実はカロリーが低い?ポップコーンがダイエットに適している理由

ポップコーンと言えば?遊園地や映画館で出てくるイメージが強く、とてもダイエットとはかけ離れや存在のように思えますよね。実はこのポップ―コーンただのお菓子として終わるのはもったいないのです。どのようにダイエットに取り入れていくか?効果はどんなものか?ポップコーンダイエットのハテナを一緒に解決していきましょう。

ポップコーンダイエットの効果


アメリカで人気のダイエット・スナックと言うとなんとポップコーンになります。ジャンクフードの部類に属するのではないか?と思うポップコーンですが、実はバターと塩を控えめにすることで、低カロリーで、食物繊維が豊富なダイエットの強い味方と言われているのです、最米国化学会の学会で発表された研究によってもポップコーンのすごさは立証されています。その効果とは抗酸化作用が高いポリフェノールが果物や野菜よりも多く含まれていること!特にポップコーンの殻にはポリフェノールと食物繊維がぎっちしりつまっているということがわかったのです。この研究を発表したペンシルバニア州スクラントン大学のジョー・ビンソン博士の言葉の中にポップコーンの殻は金だ!とも言っているほど、ポップコーンの栄養価についてアメリカでは調べられているようです。 アメリカでは、全粒穀物は高血圧や動脈硬化、肥満などの生活習慣病の予防・改善に良いと多くの専門家がおすすめしています。これにより、全粒穀物は健康にいいと言う意識をもっている方が多いのです。そのためホールグレイン(全粒穀物)と書かれた食品はとても人気があるのです。ポップコーンは加工されていない100%全粒穀物なのでスナックの中ではとても優秀な存在なのです。これらの効果からあのマドンナもダイエットするために用いられたダイエット方にもなるのです。

さてポップコーンの具体的な効果をしっかりみていきましょう。

低カロリーなのに満腹感を感じられる

ダイエットで1番辛い空腹感を感じることがない! ポップコーンはおなかの中でかさばるので、満腹感をしっかりと感じることが出来ます。豆を丸ごと使うので、意外と腹持ちも良いのもダイエットにはもってこいな特徴ですね。例えばご飯の前に少しつまんでおくことで、食事の量が抑えられ摂取カロリーを減らすことができます。またおやつとしても、普通のケーキやクッキーなどに比べて、お砂糖や小麦粉も使っていないので、糖質も低く低カロリーなのです。さらにダイエット中に起きやすいイライラ感もカルシウムやカルウムのおかげで軽減されて。ノンストレスでダイエットを進めることが出来るのです。

豊富な食物繊維で便秘解消

ポップコーンの食物繊維はなんとレタスの4倍!
ポップコーンダイエットで多くの方が実感したのが便秘の解消!これのポップコーンの豊富な食物繊維のおかげです。その量がすごいのはわかりましたね。またそれだけではないのがポップコーンが大ウエットに向いていると言われているところ!ポップコーンは穀物を丸ごと食べる、ホールグレイン(全粒穀物)と言いましたよね?この穀物の丸ごと食べるいわば日本で言えば玄米と考えるとわかりやすいかと思いますが、栄養豊富な胚芽部分がそのまま残っているのでポリフェノールがたっぷり含まれているのです。ポリフェノールの働きとして腸内環境を良くして、さらに身体のサビといわれる活性酸素を取り除くことができます。これにより抵抗力も向上し。生活習慣病を改善しながら、ダイエットできる魔法のような存在です。ポップコーンに含まれている食物繊維のほとんどは不溶性食物繊維であり、腸の動きを活発にさせて便通をよくしてします。しかし、不溶性食物繊維のとりすぎは便が固くなる特徴もあるので、ポップコーンを食べるときには水分を多めにとることが必須条件ですね。映画館でポップコーンが飲み物とセットで販売されているのにはきちんと意味があったのです。

ポップコーンダイエットのポイントと注意点


ポップコーンであればなんでもいい訳ではありません。キャラメルポップコーンなどの甘いフレーバーはさすがにポップコーンでも高カロリー!甘いポップコーンは脂肪や糖分の取りすぎになってしまうため当然太ります。ポップコーンをダイエットに活用するためには、コツがあるのです!そのコツをきちんと理解することがポップコーンダイエットを成功に導くことが出来ます。

ただ頭に入れておくこととして、ポップコーンがダイエットにいくらいいと言っても、野菜や果物のようにビタミンやミネラルなどの栄養素は含まれていません。
ポップコーンを食事の代わりとして摂取しては体にとって必要な栄養素が足りなくなってしまいます。ポップコーンは低カロリーのわりには高エネルギーです。豊富な食物繊維により空腹感も満たしてくれるのはいいところですが、空腹時のスナックとして取り入れのるのが長い目でみていくといいことになります。きちんとそれをわかった上でポップコーンダイエットに取り組んでくださいね。

間食をすべてポップコーンにする

ポップコーンダイエットで1番効果が高いのが間食に取り入れること! 満腹感が得られて食欲が抑えられます。そうなると自然と食事の量が減ります。間にポップコーンを食べることでお腹にご飯が入りずらい状況になり、摂取カロリーを減らしてくれるのです。

味付けの濃いものは避ける

電子レンジ調理のポップコーンと油と甘いフレーバーはNG!電子レンジで作るポップコーンはものすごい油が使われていることが多く、安価なものだとそもそも使われているトウモロコシが悪いなどダイエット向きではないことがよくあります。安いし便利ではありますが、できるだけ避けましょう。また当然ですがチョコレートやキャラメル味もNG!できるだけ油を使わない、白いポップコーンを好きに味付けして食べる、というのを基本的なルールだと頭にいれておきましょう。そしてやりがちなのがおいしあまりに食べ過ぎでしまうこと。これも当然太る原因になります。お腹がいっぱいだと感じたらすぐに手を止めることとダラダラ食べるのはよくないので、1回に食べる分だけをお皿に出しましょう。ちなみにおすすめは手作りのポップコーンが1番になります。

手作りのポップコーンでカロリーを抑え、食べ過ぎに気を付ける

手作りであればカロリーオフと好きな味つけも出来る!
まずは基本のポップコーンの作り方!
■材料
ポップコーン用コーン1/3カップ、オイル(アーモンド油やピーナッツ油など)適量、塩適量
■作り方
フライパンを中火にかけてうすくオイルを引きましょう。次にポップコーン用コーンをフライパンに平らに並べて蓋をしましょう。ポンポンと音がしだしたら時々フライパンをゆすります。音がしなくなったら出来上がりです

ここからどうしても甘いポップコーンが食べたくなったら??
「チョコレート風ポップコーン」
■材料
ココナッツオイル大さじ、はちみつ(またはメープルシロップ)大1~お好みで、ココア小さじ1
■作り方
ココナッツオイルを湯せんにかけるか小鍋で温めて溶かしましょう。はちみつとココアを加えてよく混ぜておき、ポップコーンの上からとろ~っとかければ、味気なかったポップコーンもあっという間にチョコレート風のフレーバーに大変身になります。

その他にもお好みで塩の他に、コショウや唐辛子などで味付けをすると代謝アップ効果も繋がるので、味に変化をつけたい場合ぜひお試しくださいね。その中で簡単に味を変えられるものの中に、おむすびに混ぜるゆかりや、市販のふりかけ、青のり、シーズニングスパイスなど、意外なものがポップコーンに応用可能でもあります。ガーリックと少量のお醤油を熱いうちにまぶしてもとてもおいしいポップコーンが出来上がります。ただおいしいというのは危険もつきものなので、基本はプレーンを食べるようにしましょう。

30回以上噛むように意識して食べる

噛むことは頭から満たされる! 噛むダイエットがあるほど、噛むことはダイエットに直結します。少ない量でもお腹を満たすにはよく噛むことが1番!少ない量でも満足感を感じて食べ過ぎを防ぐことができるのです。これは噛む回数を増やすことで満腹中枢を刺激して、脳を満腹状態だと感じさせることがポイントなのです。実際に研究でわかったことはよく噛むと唾液の分泌がよくなって、食べ物を早急に糖へと分解するよになります。分解された糖は血液に吸収されて、血糖値を上げるために通常よりも早く、満腹中枢に刺激を送ると言われtいます。これからわかることはよく噛むとそれだけ早くお腹いっぱいになれるということ!またよく噛むことで食事のときに使われるエネルギー=食事誘発性体熱生産が上がるとも言われています。私たちは基礎代謝の他にも食べることによりカロリーを減らしているのです。なんと人が1日に消費するエネルギーの10%近くがこれによるものと言われています。よく噛んで食べることで、この時の消費エネルギー量を増やすことができで、それがダイエットに繋がるという仕組みなのです。人間の1日の消費カロリーは、男性で2500cal、女性で2000calとされています。これの10パーセントと言えば、なんと200cal前後も食事で消費されていることになるのです。

烏龍茶と一緒に食べると効果的

ポップコーンダイエットの大事な要は水分を一緒にとること! ここでただの水ではなく烏龍茶にすることがポイント!烏龍茶は中国から伝わるお茶の一種で、中国茶の中でも青茶に分類されており、茶葉を発酵させる途中で熱を加えることにより発酵を止めた「半発酵茶」になります。烏龍茶に使われている茶葉は、カメリアシネンシスというツバキ科の樹から採られたものになります。この茶葉を乾燥させたり発酵させたりすることにより紅茶にも緑茶にもなるのです。カメリアシネンシスにはカテキン・ポリフェノールがたっぷり含まれています。このカテキンには糖分の吸収速度をゆっくりにする効果やポリフェノールには体内の不要なものを外に出す効果があります。なにより烏龍茶はどれだけ飲んでも0Kcalなのですが、1杯飲むと約40Kcalのエネルギーを燃焼する効果が確認されておりポップコーンダイエットと合わせて行うことでさらなる効果が生まれるのです。

まとめ


手作りポップコーンで、さまざな工夫をしてダイエットを楽しみながら痩せていく方法をあなたも試してみませんか??