小豆ダイエットで効率的に効果を出そう!おすすめのダイエット方法とは?

小豆はなんと医薬品としても使われていたほどの薬効がある食材であることご存知ですか??小豆の煮汁には解毒作用があると言われ、昔は食べるというより薬として使われていたことが多かったのです。日本でなじみがあるとしたらお祝いのお赤飯や和菓子などでよく見かけますよね。テレビでも取り上げられている小豆を使ったダイエットとはどんなものか??詳しくみていきましょう。

小豆ダイエットの効果とは?


小豆の研究者の第一人者の北海道立総合研究機構、加藤淳さんの研究データによると小豆にはこんな効果があると言われています。

■大豆ポリフェノールが脂肪や糖の分解や吸収を抑えてくれる
■腸内環境がよくなる
■便秘や宿便に効果的
■血液をサラサラにする
■むくみを解消
■食物繊維も豊富
■体の不調がよくなる

これから見てわかることが、小豆はダイエットに向いているということがわかりますよね!詳しくお話ししていきましょう。

小豆に含まれるビタミンB1は100g中に0.45mg含まれています。このビタミンB1はダイエットのおいて強い味方なのです。これらの働きは糖の代謝を助ける効果があるのです。またビタミンB2は脂肪と糖の両方の代謝を助けてきれるスーパーヒーローのような存在なんですね。これを効率的にとるのであれば小豆の煮汁がいいとされています。

小豆に含まれる小豆ポリフェノールが血液の中の中性脂肪値を下げてくれる役割を持っていて、それにより体脂肪が体に付きにくい体質になれるのです。このポリフェノールの量はポリフェノールの代名詞と言われている赤ワインよりも多いのです!数値で比べると赤ワインが100mg中300mgに対して、小豆は460gも含まれているのです!それだけの効果ではなく血管を広げる力を持っているので、血流がよくなるので冷えも解消できると言われています。

また小豆の外皮に含まれるサポニンとカリウムは利尿作用があり、体の中の毒素を外に出してくれます。体の中の老廃物や毒素は溜まっていくと血の流れは悪くなりむくみに繋がります。根本を解決してくれるのがそれらの成分なのです。小豆のカリウムはなんとバナナやメロンの約5倍もの量が含まれています。具体的な数字で見ていくとバナナは100gあたり360mgに対して、小豆は100gあたりカリウムが1500mg入っているのです。

そして食物繊維においてはなんとごぼうの3倍とも言われています。食物繊維は2つにわかれており水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが大事と言われています。小豆はこのふたつの食物繊維のバランスがいいと言われています。食物繊維の働きは便秘解消・血糖値をゆっくり上げる効果・コレステロールを下げる効果など、体の中を綺麗にするには欠かせない存在なのです。

小豆のカロリー

あずきのカロリーは10gで34cal! と低カロリーなのです!これはあくまで砂糖を入れていない状態のあずきのカロリーであるので、あんことは違います!またあずきはカロリーは低いですが、糖質は多く含んでいます。100gあたり役22g!同じ豆類で見ていくと枝豆は100gあたり約7gなので、枝豆の3倍の糖質量ということになりますね。糖質は取らなすぎもダメですが、とり過ぎは太ってしまうので、これを頭に入れえ小豆ダイエット行いましょう。

小豆ダイエットはどんな方法があるの?



大豆ダイエットには主に2つの方法があるようです。

小豆ダイエットの方法

小豆の煮汁を飲む!たったこれだけなのです。小豆の煮汁にはさまざまな栄養素がたっぷりなのでダイエット効果も期待できますね。

小豆茶ダイエットの方法と効果

炒った小豆で作ったお茶を飲む!それ以外に特にルールはありません。

ノンカフェイン・ノンカロリー

妊婦さんや授乳中のママにも安心なのです。

ビタミン群のダイエット効果

ビタミンB1は、糖質の代謝を高める効果があり、ビタミンB2は、脂肪の代謝を高める効果があると言われています。

便秘解消

不溶性食物繊維とは腸の中に含まれる老廃物やコレステロールを吸収してそのまま排出してくれます。それによりダイエットのも繋がってくるのです。

■むくみ解消

小豆茶にはカリウムが100gあたり1500mgも含まれています。これにより体の中のいらない水分を外に出すことでむくみが解消されます。

■冷え性がよくなる

これは小豆に含まれるサポニンの効果!このサポニンは美容や健康、長寿でも有名な高麗人参にも含まれている成分なのです。このサポニンの効果はそれだけではなく、脂肪の吸収を妨げる効果があり、肥満防止効果もあると言われています。

小豆茶のつくり方


小豆を120g用意します。小豆を水で洗い軽くふ小豆は水で洗って軽く拭いて鍋に入れます。弱火で乾煎りを10分程します。薄黒くなりますが丁寧に煎りましょう。あずきの効能をひきだせている証拠ですね。ここから大さじ4の小豆を鍋に入れ水1.4Lを入れて15分煮出します。水が半量になったら完成です。残った小豆は何にでも使えるので、サラダに入れたりスープに入れて小豆の成分をすべて吸収できるよにアレンジしましょう。食物繊維も入っているので捨てないでくださいね。

小豆水ダイエットの方法と効果

方法としては茹でた小豆の成分で作った小豆水を1日3回食前に飲む!

ルールとしては守ることは
■1日3回食事30分前に飲む
これにより食事の脂肪吸収を抑えることが出来ます。

■1日合わせて300cc以上飲む
最低限は300ccとされ1l以下という上限もあります。1回の量としてはコップ1杯程度が目安です。

■茹でた小豆を食べてもいい
小豆の栄養素は水に溶けやすいので小豆水にも含まれますが、小豆ポリフェノールは皮と実の間にも多くあるので食べる方がいいですね。また小豆を食べることによりお腹も膨れて食事の量が減り、全体として見たときに1日の摂取カロリーが減り痩せていくのです。小豆の量は1日100g以下にしましょう。

■他の食事は自分の好きな物を食べていい
もちろん高カロリーなものばかり食べていては効果はあまり感じられないと思いますが、普通の食事をしていれば必ず効果があります。ダイエットで辛いとされる空腹感に悩まされないで済むのは嬉しいですよね。

小豆水の作り方

まずお鍋に小豆と水を1:4の割合で入れて沸騰するまで煮ましょう。沸騰した後に3分程茹てます。この茹で汁は一旦捨ててしまいます。最初同様お鍋に小豆とお水を1:4で茹でます。ここからはゆっくりと弱火~中火で煮ていきます。途中で何度かさし水をしながら様子を見て下さい。小豆が柔らかくなるまで煮たあと小豆はザルにあけてしっかり水を切って他の料理などに使いましょう。これで小豆水は出来上がりです。あまり長く持たないので冷蔵庫で2~3日が保存できる日数の目安になります。時間をかけてゆっくり煮ることで小豆ポリフェノールがしっかり水に溶けだすのです。

小豆ダイエットここがコツ!

毎日続けること!最低1ヶ月は続けてみましょう。4週間飲み続けると、血中中性脂肪は低下したという効果も実証されています。

小豆ダイエットの成功させる時間帯は?

食事の30分前! 食事の前に取ることで、食べ過ぎ防止を防いだり、食事量が少ない量で満腹になります。

小豆ダイエットに効果のあるレシピをご紹介!

小豆水や小豆茶で残った小豆を再利用することで、小豆の栄養分をすべて吸収することが出来ますよね!

小豆と緑黄色野菜のカレー


このカレーは市販のルーを使わないのでカロリーもオフしながら便秘やむくみ生活習慣病予防などダイエットにも健康にも効果のあるカレーです!
■材料
玉ねぎ1個(200g)、鶏ひき肉150g、にんじん1/4本(40g)、パプリカ(赤)1/4個、パプリカ(黄)1/4個 、小豆の水煮100g、サラダ油小さじ1、にんにく(すりおろし)・しょうが(すりおろし)各小さじ1、ヨーグルト1/2カップ、カレー粉
○調味料
水・トマトベースの野菜ジュース各200cc、コンソメ小さじ2、トマトケチャップ大さじ2、塩適量
■作り方
玉ねぎは1cmくらいのあらみじん切りにして、耐熱ボウルでラップをかけてレンジ600wで3分加熱しておきましょう。深さのあるフライパンにサラダ油とにんにく・しょうが玉ねぎを中火で炒めます。炒めている間にんじんは粗めのみじん切りにし、パプリカは1cm角くらいに切ましょう。玉ねぎがしんなりしてきたところで、鶏ひき肉とにんじんとカレー粉を加えひき肉がバラバラになるまで炒めていきます。そこにヨーグルトを加えて、水分を飛ばしていきます。ヨーグルトをあらかじめ水切りしておくとここの手間が省けますよ! 調味料とパプリカと小豆の水煮を加え強火で沸騰させます。そのあと中火で5分程煮ましょう。濃厚さやとろみを出したい場合はバターと薄力粉を練ったものを入れることでコクととろみが出てきます。これをやるならば、バターをレンジで10秒ほど加熱してからの方がやりやすいですよ。

小豆と野菜の豆乳スープ

小豆のデトックス効果に加え、利尿作用があるカリウムを含むほうれん草もいれて更に効果アップ!豆乳で作るのでカロリーも牛乳よりは低く、ヘルシーなスープです!!

■材料
乾燥小豆大さじ3、たまねぎ 1/2個、かぼちゃ 1/8個、ほうれん草 1/2束、しめじ1/2パック、水250cc、豆乳350㏄、味噌大さじ2、塩小さじ1/3
■作り方
ほうれん草を茹でて3センチくらいに切り、しめじは房を分けてばらしておきます。たまねぎはざくざく食べやすい大きさに切り、かぼちゃも2センチ角くらいに切っておきましょう。圧力鍋に小豆と水を入れて火にかけます。圧がかかったら15分加圧しましょう。そこから火を止めて圧が自然に抜けるまでそのままにしておきます。小豆の煮汁と小豆を鍋に取り、ほうれん草以外の野菜を入れて煮ます。野菜に火が通ったらゆでたほうれん草、味噌、塩を入れて味を整えましょう。最後に火を弱めてから豆乳をいれて完成です。豆乳をいれてからは沸騰させないよにしましょう。

小豆はこれと一緒に食べよう!

小豆の効果を更にあげることが出来る食材たちをご紹介!スーパーなどでもすぐに手に入る食材をピックアップしました!
利尿効果、むくみの解消で血液の循環をよくして痩せる効果を上げるのはきゅうりやレタスなど!
肝機能を元気にしてくれる効果があるのは、 アスパラガス、鶏卵、レバー、シジミ!
お腹を元気にして強くする効果があるのはかぼちゃ、サツマイモ、鶏肉!こんなにも小豆と一緒に食べることでダイエッお効果が上がる食材があったのは驚きですね。

小豆ダイエットの落とし穴!


■飲み過ぎには注意!
■お砂糖は入れない
■賞味期限が早い

きちんと1日飲む量を計りましょう。飲み過ぎてしまうと、お腹を壊したり下痢になる可能性もあります。ついつい小豆だから甘くしたくなりますよね。あんこはおいしいですし…しかしお砂糖が入れば血糖値が上がってしまい痩せるどころか太ってしまいます。砂糖が入っているおいしさを知っているが故に辛いとは思いますが、味付けはしないで飲むようにしてくださいね。また小豆は痛むのが早いのでその都度作るのが1番ベストでしょう。

小豆ダイエットやってみて…どうだった?


実際に試してみたらこんな効果があったなど!成功した人達はどのぐらいいるのか??気になる所いていきましょう!朝と夜の食事の前に小豆水を飲んでマイナス3でマイナス1.4kg!1ヶ月でマイナス2kg!長い時間はかかるものの、マイナス7kgの方もいらっしゃいました。テレビではAKBのメンバーの方が試されていましたね。この時はなんと2週間でウエストがマイナス8.6cmの効果が出ていました。また体重も3.1kgと減量効果も実証済みですね。効果としては即効性はないですが、続けていくことでしっかり効果が出ているようです。

小豆ダイエットのまとめ!

小豆ダイエットのことわかりましたか??小豆ダイエットのいいところは、何かを我慢するのでないところですよね!ダイエットが続かない理由は「我慢が多い」これがほとんどです。しかし小豆ダイエットであれば今の生活にプラスするだけ!なにかを減らすより足すことの方が気持ち的に楽ですよね。あなたも小豆ダイエット始めてみません??