味噌汁ダイエット。塩分は大丈夫?味噌汁ダイエットの成功の秘密

和食にはつきものの味噌汁!やはり味噌汁があるとほっと出来ますよね。食卓には欠かせない存在とも言っていい味噌汁がなんとダイエットにも効果があったなんて驚きですよね。ただ正しい方法を知らないときちんとダイエットにはなりません。味噌汁ダイエットの正しいやり方を一緒にみていきましょう。

味噌汁ダイエットの効果とは?

味噌汁

日本人には味噌汁!と言ってもいいほど、飲んだことがない人は日本中探してもいないのでは?と思うぐらい食卓の定番の味噌汁!そのダイエット効果はどんなものがあるのでしょうか??

■食事の摂取カロリーを少なくすることができる
■味噌汁を食べることでお腹が落ち着き、食べ過ぎを防ぐ
■野菜の栄養をしっかり摂ることができる
■肝臓に脂肪が蓄えられることを防ぐことができる
■体を温めるので代謝がよくなり、痩せ体質になりやすい
■味噌の原料である大豆には整腸作用がある

味噌汁のダイエット効果はこんなにもたくさんあるなんて知りませんでしたよね。こんなにもダイエットに適していたなんてもっと早く知りたかったですよね。

大豆の成分で腸内環境を整えてくれる

味噌には食物繊維がたっぷり入っているのを知っていましたか??食物繊維は大きく2つにわかれています。ひとつめは水に溶けやすいといわれている水溶性食物繊維!これはお腹の中で水に溶け、ゲル状になって便を柔らかくする効果が期待できます。次に水に溶けにくいとされている不溶性食物繊維!これはお腹の中で水を吸って膨らみ、腸を刺激して便意を促す効果があると言われています。味噌の中に多く含まれているのが水溶性食物繊維!もちろん不溶性も含まれていますが、どちらかというと水溶性食物繊維が多いという形になります。排便をしたいものの便が硬い、なかなかきちんとした形の便が出ない!となんて悩んでいる方にはおすすめなのです!

脂肪吸収を抑える働きがある

味噌には脂肪に対して効果的な働きをもつ成分がたくさん含まれているのです!

■脂肪の分解と体外に出す役割を持っている「レシチンとミネラル」
■脂肪の吸収を抑えてくれる役割を持っている「サポニン」
■脂肪を効率よく燃やしてくれる役割をもつ「ロイシンとイソロイシン」
■脂肪を燃やすための筋肉を作る役割を持っている「大豆ペプチド」

味噌汁のなかにはこんなにも脂肪退治に役立つ心強い成分が入っているのです。

味噌汁のカロリーは?

味噌汁
味噌は3種類あるとご説明しましたよね!まず味噌のそれぞれのカロリーを見ていきましょう!

赤味噌100gあたり186Cal!大さじ1は約18gで33Cal!
合わせ味噌は100gあたり189Cal!大さじ約18gで34Cal!
白味噌は100gあたり192Cal!大さじ1は約18gで35Cal!

カロリーは差ほどそれぞれに変わりはありませんが、赤味噌が1番カロリーが低いのがわかりましたね。

続いて味噌汁のカロリーですが、具によってやはり多少前後してしまいます。なので具を除いた状態の味噌汁のカロリーは1杯140gで40Calほどになります。これに仮に野菜をたっぷり300g入れたとしても80Cal前後になります。

このカロリーがどれだけ低いのかというと、同じスープ類で比べてみるとコーンスープは同じ量で130Cal前後あります。なんと味噌汁と比べると50Calも違いますよね。たった50Calと思うと思いますが、毎日飲んでいたら1か月で1500Calもの差が出てくるのです。これを消費するとなったら運動ではジョギング240分ものカロリーに相当します。白米と比べてみると、お味噌汁3杯=ご飯1膳分になります。お味噌汁を実際3杯も飲みませんが、仮に飲んだとしたら相当お腹がいっぱいになりますよね。いかに味噌汁が低カロリーかわかりましたか?

味噌汁ダイエットをやるための効果的なコツは?

味噌汁ダイエット
方法は3つあります!

■1食を味噌汁に置き換える
■朝食に味噌汁を飲む
■食事の前に味噌汁を飲む

さてそれぞれのメリットなどを踏まえて進んでいきましょう。

3食のうち1食を味噌汁にする置き換えダイエット

より早く結果を出したい!我慢するのも苦手ではない!そんな人におすすめです。 これはカロリーをもっとも減らすのに有効な方法です!ただ問題がひとつ!空腹感が出てきてしまうこと。割と我慢ができるならばいいのですが、次でお話ししますが、朝味噌汁を飲んだあとにお腹が減ってしまって、間食をしてしまっては意味がないのです。この空腹感を減らすためには具材に工夫をすることやよく噛んで食べることが対策としてはできますね。

朝食に味噌汁を飲もう!

朝に飲むことで1日の代謝が上がるスイッチが入る!まず朝一に温かい味噌汁を飲むと、体が温まりますよね。体温の上昇は基礎代謝が上がることになります。そうなると、朝からしっかりと脂肪燃焼効果が期待できるのです。体温が1度上がるだけで基礎代謝が12~13%もあがってくれるのです。

食事の前に味噌汁を飲む!

3食の食事の前に味噌汁を飲むだけ! できるだけ具をたくさん入れて、豆腐や食物繊維の多い野菜やもやしなどの食べごたえのあるお味噌汁を飲んでみてください。これにより食事の量を減らすことで、摂取カロリーを減らしていく方法になります。

おすすめの味噌はどれ?

味噌
近頃、健康効果が期待されるとして注目されているのが味噌。腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を良くしてくれる発酵食品として人気となっており、多くの食品に使われています。日本人にはお馴染みの味噌ですが、赤味噌や白味噌、米味噌や麹味噌など様々な種類があり、どれを摂ったら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、健康には勿論のことダイエットにも効果が期待できる味噌について探ってみます。

赤味噌がおすすめ

味噌
味噌汁に使用する味噌は各家庭で違いがあり、合わせ味噌や赤味噌、白味噌など好みや習慣によってまちまちです。赤味噌は大豆と米麹、塩を合わせて発酵・熟成させた米味噌で、蒸した大豆を熟成させて作ります。その段階でアミノ酸と糖が反応することによって赤い色になっていきます。ダイエットに良いとされている味噌は一般的に赤味噌と言われており、その理由は赤味噌に含まれているメラノイジンという成分にあります。メラノイジンは、活性酸素を除去してくれる他、代謝アップやアンチエイジングにも効果的です。

赤味噌がダイエットに向いているワケ

ダイエット
ダイエットには赤味噌がおすすめですが、その理由としては様々なことが挙げられます。味噌には、大豆サポニンやレシチンといった成分が含まれており、余分な栄養の吸収を抑える効果や脂肪を溜めにくくする効果が期待できます。また、味噌に含まれる豊富なミネラルは、食事で摂った栄養を効率良くエネルギーに変換するサポート役となることから、太り難い身体になると言われています。なぜ赤味噌がダイエットに向いているのか、具体的にその理由を紹介します。

メラノイジンで血行を促進してくれる


赤味噌の特徴はその赤い色。赤い色は、発酵及び熟成段階で起こる反応によって赤くなるとされており、その中にはメラノイジンという分が含まれています。メラノイジンは、活性酸素の除去や腸内を刺激して代謝をアップさせる働きがあると言われている成分です。また、赤味噌に含まれているペプチドという成分も代謝アップ効果が期待できる成分ですので、このようなことからダイエットに向いている味噌は赤味噌とされています。また、メラノイジンは血行を促進する働きもありますので、血行が良くなり脂肪燃焼効果も期待できます。

代謝を上げてくれる

赤味噌に含まれている様々な成分は、活性酸素の除去や抗酸化作用、中性脂肪の減少などダイエットだけでなく多彩な健康効果も期待できます。また、代謝をアップさせてくれる働きもあり、赤味噌を摂ることでアンチエイジングや健康増進にも一役買ってくれます。血糖値の上昇を抑える働きもありますので、具をたくさん入れて朝食で摂ることがおすすめです。味噌を利用することで料理のバリエーションも増えますので、ダイエットにアンチエイジング、健康増進にと大いに役立てましょう。ただし、塩分には十分注意しながら利用することが大切です。

味噌汁ダイエットで一緒に食べると効果がある具材は?


おすすめ野菜でいえばキノコ類、海藻類がおすすめ! お腹いっぱい食べたいときは豆腐というのもおすすめです。豆腐には糖質の吸収を抑える効果や代謝を上げる効果にたんぱく質が豊富なので、基礎代謝をあげるための筋肉を作る元にもなりますね。

きのこ類

きのこは低カロリーかつ栄養豊富!きのこに含まれるキノコキトサンという成分には脂肪を燃焼してくれる効果がありダイエットには強い味方の成分が入っています。またきのこには食物繊維が豊富とも言われ、水で膨らむ性質を持っているので、食事前や食事の一番最初にきのこを食べることで、満足感を得られます。それによりこの後の食事のカロリーが抑えられる仕組みになっています。食物繊維は脂肪を体に取り込む効果もあるのです。その理由は消化がゆっくりになり、ゆるやかに血糖値をあげてくれることで、太るホルモンであるインスリンの分泌を抑えやすくなるのです。ここでは細かくカロリーをみていきましょう。

100gあたりのきのこのカロリーは??しめじ18Cal、シイタケ18Cal、なめこ15Cal、まいたけ16Cal、ひらたけ20Calどれをとっても低カロリーなのがわかりましたね。これらを味噌汁に入れることで、低カロリーかつお腹もいっぱいになる味噌汁が作れるのです。

海藻類

海藻についているぬめり成分に含まれるフコイダンは強いダイエットの味方!フコイダンには、脂肪の吸収を抑える力があるのです!また、腸から脂質が吸収されるのを抑えて体外に排出する働きも!フコキサンチンは白色細胞の脂肪をエネルギーに変えてくれる役割もあるのです。この白色脂肪とはなにか?というと体の中のいらない脂肪のことをさします。コキサンチンとは一体なにかというと、は海藻の茶色の色素をさします。また水溶性の食物繊維が多く、食べたものを胃の中に長くとどまらせてくれる効果があり、コレステロールを下げたり、糖質の吸収をおさえることもできるのです。

野菜類

野菜
糖質の低い野菜がおすすめ! 葉物の野菜は基本的に糖質が低いといわれています。手軽に入れられる食材としてはキャベツ、ほうれん草、小松菜、水菜などがおすすめです!ほうれん草に関しては高い栄養価も注目されています。そのほかであれば、にら・大根・もやし・などの野菜もおすすめですね。

味噌汁ダイエットの口コミ

気になるのは実際に痩せたどうかですよね?せっかくダイエットするならば、やっぱり効果の高いものをやりたいと思うのは当然のことです。どのぐらいの期間で痩せたのか?どんな効果があったのかみてみましょう。

なんと産後味噌汁ダイエットで15㎏も痩せた方いました!1か月続けると平均的に1㎏~3㎏の減量に成功している人が多かったようです。野菜などをたっぷりとれるのでお腹の調子が整って肌も綺麗になった人もいました。味噌汁の取り入れ方は、食事の前に具だくさんの味噌汁を飲んでから食事をスタートさせ、その他の食事はいつも通りに食べていた方がほとんどでした!お菓子やお酒もいつも通り飲み、食べて痩せるなんて嬉しい限りですよね。

味噌汁ダイエットの注意点

注意点
続けていくのがストレスにならない味噌汁ダイエットいくつか気を付けなればいけない点があります。それがこちら!

■塩分のとり過ぎには気を付ける
■具材の種類を考える

塩分のとり過ぎは健康にもダイエットにもよくありません、塩分そのものはミネラルの1種でこれだけ食べていたら太るなんてことはないですが、なぜ塩分はよくないのか?その理由は、塩分をたくさん取ると、血液の量を増やし、血管を圧迫して血流の流れを悪くしてしまいます。そうなると、酸素や栄養をうまく運ぶことができず、もちろん老廃物も上手に排出されません。それにより老廃物を含んだ水分として毛細血管からしみ出し、皮膚の下に溜りむくみになっていきます。むくみが解消されないとさらにそこに脂肪がたまりやすくなり、最終的にはセルライトになっていくのでです。そして太りやすく、痩せにくい体の出来上がりになってしまいます。また塩分はナトリウムですが、体は一定の塩分濃度を保っています。ナトリウムが多い状態をなんとかしようとカリウムがナトリウムを外へ出そうと働きかけます。一定のバランスを崩したナトリウムとカリウムは腸の筋肉の低下まで引き起こしてしまい、結果便秘になってしまうのです。

具材はなんでもいい訳ではありません。この味噌汁ダイエットは食事のカロリーを減らすことで成り立っています。それなのに具材にカロリーの高いものを入れたらどうでしょう??意味がなくなってしまいますよね。さてここでその気を付けたい食材をご紹介!
まずは炭水化物と一緒のおもち!お餅は1個でご飯2膳ほどのカロリーがあると言われています。また麺類!そうめんやそばなど、これから主食も食べるというのに炭水化物に炭水化物を重ねてしまっては、太る一方です。野菜でいえば糖質の高いじゃがいも・さつまいも・里芋・かぼちゃなどの芋類は避けるようにしましょう。ちなみに糖質の高さでいうととうもろこしも避けましょう。ともろこし1本200gほどで糖質は37.4gとごはんとほぼ一緒の糖質量なのです。他には練り製品のはんぺんやちくわもあまりよくありません。

もちろん絶対取ってはいけないという訳ではなく、たくさん食べてしまうとダイエット効果が減ってしまうということを頭に入れておいてくださいね。芋類は糖質は高いですが。満腹感を感じたり、腹持ちもいいというメリットもあるので、うまく使っていきましょう。

まとめ

味噌汁
味噌汁ダイエットの正しい方法はわかりましたか??食事の前に、具だくさんの味噌汁を飲む!これがストレスを感じずにできる1番の方法ですね!ダイエットのために調理をするとなると面倒に感じる人も多いですが、味噌汁であれば他の家族も飲むので当たり前につくるものですよね。これにたくさんの野菜が入っていたら、家族の健康促進にもなります。自分はダイエットのために、家族には健康のためになんだか得した気分になりますね。さてこのダイエットであれば今日からすぐはじめられますね。ぜひお試しください!