コーヒーって痩せるの?インスタントコーヒーでもダイエット効果あり?

コーヒーダイエット 痩せる インスタントコーヒー 

コーヒーと言えば、食後や少し休憩を入れたいときに、飲みたくなる人が多いのではないでしょうか?そんなコーヒーでダイエットができるのは本当なのか?わりと毎日コーヒーは飲んでいる人も多いですよね。手軽に手に入るコーヒーでダイエットができるなんて詳しくその効果を見ていきましょう。

コーヒーダイエットの効果とは?

コーヒーダイエット 痩せる インスタントコーヒー 効果

脂肪燃焼効果に期待できる

カフェインとクロロゲン酸がダイエット効果が大きい!

まずはカフェイン効果から見ていきましょう。

カフェインはコーヒーの最も特徴的な成分で、お茶やココアなどにも含まれています。コーヒー100mlにはカフェインは約60mg含まれています。カフェインというと目が覚めるなどのイメージがありますが、カフェインはダイエットにおいてはとても重要な役割をもっているのです。その役割は、胃が刺激されて胃液の分泌量を増やしてくれます。その結果、消化を助けて余分なカロリーが溜まるのを防いでくれる効果が期待できるのです。また運動前にカフェインを取れば、運動中に褐色脂肪細胞が活性化するるとも言われています。、有酸素運動の30分前にカフェインが含まれているものを飲むと効果は抜群です。

次にクロロゲン酸の効果をみていきましょう。

簡単にクロロゲン酸を説明するとなると、コーヒーに多く含まれているポリフェノールの一種のことを言います。このクロロゲン酸はダイエット効果、アンチエイジング効果、糖尿病の予防効果などがあると、さまざまなところから注目を浴びている成分なのです。コーヒー=カフェインと結びつきますが実ははカフェインの量よりもクロロゲン酸の方がコーヒーに含まれている割合は多いとも言われています。

クロロゲン酸の特徴は褐色、苦味の特徴なのです。クロロゲン酸はコーヒーポリフェノールという別名も持っています。コーヒーに多く含まれており、割合としてコーヒーの5%~10%がクロロゲン酸です。コーヒー以外にはどんなものに含まれているかというと、ナスやゴボウといった野菜に含まれています。さてクロロゲン酸はポリフェノールの1種と説明しましたが、植物が光合成を行う際に作り出す抗酸化物質のことを指します。コーヒーだけでなく、お茶のカテキンや赤ワインのアントシアニンなどもポリフェノールであり、その数はとてつもない量のポリフェノールが存在しているのです。コーヒー1杯に約280mgのポリフェノールが含まれています。このクロロゲン酸のダイエットにとっていい点は糖質を分解する酵素を邪魔をする働きがあり、これにより糖質の吸収がゆっくりになり、結果的に余分な脂肪の溜め込みをしないようにしてくれるのです。

それ以外では、脂肪燃焼を促進する効果もあるのです。体内にすでに溜まっている脂肪や新たに発生した脂肪を燃やしてくれます。特にメタボリックシンドロームの原因とも言われている肝臓脂肪の燃焼効果が高いと言われています。また血糖値を上げにくくしたりする効果もあるのです。このクロロゲン酸が多く含まれているコーヒーの種類は、コーヒー生豆の状態が最も多くのクロロゲン酸を含んでおり、深煎りよりの浅煎りのコーヒー豆の方が多く含まれれています。またインスタントコーヒーよりもドリップコーヒーの方がクロロゲン酸は多いとも言われています。

コーヒにダイエットにこんな強い成分が入っていたなんて驚きでですね。

血行がよくなる

カフェインは体の血のめぐりをよくする! コーヒーを飲むことで全身の血の巡りがよくなります。そうなると新鮮な血液が全身に運ばれることで、体温も上がります。体温が上がること=基礎代謝がよくなる=痩せやすい体質に変わっていけるのです。また体温が上がれば冷え性やむくみなども解消されるので、体の調子もよくなるのは間違いありませんね。カフェインの利尿作用が加わり更なる効果もきたいできます。体の中のいらないものを外に出してくれることで、デトックス効果になっています。むくみは老廃物とくっつくとセルライトになってしまうので、コーヒーを飲むことで、むくみと老廃物の結合を邪魔することもできますね。

便秘解消効果も期待できる

カフェインは腸の収縮する神経を刺激してくれる!刺激を受けた腸は、活発に動き出して便が出やすくなるのです。簡単に言うと便秘をよくしてくれるということになります。便秘は病の素とも言われるぐらい体にはよくないことなので、便秘が解消されることで腸の中も綺麗になり、お腹の調子も整うのです。

コーヒーのカロリー1杯は??

ブラックコーヒであれば1杯8cal!

■コーヒの低カロリーランキング
1位 ブラックコーヒ 8cal
2位 ミルク入りコーヒー 20kcal
3位 砂糖入りコーヒー 31kcal
4位 ミルクと砂糖入りコーヒー 43kcal
5位 カフェオレ 77kcal
6位 コーヒーフロート 85kcal
7位 ウインナーコーヒー 115kcal

なんとコーヒーの中でもカロリーがこんなにも違うなんて驚きですね。やはりなにも入れないコーヒーであればカロリーも低いのも納得ですね。砂糖やミルクがはいってくる少しずつカロリーがあがってきますね。ウィンナーコーヒーはホイップクリームのカロリーが80cal以上あるので、どうしても高カロリーになってしまいますね。ウィンナーコーヒのカロリーをブラックコーヒーのカロリーと比較するとブラックコーヒ14杯=ウィンナーコーヒー1杯になります。この杯数の違いは驚きですね。

番外編!
ミルクと砂糖のカロりーは??ミルクは液状のもの5gで12cal!スティックのお砂糖は6gで23calになります。

コーヒーダイエットをするためのコツとは

■ブラックコーヒーをホットで飲む
■飲む時間帯を考えて飲む
■インスタントよりもドリップコーヒがおすすめ
なぜホットで飲むのか?と思った方もいますよね。これがコーヒーダイエットの強い味方ともいえるクロロゲン酸が効率よく吸収できるのです。また温かいものを飲むことで、基礎代謝も上がるのでホットで飲むのがおすすめです。

朝ごはんやお昼にコーヒーを取り入れよう!

食後と運動前にホットコーヒを飲む! コーヒーには脂肪が体に蓄積するのを防ぐ効果があるため、食後の消化が始まるタイミングで飲めば体へ脂肪が溜まるのを防ぐことができるのです。そしてコーヒーには脂肪燃焼を促進させる効果もあります!そのため運動前にコーヒーを飲むと運動による脂肪燃焼効果をさらに高めることもできるのです。運動30分前頃を目安にコーヒーを飲んで、効果的に脂肪を燃やすようにしましょう。

砂糖などの糖質は控えめに

どちらもブラックコーヒー以上のカロリーが含まれています! さきほども少しお話ししましたが、ブラックコーヒーとミルクと砂糖それぞれを比べるとどちらもコーヒーの方がカロリーが低いのです。せっかくカロリーが低いところにわざわざカロリーを上げる必要はありませんよね。1日3回ミルクと砂糖コーヒーを飲んだら130calになります。これを1週間続けたら910ca、1か月続けたら36240calにもなります。もしブラックコーヒーであれば1日で3回飲んでも24cal、1週間で168cal、1か月で672calとなんとカロリーを比べるとブラックコーヒーの5倍もの摂取カロリーは1か月でこんなにも差が出てくるのです

コーヒーはブラックのほうが効果的?


ブラックコーヒーにはこんな効果があった!コーヒーダイエットを成功させるカギになるかもしれません。
基本的にやり方は変わらない!ただカロリーは低いのは間違いないので、早めに効果を出したい!そんな人にはそすすめがブラックコーヒーがカロリ0が1番低くて、ダイエット効果もしっかり入っているのです。またコーヒをドリップすることでリラックス効果によりストレスが解消されていきます。ストレスがあると健康面でもダイエット面でもいいことがひとつもないのです。

インスタントコーヒーでも効果はある?

インスタントよりドリップコーヒーがおすすめ! インスタントコーヒーにも脂肪燃焼をサポートするカフェインやクロロゲン酸はもちろん含まれています。しかしその量が変わってきます。ドリップコーヒーに比べるとなんと成分は半分程に減ってしまうのです。そうなるとダイエット効果間やはり薄くなってくるのです。もうひとつドリップがコーヒーがおすすめなのは、コーヒーにはジテルペン類という中性脂肪や血中コレステロールを増加させる物質が入っています。これを取り除くことができるのがペーパードリップになるのです。ドリップはやはり時間もかかりますし、めんどくさいと思いますが、コーヒーのダイエット効果に加え、リラックス効果もドリップの方が各段位上なのです。せっかくの効果を無駄にしないてめにも、ドリップコーヒーを飲むといいでしょう。

コーヒーダイエットの口コミ


みなさんが気になるのは実際にきちんとやせた人がいるかどうかですよね?だってやっぱり頑張るのならば、きちんと効果のあるものを試したいのが本音ですよね。さてどんな効果がコーヒーダイエットはあったのか一緒にみていきましょう。減量効果として2か月で4㎏の減量に成功した方は運動も平行して行っていたようですね。また多くの方が実感していたのはむくみがとれたり、食欲を抑えることができたなどの口コミも多くみられたました。

コーヒーダイエット注意点は??

■空腹時は飲んではNG
■水分補給をしっかりする
■妊婦さんは控える
■カフェインの1日の摂取量は400mgまでにする

やはりいいところがあれば気を付けなればいけないところももちろんあります。

コーヒーのダイエット効果が高いクロロゲン酸は、胃酸の分泌を増やす役割も持っているので、お腹になにも入っていないときにコーヒを飲むと、空っぽの胃の中でどんどん遺産がでてきます。そうなってしまうと、胃が荒れたり、お腹が痛くなったりします。そのため、コーヒーは食後がいいと言われている意味がさらに見つかりましたね。

水分補給が大事な訳はカフェインの利尿作用のため!むくみに効果のあるカフェインの効果でもあるのですが、体の水分が足りなくなると脂肪燃焼がうまくいかなくなってしまいます。脂肪が分解されるには「加水分解」という反応が体の中で起きています。この反応は文字通り必ず水が必要なので、カフェインで出ていった水分をしっかりとまた体に入れていくことが大事なのです。そして水には細胞に栄養素を運び、体のなかのいらないごみを回収する役割も落ち合わせています。水分が不足は脂肪にとってはデメリットになってしまうのです。

そしてカフェインには鉄分の吸収を抑制する働きがあるため、特に鉄分が不足しやすい妊娠中は控えてくださいね。妊娠中にコーヒーを1日1杯から3杯飲んでいた妊婦では死産率が60%まで減少していたのですが。それ以上に飲んでいた妊婦では死産率が140%に上がってしまい。8杯以上飲んでいた妊婦では220%にまで増えたという少し怖い研究結果も出ています。適度に摂取すれば体に良い影響をもたらすカフェインですが、なんでもとり過ぎてしまうと急性中毒を起こす可能性があるのです。ドリップコーヒー150mLあたりに含まれるカフェインの量は140mgとい言われています。飲み過ぎてしまうと、イライラが増したり、不安に襲われたり、頭痛や耳鳴りといった健康面でも症状がでてきてしまいます。この症状がさらに続いたり、たくさんんカフェインを取りすぎてしまうと、不整脈になる可能性もあるので、気を付けましょう。1日のカフェイン目安摂取量は、健康な成人で400mgなのでで、だいたい1日ドリップコーヒーを3杯までにするようにしましょう。これであればコーヒーダイエットの1日の摂取目標量とも一緒ですね

まとめ


コーヒーダイエットのことはわかりしたか?これを機にいつも飲んでいるコーヒーをブラックに変えてダイエットに挑戦してみませんか?コーヒに含まれるクロロゲン酸はダイエットの強い味方! この作用を最大限生かすには、ドリップで入れたブラックコーヒーをホットで1日3回食後に飲む!正直他のダイエットに比べたら、とても簡単かつ手軽に取り入れることができますよね。日ごろからコーヒーを飲む習慣があるかたはぜひお試しください!