オリーブオイルがダイエットにおすすめの理由

オリーブオイルと言えば、どんな料理にも使える万能調味料であり、最近では健康面やダイエット面でさまざまな効果があると割れています。そのオリーブオイルの秘密知りたくありませんか??

オリーブオイルがダイエットにおすすめの理由

手軽で簡単に出来て、辛くない!
ダイエットと言えば、辛いイメージや我慢することが多いと思いますよね。オリーブオイルダイエットは、オリーブオイルを飲むだけといたってシンプルなもの!カリフォルニア大学のセス・ロバーツ博士が考案した「シャングリラ・ダイエット」がベースになっている方法になります。方法としては食事の前後1時間を避けてオリーブオイルを飲むことで食欲が抑えられると言われているダイエット法!さて詳しい効果を更に見ていきましょう。

ビタミンEでアンチエイジング

ダイエットしながら綺麗になる?!
ビタミンEとは抗酸化作用が高く、老化防止に役立つと言われ、若返りのビタミンとの別名ももつほどの優秀なビタミン!アンチエイジングに欠かせないと言ってもいいでしょう。老化の原因とも言える活性酸素を抑える効果=抗酸化作用が強いということなのです。オリーブオイルは他の油と比べると、ビタミンEの含有量が3~5倍とも言われています。それだけ他の油と比べて、酸化しにくい油ということになりますね。細胞が酸化するということは、細胞の働きが弱くなり、老化するということ!またそれだけではなく、生活習慣病などの原因にもなると言われています。
美肌作りに欠かせない必須のビタミン類ですが、実際に食生活を振り返るとビタミンEはあんまり摂りづら存在とも言えます。主にビタミンEは、植物油やナッツに多く含まれています。このビタミンEの特徴は油と一緒にとることで吸収率が高まるということ!ビタミンEは細胞膜に効く特別なビタミンですビタミンEは毛細血管を広げる作用があり血流改善にもいいとされています。更に過酸化脂質を分解して、血液をサラサラに保つことで末端冷え性の改善などにも役に立ちます。ビタミンEが多く含まれる食材には少し特徴があり、あまり食卓には並びにくい物が多い点!例えばうなぎのかば焼き、あゆ、あんこうの肝などはなかなか毎日は取ることは難しいですよね。オリーブオイルであれば手軽に取り入れることが出来るのもいいところですね。

腸を刺激して便秘解消

便がオリーブオイルでコーティングされたような形になることで排便がスムーズになる!

ビタミンEは血行を促進する働きがあるとお話ししましたが、オリーブオイルを取ることで、腸内の血行を促して便通を改善する効果が期待できます。オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、不飽和脂肪酸に分類される脂質のことですが、これが便秘の強い味方になるのです。オレイン酸の働きは、胃酸の分泌を調整すること!胃酸の分泌量が偏ってしまうと、胃腸の消化能力が乱れて便秘の原因にもなります。このオレイン酸はオリーブオイルに含まれる量が他の食材の中でも群を抜いて高いと言われています。そのため、便秘にも高い効果が期待できるのです。オレイン酸の含有量は、なたね油が100gあたりに58,000mg、ヘーゼルナッツが54,000mg、それに対してオリーブオイルは、100gあたりに73,000mgと数値でも見ると違いが大きいのがわかりやすいですね。

そしてオリーブオイルは腸内を上手く刺激してぜん動運動を上げる効果もあります。ぜん動運動を促す食材は他にももちろんありますが、オリーブオイルは消化されるのが比較的遅い存在なので、他の食材は腸に行きつくまでに消化されてなくなってしまいますが、オリーブオイルは消化されず無事に腸に辿りついてぜん動運動を活発にしてくれるのです。腸のぜん動運動をよくするとなるとマッサージなども有効とされていますが、オリーブオイルなら簡単かつ無理なく身体の内側から腸に働きかけて、お腹の中を綺麗にすることが出来るのです。

リノール酸とオレイン酸が多く含まれている!

オレイン酸の由来はオリーブオイルが由来!健康にもダイエットにも強い味方のこのふたつ!
オレイン酸は酸化されにくいため、老化の原因となる活性酸素にならないのが特徴で、悪玉コレステロールは減らし、善玉コレステロールは減らさないという実験結果もわかっています。そのため、生活習慣病の予防・改善に効果があるとされています。またオレイン酸は水分と仲良くできる乳化作用があり、腸内の水分と結束するので便秘にもいいと先ほどお話ししましたね。便秘はダイエットの敵であり、女性の大敵とも言えます。体内に老廃物が溜まればもちろん肌荒れなども起こします。オレイン酸は皮膚への刺激が少ないので、化粧品の原料によく使われており、人の肌に潤いを与える成分のうち、41%がオレイン酸なのです。不足すると肌荒れやくすみの原因にもなってしまいます。保湿力が高いのと、紫外線を吸収する力がありますが、ニキビを作るアクネ菌のエサにもなるため、ニキビが多い方が摂取を気を付ける必要もあります。

リノール酸とは?人が摂取しなければならない栄養素の一種!血中コレステロールを下げる作用があり、摂り過ぎは肥満や病気(がん・心筋梗塞・アレルギーなど)の原因になってしまうので摂取量には注意が必要です。このリノール酸の特徴は、水分の蒸発を防ぎ、肌を柔らかくする「保湿力」が高いこと!炎症を抑える効果もあるので、ニキビ対策ともなるのです。ここでオレイン酸の最後の文章ではニキビが多い方気を付ける必要があると言っていましたが、リノール酸の含まれる化粧品には、必ずオレイン酸が含まれています。ここからわかることはオレイン酸の弱点をリノール酸が補い、強化しているということなのです。

脳を錯覚させ食べ過ぎを防ぐ

オレイン酸が満腹中枢を刺激する!
オレイン酸の働きは満腹中枢を刺激して食欲を抑えることもできます。オレイン酸が小腸で吸収されるとオレオイルエタノールアミドという物質に変化します。その後1時間程で脳の満腹中枢を刺激し始めるのです。この働きを利用したのがオリーブオイルダイエットの秘訣とも言えるのです。

中性脂肪をつきにくくする

オレイン酸は脂肪燃焼の邪魔をするインスリンを抑える! これにより脂肪を体の中にため込まないことが出来るのです。オレイン酸はさまざまなところでダイエット効果や健康効果・美肌効果などにも関わっているのがわかりますね。

オリーブオイルダイエット方法

オリーブオイルを食間に飲む! 基本的に、食事の前後1時間は飲まないようにしましょう。他に気を付けるポイントとしては、食事の前後1時間は水以外は食べないようにします。そして頭に入れておくのは、「食べて痩せるダイエットではない」ということ!

1日の摂取量を知る

落としたい体重によってオリーブオイルの量も変わる! ちなみにこれを1日3回にわけて飲みましょう。
9kg以下の減量であれば大さじ1.5杯、9~18kgの減量であれば大さじ3杯、18kg以上なら、大さじ3.5杯!自分の減量目標に向けて変えましょう。

飲むタイミングを知る

1日3回を目安に食事と食事の間のイメージ!注意するのは、食事の前後1時間はNG! 要は朝を食べ終えてから2時間ぐらい、おやつ時、夕食2時間前と言った形になります。

オリーブオイルを使ったダイエット レシピ


自分に合ったオリーブオイルを見つけるのがポイント!食欲を抑えたいときは、ピュアオリーブオイルがおすすめ!味や香りが強いものだと、食欲を増進させてしまって高い効果が望めないのです。エクストラヴァージンオリーブオイルより、ピュアオリーブ=精製オリーブオイルとヴァージンオイルをブレンドしたものは香りも味わいも弱くなります。ただ脂肪燃焼にはエクストラヴァージンオリーブオイルがおすすめ!脂肪燃焼効果を持つポリフェノールが多いため、この効果を狙うのであれば、エクストラヴァージンオリーブオイルにしましょう。エクストラヴァージンオリーブオイルとは、酸度が0.8%以下のものになります。酸化防止のために遮光瓶に入って売られているものがおおいでしょう。

イソフラボン効果で女性らしい体になれる納豆オリーブオイル

ナットウキナーゼは血行促進効果があり、この酵素は食後10時間以上も働き続け、美肌効果もばっちり!キムチを入れることで脂肪燃焼効果上がります!おすすめの食べ方としては夕食に納豆にオリーブオイをスプーン1杯だけ入れて付属のたれやお好みでしょうゆなどを入れよくかき混ぜるだけなのです。なんといってもおいしく痩せることもできる魔法の組み合わせ!なぜ夕食か?というと納豆のお腹を綺麗に力に加え、美肌効果を期待できる時間帯が夜!その秘密は成長ホルモン!納豆は成長ホルモンの分泌を促す作用があると言われており、夜の食事にいれることで寝ている間の成長ホルモンの分泌をうながして綺麗な肌を作りあげながら痩せていくことが出来るのです。更に効果を上げるには、納豆を
購入後3日ぐらい冷蔵庫で寝かしておくと発酵が進みナットウキナーゼやビタミンk2が増えると言われています。このことから寝かせて食べた方がダイエット効果をより実感できるということになりますね。そして食べる20分前に冷蔵庫から納豆を出しておくことで、常温になり発酵がより進むのです。

他のトッピングとしては、オクラなどもおすすめ!オクラのネバネバ成分は食物繊維が多く含まれており、整腸作用を促す効果だけでなくコレステロールを排出する作用や便秘を予防する効果も期待できるのです。カリウムが含まれているため、むくみ防止などにも効果的です。

温めて血行も良くなるリーブオイルトマトジュース

トマトジュースのリコピンは体内で体脂肪を増やさない働きがある!この働きの手助けをするのがオリーブオイル!なんと吸収力は4倍にもなる! リコピンは油にとっけだす性質があるので、オリーブオイルとの組み合わせはバッチリですね。ただ適当にどんなトマトジュースでもいいわけではない!大事なのはトマトジュースの質!必ず食塩無添加のものと組み合わせること。分量の目安はトマトジュース200mlとオリーブオイル20gたったこれだけ。それを電子レンジで600wならば1分半ほどチンしてよく混ぜたら完成です。これであれば誰でも出来て簡単ですよね。味としては、トマトスープみたいな味なので、トマトジュースは苦手な人でもおすすめです。

まとめ


気を付けるのは早く効果を出したいがあまりに、飲み過ぎてしまうこと! 油には変わりないので、当然飲み過ぎれば太ってしまうことを忘れないようにしましょう。