お風呂ダイエット。お風呂に入るタイミングは?おすすめの入浴方法を紹介

お風呂ダイエット

お風呂ダイエットというものがありますが、ただ入るだけでは効果はないようです。お風呂に入るタイミングや、おすすめの入浴方法をご紹介いたします。お風呂で湯船に浸かるということは、物理的な面からみてもリラックス効果が高いことがわかっています!温熱効果と静水圧作用に浮力作用のこの3つが重なることで湯船につかることはとてもすごい効果を発揮するのです!リラックス効果がだけではなく、ダイエットにも効果が高いとされています。一体どんな風な効果があるのか?効果をあげるには?お風呂ダイエットの疑問を解決していきましょう。

お風呂に浸かるといいことがある??

お風呂 入浴
1つめは温熱作用によるもの!シャワーとは違い体の中から温かくなる!体が温かくなることで。皮膚の毛細血管が広がって血流がよくなり新陳代謝が高まります。そのおかげで体内の老廃物や疲労物質などが外へ出されて、疲労や痛み、こりなどがよくなるのです。ちなみにお湯の温度によって効果が異なるので、目的に合わせて調節するもいいでしょう。

2つ目は静水圧効果によるもの!
体にかかる水圧のおかげで、血液やリンパの流れがよくなる!湯船で首までつかった場合、な体全体にかかる力はなんと約1トンともいわれているのです!正直想像がつかない重さですよね。これからわかることがお湯につかると、体の中の皮膚の下の血管などにまで大きな圧力が加わるということ。この圧力で、手足にたまった血液が押し戻されていくのはわかりますよね。それにより心臓の働きが活発になり、全身の血の巡りがよくなるとも言われています。

3つ目は浮力作用によるもの!
水中での重さは普段の10分の1なので、体の緊張がほぐれていく!プールや海などの水の中に入ると体が浮きますようね。湯船でも浮力が働いています。これにより体重を支えている筋肉や関節を休ませることができ、体全体の緊張がほぐれていくのです。

番外編!温度の設定はどのぐらいにしていますか??
それぞれの体調に合わせて温度は変えることをおすすめします。

ストレス解消に効く温度は、夏なら38度前後!冬なら40度前後のぬるま湯がおすすめ。時間は10分以上入るようにしましょう。よく眠りたいときも温度はストレス解消の時と同じでいいでしょう。ただ入る時間は寝る2時間前が快眠へと導いてくれます。足のむくみにや疲れを取る時は湯船にたっぷりお湯をはり、長めに浸かりましょう。温度は夏なら38度、冬なら40度にしましょう。体の冷えになにかを頑張りたいときは朝風呂がおすすめ!42度ぐらいのお湯にさっと浸かるようにしましょう。冷えをなんとかしたいときは40度前後でっしっかりつかるようにていきましょう。

さてここまでは湯船に浸かることのメリットを見てきましたが、具体的にはどんなダイエット効果があるのか見ていきましょう!

お風呂ダイエットの効果とは?

お風呂
お風呂でダイエットをするのは大正解!?その理由とは??

■体を温めることで基礎代謝率が上がる
■汗をかくことでストレス発散になる
■食欲を抑える効果がある
■血流がよくなり老廃物を外に出してくれる
■便秘が改善され体の中から綺麗になれる
■肌のターンオーバーが早くなる

お風呂に入るのはいつものことなのに、こんなにダイエットに効果があるなんて。ただその効果を感じれていないならば、あなたの入浴法は違っているといえますね。

血行がよくなり基礎代謝がアップする

運動とは違うのに、何もせずに基礎代謝が上がるのはお風呂ダイエットの1番のいいところ!普通基礎代謝をあげるには筋肉量を上げてとうのがスタンダードなやり方なのですが、基礎代謝の仕組みをしっかり使っているのがお風呂ダイエットのさらにいいところ!楽して基礎代謝を上げられます。それが体温が1度上がると基礎代謝が12~15%に上昇するという点! ここを使っていること!筋トレなどの辛い思いをしなくても、湯船に浸かるだけで痩せ体質になれるその理由とは??
まず基礎代謝とはダイエットにとっては必要不可欠な存在です。基礎代謝とは人間が生きていく上で知らない間に使っているカロリーになります。これが多ければ多いほど、痩せやすい体質になります。この基礎代謝を上げるために有効な方法が体温を上げることと言われています。体温が上がると血液の流れがよくなります、そうすると今までなかなか新鮮な血液がいかずに滞っていた老廃物が動き始めます。そうなると体は燃費のいい状態へと切り替わっていくのです。

むくみ解消につながる

入浴することで体が温まり、冷え性や老廃物の滞りが解消される!なぜ体が温かくなるのかというと、血の巡りが活発になっている証拠なのです。冷えやむくみは血液が溜まってしまっている状態なのです。それが正常に流れはじめるきっかけが体温の上昇なのです。

体内の老廃物が排出される

デトックスを制する人はダイエットを制する! 体の中に老廃物が溜まると、どうなるかというと、内蔵機能が弱まり循環が悪くなり脂肪をためやすくなります。脂肪を溜め込むやすい状態=下半身がむくみやすい体になってしまうのです。ダイエットをする前にまず、体の中の老廃物を取り除いてあげることが先ですね。余分な水分や老廃物を体から排出させることで、体が活発に新陳代謝を行うようになり基礎代謝が上がるようになります。それによで無理なく脂肪が燃焼することができるので痩せやすくなるのです。

お風呂ダイエットのタイミングはいつ?

時間 時計
効果によって食後と食前にわかれてくる!!

食前に入用してもお風呂ダイエットの効果は、食後と基本的には同じでですが、身体が温まり、血管が拡張することで、全身に血流が流れるようになること、そこまでは一緒ですね。ここからが違います!胃腸への血流が滞り、胃腸の働きが滞ることになり食欲を抑える効果があるのです。どうしても食欲が増して抑えられないといったときは有効な方法になります。ただそのあとの過ごし方にも注意が必要です!入浴後すぐに何かものを食べてしまうのはNG!と胃腸の活動が弱まっている状態なので消化能力が落ちています。それにより消化不良を起こしたりする可能性があります。入浴後は30分程度休憩した後に、食事をとりましょう。

食後のメリットはいくつかあります!まず腹持ちがよくなる点では、胃の消化活動を妨げないという意味では避けるべきですが胃での消化が遅くなるということは、腹持ちがよくなるということにつながるのです、そうすると余計な物を食べずに済むという点ではダイエットにとっては好都合ですよね。食後すぐとはいわず、ある程度消化が進んだ後、入ることでつまみ食防止には役に立ちます。またダイエットの大敵と言われるストレスに有効なのは食後!風呂につかることで副交感神経が刺激され、気持ちを落ち着かせてくれます。これはβエンドルフィンというホルモンが分泌されるからといわれています。このホルモンのおかげで布団に入った後、その効果を維持したまま眠りに入ることができるのです。そうするとダイエット見方である成長ホルモンの分泌も盛んになると言われれています。

ダイエットにおいては食後の入浴がよさそうですね。

お風呂ダイエットの正しい入浴方法

積み木 GREAT

■中温半身浴
■高温反復法

主にこのふたつになります!おすすめは高温反復法!

入る前に大事なポイントが3つあります。
■常温の水をコップ1杯ほど飲む
お風呂に入ると自然と汗をかきますよね。ここで水を飲んでいないと血液の中の塩分濃度が上がり、血液はドロドロになってしまいます。これでは血流はよくなるばかりか、止まってしまいます。また冷たい水もこれから体温以上のお湯に体が入るので体温と同じぐらいの方がいいでしょう。
■お風呂の温度を管理する
お風呂の湯の温度は1度違うだけで全く違う効果になります。少し上でお話ししましたが、ダイエットには正確に温度が測れる温度計が必要なのです。できるだけ正確な温度がわかるように温度計をひとつは用意しましょう。
■お風呂で使える防水の時計
入浴時間はこのダイエット法にはとても大事なポイントになります。なんとなんくで入るのではなくきちんとルール―そってやることがなにより成功の近道なのです。

おすすめの高温反復浴のコツとは??

お湯の温度は40度~43度を目安に、肩までつかるぐらいのお湯に浸かる、出るの繰り返しの方法!ここで大事なのが入浴回数は1日2回までにしまししょう。体が温かかくなるとついつい冷やしたくなりますよね。しかし一気に冷やしてはいけません。ゆっくり体温をさげていくことで、ヒートショックプロテインというたんぱく質の1種が分泌されます。このヒートショックプロテインの働きはなんと中性脂肪を減らすこと!これはゆっくり体を冷やさなければ出てこない効果なので、そこを忘れずにゆっくりのんびり過ごしていましょう。

高温反復浴の効果

汗をかくことで、体の中を綺麗にする効果が大きい! いわえるデトックス効果ということになります。普通に入浴するよりも汗をかきやすいと言われているので、体内の水分量が減るのと同時に毒素や老廃物を体の外にも出してくれるので、痩せやすい体質に近づいているのです。また体温が上がることで、血の巡りもよくなります。そうするとむくみの解消が皮膚の再生力が高まることも期待できます。普通の入浴方法に比べて、湯船に入ったり出たりと体温の変化も大きいので血管の働きも刺激を受けて活発になります。また体温上昇により、褐色脂肪細胞が脂肪をより効率よく燃やしてくれるのです。

高温反復浴の温度はどれくらい?

40~42℃と熱いお湯がポイント!以外と温度が高い事に驚きますよね。1回の入浴時間が短いので体の芯まで一気に温めるにはこれぐらいの高い温度が必要なのです。ぬるいお湯で行うと体が温まらずに逆に体が冷えてしまう原因になります。なので必ず熱めのお湯で行ってくださいね。高い温度のお湯は乾燥しやすい?とう疑問もお持ちの方もいますよね。この温度に長く使っていれば乾燥も問題になってきますが、あくまでも短時間浸かることが目的なのであまり心配せずに大丈夫です!

高温反復浴の方法

簡単!これが高温反復浴!要はお湯につかった後、体を体温ぐらいに戻すのを繰り返す方法!
まずは40~42℃のお湯を湯船たっぷりにため、肩までしっかりと3分間浸かりましょう。湯船から出て、5分ほどでシャンプーとボディウォッシュをします。そこからもう一度お湯に肩まで3分程浸かります。湯船から出て、5分ほどでリンス・トリートメントをします。最後にお湯に肩まで浸かりましょう。たったこれだけです!今日からでもはじめられますね。

お風呂中にできるダイエットグッズ

バスソルト
お風呂ダイエットの効果を上げるアイテムをご紹介!手軽に試せるものから、自宅でエステの感覚が味わえるアイテムまで、さまざまなものをご用意しました!ダイエットは続けて意味があるので、自分にとってよりプラスになるものを選んでみてくださいね。

①おすすめグッズ

ラグゼ デッドシーバスソルト

■価格
2kgで2000円
■効果
添加物が一切入っていないバスソルト!天然ミネラル100%で出来ているので安心ですね。成分は死海塩(死海水乾燥物)無色透明で無臭なのも特徴!匂いがないので使いやすい!発汗効果に加えて肌の再生も早まり、美肌効果なども期待できます。

■使い方
お風呂に
■口コミ
死海の塩でこの値段は他の商品に比べて買いやすい!毎日使うものなのでコスト面と効果面で両方とも文句なし!肌がさらさになり、手触りがよくなった!

バスクリン 薬湯 すっきり発汗浴(600g)

■価格
1缶に600g 約20回分で450円前後
■効果
トウガラシ成分が2倍も配合されていて体ぽかぽか。生薬温浴効果があります。主な7つの植物エキスはトウガラシ、オランダカラシ、ゴボウ、セージ、サボンソウ、レモン、セイヨウキヅタなどが含まれており、保湿効果も期待できます。ダイエット効果に加え疲労回復や肩こり・腰痛などにも効果があります。
■使い方
バスタブに200mのお湯に30gの割合で混ぜて溶かして使う
■口コミ
湯冷めしにくく、入浴後体はぽかぽかになる。発汗効果はじんわり汗をかく程度。唐辛子成分ですが匂いはいい香りがします。普通の入浴剤とは温まり方が違う。などの声が上がっていました。

②おすすめグッズ

サウナスーツ・ポンチョ

■価格
15回~20回の使用で3480円
■効果
ゲルマニウム ・遠赤外線セラミックで出来ているサウナスーツ!とにかく汗をかきやすく、汗をかくことで体の中のデトックスにもなります。また気分もリフレッシュされるのでストレス解消にもなります。汗をかくことで肌の調子もよくなります。
■使い方
専用のサウナスーツを着て入浴するだけ。いつものバスタブがジムとエステに早変わりします。
■口コミ
岩盤浴のように発汗効果がばっちり!短時間でたくさん汗をかくことが出来る!なかなか運動する時間がないので、自宅で出来るのは嬉しいなどの口コミもありました。
■注意
スマホの水没には注意が必要ですが、スマホ防水ケース付きなので安心!ただし水圧が高すぎると染み込む可能性があるため注意が必要です。もしスマホが水没した際はこちらより修理業者を探してください。

③おすすめグッズ

アセチノスマート

■価格
12000円
■効果
自宅でエステサロンの揉みだし効果を実感することが出来る!運動や食事制限だけではなかなか落としきれない頑固な脂肪に直接アプローチ!防水使用かつコードレスなので体が温まって血行がよくなっている入浴中にケアをおこなうことが出来ます!体が温まった状態なので効果も抜群です。
■使い方
1部位につき5分!この左右両回転するボディ用のアタッチメントで気になる部分に当てていくだけ!お腹周りは円を描くように、足首や太ももはリンパに沿って下から上へ!お尻はももの付け根からおしりの上に向かってあてていくだけ。
■口コミ
100均などのセルライトローラなどで今までケアをしていましたが、簡単かつ気持ちいいのでお風呂のりラックタイムにはもってこいです!また血行がよくなるのか体がぽかぽかしてくる感じもありました!など声もありました。

まとめ

お風呂ダイエットのことはわかりましたか??お風呂ダイエットは基礎代謝の代謝率を上げることと体の中から綺麗になることでダイエットは成功するようですね! お風呂は誰でも毎日入るものなので、ダイエットをする機会としてはわざわざ時間を作る必要がないのも、仕事をしていたり家事や育児に忙しい人にはもってこいですよね。時間を有効に使いながら、自分の理想のスタイルになれるかはあなた次第ですよ?今の自分の生活に合ったダイエット法をぜひ見つけてみてくださいね。