魚肉ソーセージはダイエットに向いているの?ダイエット時の取り入れ方は?

おやつや炒め物などに使う魚肉ソーセージ!魚肉ソーセージとは魚のすり身をソーセージに似せた加工食品!別名フィッシュソーセージとも呼ばれています。さて魚肉ソーセージはどうしてダイエットに向いているのか検証していきましょう。

魚肉ソーセージの特徴を知る

比較的低カロリーなところはダイエットに向いている!ですが、たんぱく質やカルシウムが豊富!!

ダイエット中に控えてしまいがちなのがお肉類!だって食べたら太りそうと思うとどうしても手が伸びなくなりますよね。しかしお肉などを食べない場合、よほど意識して大豆製品やお魚などを食べないとたんぱく質が不足状態になりやすいのをご存知ですか?ダイエットにおいてたんぱく質がまず必要なことをご存知ですか?

実はダイエットにはたんぱく質は必要不可欠な存在!不足すれば筋肉が減ってしまい、代謝が悪くなって太りやすい体質になるのです。ダイエット中であれば積極的にとって欲しい栄養素とも言えるのです。

魚肉ソーセージの一本あたりのカロリー

メーカなどにもよりますが
二ッスイのおさかなのソーセージは1本(75g)のカロリーは129kcalで、マルハニチロのフィッシュソーセージは1本(75g)、174kcalとばらつきがあります。だいたいの平均は1本90gあたり約150cal前後!

他の食品と比べると、ご飯は100gあたり168cal、食パン100gあたり200cal、ウィンナー100g当たり321calカロリーは魚肉ソーセージは低いことがわかります。

魚肉ソーセージに含まれる糖質量

魚肉ソーセージの糖質量は100gあたり12.6g! 意外と糖質量が高いのです!魚が主原料ではあるもの、魚肉ソーセージの原材料の中で糖質が多い材料が、デンプンと砂糖!何のデンプンが使われているかは不明なものがおおいですが、小麦デンプン100g当たりの糖質量は約85gです。白砂糖は99.2%が糖質量になるので、糖質量が高くなってしまうのはわかりますね。ちなみにソーセージ繋がりで見ると、豚肉のソーセージは糖質量が100gあたり3gと魚肉ソーセージに比べると、かなり低いのがわかりますね。

でも実際にご飯やお菓子などの糖質量と比べてみると、どうでしょう?
ご飯は100gあたり36g、食パンであれば100gあたり43g、ケーキは100gあたり50gと魚肉ソーセージと比べるとかなり高い数字になっています。

カルシウムやDHAなど不足しがちな栄養が含まれる

カルシウムを豊富に含む!ニッスイのおさかなソーセージには本品1本分のカルシウム含有量は375mg!1日あたりの栄養素等表示基準値に占める割合の半分にあたるのです。先ほど少しお話ししましたが、ダイエット中に減りやすいと言われているたんぱく質も多く含みます。たんぱく質は基礎代謝を上げるためには必要不可欠な存在なので、魚肉ソーセージにはしっかりたんぱく質が含まれます。

ダイエット中に不足

カルシウム不足は太りやすくなる! カルシウムが不足すると、基礎大佐が下がると言われています。ここに関係しているのがカルシウムはホルモンバランスの調整役であるということ!ホルモンバランスが崩れてしまうと、自律神経が正常に働かなくなります。そうなると体への影響としては体温調節などがうまくいかずに、体が冷えてしまうことになるのです。体が冷えるともちろん基礎代謝は下がります。それにより太りやすい体になってしまうのです。また脂肪を貯め込みやすくなったり、暴飲暴食に走りやすくなったり、カルシウムが足りないとなるといいことはないのです。

魚肉ソーセージはダイエットに向いているかを考える


ダイエットとして取り入れるのであれば
おやつの変わりに使うのがおすすめ! カロリー面や糖質面でも見ても、食事の変わりというよりはおやつがもってこいのポジションになります。

甘いおやつの代わりにするなら向いている

普通の間食のカロリー目安は200cal!魚肉ソーセージであれば約150cal前後済む!今まで、ケーキやポテチなどの高カロリーなものを食べてしまっていた人には効果的と言えるでしょう。

値段が手ごろで毎日続けやすいのもメリット

ダイエットは簡単であるのが1番! なぜ簡単がいいのか?と思いますが、魚肉ソーセージを食べて1日で痩せられますか?ここです!1日では痩せられない=続けることが必要となったときにどんなことが大事か?毎日続けてもお財布事情に響かないか!そして辛くないか!これがクリアできればOkなのです。要はダイエットは継続できるものが大事なのです。

中性脂肪を下げる効果があり体質改善に繋がる

魚肉ソーセージにはDHA/EPAを配合した商品が多い! 青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)の効果は、血流がよくなったり、脂肪燃焼効果が上がるなど、ダイエットにおいては強い味方とも言われています。またDHA/EPAには中性脂肪を下げる効果があると言われています。大人の1日の必要量はDHAとEPAを合わせて1グラム(1,000mg)が、目安です。魚肉ソーセージにはトクホ製品などもあり、1日のDHA/EPA必要摂取量を超えるものもあるのです。これらにより体質改善をすることでリバウンドしにくくい痩せやすい体質になれるのです。

食事の代わりにするダイエットには向かない

食事に置き換えると食べたという満腹感を感じにくいのでおすすめできない!ダイエットにおいて辛いのは空腹感!それを感じやすいのがこの魚肉ソーセージのデメリット!ですが、お肉などの変わりに魚肉ソーセージを使うのはおすすめです。カロリーを抑えつつも、たんぱく質やカルシウムをしっかり取ることが出来ます。野菜炒めのお肉を置き換えたり、スープの中のウィンナーを置き換えたりするのもおすすめです。またお肉などと違いそのままで食べれるので、料理時間が短縮できるメリットも嬉しいですよね。

魚肉ソーセージでダイエットする時の注意点


魚肉ソーセージダイエットの落とし穴はここ!知らないと逆に太ってしまうなんてこともあるので、しっかり見ていきましょう。

食べ過ぎはダイエットに逆効果

意外とやってしまいがちなのが、2本3本と食べ過ぎてしまうこと!カロリーは低くないと話しましたよね?そうなると2本食べれば300cal=ご飯1膳分ものカロリーになってしまいます。必ず1本でおしまいに出来ないと太ってしまうという最悪な結果にもなりかねません。

アレンジする際のレシピに気を付ける

塩分のとり過ぎにや油に気を付ける!アレンジする際に1番気を付けるのは、塩分量!塩が多くなってしまうと体は水分で体の中の水分量を調整しようと働きます。それによりむくみやすくなるのです。このむくみが怖いのは代謝も落ちてしまうこと!これにより食べた物が脂肪として蓄えやすくなってしまうのです。また味が濃いとついついご飯がすすみやすくなります。そうなると、気が付くと魚肉ソーセージ以外のものをたくさん食べてしまったなんてことにもなりかねないのです。

まとめ


魚肉ソーセージはおやつに上手く使うことで、摂取カロリーを減らしながら、ダイエットに必要な栄養素を補給する! コスト面でも手に入りやすい魚肉ソーセージはどこのスーパーでも売っているので、すぐに手軽に取り入れやすくいのも魅力ですね。さてあなたも今日からはじめてみませんか?