トマトスープで効率的にダイエット!おいしいスープの秘密とは

トマトスープでダイエットになるの?これはいわゆる脂肪燃焼スープ!この脂肪燃焼スープの具材にはちゃんとそれぞれダイエット効果がある!きちんと知って効率よく痩せていきましょう。

トマトスープダイエットの効果

この脂肪燃焼スープとも言えるトマトスープを飲むことで、体の中を綺麗にして臓器の働きをリセットし、代謝を上げるのが目的なのです。体の中を綺麗にして効率よく痩せると捉えるとわかりやすいかと思います。さて具材の特徴を見ていきましょう。

トマトで脂肪の消化を助ける

ビタミンやミネラルが豊富なトマトは成長ホルモンをたくさん分泌させる効果!成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。成長ホルモンは脂肪を燃やす効果があるためダイエットの際によく出てくるワードなのです。それに加え筋肉を増やしたり成長させる効果もあるので基礎代謝の向上も期待できます。トマトを取り入れることで、成長ホルモンによってラクトゲン容体が刺激されバストアップにもなると言われいるので、女性には嬉しい効果ですよね。

ここでカロリーをご紹介!トマトMサイズ1個のカロリーは165gで31cal!100gあたりは19cal! トマト1個のカロリーを運動で換算すると、ジョギング7分分の消費カロリーになります。

セロリでエネルギー代謝の改善を試みる


セロリにはカリウムが豊富に含まれている! カリウムは体内の塩分調整などを行う働きをもっています。これにより余分な水分を体外へスムーズに排出させ、むくみを解消するには必要な存在なのです。それだけではなく血圧の上昇も防ぐ効果もあります。体の毒素を外に出す力を持つセロリ!喫煙や飲酒などでたまる一酸化炭素を体外へ排出させる効果があり、そのほかの有害物質についても有効と言われてます。カリウムを取ることむくみが解消され、血のめぐりが良くなり、脂肪燃焼効率もぐんとあがります。老廃物がないとなると効率よく痩せられる体に近づくということなのです。これによりセロリに含まれるカリウムの摂取=脂肪燃焼効率が上がると言われている理由になります。

玉ねぎで血液をさらさらにする


玉ねぎに含まれる硫化プロピルが加熱調理などで変化して出来るトリスルフィドやセパエンがポイント!これらは中性脂肪やコレステロール値を下げる働きがあります。また玉ねぎの臭いの元とも言えるアリシンは血管を広げる効果もあります。血管が広がれば血の巡りはよくなり、それにより基礎体温もあがるのです!これにより代謝がよくなり、消費カロリーも増えるのでダイエットには強い味方とも言えます。玉ねぎのカロリーは100gあたり37kcal! 1玉は200gなので74calになります。ちなみに玉ねぎの栄養が豊富と言われているのが皮!脂肪燃焼効果の高いケルセチンは玉ねぎの実と比べると、皮の部分になんと27倍含まれています。皮の部分はそのまま食べる訳にはいかないので、粉末にしたり刻んだりしてスープにいれるのもおすすめです。

ピーマンで老化予防


ビタミンCとPがポイント!
ビタミンCと言えばレモン!ですがレモン果汁100ccに含まれるビタミンCは約50mgに対してピーマン100gに含まれるビタミンCは約80mg!ピーマンにはレモン以上のビタミンCが入っているのです。
ビタミンCの働きでメラニン色素を作ることを抑え、紫外線に当たっても炎症、シミといった肌へのダメージを防御、改善をすることができるのです。そしてコラーゲンは美肌には欠かせない存在!そのコラーゲンの合成に必要なのがビタミンCなのです。

コラーゲンの合成を活発にし、新陳代謝を高めるので肌のターンオーバーをスムーズにし肌のキメもよくなります。そしてここでビタミンPのいいところがビタミンCを熱から守り加熱しても壊れないようにするのです。ビタミンPこそがピーマンを食べて美肌、美容効果が期待できる要因とも言えます。毛細血管は血官から運ばれる栄養や酸素を各臓器の組織に送る役目をはたしています。ここで大事なのは毛細血管の壁に適度な透過性がないと。うまく栄養や酸素はスムーズがいきわたらないのです。逆に透過性が良すぎると、毛細血管自体が弱くなりウイルスを組織にまで送り込んでしまうことや、皮膚内で出血することになってしまいます。透過性が悪いと浮腫といった原因にもなります。ビタミンPは毛細血管の透過性のバランスを取り、毛細血管を丈夫に強くする役割をもっているのです。

ビタミンPは複数の物質で出来ており、ルチン・ヘスペリジンというポリフェノールなどが含まれます。ポリフェノールといえば強力な抗酸化作用が特徴であり、抗酸化作用は現代にはなくてはならないものになります。生活習慣病や美容効果まで得られ、アンチエイジングとして活性酸素を除去し、体の酸化を防ぐ効果もあるのです。

キャベツで免疫力を高める


キャベツにはアメリカによる癌の予防になる食材実験の中で重要度の高い食材に認定された!ここでキャベツは免疫力を上げて、活性酸素を消去することができて発がん性物質を解読する効果が期待できる食材と言われているのです。

またキャベツに含まれるビタミンUはお腹の健康にもいいとされていますが、他にも肝機能を活性化する働きがあり、たんぱく質、糖質、脂質の代謝を高める働きがあるとも言われています。これにより、肥満や脂肪感を改善させ痩せやすい身体を作れるのです。
キャベツのカロリーは キャベツは100gで23Kcal!/span>1玉だいたい1㎏で230calと言われれています。ごはんと比べると、キャベツ1個と白米が150g前後が同じカロリーになります。白米の1膳はすぐ食べれてしまいますが、キャベツを1個食べるとなるととてもカサがあるで食べごたえもバッチリですね。

ここでトマトスープには向いていない=太りやすい野菜があるのを知っていますか??野菜はヘルシーなものがほとどなのです。ですがいくつか注意が必要な野菜があります!それが糖質の多い野菜になります。糖質とは基本的に炭水化物などに多く含まれていて、体の中でエネルギーになるのは1番はじめのもの。エネルギーになりやすいのはいいことなのですが。これが多いと脂質をエネルギーにするまでにたどり着かないので、結果的に痩せないということが起きるのです。さてここから糖質の多い野菜を具体的にみてみると

かぼちゃ100gあたり糖質が17.2g
じゃがいも100gあたり糖質が16.3g
とうもろこし100gあたり糖質が15.5g
れんこん100gあたり糖質が13.8g

スープにいれることの多いキャベツは100gあたり3.4g、しめじ100gあたり3.7gとこう見ると、かぼちゃなどが糖質が高い食材というのがわかります。文部科学省の食品データベースから見ると
カロリーが低い野菜は、葉物の緑の野菜が多く、逆にカロリーが高い野菜は甘味が強い芋類100gで比較するとチンゲン菜やレタスなどの葉物の多くは15cal未満ですが、かぼちゃやさつまいもなどは100~130cal近くあり、野菜の中でもだいぶ差があります。

カロリーがある野菜=糖質も高いものが多いということがわかりますね。
せっかくのトマトスープの効果を最大限発揮させるには、好きなものだけを入れるというより、野菜の知識をしっかりわかった上で食材を選ぶことが大事なのです。

トマトスープダイエットのレシピ


まずは基本の
■脂肪燃焼トマトスープ7皿分の材料とカロリー一覧!

玉ねぎ3個 70kcal
ピーマン1個 10kcal
セロリ1本 13kcal
キャベツ半個 96kcal
トマト3個 97kcal
ニンジン1本 75kcal
ピーマン1個 9kcal

スープの素がだいたい20cal前後と考えて全部で390calほどでになります。これを7皿で割ると1杯なんと55calになります!脂肪燃焼トマトスープ4杯分とごはん1膳のカロリーがほぼ一緒とお伝えすれば脂肪燃焼スープのカロリーの低さを実感できますね。

スパイスでよりデトックスカレースープ

唐辛子やジンジャーやターメリックなどのスパイスは、体の中の脂肪を減らす効果が期待できる! 唐辛子はカレーの辛さにおいて大事な要とも言えます。これは辛さという旨みに加えて脂肪を燃やす効果もあります。また血液の循環をよくしてくれる効果もあるのです。シナモン・ナツメグ・グローブは血行の流れをよくし、新陳代謝を上げてくれると言われており、カレーのスパイスにより自律神経が刺激されると新陳代謝が上がるとも言われています。味の変化だけではなく、ダイエットにも適しているのがカレースープですね。

辛みで脂肪燃焼キムチスープ

キムチのカプサイシンは脂肪を燃やしやすくする!みなんさんイメージしやすいのが辛いもの=汗!汗をかくことで新陳代謝が上がり、体温も上がれば基礎代謝も上がることで、痩せ体質に体質が変わっていくのです。

■材料
脂肪燃焼トマトスープ2人分、豚バラ肉100g、豆腐(焼き豆腐) 1丁、食べるラー油大さじ2、ニンニク約1片、酒50cc、ごま油少量
■作り方
ニンニクはみじん切り、豚バラ肉を5㎝くらいに切り、豆腐を好きな大きさに切る。フライパンを熱し、ごま油をひき、熱くなり過ぎないうちにニンニクのみじん切りを入れ、香りを出す。豚バラ肉を入れ炒め、色が変わり始めたら酒を入れ、色が変わるまで炒め、そこスープと、豆腐を入れ、温めまる。深めのお皿に盛り、食べるラー油をかけて、出来上がりです。

イソフラボンで美容効果豆乳スープ

豆乳を入れることにより味がまろやかでコクが出つつ、美容効果が期待! 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしているので、肌の健康には欠かせない存在でもあります。またビタミンEも含まれており、ダイエット中に起きやすい肌トラブルの解決にもつながりますね。

まとめ


食べて体の中から綺麗になるダイエット! それがトマトスープ=脂肪燃焼スープになります。あなたも自分好みのおいしいスープで綺麗になりませんか??