リンゴダイエット。置き換えやプチ断食でダイエットを成功させよう!

リンゴダイエット 置き換え プチ断食 ダイエット 成功

リンゴでダイエット!知らない人はいないですよね?? リンゴは昔から医者いらずと言われるほどの健康にはいい果物!そのリンゴはどんなダイエット効果があるのか?どんな方法で行うことで効果をしっかり感じられるのか、さてしっかり見ていきましょう。

リンゴダイエットの効果とは?

リンゴダイエット 置き換え プチ断食 効果

リンゴダイエットの具体的な効果とは?

■りんごポリフェノールによる脂肪燃焼効果
■カリウムの働きにより痩せやすい体質に変わる
■リンゴ自体のカロリーは低いのに食べごたえはバッチリ!
■腸内環境が整い、体の中から綺麗になれる
■高血圧や生活習慣病も予防できる
■美肌効果もある
リンゴにはダイエット効果だけではなく、美容効果や健康効果も期待できるのです。さすが医者いらずのリンゴの成分ですね。

低カロリーでヘルシー

置き換えることでカロリーを大幅カットすることが出来る!ごはんは250calに対してリンゴは150cal!もちろん栄養価には差はありますが、カロリーでみていくとその差はよくわかりますね。またりんごは食べごたえがあるので、お腹にたまりやすいという点もありますね。

カリウムが含まれていてむくみ解消に効果的

リンゴ100gあたりで110mg!だいたい1個で330mgカリウムが入っている!フルーツの中で比べるとバナナと同じぐらいのカリウムが含まれています。カルリムの主な働きとして、ナトリウムや余計な水分を体外に出す役割をもっています。塩分の摂り過ぎや運動不足によって、水分が体内に溜まり過ぎて生じるむくみを解決するにはとても頼もしい存在なのです。カリウムを摂取すると、利尿作用により体の中のいらないな老廃物を外に出すことで、新陳代謝が高まります。それにより新しい新鮮な血液が体中に巡ると冷え性の解消や血行を良くする効果が期待できます。これは痩せ体質になるにはは欠かせない働きです。

抗酸化作用があり新陳代謝が良くなる

リンゴポリフェノールは強い抗酸化作用がある!多くふくんでいる芭蕉は皮と身の間! 特に熟していないリンゴには多く含まれるのです。この強い抗酸化の力により活性酸素から体を守ってくれます。活性酸素はダイエットの邪魔するのが得意なので、なるべくはダイエット中は出てきてほしくない存在なのです。活性酸素は痩せホルモンであるレプチンを壊してしまったり、眠りをコントロールするメラトニンやセロトニンを壊してしまったり。なにもいいことがないのです。ここでリンゴポリフェノールを摂取する際に気を付けるポイントとして、切ったリンゴは酸化しやすいのです。これを食べてしまうとドロドロ血液を作る元になってしまうので切ったらすぐ食べるようにしましょう。

便秘予防・改善に繋がる

りんごの食物繊維は、100g中に約1.3g含まれている不溶性食物繊維が多く含まれている!不溶性食物繊維の働きとしては、腸の調子を調えてくれます。また不溶性食物繊維は消化されないまま腸内に入り、腸の調子をととのえてくれる乳酸菌などの善玉菌を増やす手伝いをします。そのため、腸の調子がよくなり、下痢や便秘などを改善されると言われています。もうひとつの水溶性食物繊維は100g中約0.3g含まれており、コレステロールを吸着して外に出すという運び屋の役割を持っています。りんごに含まれる水溶性食物繊維には消化管内で脂質吸収を抑えるということにもなるのです。水溶性食物繊維に含まれるペクチンはは体内で水分と結びついてジェル状になるのが特徴です。このジェルがコレステロールを吸着しやすくするのです。ペクチンは皮と実の間に多く含まれているため、皮ごとまるかじりしたり、皮もいっしょにすりおろすといいと言われています。

リンゴのカロリー

りんごのカロリー量は1個あたり300gで150kcal前後!フルーツの中で比べるとなるとバナナは100gあたり86calなので、300gで換算すると258calと100calもリンゴの方がカロリーが低くなりますね。バナナは果物の中でもカロリーが高い方ではありますが、これだけの差があるのです。100calとはどのぐらいかというと運動量で換算すると25分歩くぐらいのカロリーになります。

リンゴダイエットをやるための効果的な方法とは?

リンゴダイエット 置き換え プチ断食 効果的な方法

1日一食リンゴに置き換える方法!

朝か夜にりんごを食べる!異本的にどちらも摂取カロリーを減らすことは一緒です。

朝リンゴを食べることで消化負担を減らす狙いがあるのです。私たちの体は午前中、体内では老廃物を排泄しようとする働きが活発になります。ただ朝食の消化負担が大きいと排泄運動がうまくいきません。りんごは2〜30分で消化されるため体は排泄運動に専念でき便通がよくなります。排便がしっかり出ることでにより腸内環境が整い痩せやすく太りにくい体質に変わり、効率的にダイエットを行うことが出来るのです。この朝リンゴダイエットは「世界一受けたい授業」に講師として出演された白澤卓二医師もいいと言っている方法になります。

夜リンゴを食べることで1番脂肪をためにくいと言われている夕食を抑えることで効果が出るのは早いでしょう。ただここに問題あるのは、割と夕食は家族や友人と食べるなんてこと多いとなると続けていくのが難しくなったり、ひとりでリンゴを食べるのはストレスになる場合もあります。ダイエットにおいてストレスは挫折への道に近づいてしまうので、あまりいいとは言えませんが、毎日出来なくても週に何回と少し回数を減らして、ストレスをためないようにしましょう。

ここで具体的に1食置き換えたらどのぐらいのカロリーが浮くのかというと、成人の平均摂取カロリーは1800cal~2200calと言われています。女性は1800calほどのになります。1食あたり600cal前後だとして、リンゴに置き換えると600cal-リンゴ1個150cal=450cal!これがどのぐらいのカロリーかというと、ご飯約2膳ほどのカロリーになります。このカロリーを運動で減らすとなるとジョギングであれば1時間ほどの運動量で縄跳びであれば45分間飛び続けることと同じになります。このカロリーがいかにすごいかわかりましたか??

3日間リンゴを食べるダイエット方法

短期集中型毎食りんごだけで3日間過ごす!もしくは1日のうち2食はりんご1食は好きな食事にするのでもOKです!このときのルールとしてはりんごの量に決まりはないので、好きなだけ食べれます。水分、お茶やお水などはしっかりと摂るようにしてください。3日経ったら消化の良い食事(おかゆ)などからスタートして、少しずつ胃を回復させていきます。3日過ぎたからといって急に突然油の多い食事をすると胃に負担がかかってしますのでやめましょう。りんごの戸数の目安ですが毎食1個ではカロリーが足りなさすぎるので、2~3個を食べるようにしましょう。これはあくまで短期集中ダイエットになるので、3日以上続けてはいけません。もちろん途中で体調が悪くなってしまったり、体に異変を感じる場合はすぐに中止しましょう。

リンゴダイエットをやるための効果的なコツは?

■よく洗って皮までしっかり食べる!!
■飲み物のカロリーも気を付ける
■りんご以外を食べるときはしっかり栄養バランスを考える
皮と身の間にりんごダイエットの秘密ともいえるリンゴポリフェノールがたくさん詰まっているのです。皮をむいてしまっては意味がありません。以外に気にしていないのが飲み物のカロリー!500mlのジュースは大抵200cal~300calとリンゴ1個分と変わらないカロリーなのです。またどうしてもダイエットを成功させたいがゆえにリンゴ以外の食事でもあまりにも食べなさ過ぎてしまうと、栄養のバランスを崩してしまいます。必ずダイエットをしている間はきちんと健康のためにバランスよく食べることを意識してくださいね。

皮には栄養満点!皮ごと食べよう!

「りんごポリフェノール」と「ペクチン」はリンゴの皮に多く含まれる! ただ皮には農薬が残っている可能性があるのでしっかり洗いましょう。気になる場合は重層を使うことをおすすめします。重曹はスーパーやドラックストアで売られていて、掃除などでしっかり汚れを落としてくれるのに口から体に入っても害がないという優れている成分をもっています。まずボール一杯に水を張って大さじ2杯の重曹を入れて溶かし、そこにリンゴをいれます。2分間つけておいてから柔らかいスポンジと流水で洗いましょう。そうすることにより、リンゴの皮のワックスのベタベタもきれいに落とせるので、安心して皮ごとりんごを食べられます。ちなみにりんごにはワックスによるべたつきと油あがりという現象でべたつくこともあります。油あがりとは皮から乾燥していくのを防ぐために、りんご自体が皮の表面に蝋のような膜を張ります。りんごが油あがりをしたら程よく熟して食べごろというサインでもあると言われています。油あがりであれば、の膜の成分はオレイン酸やリノール酸という体にいい成分なので、取らずにそのまま食べましょう。だいたいアメリカ産などの輸入のリンゴに多くワックスが塗られている可能性があるといわれています。

過度な運動は避けるようにする!

短期集中型のリンゴダイエット時は激しい運動はNG!カロリーを大幅にカットしている上に、激しい運動をしたらどうなるでしょう?cカロリーも足らない状態なので、倒れてしまいます。またカロリーが足りない状態で動き出すと、体はエネルギーを体の中から出そうとします。それが筋肉を元にエネルギーを作り出します。そうなってしまうと太りやすい体質になってしまうので、3日間は我慢しましょう。

リンゴダイエットに効果のあるレシピとは?

りんごを毎日食べるとなるとどうしても飽きてしまう。そんな時にアレンジが出来ると違いますよね。味が変われば続ける気力にもつながりますね。

焼きリンゴもおすすめ

「丸ごと焼きリンゴ」

■材料
りんご2個、無塩バター20g、シナモンパウダー適量、はちみつ大さじ4

■作り方
まずオーブンを200℃でで余熱で温めておきます。りんごは綺麗に洗い、へたを包丁でとり、芯の部分をスプーンでくり抜きましょう。真ん中のくぼみに無塩バター、シナモンパウダー、はちみつを入れ、オーブンで20分焼いたら出来上がりです。

すりおろしのリンゴもおすすめ

「ホットアップルジンジャー」

■材料
りんご150g、生姜10g、はちみつ大さじ1~お好み、レモン汁大さじ1~お好みで、お湯1cup

■作り方
りんごと生姜は皮をむき、すりおろし、レモン汁をかけておきましょう。お湯にはちみつを入れて混ぜ、その他の材料をすべて入れてたら完成です。 生姜の刺激が強すぎるなと感じる時はレンジ加熱1分ほどすると少しマイルドになるので自分で調整してみてくださいね。

「りんごとほうれん草のグリーンスムージー」

■材料
ほうれん草2束、りんご1/2個、バナナ1本、豆乳(または牛乳)200ml
■作り方
食材をよく洗い、約2センチ角にカットします。りんごは皮ごと使っていきます。それぞれのカットする大きさはミキサーの説明書に従って行ってくださいね。カットした野菜・フルーツを豆乳と共にミキサーにかけて完成です。豆乳をプレーンヨーグルトにかえても美味しくできるのでぜひお試しくださいね。

リンゴダイエットを成功させるための時間帯は?

リンゴダイエット 成功させる 時間帯
即効性を求めるなら夜!体質改善を求めるならば朝! 自分が今どちらを望んでいるかにもよりますが、夜の方が脂肪をためこみにくくなるので、ダイエット効果を実感しやすいと思います。長い目でやっていくのならば、お腹の中から綺麗になって痩せていく方法がいいでしょう。

リンゴダイエットの口コミ

リンゴダイエットは試している人今まで多くいるはず!さてここで気になるのはどのぐらいの成功者がいるのか?どのぐらい痩せれたのか口コミを一挙大公開!3か月で11㎏の減量や1か月で7㎏の減量・早い方では2週間で3㎏の減量に成功した方など正直しっかりみなさん痩せていますね! つわものでは毎朝りんごを1個食べ続けて、3年で約20㎏の減量に成功した人もいました。リンゴにはさまざなま種類があるので、甘さや酸味が違って飽きずに続けられたなどの声もありました。

まとめ

リンゴダイエット 置き換え プチ断食 痩せる
いかがでしたか?りんごもたくさん栄養があって食べる方法も様々です。あなたもりんごダイエットはじめてみませんか?