められます。それを考慮すれば、サウナダイエットの方があくまで高温の環境であるサウナに一定の時間いるだけで、一定のカロリー消費が期待できるので手軽かつ継続しやすい取り組みといえます。

サウナのダイエット以外の効果とは?

サウナダイエットは、ダイエット以外の効果も次の通りもたらしてくれます。

ストレス解消

ダイエットは、食事や運動などをこなさないといけないため一定の負担がかかり、ストレスが溜まりやすい環境に自然となりやすいです。しかし、サウナダイエットを利用はそこにいるだけで自然とダイエット効果がもたらされる上、その雰囲気を一人瞑想して日々の仕事やプライベートを振り返りながら楽しむ、またはお友達と一緒に来て楽しくおしゃべりしながら過ごすなどの方法によって、ストレスを発散する効果も期待できます。

老廃物を出して美肌効果もある

サウナの環境は、汗と一緒に老廃物(体内の代謝効果後に不要となったもの)も排出する、いわゆる「デトックス効果」を通常の環境よりも高くもたらしてくれます。

老廃物はいわゆる毒である以上、それが体内に流れ続けて臓器に伝わることで起きる病気などのリスクの危険があります。その予防対策の一つとして、サウナを利用することで健康維持に繋げることができます。

そして、その働きが美肌効果すらももたらしてくれます。

肌荒れやむくみ予防になる

サウナの高温な環境によって、大量の汗をかくことで血行の循環が高まります。そのため、肌荒れやむくみといった女性は特に悩みやすい問題の発生防止になります。

なお、このサウナのもたらす効果に着目して、意図的にその環境を作った状態でリンパマッサージなどを行うことで、より高い効果を作り出しているマッサージ専門店もあります。

自宅でできるサウナスーツ

サウナダイエットの効果を自宅でも追求したい場合は、サウナスーツを用いるという方法があります。その効果については次の通りです。

サウナスーツもサウナと同じくらいに効果があるの?

サウナスーツといえば、数多くの商品が提供されていますが、おおむね遠赤外線効果がある素材を利用している上、ラバーコーティングされていて気密性が高いといったものが一般的です。このため、通常の格好よりも非常に発汗作用が高まるように設計されており、サウナにいるのと大差ないほどの代謝能力の効果を得ることができます。当然、それによって、これまで紹介してきたダイエット、美肌、ストレス解消などの効果も同様に得ることができます。

ただし、プロのボクシング選手などもサウナスーツを愛用していることが多いですが、それはもともと鍛えている中で更なる減量調整の追い込みを狙ってのことなので、一般の人たちとの使い方と異なる場合があります。そのため、その点を混合しないように注意しましょう。

サウナスーツを着ると消費カロリーはどれくらいになるのか?

前述の通り、サウナに1時間いることで150キロカロリーの消費がもたらされますが、サウナスーツでもそれと同等の効果をもたらしてくれます。さらにサウナスーツを着用しているときは、大抵は運動をしていることが多いので、それによってもたらされる消費カロリーがさらに上乗せされます。

ただし、急激なカロリー消費は逆に身体に負担がかかりすぎることもあるので、適度な休憩と水分補給も忘れないようにしましょう。

まとめ

サウナでは大量の汗をかく分必ずこまめな水分補給が大事!水分補給をしないと倒れてしまうこともあるので、十分に気を付けましょう。