甘酒ダイエットの効果とは?飲むだけでキレイで健康的な身体を手に入れよう!

テレビや雑誌などで特集が組まれるほどの甘酒!甘酒とは日本の伝統的な甘味飲料のひとつですね。古く江戸時代から飲まれていた栄養ドリンクとも言われています。主な原料は米こうじとお米!または酒粕で出来ています。甘酒というぐらいなのでお酒なのかな?と思うかたもいますが、アルコールは1パーセント未満のソフトドリンクなのです。この甘酒には栄養価が高いだけではなく、ダイエット効果まであったのです?甘酒の秘密もっと知りたくありませんか?

甘酒ダイエットのその効果とは?

甘酒の甘さにより血糖値を上げて、空腹感を感じさせないようにして、軽い断食の効果がある! これにより食べ過ぎや間食を防いでくれるのです。また発酵食品は整腸作用があるので腸内環境を整える 役にも立ってくれるのです。

詳しくみていくと、甘酒の中にあるブドウ糖は血糖値を上げる働きをもっています。これにより満腹効果を感じやすくなるのです。体や脳を動かす為には必要不可欠なブドウ糖!なんだか最近疲れが取れないことや元気が出ないときは甘酒はとても効果があると言われています。お腹もいっぱいになり体も元気になるなんて嬉しいですよね。

ダイエットをしているとどうしても空腹感に悩まされたり、仕事中ぼーっとしてしまったりしますよね。そんなことも吹き飛ばしてくれるのが甘酒の効果なのです。またビタミンB群には脂質を優先的にエネルギーとして使ってくれる効果があると言われており、脂肪を燃焼の手助けの役割ももっているのです。

ダイエットをきっかけに便秘になる人が多いのですがその心配もいりません。甘酒の中にはお腹の調子を整えるオリゴ糖が入っているのに加え食物繊維も入っているのえお腹を綺麗にし、老廃物をきちと外に出してくれることで体の中から綺麗になることができます。体の中が綺麗になると更に嬉しい効果として、お肌の調子もよくなるのです。逆を言えば体の中に老廃物が溜まっていることの体のサインがとニキビや肌荒れということもわかりましたね。

ダイエット中は我慢することが多いのでいらいらしがちですが、甘酒に含まれるパントテン酸やGABAというアミノ酸はストレスを取り除き癒し効果があるとも言われています。飲むことで副交感神経が優位に働くようにしてくれることでイライラを沈めリラックスさせる効果があるのですね。

甘酒の主な成分はどんなものが入っているのか見てみよう!!
■ビタミンB1
■ビタミンB2,
■ビタミンB6
■葉酸
■食物繊維
■オリゴ糖
■アミノ酸
■大量のブドウ糖

こんなにたくさんの成分が入っているため「甘酒は点滴」なんて言われることもあるぐらいすごいのです!甘酒のすごいところはこの成分多さだけではなく、体内への吸収率はなんと90%と言われており、薬局などで売られているビタミン剤を買うよりも効果が高いと言われています。

甘酒はなにから出来ているの?

意外とこれを知らない人は多いと思います。
米麹 または酒粕このどちらかで作られています。

米麹とは?

食品を発酵させるための微生物の1つ!米や麦などの穀物+豆類を発酵させるコウジカビを増やしたものなのです!合わせるものによって出来上がるののは違うのです。麦に生やせば麦麹、豆に生やせば豆麹、そこから米みそ、麦みそ、豆みそづくりに必要になってきます。また米麹はお酒や醤油・酢みりん・塩からなどに使われるのが一般的です。正直カビと聞くと驚きますが安全性は保障されているので心配はいりません。ただ一般の家庭で扱う場合は別ですので注意が必要なこともお忘れなく!米麹のカロリーは100gあたり286cal!主成分はアミノ酸と脂肪酸それに加えビタミン・ミネラル・葉酸・モリブデンが豊富に含まれています。

酒粕とは?

日本酒を作る過程で蒸したお米と米麹で仕込み、発呼したもろみを絞ると日本酒になります。もろみの過程で出来たもの!発酵の過程でうまみ成分のアミノ酸をものすごい勢いで増やします。その数お米の583倍もの数!人間が体内では作り出すことが出来ない必須アミノ酸9種類をすべて含んでいるのです。またビタミンB2は26倍!ビタミンB61は47倍ととてつもない量に増えているのです。酒粕のカロリーは100gあたり227cal!たんぱく質は14.9gと白米の6倍もの量なのです。

甘酒のカロリーはどのぐらい?

さ甘酒の中身についてはわかりましたね。ここからは具体的な方法やカロリーを見ていきましょう。
甘酒のカロリーは
米麹甘酒は100gあたり81cal
酒粕甘酒は100gあたり94cal(132cal)
と言われています。酒麹甘酒は砂糖を10g足したカロリーが()の中のカロリーです。栄養価はたくさんあるのにカロリーは割と低めなのです。

甘酒の糖質は?糖分はどのぐらい?


甘酒の糖質は100ml当たり糖質量は18g!同じぐらいの糖質は、お粥茶碗1杯分!お粥150gあたり糖質量が23.5gなのでほとんど同じ感じですね。

甘酒はカロリーは高い?

カロリーだけに着目すると飲みものとしては、低カロリーとは言いがたいですね。ココアは100mlあたり412calと飲み物の中で断トツです。同じぐらいのカロリーで言うと昆布茶が98cal、豆乳が63cal、ブドウジュースが55calとやはりこの中では1番高カロリーではありますね。

酒粕のカロリーはどのぐらい?

100gあたりで227calと言われています。ただこれで甘酒に使うのは1杯25gぐらいなので、1gあたり2.2calなので25gだと55cal前後とうことになりますね。

甘酒ダイエットの成功する方法はとコツは?


まずは甘酒の種類はどっちを飲めばいいかはダイエットには米麹甘酒がおすすめ!酒粕の栄養価もとてもいいのですが、アルコールを含んでいることを考えると、ダイエットには向いていないようですね。ただ甘酒は温める過程で加熱をするのでアルコールはほとんど飛んでしまうのですが、もうひとつ問題が実はあったのです。それが砂糖!お砂糖は太る原因の1番の理由なので、米麹甘酒の方がダイエットには向いているとうことになりますね。

甘酒ダイエット効果的な時間はずばり何時?

甘酒を飲むタイミングは効果によって違いますがダイエット効果が期待できるのは朝にコップ1杯の温かい甘酒がおすすめ!朝に飲むことで基礎代謝を上げて日中の消費カロリーを増やします。また温めて飲むことで体温が上がりさらにエネルギーが燃えやすい状態になるのです!寝る前に飲む効果は美容効果やリラックス効果が期待できます。基本的に気持ちを落ち着かせてストレスを軽減させる効果が高いと言われれているのです。寝る前に飲むことで体が温まり睡眠の質もあがり、お肌の再生能力力も高まるのです!

甘酒ダイエット効果のあるレシピはある?

「甘酒+豆乳」

女優さんが飲んていることがきっかけで有名になったのが甘酒と豆乳の組み合わせ!
甘酒が苦手な人におすすめなのが、甘酒の豆乳割り!

甘酒の発酵食品の栄養価の高さと食物繊維が豊富なところに、豆乳を加えることで飲みやすがぐっと増すだけではなく美容効果もさらにプラスされます。大豆サポニン+リパーゼのダブル効果により脂肪を燃やしながら、脂肪を溜め込まず代謝を促す働きがあるのです!これはダイエット効果に相当期待が持てますね。これについて少し詳しく見ていきましょう。

■甘酒に含まれるリパーゼとは?
別名が脂肪分解酵素!これは、リパーゼは消化酵素の一つで脂肪を消化する役割を持っています。その働きにより中性脂肪を消化し脂肪を減らすということになるのです。また遊離脂肪酸やグリセロールに変わりエネルギーとして働くこともあります。簡単にまとめると脂肪をよく燃やしてくれるとうことですね。

■豆乳に含まれる大豆サポニンとは?
大豆サポニンはまた違った働きをしており、コレステロールや中性脂肪を減らす力をもっています。また大豆サポニンは抗酸化作用が強く中性脂肪などの脂質が活性酸素により酸化した状態を取り除き綺麗にしてくれる働きがあり、代謝を促進してくれるのです。これが肥満を予防し、脂肪を溜め込まないとうい意味になります。

ここで少し豆乳の栄養価についてお話しすると…

豆乳には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれておりこれらは美容効果も高いとされています。またむくみ防止に効果があるというカリウムが1日200mlの豆乳を飲むだけで1日に必要な量の20%もとれるのです。豆乳のカロリーはどのぐらいか気になりますよね。調整豆乳であれば100gあたり54kcal、無調整豆乳であれば46kcalと若干の差はあるものの牛乳は100gあたり67calで牛乳よりはカロリーは低いですが、決して低カロリーという訳ではないのです。
ただ甘酒を割るのに効果が高い飲み物としては優秀な栄養分を持っているのです。豆乳は飲み過ぎるとホルモンバランスをくずしてしまうこともあるので、1日に200ml程度にしておきましょう。また豆腐や納豆を食べる人は100ml前後にするのがいいでしょう。

これだけでは終わらないのは豆乳甘酒のすごいところ!女性にとって嬉しい美容効果も期待できます。ダイエット中になりやすいのが肌荒れや栄養不足によるハリの低下。ダイエットをやめれば治るものの、そのたびに出来ては悩んでいる人も多いと思います。甘酒に入っていコウジ酸が美肌成分が高いとされています。またそれだけではなくシミの素と言われえるメラニンを作らないようにしてくれる効果もあるのです。そしてダイエットでもあまり出てきてほしくない活性酸素を抑えてくれる働きもあるので、美容にもダイエットにもぴったりの飲み物なのです。

最後に甘酒豆乳の作り方
まず無調整豆乳と米麹甘酒を用意します。分量としてはお好みでいいのですが、豆乳は1日200mlなので3食の食前に食べるのであれば1回で60ml前後にするといいでしょう。無調整豆乳と甘酒を混ぜて合わせます。500wの電子レンジで1分半温めたら完成です。簡単に作れるのもいいところですね。

まだまだあります!プラス食材たち!

「甘酒+生姜」

甘酒の匂いが苦手な人におすすめです。生姜の匂いで飲みやすくなります。ダイエットの敵とも言われる冷えによく効くのが生姜です!甘酒と一緒に飲めば血の巡りもよくなり、発汗作用も高まる効果が期待できます。体温が1度上がると基礎代謝は約12%も上がると言われています。生姜と一緒にとることで冷え対策+ダイエット効果が更にあがるのです。それ以外では生姜の辛み成分により、血流がよくなるこで、甘酒の血圧を下げる効果にもいい影響がありますね。

「甘酒+ココア」

ココアの原料であるカカオは冷え性がよくなる効果に加え血流がよくなる効果などダイエット効果+健康効果もあると言われれています。またココアは普段なら牛乳で作りますが牛乳より低カロリーかつ栄養も満点な甘酒で作ればお腹にもたまる甘いデザート的な感覚で飲めますね。お砂糖とは違う優しい甘味のココアをお試しあれ。

■ここで番外編自宅で米麹を作っていみましょう!

「炊飯器で簡単米麹と塩麹」
■甘こうじ(甘酒の素)の材料
麹300g、お湯60℃位の湯を360cc
■塩こうじの材料
麹100g、塩30g、お湯60℃ぐらいの湯120cc
 
■作り方
炊飯器の内釜にお湯を用意し、麹を手でもんでほぐしておきます。炊飯器の内釜の3の線まで沸騰したお湯を入れましょう。水道水を4の線まで足して保温スイッチを入れます。これでお湯の温度は60度ぐらいになります。ジップロックなどの密閉できる袋に甘麹用の麹300gを入れ、60℃程度の湯を注ぎ入れましょう。袋の上から軽くもんで混ぜて口を閉じます。
次に塩麹用の材料も先ほど同様にジップロックなどにいれてしっかり口を閉じます。そのまま炊飯器の中に入れて蓋をせずに60℃から65℃で発酵させます。2時間に1回ぐらい袋を持ち上げてゆすりながら混ぜましょう。6時間後甘麹の中を開けて麹の様子を見てみましょう。必要に応じてさらに保温しましょう。塩麹は発酵に時間がかかるのでもうしばらく待ってみましょう。少し固さが気になる場合は常温において熟成させましょう。

自宅で作るのは手間はかかりますが、市販のものに比べて添加物やお砂糖も入っていないので安心してダイエット用の甘酒を作ることが出来ますよね。ただ自宅で作る場合は温度管理だけは気を付けましょう。発酵にいいとされている温度は60℃前後です。 70℃を超えると酸味が強くなるのと、50℃以下だと米麹がつぶれない状態になってしまうので60℃を保つようにしましょう。保存の仕方は冷蔵庫で保管しなるべく早めに使い切るようにしましょう。

甘酒ダイエットの落とし穴

甘酒を温めすぎない! 甘酒にはビタミンB群が多く含まれています。ビタミンB群はダイエットに欠かせない存在とお話ししましたが、唯一の弱点が熱に弱いということ!甘酒を温めて飲むようにお伝えしましたが、温めすぎは大事なダイエット効果がなくなってしまうので気を付けましょう。
また甘酒は栄養価も高く美容にもいいとされているため、たくさん飲んだ方が効果があるのでは?と思う人もいますが、3食の食事+甘酒を飲んでしまうと1日の摂取カロリーが増えてしまいます。せっかくのダイエット効果も台無しです。甘酒は1日1杯程度+満腹までごはんを食べるのではなく控えめにすることで益々甘酒ダイエットの効果はあがりますよ。

甘酒ダイエットみんなはどうだった?

これだけの注目度の高いダイエットなので試している方も多いはず!成功した人はどんな効果があったのか気になりませんか??芸能人の方も多数試しているこのダイエット!どのぐらい体重は減ったのかなど見てきましょう。
52歳の女性の方で2か月でマイナス10kgと大きな成果を見せている方や
食事制限も一緒に行うことや運動も取り入れている人は割と大きな成果を出しているようですね。また空腹時に飲むようになったらお菓子を食べたくなくなった!食事の前に飲むようにしたら、食事量が減り10日でマイナス2kgなど減量効果は間違いないようですね。

甘酒ダイエットはじめるなら

甘酒ダイエットを成功させるには、米麹の甘酒を朝にコップ1杯の温かい甘酒を飲む!ということがポイントですね。ダイエットでよく挫折してしまう理由の空腹感や甘いものを我慢することやイライラなどにも効果があり、これにより長く続けていても辛うならないダイエットでもありますね。また大きな制限もないので、今の生活にプラスするだけど考えるとはじめすいダイエットでもありますね。体の中から綺麗になり、穏やかにダイエットを進められる甘酒ダイエットはじめないのはもったいなくないですか??