野菜ジュースで栄養たくさん!ダイエットにも効果的のある野菜ジュースの作り方とは

野菜ジュース ダイエット 栄養豊富 効果的 野菜ジュース 作り方

野菜ジュースには野菜が持つさまざまな成分により、体の代謝を促す酵素が数多く含まれている!生で食べることでその効果を最大限引き出すことができる!また食事を置き換えることで、ダイエットの基本でもある食べるカロリーと動いて使うカロリーのバランスを取ることもできます。普通の人の摂取カロリーの平均は1800cal~2200calと言われています。基本的にダイエット中の摂取カロリーの目安は1日1200cal~1500cal前後がいいとされています。これらに近づくためには、単純に普通の食事1食分のカロリーを減らさなければいけません。そうなったときに1番いいのが1食分のカロリーをカットしながらも、栄養補給が出来る野菜ジュースなのです。さてダイエットにおいて野菜ジュースは心強い存在であることはわかりましたか??更にここから詳しく説明していきましょう。

野菜ジュースダイエットの効果とは?

野菜ジュース ダイエット 効果

長く持続的にダイエットを続けられる

ダイエットは辛いとなかなか続きません。 この野菜ジュースであれば手軽にはじめれる上に、ダイエットで食べられない辛さや空腹感といった辛さは感じにくいのです。ダイエットの基本は続けていくこと!これにより大きな効果が期待できるのです。

飲む野菜ジュースによって効果を変えることができる

1番得たい効果を自分で選べる!代謝のアップであれば、ビタミンやミネラルが豊富なジュースを選び、コレステロールを減らして体脂肪をへらしたいのであれば不飽和脂肪酸を含むジュースを選び、便秘でダイエットがうまくいかないのであれば食物繊維は豊富なジュースを選ぶ!自分が1番効果を得たいところに合わせて出来るので、それぞれの期待した効果をえることが出来るのです。

空腹に効果がある

野菜には多くの食物繊維が含まれているため腹持ちもいい!食物繊維の働きのひとつに水分とくっつくことで、胃の中で膨らむ効果があります。これにより満腹感を得ることが出来ます。

一日に必要な栄養素を補える

実際生野菜で取るとなるとかなり大変! 食べる量も大変ですし、手間もかかります。また調理方法によっては野菜のダイエット効果を半減させてしまうなんてことにもなりかねません。ジュースにすることで、手軽かつ消化にもいいのです。

野菜ジュースのカロリーは?

野菜ジュース ダイエット 栄養豊富 カロリー
平均して、100mlで約30kcal!もちろん自分で作る場合は入れる野菜や果物によっても変わりますが、それでも高くて100cal前後になります。

野菜ジュースダイエットをやるための効果的な方法とは?

野菜ジュース ダイエット 効果的な方法

■手作りのジュースを朝ごはん代わりに飲む!ポイントはこれだけです。とっても簡単ですよね。さてここからは詳しい理由にちついてご紹介しますね。

朝食を野菜ジュースに置き換えよう!

朝食の代わりに野菜ジュースを1杯、200ml飲むだけ! 1食のカロリーの平均はだいたい600cal~700cal前後です。これを野菜ジュースに変えることでカロリーカットにより痩せる効果を得ることができます。

市販の野菜ジュースではなく手作りが効果的!

もちろん市販のものが絶対ダメ!という訳ではありませんが、糖質や塩分などが少なく出来るのは手作りジュースがおすすめ! 野菜の酵素は、熱を加えることになくなってしまうものが多いのです。市販のものは加熱処理をしているものも多いので、野菜の栄養素が減っってしまっていることもあるのです。また市販の野菜ジュースは飲みやすさを追求するためにりんごやみかんなどの糖が多いものがたくさん含まれています。商品によっては野菜の割合より多い物もあります。フルーツの糖は炭水化物の糖とは少し違いますが、やはりを摂りすぎてしまうとどうしても太ってしまうという点があるのです。もし市販のもので行う場合は果糖や果物無しを選びましょう。

野菜ジュースダイエットにおすすめの食材は?

野菜ジュース ダイエット おすすめ野菜 
基本的には生の野菜や果物! 果物に関しては皮と身の間に栄養分が多い物もあるので、食材にはよりますがなるべく皮も使うようにしましょう。また自分の体調の特徴に合わせて選ぶのもいいでしょう。便秘を解消するには食物繊維が多い野菜や果物をメインし、体が冷えやすいのであれば体を温める効果のあるものを使うなどしましょう。ダイエットをはじめてから、肌荒れがという方はビタミンCや子抗酸化作用が強いものを選びましょう。

自作の野菜ジュースを作ろう!

簡単に出来るのはミキサー! ミキサーであれば、食材をいれてスイッチをオンするだけで、簡単に出来てしまいます。今のミキサーはそのまま攪拌した後にふたを取り換えればコップ代わりにもなるものもあり、忙しい朝には時短+洗い物も少なくなるので嬉しいですよね。

野菜ジュースにおすすめな野菜は?

小松菜
小松菜に含まれる緑色の主な色素成分であるネオキサンチンがダイエットの鍵!ネオキサンチンには抗肥満効果があること立証されています。脂肪吸収を抑えてくれるだけではなく。血液の中のコレステロールや中性脂肪の下げる効果もあるのです。また食物繊維や脂肪燃焼効果があると言われているビタミンB群も豊富に含まれています。

ほうれん草
栄養豊富なほうれん草は貧血の予防や改善が大きな効果と言われていますが、ほうれん草の葉に含まれるチラコイドは、血糖値の上昇を抑える作用・食欲を抑える作用・ストレスによるニセモノの食欲を抑える効果があると言われています。ただ使い方に注意が必要!ほうれん草はゆでた方がおすすめ!ほうれん草に含まれるシュウ酸は欠席を作るとも言われているのですが、茹でることで消失するのでご心配なく!

にんじん
カロチンは抗酸化作用が強いので、ストレス解消にも効果があります、ダイエットはやはりストレスも貯まりやすいのでぜひ取り入れたい野菜です。他にも脂肪の燃焼を助けてくれるというものがあり。 にんじんだけを食べるプチ断食ダイエットなどもあるぐらいです。

トマト
トマトに含まれるリコピンは血液の流れをよくする効果があるので、代謝が上がったり、糖分や脂肪分の効率をあがてくれる効果があります。これにより脂肪をため込みにくい体になるのです。またリコピンは抗酸化作用が強くその力はビタミンEの100倍とも言われており。ダイエットや健康の敵と言われている活性酸素を抑えてくれるのです。それにより生活習慣の要望や肌の劣化を防いだりと、ダイエット効果+αが期待できるのです。

りんご
リンゴポリフェノールには抗酸化作用があり、美肌効果やコレステロールの抑える効果があります。りんごダイエットがあるぐらいダイエットに向いている食材にもなります。野菜ばかりだとどうして飲みにくさが全面に出てしまうので、えぐみを抑えて飲みやすくなる+ダイエット効果も期待できるのがりんごなのです。

バナナ
果物の中でもかなりの量のカリウムを含むバナナ!
カリウムには脂肪を水に溶けさせて尿として体外に出す効果があります。りんご同様甘さもありながら、ダイエット効果のある食材になります。またバナナをいれることでとろみがつき、お腹もいっぱいになりやすいのです。

おすすめレシピを紹介

どの野菜と果物を使ったらいいかわからない!そんな人のためにおすすめのジュースをご紹介! それぞれの特徴があるので、自分に合ったジュースを選んで作ってみてくださいね。

定番の簡単グリーンジュース

■材料
小松菜1株〜2株、バナナ1本、豆乳または牛乳または水200cc~
■作り方
小松菜は洗って4cmくらいにザクザク切るか手でちぎりましょう。バナナの皮は向いておきましょう。全ての材料をミキサーに入れスイッチを入れて小松菜がなめらかになったら完成です。

ビタミンAの脂肪を増やさない柿とにんじんのスムージー

■材料
柿半分、にんじん1/4本、バナナ1/2本、おろししょうが小さじ1、レモン汁小さじ2、水100ml
■作り方
まず皮を剥いて種をとった柿、乱切りにしたにんじん、バナナは皮をむいて一口大にに切っておきます。おろししょうが、レモン汁、水を、なめらかになるまでミキサーにかけて完成です。

カリウム満点のむくみ解消ジュース

■材料
バナナ小2本、トマト中1個、水大さじ4、氷2個
■作り方
バナナはぶつ切りにしてトマトはへたを切り落としぶつ切りにしておきましょう。バナナトマト水氷の順でジューサーにかけます、なめらかになるまで撹拌して出来上がりです。

栄養もお腹も満点アボカドスムージ

■作り方
アボカド1/2個、小松菜80g、セロリ(茎と葉)50g、青りんご(皮ごと)1/2個(100g)、キウイフルーツ1/2個(50g)水200ml
■作り方
すべての果物と野菜をざく切りにしましょう。ミキサーが回りやすい程度の大きさにしてくださいね。ずべて入れてミキサーにかけたらできあがりです。

野菜ジュースダイエットの注意点

ここで気をつけなけれないけない点をいくつかご紹介!

■果物を入れすぎない
■自分の体に合うかどうかを見極める
■作り置きはしない
■野菜をしっかり洗ってから使う
野菜ジュースに果物を入れることは、栄養バランスを強化することに繋がり、果物の甘さでダイエットのストレスを緩和することも出来ます。ですが果物を入れすぎてしまうと糖分も多く摂取することになります。果物にももちろん糖分があるので中性脂肪を増やしてしまうことになりかねません。また体質的に食物繊維のとり過ぎにより、便秘や下痢を引き起こす可能性がある人もいます。その場合は量を減らして様子をみましょう。手作りの野菜ジュースは作った後で放置しておくと、酸化して風味も落ちるだけではなく野菜が分離してしまいます。なによりダイエット効果も落ちます。野菜ジュースを作る際に気を付けるのは野菜をしっかり洗うこと!生野菜が多いのでどうしても心配なのは農薬です。きちんと洗ってそれらを落としてから使いましょう。

まとめ

野菜ジュースダイエットはじめてみませんか??健康的に痩せることを目指している人にはぴったりの方法になります!自分の好きな味を見つける楽しさもあるので、ぜひお試しくださいね、