ナッツダイエットの効果は?間食をナッツに置き換えてみよう!

ナッツダイエット 効果 間食 ナッツ 置き換え

ナッツを食べて痩せられる?食べるだけで痩せられるとなれば、嬉しいですよね。さて、このナッツダイエットの疑問を解いていくとしましょう。

ナッツダイエットの効果とは?

ナッツダイエット 効果
ナッツのイメージだとそれだけで食べるというよりはおつまみや炒め物に入っているイメージですよね。そんなナッツにはダイエットに効果的な成分がたくさんはいっていたのをご存知ですか??隠されたナッツの栄養素みていきましょう。

ナッツダイエットの効果は??
■ナッツに含まれる不飽和脂肪酸により脂肪燃焼を助ける
■食物繊維がたっぷりなので便秘が解消される
■ビタミンBぐんとミネラルが豊富で代謝を促す効果がある
ナッツはダイエットにとって強い味方であることがわかりましたね。

腹持ちが良く満腹感が得られる

ナッツ自体はカロリーは高いが糖質ふは低く、血糖値が上がりにくい! ここで注目するのは血糖値!血糖値が急激に上がると急激に下がるということが起きます。お腹空いたと感じるのは急激に血糖値が下がったときなのです。ここで問題は血糖値を下げるためにインスリンという物質が出ます。このインスリンの特徴は余ったエネルギーを脂肪に変えてしまうという点。インスリンをなるべく出さないようにする=血糖値を緩やかにあがる食事が大事ということになります。ナッツは高カロリーですが低GI食品!低GI食品とは血糖値が上がりにくい食品をさします。ちなみにナッツのGI値は
カシューナッツ:34
アーモンド:30
ピーナッツ :28
マカダミアンナッツ :27
ピスタチオ :18
くるみ :18
とどれもとても低いのです。この数値だけだとわかりにくいと思うので、血糖値が上がりやすいと言われている白米は88!こう見るといかにナッツが優秀な食材であるかがわかりますよね。

またナッツの噛みごたえも腹持ちのよさと直結しています。噛むことはダイエットにおいてとても重要なことなのです。よく噛むことで脳が刺激を受けてお腹がいっぱいというサインをきちんと感じられるようになります。また噛むことで唾液の量が増えることで血糖値が上がり満腹と感じます。これにより少ない量で満たされた感覚になるのです。私たち人間は生きているだけでカロリーを消費しますが食事でもカロリーを使っています。その割合は全体の10パーセントも占めています。これを食事誘発性熱産生といいます。これがよく噛むことで諸費量も増えるので、より多くのエネルギーを使ってくれるのです。

カロリー摂取を抑えられる

間食をナッツに変えたらどうでしょう?ナッツのカロリーは決して低くありませんが、少量でお腹いっぱいになります。ナッツダイエットでは1日25g程度のナッツを食べることをおすすめしています。このカロリーはナッツにもよりますが、約100cal~150cal程度になります。これを2回にわけて食べれば1回の間食は50Cal~75cal前後になりますね。ここで間食で食べがちなデザートとカロリーを比較してみましょう。シュークリーム1つ170cal、アイスクリーム1個250cal、ポテトチップ470calなどなど。ポテトチップにおいては、カロリーの差がなんと最大で400calも違いがあります。これはどのぐらいのカロリー量かと言うと、運動で言えばジョギング1時間相当、白米のカロリーで見ると軽くご飯2膳分ものカロリーなのです。ナッツは少量でカロリーを抑えることが出来るということがわかりましたね。

便秘解消効果も期待できる

ナッツには食物繊維が豊富! 特にくるみにはくるみに含まれる食物繊維の大部分は不溶性食物繊維になります。不溶性食物繊維の特徴は、水分を含み便の量を増やしたり、腸を刺激して蠕動運動を活発にすることで排便を促していくれるのです。この不溶性食物繊維に効果があるとされいるのが、胃腸が弱ったり運動不足で筋力が弱ったりして排便をうながす蠕動運動がうまく行われなくなることによって便秘になってしまった人!この便秘を弛緩性便秘と言います。この便秘になると「お腹がはって便秘があるのに排便できないのに、排便したら柔らかい便というのが特徴と言われています。

ミネラルが豊富で脂質の代謝を助ける!

カリウムの他に亜鉛やカルシウム・リン・鉄などを含み、ミネラルの宝庫! ミネラルには、ダイエットに効果的な役割だけではなく、体の働きをサポートする為の大切な役割を担っています。ダイエットにおいては、カルシウムの成分により脂肪の燃焼を促進したり、脂肪の吸収を抑える効果もあります。またカルシウムにはイライラを抑える効果があるのでダイエットのストレスにも効果的と言われています。リンはエネルギー代謝・脂質代謝に大きく関与するミネラルと言われています。そのほかに血液が酸素を運ぶ為に必要だったり、骨を丈夫にしたりなど、体が健康なを維持する為には欠かせない栄養素なのです。ダイエット効果の他にも酵素や血液が使うためのツールとして、とても大切な役割をもっています。

ナッツのカロリー

ナッツダイエット カロリー
勘違いは禁物!ナッツはカロリーは高いので食べ過ぎは注意です!
マカダミアナッツ(100gあたり:50粒)約720kcal
アーモンドナッツ(100gあたり:83粒) 約590kcal
ピスタチオ(100gあたり:100粒) 約620kcal
カシューナッツ(100gあたり:66粒) 約580kcal
くるみ(100gあたり:33粒) 約670kcal
ヘーゼルナッツ(100gあたり:66粒) 約690kcal
ピーカンナッツ(100gあたり:76粒) 約700kcal
ピーナッツ(100gあたり:166粒) 約590kcal

こう見るとカロリーの高さは一目瞭然ですね。ですがその意識が大事なのです。1粒ぐらい大丈夫となると結局止まらずに一袋食べてしまうなんてことを防ぐためにも知っておくべきことになります。そうならないためにも、1日に食べるナッツは小さなタッパに開けるなどしておきましょう。決して袋を抱えて食べるのはやめましょう。いくつ食べたかわからなくなることに加えて、食べ過ぎる可能性が高くなります。もし仮に1袋食べてしまったら、普通の食事1食分と同じぐらいのカロリーになってしまうことを忘れないでくださいね。

ナッツダイエットをやるための効果的な方法とは?

ナッツダイエット 効果的な方法

■1日25g程度100calを目安に食べる!
■間食に食べる
■食前に食べるのもおすすめ!
量の目安は上で少しお話ししましたね。食べるタイミングについては詳しくお話ししていきましょう。

間食をナッツに置き換えるダイエット方法

おやつをナッツにするという簡単な方法!基本的にはナッツをいつ食べても問題ありません。ナッツのいいところは、いつ食べてのナッツの優れたダイエット効果を発揮してくれるのです。間食に食べることで、ナッツは腹持ちが良く、空腹感を減らしてくれます。それにより次に食べる食事の量も減れば万々歳ですね。

ナッツダイエットをやるための効果的なコツは?

ナッツであればなんでもいいのかという訳ではありません。加工されているナッツではなく無塩のものがおすすめ!!ダイエットとして手に入れやすい・価格も安く・おいしい点で言うとアーモンドが続けやすいと思います。またアーモンドは世界的にも人気のナッツのため、さまざまな国や地域で研究が盛んにおこなわれています。それらにより「アーモンドを毎日食べている人は太りにくい」「体重が減る」などのきちんとした結果も出ているので、安心かつ効果もとても期待できるのです。

チョコレート付きのものはNG

当たり前ですが、お砂糖やチョコレートでコーティングされているものはナッツダイエットにはなりません! ナッツダイエットは糖質の少ないナッツだからこそ意味があります。チョコなどは糖質を含み、高カロリー+糖質になってしまっては逆に太ってしまいます。ここは誤解のないようにしましょう。

無塩のナッツを選ぶようにする

塩分はダイエットの敵!ローストさえれているものがおすすめ!
基本的におつまみ用などに作られたナッツには塩分が多く含まれています。塩分のとり過ぎはむくみにもつながるので気を付けましょう。むくみ予防として効果のあるのは無塩のもののみになります。

ナッツの中でもアーモンドがおすすめ

アーモンドの食物繊維はレタスの10倍! 水溶性食物繊維も不溶性食物繊維の両方が含まれているアーモンド!不溶性食物繊維は、腸内にこびりついた老配物を掻き出してくれる効果があり、水溶性食物繊維は胃酸に入るとジェル状になり、体内の余分なコレステロールを含んで身体の外に出してくれると言われています。これらの特徴により、体の中が綺麗になることで、余分なコレステロールが付きにくくなります。イコール脂肪がつきにくくなるのです。そうなれば体重も少しずつ減ってくるのです。アーモンドによりお腹を綺麗にして、元気な腸を作ることがナッツダイエットの近道ですね。またアーモンドにはアンチエエイジング効果のあるビタミンEもたくさん入っています。これにより若返り効果も期待できるので、美容の面でもアーモンドは大活躍なのです。

くるみもおすすめ

クルミに含まれる脂肪分「α-リノレン酸」がダイエットにはもってこい!α-リノレン酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす役割があり、悪玉コレステロールが減少することにより、血液の流れが良くなるので代謝が上がることでダイエット効果も大きいとされています。くるみを食べるタイミングとしては食前がおすすめです。また数としては5個くらいを目安にしましょう。食べ過ぎてしまうと、コレステロールが減り過ぎてしまい血管に老廃物などが溜まりやすくなり、血流がわるくなることもありますので気を付けましょう。

ナッツは一回の間食でどのくらい食べても大丈夫?

ちなみに25gとは、どのぐらいかというと マカダミアナッツ10粒、アーモンドナッツ16粒、ピスタチオ20粒、カシューナッツ13粒、くるみ6粒、ヘーゼルナッツ13粒、ピーカンナッツ15粒、ピーナッツ33粒になります。割としっかりした量があるのがわかりますよね?これを1回の間食で食べるとなると意外とお腹はいっぱいになる・もしくは食べきれませんよね

ナッツの食べ過ぎの疑問を解決!

ニキビが出来やすくなる?答えはNO! ナッツは油脂分が多い食品です。この油分という言葉によってニキビができやすいと言われていることがありますが、しかしナッツの脂肪分は不飽和脂肪酸で体内で固まらない特徴を持っていうためニキビは出来ないのです。どうしてニキビが出来るかというと、ナッツを加工する際に使われている油や塩分が原因と!ナッツと食べやすく美味しく加工する際の油やバター、塩分などを多くとり過ぎてしまうことによりニキビが出来やすくなってしまうのです。

鼻血が出やすくなる?答えはNO!みなさん1度は聞いたことがあると思いますが、これも医学的根拠は全くありません。栄養価の高い食品を食べすぎるとエネルギー過多になって興奮状態になって鼻血が出るという理屈のようですが、食べ過ぎを気を付ける意味で広まったと考えられます。

食べ過ぎるとお腹が痛くなる?答えはYES!ナッツを食べ過ぎるとどうなるかというと、腸内で脂肪分と水分が分離してしまうことが原因で下痢になることもあります。そのときやはり腹痛を伴う場合があるということになるのです。もし下痢になってしまった場合は食べることを中断し、水をこまめに飲むようにしましょう。

ナッツダイエットの口コミ

本当に効果があるのか気になるところですよね。実際に試した方の声をまとめてみました!アーモンドを毎日食べていたら2週間でマイナス6kg!続けて行った結果、4か月後にはなんと20kgの減量に成功した方がいました! もちろん減量効果のほかにも便通がよくなったり、ダイエット後のリバウンド防止にも役に立ったとの声もありました。

まとめ

ナッツダイエット 成功 痩せる
ナッツダイエットは手軽にはじめられえて効果もしっかり実証されています!ただ気を付けるのはカロリーが高いことを忘れずに食べ過ぎないこと!加工されているものでは意味がないことをしっかり頭にいれておきましょう。食事はそのままでいいというのもダイエットをする上では嬉しいですよね。ですが、食べ過ぎは禁物です。手軽にはじめられるナッツダイエットはじめてみせんか??