野菜スープダイエットの利点とポイントは?

野菜には多くのビタミン・ミネラルが豊富に含まてています。野菜の栄養素を効率よく摂取する方法として上げられるのがスープにすること!これにより野菜の栄養素がスープに溶けだして、ダイエット効果も高まるのです。さて野菜のすべてがつまったスープを飲むとどんなダイエット効果がるのが実際にみてみましょう。

野菜スープダイエットの利点

野菜は、米や麦、肉、魚などには含まれない栄養素が含まれます。それは少ないながらも私たちが生きていく上で大事な栄養分でもあります。この栄養分がなければ少なからず私たちの身体は健康になんらかの影響を与えることになります。

野菜スープの特徴は、野菜のよさを一度にたくさん取り入れられるのが特徴です。生では多く食べられない野菜も、スープに入れることで量が減り、柔らかくのど越しよく食べることができるので年齢問わずに食べられるのもいいところですね。

人間の1日に摂取するカロリーは、年齢や身長、体重、運動量などによってもそれぞれ違いますが。日本人の摂取カロリーの目安は男性で2100kcal、女性1800kcalとなっています。これを元に理想の食事量の割合でそれぞれの摂取カロリーをみていくと、朝:昼:夕=3:4:3となっており、1日1800kcalが目安となっている女性の場合、朝食と夕食が540kcal、昼食がやや多めの720calが摂取カロリー目安になります、

1日1食をスープに置き換えてダイエットを行うと、野菜スープはは1人前150ml前後で30~70cal前後になります。仮に2杯飲んでも60~140cal前後になります。そうなると夜を置き換えれば1日400cal前後の摂取カロリーを減らすことができ。1か月続ければ12000calもの摂取カロリーを減らすことが実現できます。脂肪を1㎏減らすには7200cal必要と言われているので、これで計算すれば、単純に1㎏半は脂肪を落とすことが出来るのです。

これからわかることは、野菜スープを飲むことで、摂取カロリーを減らすことでダイエットにつながるということ。ダイエットにおいて、摂取カロリーのコントロールさえできればダイエットの道のりも辛くないと言われtいます。

さてその他の野菜スープにはどんないいことがあるのか?実際にみていきましょう。

カロリーが低い

摂取カロリーをコントロールすることはダイエットの近道! もちろん使う野菜の種類によって多少のカロリーの変動はありますが、芋類などを除き鍋満タンに野菜スープを作ったとします。それでもすべてのカロリーはは600~700㎉ほどで済みます!それを5回にわけて飲んだとして、1回のカロリーは30~70cal前後になります。野菜にスポットを当てると、生野菜でも代用できるのは?と思いますよね。ですが生野菜は食べる時にドレッシングをかけませんか?そのドレッシングは大さじ1杯なんと40calから90calとカロリーがあると言われています。意外や意外!スープと同じぐらいのカロリーになってしまうのです。ドレッシングはちなみに、大さじ1とは意外とすぐにかけてしまい、更に足してしまうなんてこともあります。それに比べてスープは塩や胡椒のみで味付けをしたりすることで、油をほとんど使わずカロリーも低いのが1番の特徴です。野菜栄養素をしっかり吸収しながらカロリーが低いなんてダイエットはもってこいですよね。

身体を温めてくれる

体を温めることで基礎代謝が12%~13%も上がり消費カロリーが増える! 基礎代謝とは私たちが生きているだけで、消費するエネルギーのことを言います。この基礎代謝が多ければ、代謝がよくなり食べても太りにくく痩せやすい体質になることができます。基礎代謝を上げるのことはダイエットの近道とも言われています。基礎代謝を上げるのに効果があると言われているのが、体を温めることなのです。そして体を温めることはダイエット効果だけではなく、血液に巡りもよくする効果があります。体温が上がると血液が体の隅々まで流れはじめます。そうなることで、肌のターンオーバの活性化や体の中心部が温めることで便秘解消にも繋がるのです。また体温があがることで、やる気が起きやすくなったりと、健康面・美容面・ダイェット面でもいいことしかありませんね。

アレンジできるので飽きない

スープの味の変化がダイエットを続けることが出来る秘訣にもなる! スープにはさまざまな味付けがあります。そしてスープの味を変えることでカロリーも大きく変わることがないのも嬉しい点ですよね。スープの味の種類としては、チリ風味やカレー風味など和風など自分の好きな味を見つけて気分で変えてみるのも楽しくダイエットを行える要因にもなりますね。

作り置きが出来る

忙しいあなたにもおすすめ! さまざまなダイエットにおいてその食材を使って料理をするとなると、仕事の跡など疲れた体にはやはり辛いですよね。そんなときでも出来るのが、この野菜スープダイエットなのです。休みの日に大きな鍋で1度に大量に作ることが出来ます。基本的に味を付けずに野菜を煮てスープにしておくことで、平日の忙しいときはそこに味を加えるだけ!野菜さえ煮ておけば、毎日気分で変えられるのもいいですよね。

野菜スープダイエットのポイント


ポイントは食べる順番や食べる時間を工夫することでよりダイエット効果が高まります。さてそこを詳しくみていきましょう。

スープから食べるようにする

食べる順番ダイエットがあるほど、食べる順番はとても大事!

簡単に順番を説明すると

はじめに食物繊維などを多く含むサラダやスープ!次にたんぱく質を含むお肉や魚、最後に炭水化物の主食
これが痩せやすくなる食べる順になります。

食物繊維を最初に食べることでかさを増やす効果や咀嚼回数を増やす食感の物が多いため満腹中枢が刺激され、先に食べたことで満足感を得ることが出来るのです。また水溶性食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする効果もあり、1番最初に食べるにはもってこいな食材ですね。スープは水分は多いので、お腹もしっかり満たしてくれることでこのあとに食べるもの量を減らすことも出来るのです。その次に筋肉など身体の組織を作るのに必要なたんぱく質類、最後に炭水化物を食べることで血糖値も上がりにくくなります。

ちなみに具材についてひとつポイントがあります!
もちろん野菜であればOKではあるものの、気を付けるのが糖質量!野菜の中でもこの糖質量が多いとせっかくの野菜スープの効果も台無しになってしまうのです。

糖質とは基本的に炭水化物などに多く含まれていますがその中にも含まれているものがあります。糖質は体の中でエネルギーとして始めに使われます。この特性からエネルギーになりやすいのはいいことなのですが。これが多くなってしまうと、ダイエットにおいて減らしたい脂質をエネルギーにするまでにたどり着かずに痩せることが出来ないということにもなりかねません。

さてここから糖質の多い野菜を具体的にみていきましょう。かぼちゃ100gあたり17.2g、じゃがいも100gあたり16.3g、とうもろこし100gあたり15.5g、れんこん100gあたり13.8gこれらが基本的に糖質の高い野菜と言えます。スープにいれることの多いキャベツは100gあたり3.4g、しめじ100gあたり3.7gとこう見るといかに芋類の糖質が高いことがよくわかりますよね。

置き換えをするなら夕飯がおすすめ

夜食べた物は脂肪になりすい! 朝や昼に比べて夜がおすすめな理由としては、1日消費カロリーのバランスが深く関わりがあります。消費カロリーが多いとされるのは日中!朝起きてから通勤や通学などがエネルギーを使う場所ですね。エネルギーの原理として、たくさんエネルギーが入ってきた場合は、エネルギーを使いはじめ、使いきれない場合はなにかあった時のために蓄えていく傾向があります。この機能が体に備わっているので。2~3日食事をしなくても人間は生きていけるとも言えるのです。しかし使い切れないエネルギーは多くなりすぎてしまうと、体に負担になり、病気になることも。

なんでも適度な量が大事なのです。夜の私たちの活動は日中に比べて、消費エネルギーはとても少ないですよね。ここでたくさんのエネルギーをとってしまっては太りやすいのは一目瞭然ですね。そのため出来るだけ夜のカロリーを抑えることが体の理論にもあっていますね。また朝や昼の置き換えは空腹に耐えなければいけない点から辛いと感じることも多いので、無理のない置き換え方法であれば夜がおすすめですね。

ゆっくり食べることを意識する

時間をかけて食べることがダイエットにおいては大事!時間をかけることで、よく噛むことで野菜本来の味をしっかり味わうことも出来る上に、満腹中枢が刺激を感じる時間をとることでこの後食べ過ぎることも減るのです。うまみを実感すると気持ち的にも食べた実感が沸くので余計な間食などに目がいかなくなるのがポイントです。

野菜スープダイエットの注意点


野菜スープだけでは足りない栄養分を補うことや味付けについての注意点をしっかり頭に入れて、効率よく痩せていきましょう。

たんぱく質を摂るようにする

野菜スープにかけている栄養素の一つがたんぱく質!そこでおすすめはなのは食材は 豆腐!豆腐は低カロリーなのに高たんぱく!豆腐1丁300gのカロリーは白米軽く2杯分のものカロリーになります。筋肉の元となるたんぱく質量は白米は300gあたり7.5g!豆腐は300gで19.8gも含まれており、白米と比べるとカロリーは半分なのに、たんぱく質量は2倍近くもあり、いかに豆腐が優秀な食材かが証明されています。

またたんぱく質の働きは基礎代謝を上げるための筋肉の元となること!とはダイエットにおいて、基礎代謝がお多ければ多いほど痩せやすくなるのです! 基礎代謝は私たちが生きているだけで、使うカロリーのことさし、これは20代をピークに段々と下がっていくのが特徴です。特に女性は元々の筋肉量が男性より少ないので基礎代謝が下がり太りやすい特徴があるのです。基礎代謝を早く上げるのに必要なのが筋肉!筋肉が育つことで、口から入ってきたエネルギーをどんどん筋肉で燃やしてくれるので、食べても太りにくい体に変身するということです。痩せ体質になるにはまずは筋肉を育てるためのたんぱく質が必要なのです。

塩分に気をつける

塩分はダイエットの大敵! 特に下半身は塩分と深い関係があり、塩分をとり過ぎると、私たちの体の中では血液の中の塩の濃度=ナトリウム濃度を薄めるために、働きはま。その働きは、体の塩分濃度を薄めるために水分をためこもうとします。要は濃い塩水を水で薄めている状態!細胞間に水分がとどまり、これがむくみに繋がるのです。むくみはダイエットの邪魔をするのが得意なのです。むくみをそのままにしておくと、血液やリンパ液の流れも滞り、血液の流れが悪くなり、冷えやすくなります。冷えやすくなるということは、基礎代謝の燃費が下がるということに繋がります。

ダイエットの要でもある基礎代謝が落ちるとなると、食べたものエネルギーとして使いきれなくなり、残ったエネルギーたちがすべて脂肪になり、太りやすくなるのです。燃費の悪い体は、その余ったエネルギーをため込むかと言うと、お尻や太ももの裏などに!それがセルライトなのです。塩分が多いといいことはひとつもないのがわかりますね。

自分ルールを作る

きちんと目標をこまめに立てること! リバウンドは無理のあるダイエットでは起きやすいと言われています。ですがこのリバウンドダイエットにつきものと思っていませんか?リバウンドをしないためには、自分の性格や生活リズムをしっかり把握し毎日きちんと続けられるものを続けられるもの選びようにしましょう。ちなみに健康的に体重を落として痩せるには。健康的に痩せていくには1ヶ月以内に体重の5%以下を目安にしましょう。5%超えてしまうと、体のあらゆる機能に問題が起きます。

まとめ


野菜スープはダイエットは自分好みのアレンジが出来るので続けやすいダイエットになります。また忙しくてなかなかはじめられない人にもおすすめのダイエット方になります。さてあなたも毎日楽しくアレンジしながら野菜スープダイエットはじめてみませんか?