みかんダイエット!ビタミン豊富で美白効果もある?!

冬になるとついつい手が伸びてしまう甘酸っぱいみかん!みかんといえばビタミンが豊富ですよね。さてそんな美容にいいみかんがダイエットにもいいのは知っていますか??みかんダイエット正しい方法を知って綺麗に痩せていきましょう。

みかんダイエットの効果とは?

バナナやりんごなど果物を使った様々なダイエットがありますが、みかんダイエットもその1つです。これは朝食や昼食といった食事に置き換えて摂るのではなく、食前に食べることで満腹感を上げて食事の量も減らすというダイエット法です。では、なぜみかんを食べるだけでダイエットになるのでしょうか?それはみかんに含まれる様々な栄養成分が関係しています。

1日に必要なビタミンCが摂取できる

みかんと言えばビタミンCを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、みかん100gあたりにビタミンCが35mgも含まれています。推奨されるビタミンCの1日の必要量は100gとなっており、みかんを3個食べるだけでこの必要量が補充できるのです。ビタミンCは抗酸化作用があり、血行を促進させることで新陳代謝も上がりやすくなり、痩せやすい体づくりのサポートをしてくれます。また、毛細血管や骨といった組織を正常に保つと共に、風邪やストレスなどへの抵抗力を高めるというように健康維持のためには欠かせない栄養素です。

冷え性の改善にも繋がる

冷え性になると血液の流れが滞り代謝が落ちてしまいます。そうすると、脂肪も燃えづらい状態になるので、ダイエットをするには冷えは大敵です。みかんにはポリフェノールの一種であるヘスペリジンという成分が豊富に含まれています。干したみかんの皮は陳皮と言って古くから薬効として役立てられており、へスペリジンはビタミンCと同様に働き毛細血管を強化したり、血行の流れを良くしたりする作用を持っています。こうした働きによって、隅々まで血液を行き渡らせて体を温めてくれるので、冷え性を和らげる効果が期待できます。

美白・美肌効果


みかんにはβクリプトキサンチンと呼ばれるカルテノイドが含まれます。この成分は肌の保湿を保つことでも知られるヒアルロン酸の量を増やす他、肌の保水機能を司るアクアポリンの生成を助けるなど、美肌づくりには嬉しい様々な働きを持っています。また、カルテノイドはシミの原因になるメラニンの合成を抑える働きもあるのが特徴です。1度できてしまったシミはなかなか消えないものですが、みかんに含まれるカルテノイドは既にできたシミを減らす効果もあると言われており、美白づくりにも大変有効です。
ちなみにビタミンはニキビなどの肌荒れにも効くようです!詳細はこちらを参照ください。

腸内環境を整えてくれる

みかんには白いすじや果肉まわりの薄い皮などを中心に、食物繊維がたくさんあります。特にみかんの食物繊維というのは、水溶性のペクチンと不溶性のセルロースを両方とも含んでいるため、腸内の水分を調節しながら腸内環境を整えてくれます。ダイエット中は1日3食バランス良い食事を摂ることが望まれるものの、食事制限や偏った食事になってしまうと便秘になる人が多いです。しかし、みかんの食物繊維が整腸に働きかけてくれるので、そうした便秘の解消にも繋がります。

脂肪燃焼をサポート

ダイエットに最適なサプリメントにも使われているのがシネフリンという成分で、こちらはみかん含む柑橘類に多く含まれています。みかんに多いシネフリンは脂肪の分解を促すと共に、脂肪燃焼の効率を上げると言われており、ダイエットに用いるには最適な食べ物です。

みかんのカロリーはどれくらい?

ダイエット中に最も気になるのがカロリーではないでしょうか?みかんのカロリーはと言うと、100gあたり約45kcalとなっています。果物の平均カロリーは約60kcalなので、みかんのカロリーは果物の中でも低いことが分かります。

みかんダイエットをやるための効果的な方法とは?

みかんはビタミンCの1日の必要量が摂れることから3個程度食べるのが良いとされていますが、ただ単に食べるよりも次のようなポイントを押さえると、よりダイエットにも効率的な食べ方ができます。

ご飯を食べる前にみかんを1つ食べよう

みかんダイエットの正しいやり方として、食前にみかんを1個食べるようにしましょう。フルーツはデザート感覚で食後に食べるといった人が多いかもしれませんが、みかんを食前に食べると体内に含まれる水分と混ざり膨らみます。そうすると満腹感が刺激されるため、その後に摂る食事の食べ過ぎ防止に繋がります。また、食事の前にみかんを食べると良い理由はこれだけでありません。みかんに含まれるペクチンは、糖やコレステロールの吸収を穏やかにする働きをします。体内でゆっくりと糖が吸収されていくと血糖値の急激な上昇を抑えられる他、長時間血糖値が一定となり満腹感も保てます。

みかんを皮ごと焼いて食べるのも効果的?


みかんは皮を剥いて食べるのが一般的ですが、そのみかんを焼いて外皮ごと食べるのもお勧めです。実はみかんの皮には、果肉よりもビタミンCやヘスペリジンといった栄養成分が豊富に含まれています。みかんを焼くとこうした成分が果肉にも浸透するため、外皮ごと食べればより高いダイエット効果が期待できます。焼きみかんの作り方は、湯通ししてからトースターやガスコンロで網焼きにするだけととても簡単です。ただし、皮には精油が含まれておりとても焦げやすいので、みかんが焦げて黒くならにようによく見ながら焼きましょう。

うす皮や白いすじも食べよう!

果肉を包むうす皮や白いすじは食感が悪くなるため取ってしまう人もいますが、ここには食物繊維やヘスペリジンを多く含んでいます。一緒に食べれば効率的に栄養が摂れるので、残さずに積極的に食べてみましょう。

みかんダイエットを成功させるための時間帯は?


みかんの成分からみて、ご飯を食べる前が1番ベストのタイミング! みかんの糖質燃焼・コレステロール燃焼効果から考えても食べる前が1番効率のいい方法となりますね。時間と関連しているので、どのぐらい続けるべきか?とう点では、少なくとも1か月は続けて行ってみましょう。ダイエットには継続が必須です。

みかんダイエットの口コミ

ダイエットをやる上で目標があると進みやすいですよね?そして成功している方がいると頑張れたりしませんか??ここでは実際にみかんダイエットを試した方の率直な意見をまとめてみました!どのぐらい痩せられたのか?期間は??みなさんが気になるところを解決していきますね!!

あまり制限がない中で食事前にみかんをひとつ食べるだけで、3か月でマイナス8㎏の減量に成功!他の方1か月にマイナス2㎏減に成功していました。早い方だと1週間で2㎏近く痩せた方も!だいたいの方は1か月続けて1㎏~3㎏程痩せているのが多かったようです。便通がよくなったり、お肌の調子がよくなった人もいました。実際に減量効果がわかると今からみかんダイエットを始める人の励みになりますね。

みかんダイエットの注意点


このダイエットの気を付けなければいけないポイントは
■1日に食べる個数は3つまでにする!
■無加工のみかんを食べないと逆に太る!
■食事をみかんに置き換えるのは栄養のバランスが悪いのでダメ!
これをきちんと守るようにしましょう。詳しくご説明していきますね。

みかんは1日3個までに抑えよう

食べ過ぎると体を冷やしてしまいお腹を壊してしまったり、ビタミンの関係で手や足の裏が黄色になる!みかんは体温を下がりやすい果物と言われ、水分も豊富に含まれているので、食べ過ぎれば胃腸が冷やされたり、下痢になったりするのです。また食事の前にたくさん食べてしまうと、みかんの糖分により血糖値が上がった後の食事になるので脂肪になりやすくなります。大量に食べなければ問題はないので安心してくださいね。これでみかんが1日3つまでと食べ過ぎてはいけない理由がわかりましたね。

缶詰のみかんはNG!

缶詰のみかんは糖分が高い+内皮が向かれていてみかんダイエットには適していない! 缶詰のみかんは作られている工程の中で内皮がきれいに取ってあります。それをヘビーシロップ漬けにしたものになります。割合としてみかんが6割、シロップが4割で構成されいます。みかんダイエットの大事なところは皮や筋も食べることでしたよね?それが出来ません。ちなみにみかんの缶詰のカロリーと糖分の量は100gあたり64Cal糖質量は15.3gになります。みかんの糖質は100gあたり10.9gなのでやはり砂糖が入ってる分カロリーも糖質も高いのです。

まとめ

みかんダイエットのことはわかりましたか??みかんダイエットのコツは食事前に1個みかんを食べるだけ!! ダイエットにおいて嬉しい点はなにかを我慢することがないので、ストレスにもなりにくいですよね?今までダイエットを経験してきた方はわかると思いますが、辛いのが食べれないこと!なにかを制限すると、なぜか無性にそれを食べたくなってしまうことありますよね??このみかんダイエットであれば我慢をせずにダイエットに取り組めます!さらに効果を上げたいときは簡単な運動を取り入れることで成果も変わってくるので、おすすめです。ジムに気合を入れて通うもよし!自宅でできるトレーニングをするのもよし!あなたにあった方法を見つけてみてくださいね。成功するかどうかは、あなたにかかっています!