ブロッコリーのダイエット効果と注意点!

ブロッコリーと言えばどんなイメージをもっていますか??ブロッコリーは実はダイエットに向いていた?そのハテナ一緒に解決しましょう。

ブロッコリーの ダイエット効果

ブロッコリーの別名を知っていますか??なんと 「栄養という宝石でできた冠」と言われています。このすごいい別名の理由として栄養成分が豊富な野菜として世界で高く評価されているため!
ブロッコリーの栄養面で他の野菜と比べてみると、カロテンはトマトの1.5倍、ビタミンCはレモンの2倍、ビタミンBは人参の5倍、食物繊維はキャベツの2.5倍などさまざなま野菜よりもたくさんの栄養素がぎっしり詰まっているのがわかりますね。さらにミネラルも盛り沢山と言われ、「栄養成分がばっちりの野菜の王様」と言えるのがわかりますね。

そんなブロッコリー栄養素が多いのはわかりましたがダイエットには一体どんな働きをしているのか?意外と知らない方も多いかと思います。それぞれ詳しくみていきましょう。

クロムで脂肪燃焼

ブロッコリー1株には、クロムが約30mcg(マイクログラム)含まれている!ブロッコリーに多く含まれるクロムというミネラルの働きは、脂肪を燃焼させる作用が大きいと言われています。それだけではなく脂質の代謝=脂質をエネルギーとして燃やすことに欠かせないビタミンB2も多く含まれているので、脂肪を体内に溜め込まないのがブロッコリーの特徴になります。

さてクロムとは、一体なんなのか気になりすよね?これは体の代謝に関わる重要なミネラルの1つと言われています。1975年に食品に含まれるクロムがインスリンの働きを助ける作用があるということがいうことが解明され、それ以来クロムの特徴とも言える血糖値を安定させ、ダイエットや糖尿病を改善する効果が注目されているのです。ブロッコリーに多く含まれる豊富なクロムは、あらゆる代謝に欠かせない必須ミネラル成分でありながら、脂肪の燃焼を促す働きも担っているのです。ダイエットには強い味方であるとも言えますね。

カリウムでむくみをとる

むくみはダイエットにおいて、マイナスになる! むくみを解消するために必要なものはカリウム!現代社会の食生活の傾向としてナトリウム=塩分のとり過ぎが目立つと言われてます。私たちの体はよく出来ているのがわかるのが、このむくみの原因です。体は一定の塩分濃度を保とうとしていますが、塩分が増えてしまうことでその濃度を下げようと体に水分をため込むやすくなるのです。これがむくみの原因です。ですがこの発端は味の濃い物などを自分が食べてしまったせいでもあるのです。むくみはなぜダイエットの邪魔になるか?というとむくみことで体の血液の流れが悪くなります。そうなると老廃物がたまり、そこで老廃物が脂肪などとくっつきセルライトなどになってしまうと言われているのです。むくみは見た目だけの問題ではなく体全体に影響があるのです。

食物繊維で便秘解消

キャベツの2.5倍もの食物繊維により便秘がよくなる! ブロッコリーに多いとされている不溶性食物繊維の働きは腸内で数十倍に水分を吸収してカサを増します。それにより腸のぜん動運動が促されて、お通じをよくなるのです。 ブロッコリーに含まれる食物繊維は100gあたり4.4gになります。ダイエットにおいて便秘に悩まされる人が多くますが、ブロッコリーダイエットは便通を整えながら健康的に痩せていくことが出来るのです。

スルフォラファンとグルコラファニンで体内をデトックス

スルフォラファンは肝臓の機能を向上させる!
スルフォラファンには、体重の増加が抑えられ、内臓脂肪量が減少するといった生活習慣病予防につなはるという研究データがあります。効果はそれだけではなく、脂肪細胞に働きかけることによって、消費カロリーを増やし、脂肪燃焼を効率よくする効果や、腸内の悪玉菌増加を防ぐことで、脂肪肝や血糖値の上昇を抑える効果まであるとも言われています。
グルコラファニンとは人の体内でスルフォラファンに変化すると言われています。ブロッコリーおよびカリフラワーふを含むアブラナ科野菜の3日齢の芽は、成長した植物よりも10~100倍高い濃度のグルコラファニンを含むと言われています。グルコラファファインおよびスルフォラファンのレベルは、ブロッコリーの芽が1番多いのです。

ブロッコリーダイエットレシピ


ブロッコリーがダイエットにとっても、とてもいい食材であるのはわかりましたね。ここからは実際にどんなふうに食べることで更にブロッコリーのダイエット効果をあげられるのかみていきましょう。
ブロッコリーはさまざまな料理に使いやすいので、アレンジもたくさんできて飽きにくい食材でもあるのです!さてそんなブロッコリーのアレンジ方法をみていきましょう。

高タンパク質低カロリーなブロッコリーとササミのサラダ

ダイエットで気を付けるべき、高カロリー・高脂質!その真逆の存在がささみ! 脂質を肉類で比べててみるとその差は歴然!牛カルビの脂質はは100gあたり30gに対してささみにいたっては脂質は1gなのでなんと1/30ということ!豚肉で比べてみても豚バラ100gあたり脂質は34.6g、ささみの低脂肪がどんなものかわかりますね。そんな低脂質のささみはダイエットにも強い味方になってくれます。

ごまで美容効果も期待できるブロッコリーの胡麻和え

すったごまは抗酸化物質が豊富!抗酸化物質のビタミンE、中性脂肪やコレステロールを減らす不飽和脂肪酸、解毒作用のあるセレンなどの栄養素が入っています。そのほかにも便秘を予防する食物繊維やストレスを防止するトリプトファン、貧血を予防する鉄分などが多く含まれているごま!ダイエット中に不足しがちなこれらの栄養素をしっかり補充し、ダイエット効果を更に高めてくれるのです。

イソフラボン効果が嬉しい豆腐ブロッコリー

低糖質で低脂質! 豆腐に含まれる大豆イソフラボンは女性のホルモンと似た働きをするので、ダイエットにおいても女性らしいボディいラインを保つにはもってこいの食材なのです。また体脂肪の燃焼効率もよくなる作用もあるのです。豆腐のいいところは、お腹もいっぱいになるのに低カロリーなところもダイエットにはばっちりの食材ですよね。

食物繊維がとれるエリンギとブロッコリーのシチュー

脂肪の吸収を抑える効果があるエリンギ! カロリーも100gでなんと23calろ低カロリーの食材でもあり、食物繊維はきのこの中で群を抜いています。これと同等の食物繊維はきのこ類では松茸と言われていますが、コスト的にも簡単に使える食材ではないですよね。エリンギのダイエット効果は中性脂肪の吸収を阻止してくれる働きがあります。この秘密はエリンギに含まれるリパーゼのおかげ!中性脂肪は小腸内でリパーゼによって分解され体内に吸収されるのですが、それを阻止し体の外にそのまま中性脂肪を排出してくれるのです。

ブロッコリーダイエットの注意点


ブロッコリーダイエットのやり方はとても簡単!毎日の食事に、ブロッコリーを取り入れるだけなのですが、
■ブロッコリーの1日の摂取量の目安は、100g程度
■調味料などの油に気を付ける
■まずブロッコリーから食べる

これらを気を付けることが必要です。

ブロッコリーは1株の目安300g~400gぐらなので、だいたい4分の1を目安に食事にぜひ加えてみましょう。食べるタイミングとしては、食前に摂るのがおすすめ!これは満腹感が得られて食事量を自然と減らすことが出来るためです。食べる順番ダイエットなどでも紹介されていますが食物繊維を先に腸内に入れることで、その後に入ってくる糖質(炭水化物)の吸収を抑えることが出来るのです。順番としては、野菜や海藻えを食べ、次におかずを摂り、最後に主食を摂るというイメージになります。またブロッコリーの茎も捨てずに食べるようにしましょう。茎にはは食物繊維ほか、かさまざまな栄養も詰まっています。こちらも一緒に食べることでブロッコリーのダイエットはより効果が上がります。

ここからは気を付けるポイントを詳しくみていきましょう。

マヨネーズは極力使用しない

マヨネーズのカロリーはとても高い!大さじ1杯で81kcalにもなる! ブロッコリーにはマヨネーズという方も多いかと思いますが、正直マヨネーズを割と多くかけがちになってしまいます。そうなるとブロッコリーの低カロリーというダイエットのメリットが消えてしまうのです。

ブロッコリーはレンジでチンか蒸す!

栄養を飛ばさない加熱調理は蒸すことが基本です。お鍋で蒸すのもOK!電子レンジで蒸し焼きにするの栄養分は逃げません。アルミホイルで蒸し焼きにするのもいいでしょう。とにかく加熱調理を行うのであれば蒸すことが基本です。

ブロッコリーの食べすぎに注意する

なぜ100g程度なのか??
ブロッコリーは1日100gを目安と言われている理由が、食べ過ぎると、体臭の原因になる可能性があるのです!ブロッコリーに含まれるコリンという成分が臭いの元となり、ブロッコリーを大量に摂ると、コリンが体内分解されず臭い物質が溜まり、呼吸や汗と一緒に体外へ放出され臭いを放ってしまうのです。そしてブロッコリーに含まれるゴイトロゲンは、大量摂取すると「甲状腺機能低下症」を引き起こす可能性もあると言われています。もちろん個人差はありますが、1日100g程度でしたら特に問題はないとされています。なんでも適度が大事なのです。たくさん食べてからすぐに痩せるなんてうまい話はありません。もし体臭が気になったり、倦怠感を感じた場合は、ブロッコリーの摂取を一度やめて様子をみてみましょう。

まとめ


ブロッコリーダイエットについてわかりましたか? これであなたもブロッコリーを上手に使い、理想の体型に近づく準備は出来ましたね。実際にはじめるにあたっては、必ず摂取量や注意点を守って効率よく痩せていきましょう。