ココアの効能とダイエット効果!おすすめ飲み方は?

ココアのイメージは甘くておいしいそんあイメージではないでしょうか?そんなダイエットとは一見無縁そうなココアですが、実はダイエットには向いていたことがわかったのです。どんなココアがいいのか?どんな風に飲むことで痩せるのか?気になるハテナは多いですよね。一緒に解決していきましょう。

ココアでダイエット

甘くておいしいココアでダイエットが出来ると疑う気持ちはわかります。それではココアの主な成分からまず見ていきましょう。

主な成分としては、赤ワインでおなじみの
■ポリフェノール
■食物繊維、
■ココアにしか含まれないアルカノイド
■亜鉛や鉄
■マグネシウム
■ミネラル
など女性には優しい成分がたくさん含まれているのを知っていましたか?なんと古代のマヤ人や16世紀ごろのヨーロッパでは、ココアは薬として利用されていたと言われています。その効用は100以上とも。主に滋養強壮、疲労回復、長寿などに効くとされていたのです。やはりココアの効果はさまざまな面で活躍していたのは間違いなさそうですね。

ただこの時点ではダイエットについてはわかりかねますね。

ダイエット目的のココアの種類は、必ず砂糖を含まないピュアココアになります。このピュアココアにはカカオポリフェノールが含まれており、脂肪燃焼を促進させる効果や、そのほかテオブロミン・リグニンなどのむくみや便秘を改善し、代謝を改善する効果あるものが含まれています。冷え性や便秘がちな人、むくみやすい人に特にいいとされており、薬膳効果として気を昇らせる作用もあります。

段々とココアがダイエットに向いているということがわかってきましたね。さてここからは更に詳しくみていきましょう。

ココアで食欲を抑える

テオブロミンが食べたい気持ちをコントロール!テオブロミンとは、セロトニンという幸せホルモンが出るときに分泌される物質を作り出す成分になります。この成分のすごいところは甘いものを食べたい気持ちやもっとご飯をたくさん食べたいという欲求を抑える効果があるのです。

豆乳割で基礎代謝を上げる

ココアを作るときに牛乳を使うのが主流ですが、ダイエットにおいては豆乳がベスト!豆乳には利尿通便作用があると薬膳では言われています。むくみや便秘解消にも効果があり、血を養う作用もあると言われているため、さ貧血気味な方には積極的に取り入れて欲しい食材でもあります。また豆乳に含まれているサポニンは肥満などにも効果があるともいわれています。また豆乳は多くんたんぱく質を含んでいます。このたんぱく質はエネルギーをたくさん燃やすのに欠かせないのは、筋肉の元になります!筋肉の材料となるたんぱく質を積極的にとることで、基礎代謝があがり痩せ体質に変わります。

気を付けるのは豆乳の量!
豆乳には大豆イソフラボンが多く含まれてういます。この大豆イソフラボンの1日の摂取量の目安は70mg~75mg!200mlの豆乳には大豆イソフラボンがだいたい50mg~60mg含まれているので、それだけならばいいのです。しかし食事の中で豆製品を摂取するのであれば100ml程度に抑えることも必要になります。その理由として大豆イソフラボンは女性ホルモンと似ている働きをもっているので、美容にはもってこいな成分です。しかしたくさん摂り過ぎると生理周期などが乱れることもあるのできちんと毎日量を決めて飲むことが大事なのです。

便秘解消でダイエットに効果的

リグニンがお腹を綺麗にする! 食物繊維であるリグニンは、便秘を改善しながらコレステロールを外に出す働きをもっています。胃や腸で水分を吸収し、腸の蠕動運動を促し、便通を良くする働きも持ち合わせています。ダイエットで食事を減らすと便秘に悩まされる人が多いのですが、ココアにはその心配はありません。

体を暖めて血行促進

温かい飲み物は体にとってはプラスに働く! 体温が上がれば、血液の流れもよくなります。またココアに含まれるテオブロミンは、利尿作用や筋弛緩作用があるので血液循環を良くするとも言われています。冷えやむくみを改善し、余分な水分をためこんでしまうむくみ体質の人にはおすすめなのです。

筋肉にも効果がある

ココアに含まれるエピカテキンには、脂肪燃焼効果があると言われています。また筋肉の成長を阻害する物質のミオスタチンが減る可能性もあると言われています。この効果により、筋トレをしたように筋肉を増強させる効果があると言われtいます。この効果から高年齢者でも、ココアを飲むことで握力などの筋肉の成長因子の量が増えたという実験結果もしっかりあるのです。この効果を高めるためには、夜寝る前に1杯ココアを飲むとより効果的と言われています。これには成長ホルモンが大きく関わっています。成長ホルモンが増えることで、筋トレと同様の効果を期待できるのです。

ポリフェノールで活性酸素を抑制

活性酸素はダイエットの敵!
私たちは日ごろざまざな理由でが原因で活性酸素という物質を体内で作り出しているのです。活性酸素は実はダイエットにはとても邪魔な存在!活性酸素はストレスや紫外線や喫煙などが原因で出来るとされています。この活性酸素がダイエットによくない点でいうと、多くなりすぎてしまうと周りの脂肪を巻き込んでいくという特徴があるのです!活性酸素が増えると、体内の脂肪が酸化されて、有害な過酸化脂質となり、それだけにとどまらず、血液中のLDLコレステロールが酸化されると、悪玉コレステロールとなってしまうのです。ダイエットにおいては出てきてほしくない存在というのがわかりましたね。そこでこの活性酸素を倒すのがポリフェノール!
ポリフェノールはストレスホルモンを増えるのを抑えてくれたり、LDLコレステロールの酸化を防ぐ働きがあり、血液の流れをよくする力やに血管をしなやかにする作用があると言われています。血の巡りがよくなると、生活習慣病の予防にもなります。血流が良くなることで新鮮な血液が体の中を駆け巡り、そうするとむくみが取れたり、冷え性は改善されます。冷え性が改善されると体は温まり基礎代謝も上がるのです。基礎代謝を上げることはダイエットの近道でもあり、体温が1度上がると基礎代謝の代謝率が12~15%もよくなるのです。また血流がよくなれば脂肪分解の機能がよくなるとも言われていいます。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはすごい力をももっているのです。

ココアの飲み方のポイント


一般的な砂糖が含まれている甘い調整ココアはダイエットには向いておらず、無糖の純ココアやピュアココアを選びましょう。ココアダイエットのやり方はとても簡単なのです!朝食と夕食の前に純ココアをコップ1杯約200㎖飲むだけ。

ちなみに朝起きたばかりに飲むメリットとしては、朝は体温が低く体の動きも鈍い状態です。ココアはそんな体を温めてくれるます。ココアで身体を温める作用は持続性があり、血管を拡張させる働きがあるので、朝に飲むことで1日中その効果を実感していられるのです。

ココアダイエットは、ココアだけを飲んで過ごすなどの置換えダイエットや食事制限ダイエットではないので、いつも通りの食事を摂りながらココアを飲んで、食欲を抑え、脂肪を燃焼させていく健康的なダイエットなのです。

砂糖は入れない


甘いココアがどうしても飲みたくなってしまったらどうすればいいか?もちろん我慢も必要ですが、お砂糖ではなく蜂蜜を入れてみましょう。薬膳で蜂蜜は、体を潤す作用があります。この効果によりお通じを良くする作用もあるのでココアの効果を更に上げることもできますね。ただ飲み方次第でカロリーが大きく変わるのことをしっかり頭に入れておきましょう。毎日甘いココアを飲んでいては意味がないのです。

飲む量に気を付ける

1日2杯まで!
純ココアは薬ではないので、飲む量が決まっている訳ではないのです。しかしたくさん飲んだからと言って効果が高まるという訳でもありません。管理栄養士の先生によればカカオポリフェノールの1日の摂取量は200mg~500mgと言われています。純ココアであれば1杯に約カカオポリフェノール200mgは入っているので、1日に2杯で十分ということになるのです。他にチョコレートなどのカカオポリフェノールを取る場合は純ココアは1杯にして調整しましょう。ちなみに飲むタイミングはお腹が空いたときでも大丈夫!要は間食を純ココアに置き換えてみたり、食事の前に飲むことで食事の量を減らしたりと、摂取カロリーのカットが目標なのです。ちなみによるの夜食がやめられない人には特におすすめ!純ココアのデオブロミン効果により純ココアを飲めば空腹感もまぎれた上にリラックスして眠りにつくことが出来ます。

※1日2杯まで

ココアで空腹を満たす

栄養があるのに低カロリー!ですが飲み過ぎてしまえば意味がない! 当たり前ですが、いくら低カロリーとは1日に好きなだけ飲んでしまえ意味がありません。ちなみにピュアココアのカロリーは約18Cal!ここに豆乳を200ml加えたとすると50Cal前後になるので、1杯68cal前後ですね。さてこれを10杯飲んだら?680calととてつもないカロリーになります。きちんと1杯当たりのカロリーを知ると飲み過ぎも防止できますね。

ダイエットにおいて辛いのがお腹が空くことですよね?それを我慢するのはどうでしょう?ダイエットとして続けていくことは難しくありませんか?お腹が空いたときに飲めるというこの我慢の少なさはダイエットにおいて大事なポイントなのです。我慢をすることはいつか爆発するときがきてしまいますが、我慢することがなければ、ダイエットは決して失敗することはないのです。

まとめ


ココアダイエットとは今の生活の中に純ココアを取り入れるだけ!
ココアは気持ちを落ち着かせる効果に合わせて食欲を抑える効果も期待できますね。 なにかを減らすだイエットは辛いことや我慢がありますが、純ココアを飲むこれを足すだけで痩せられるとなればはじめない手はありませんよね。