ダイエット効果が期待できる有酸素運動!無酸素運動との関係は?

有酸素運動
Fit young woman running on sidewalk in the city

有酸素運動はダイエットにおいて大事と言われています。ただあなたの有酸素運動の仕方はダイエット効果をしっかり発揮していますか??なんとなくではじめてみた!という人も意外と多いのも現実。せっかくやるのであれば正しい方法で、より効果的な有酸素運動の取り入れ方を知りたくありませんか??

有酸素運動の嬉しいダイエット効果

有酸素運動 マラソン

ダイエットおいて大事な有酸素運動! これらの効果はどんなものがあるか実際に知っていますか??意外と間違った認識でダイエットの効率を下げているなんてことはもったいない話です。さて有酸素運動のことをよく知りましょう。

体脂肪を燃焼させ効率よくダイエット出来る

脂肪燃やしやすくするには、心拍数が鍵!!有酸素運動では運動で体内にある糖や脂質をエネルギーとして体を動かします。これにより体脂肪も燃やすことができるのです。この体脂肪を燃やす鍵となるのが心拍数!運動の種類によってことなる体への負担=運動強度により、心拍数は変化し、心拍数が一定である有酸素運動はダイエットに効果的と言われています。

基礎代謝が向上して痩せやすい体になる

基礎代謝=普段生活しているときも使うカロリー! 基礎代謝とは、人間が生きていくために、最低限必要なエネルギーのことをさします。これは1日使うエネルギーの7割も占めているのです。それに比べて体を動かすことで使われる活動代謝は2割とかなり少ないのがわかりますね。基礎代謝がいかに私たちのカロリー消費の大部分を占めているかわかりますね。基礎代謝は何をしていないときでも、内臓を動かしたり、体温をコントロールするために使われているエネルギーのことと考えるとわかりやすいかと思います。この基礎代謝年々低下していく傾向があるのです。そのためにも欠かせないのが有酸素運動になるのです。

ダイエットや日常生活で起こったストレスを解消出来る

ストレス
体を動かすことで気持ちがすっきりしたり、晴れ晴れした経験ありませんか?実はストレスは太りやすくするのをご存知ですか?!今の世の中ストレスが多い社会。ストレスにより、過食に走ってしまう経験は誰でもありますよね?ここでダイエットではぜひ減らしたいホルモン!ストレスホルモンとも言われているコルチゾール!これはダイエットの敵と言われているインスリンを多く分泌させてしまうのです。このストレスホルモンをやっつけてくれるホルモンはセロトニン!これらはランニングなどで増やすことができるのです!セロトニンは別名幸せホルモン!体にとっていいホルモン!セロトニンは太陽の光を浴びたり、運動で分泌が増えます。セロトニンを更に増やすには集中することもが不可欠ともいわれており、ジョギングなどを行う際は緑が多く人があまりいないところの方がセロトニンの分泌が増えるのです。

20分以上で効果が出やすい

少し前まで、有酸素運動は20分以上の運動で脂肪が燃焼されると言われていましたが、最近の研究で1日に合計して20分以上でもいいということがわかりました。これにより、より生活の中に手軽に取り入れやすくなったとも言えます。20分以上の運動をするとなると、今の自分の生活リズムを変えることが必要ですが、それを10分ずつにわけると考えるとさほど難しくはありませんよね。手軽さは続けていくことの中で大事なポイントになってきます。

有酸素運動と無酸素運動の違い

疑問

この運動の違いのポイントは酸素と運動強度!え?酸素?と思いますよね。さてここから詳しく説明していきましょう。

体内の酸素を使って脂肪を燃焼させる有酸素運動


酸素が必要不可欠な運動!運動強度は軽度~中度! 有酸素運動は体に負担がかかりにくいのが特徴!この特徴により運動の時間を長くとることができます。簡単いうと少しずつエネルギーを燃やすイメージです。具体的な運動の種類ははウォーキング・ジョギング・水泳などになります。その中でもカロリーの消費が1番高いとされていて初心者の方でもはじめやすいのが水泳になります。関節などに負担がかかりにくいので、運動初心者の方にもおすすめです。

筋肉に蓄積してある糖質を燃焼させる無酸素運動

酸素はほぼ必要なし!運動強度は強度!無酸素運動で代表的なものは筋トレになります。この短時間に強い運動強度のエネルギー源はグリコーゲン=糖質!同じ時間の運動でもカロリーの消費は無酸素運動が3倍もの消費カロリーになるのです。筋トレ路というとなんだか難しい、ジムに行ってやらなけらば?そんなことはありません!簡単なもので言えば、どこの家庭にもあるのがペットボトルそれをダンベル代わりにして鍛える方法。道具がなくても簡単に鍛えられるのは、腹筋や背筋、スクワットなどがあります。もちろんこれらは正しいフォームで行うことが1番大事なので、動画サイトやインスタなどでトレーナさんによる解説動画があるので、まずそれを参考にしてみてもいいでしょう。

ダイエット中に有酸素運動よりも筋トレを優先する理由

ダイエット 筋トレ

ダイエットにおいて大事なのは、より多くのカロリーを燃やせる体を作るのが痩せる近道! カロリーを燃やすのは有酸素運動にももちろんできますが、筋肉量が少ないとエネルギーを多く使うことが出来ません。そのため筋トレで筋肉量を増やすことをまず行うことで、より多くのエネルギーを消費する土台をつくるのです。

有酸素運動だけのダイエットで筋肉が落ちるのを防ぐ

有酸素はカロリーを消費する、体脂肪を減らすのがメイン! 有酸素運動は筋肉への負荷が少ないの=運動強度が弱いのです。ここからわかることは筋肉量を上げる運動強度には至らないのが有酸素運動です。筋肉量を増やす目的での有酸素運動は難しいということになります。

筋肉量が増えることで基礎代謝をあげる

基礎代謝を上げる近道は筋肉を増やす! 筋肉は年を重ねるごとに少しずつ衰えます。これは誰にでも起きること。ここでいい例として、若いうちがたくさん食べても太らなかったのに、年を重ねたら同じ量食べるとあっと言う間に太ってしまった。これが基礎代謝の低下を顕著に表しています。基礎代謝が高ければ、より多くのエネルギーを使い、余るエネルギーが減るのです。この為に必要なのが、筋肉!筋肉量を増やすことが基礎代謝を上げることに直結するのです。基礎代謝が上がれば日ごろなにもしてなくても、より多くのエネルギーを燃やすことが出来るので、結果的に体質が痩せ体質になるのです。

筋トレ後は体脂肪が燃えやすくなる

筋トレにて糖質を先に使い、その後の有酸素運動を行うことで、効率的に脂肪を燃やす! 有酸素運動をはじめから行うのではなく、筋トレなどの無酸素運動で、先に糖質を使ってしまえば有酸素運動をはじめてすぐに脂肪を燃やすことが出来ます。20分以上の有酸素運動より、筋肉量も増やせる上に、体脂肪も効率よく減らせるとなれば、ダイエットにおいて取り入れないのはもったいないですよね。

まとめ

ダイエット 理想の体
ダイエットにおいて最も効率よく、筋肉量アップ+今の脂肪を落とすには筋トレを行った後に、有酸素運動を行う! これがダイエットにおいて最短の近道になるのです。今まで有酸素運動だけでなかなか効果を感じられないと思っていた方は、まず運動の前に軽い筋トレをいれるようにしましょう。それにより、効果も変わってくるはずです。あなたも正しい有酸素運動の取り入れ方をして効率よく痩せましょう。