和菓子ダイエット。おすすめの和菓子は?時間帯や注意点を一緒に学ぼう!

ダイエットにおいて敵とも言われる甘いもの!そんな甘いものでも実はダイエットに繋がるものがあった!それが和菓子!!どうしても甘いものがやめられない…そんな風に悩むのは今日でおしまいです。あなたも和菓子ダイエットをはじめてみませんか?

和菓子ダイエットの効果とは?


和菓子にはどんなダイエット効果があるのか気になる所ですよね。詳しくみていきましょう。

■和菓子は脂質がほとんど含まれていない
■和菓子の原料は大豆や寒天やきな粉など食物繊維が豊富
■洋菓子に比べて低カロリーである

などがあげられます。

ここでポイント!洋菓子はバターやクリームなどを多く使っているため、脂質も多く含まれます。もちろん人間の生活の中で脂質は大事な役割をもっていますがとり過ぎにより太ってしまいます。また脂質を体に取り込みやすいくなるタイミングがあります。それが糖質と一緒に取ったとき!体はエネルギーを使う順番が決まってます。糖質と脂質がふたつ同時にきた場合、まず糖質を先にエネルギーとして使います。それにより脂質は使われずに蓄えられていくことが多いのでです。洋菓子は脂質を多く含むとお話ししましたが、当然ながら糖質も多く含みます。洋菓子が太りやすいとう点はここがポイントだったのです。

洋菓子よりも低カロリー


和菓子は脂質が少ないので洋菓子よりカロリーが低い!和菓子はほとんどのものに脂質が含まれていません。洋菓子のカロリーの高さはバターなどが原因!このカロリーについては後程詳しくご説明しますね。

食物繊維が豊富

和菓子の原料は食物繊維が豊富なものが多い! 小豆や寒天などはダイエットとしてよく取り入れられている食材ですよね。これらには食物繊維が豊富に含まれており、その効果は血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
ダイエットにおいて切っても切れないのが血糖値!食べ物を食べることで血糖値が上がります。それを下げる時に出るのがインシュリンホルモン!インシュリンは肥満ホルモンとも言われており、血糖値を下げる役割と共にに、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすいとう点が上げられます。血糖値を急激に上げることにより、急激に下がりこのインシュリンホルモンも多く分泌されてしまうので。まずは血糖値をゆるやかに上げていくことがダイエットにおいては必要不可欠なのです。これに一役買っているのが食物繊維なのです。

植物性の油を使用

植物性の油は血液をサラサラにする!植物油とは常温で溶けやすく液体の物が多いと言われています。この特性において、血液の中の中性脂肪やコレステロールを調整してくれるのです。主に菜種油やオリーブオイル・大豆油・紅花油・ごま油・パーム油・ひまわり油・ココナッツ油・カカオバターなどを差します。和菓子で油を使っているものの代表はかりんとうですね。油として使われているのはかりんとうですが、植物油の原料であるごまや大豆などは和菓子ではよく使われますよね。

和菓子のカロリー

気になるカロリーは??どうなの!?と思いますよね。洋菓子に比べて断然のカロリーの低さ!! 100gあたり実際のカロリーを見ていくと、水ようかんは171calに対してレアチーズケーキは361calとほぼ2倍ものカロリーになっています。また和菓子の中でもカロリーが高いどら焼きは284calで、ケーキに比べると100cal近くもカロリーが低いのです。皆さんが好きなチョコレートはなんと100gあたり583calと水ようかんと比べると3倍ものカロリーに相当するのです。和菓子がいかに低カロリーということがわかりましたね。

和菓子ダイエットをやるための効果的なコツは?


和菓子ダイエットで実際に20kg痩せた方の方法では、

■食べる時間は15時頃がベスト!
■抹茶や緑茶などの飲み物にも気を遣う!
■食事を和食中心にする!

などのポイントがあります。さて詳しくみていきましょう。

緑茶と一緒に飲む


緑茶のダイエット効果は
■体の老廃物を体外に排出してくれるデトックス効果
■脂肪燃焼を促す効果
■脂肪の吸収を防ぐ効果
などが上げられます。また緑茶には抗酸化作用もあり肌の酸化防ぐ効果もあるので、ダイエットしながら綺麗になる効果も期待できます。一緒に飲むお茶としては玉露がおすすめです。玉露はカテキンの量がお茶の中でも抜群に多いのです。

抹茶と一緒に飲む


■油の吸収を抑えてくれる効果
■抹茶1杯の食物繊維量はさつまいも35gと一緒!食物繊維が豊富でお腹の中を綺麗にしてくれる効果
■タンニンによる脂肪の吸収を抑制効果と分解効果
■カフェインによる脂肪燃焼効果
など抹茶は和菓子と一緒にとることで更にダイエット効果が高まるのがわかりますね。

ダイエットにおすすめの和菓子とは?

ダイエットに向いている和菓子はこれ!!カロリー別にみていきましょう。

■1個あたりのカロリーが100cal以下のおすすめ和菓子!
水ようかん、上生菓子(薯蕷饅頭・練りきり、お団子(醤油)、豆かん、ういろう(1カット50g位)、かるかん(1カット40g位)、もなか(1個35g位)
くず饅頭

■1個当たり150cal程度の和菓子!
大福餅、草餅、カステラ(50g位)、ようかん(50g位)、鯛焼き・今川焼き、きんつば、栗まんじゅう

あんみつ


1人前200cal前後のあんみつ!カロリーはしっかりありますが、食べごたえと満腹感もあるのでおすすめです。寒天から出来ているあんみつはダイエットにはもってこい!寒天の原料である天草は体に吸収されないとう性質を持っています。食物繊維も豊富なので、お腹の調子を整えることも出来ます。ただ、黒蜜などの掛け過ぎには気を付けましょう。

水ようかん


洋館より水ようかんを選ぶ!
水ようかんに使用されている小豆がダイエットの味方!小豆には不溶性食物繊維が多く含まれており、体に脂肪として吸収されにくいと言われています。普通の羊羹に比べると、水ようかんの方が水分が多いためカロリーが低くヘルシーなのです。

蒸し菓子


じょうよまんじゅう葛桜がおすすめ!
じょうよまんじゅうとはなにか知らない人も多いのでは??皮のつなぎに山芋をすって入れ、蒸してふくらませた生地の中にあんこが入っているものです。和菓子の中では基本中の基本!関西では、おめでたいときに紅白の薯蕷まんじゅうを用いることが多いので、「上用まんじゅう」ともいわれているのです。葛桜とはあんこを葛でつつんだもの!それを桜の青葉でつつんだおまんじゅうの1種です。

和菓子ダイエットの注意点

動物性の油を控える! 和菓子ダイエットは、和菓子だけを食べて過ごすダイエットではありません。基本的におやつを和菓子に変える!これが正しい方法になります。そこで気を付けていくのが油の質を気にすること!動物性の油は常温でも溶けにくく固体であるといのうが特徴です!ラードやバターなどが主なものになります。これが含まれているものはなるべくさけるようにしましょう。最後に夜中におやつを食べるのは厳禁です!22時以降の間食や夜食はNGです!

まとめ

和菓子ダイエットのことはわかりましたか?今日のおやつは何しようと考えているあなた!あなたでもダイエットが出来るのです! 間食をやめなければという罪悪感もこれで解消できましたね。甘いものを食べる幸せを感じながらダイエットが出来る和菓子ダイエット!せっかく知ったのに、始めないのはもったないですよ?