チョコレートダイエット。カカオの成分を多めに摂取してチョコでも痩せられる!

甘いものが好きな人でチョコレートが嫌いな人はいないのではないでしょうか??それぐらいチョコレートが人気なのはみなさんご存知ですよね。コンビニやスーパでもさまざまな種類のチョコレートが販売されていますね。ダイエットをしているときはなるべく見ないように、手に取らないようにしていたチョコレート!そんなチョコレートがなんとダイエットに効果があるなんて…あんなに我慢していた日々を返して欲しいと心底思いますよね。チョコレートを食べて痩せられる正しい方法を一緒にみていきましょう。

チョコレートとは??


チョコレートっは太る・ダイエットには不向きといイメージが強いですよね。驚きなのですが、昔はカカオ豆は薬として使われていたのです。チョコレートが伝えられた16世紀頃のヨーロッパでも薬として使われた記録がしっかり残っており、チョコレートは私たちの知っているものと違う形で昔は使われていたようです。

更に驚きなことに、チョコレートの効用は100以上もあると言われていたのです!この時のチョコレートと現代のチョコレート違いはなにか?というとお砂糖やミルクが入っておらず、甘くないという点です。この当時のチョコレートはミルクもお砂糖も全く入っていない苦い飲み物で、今のチョコレートとはだいぶ違う物でした。私たちが知っている甘いチョコレートとして浸透したのは1900年に入ってからと言われそこからはお菓子という形kになっていったようです。チョコレートの原料はみなさんご存知のカカオ豆。カカオを細かくすりつぶしたものがカカオマスと言います。そこにバターを加え、糖分を加えるとビターチョコレート、更にミルをプラスするとミルクチョコレートになるのです。さてチョコレートのことがわかった上でダイエットについて見ていきましょう。

チョコレートのダイエット効果は??

実はチョコレートには知られていないダイエット効果がたくさんあります。

■食欲抑える効果
■便秘解消
■ストレス解消
■美肌効果・老化防止
■脂肪分の吸収率が低い

などなど…
これだけ見てもダイエットにはチョコレートはダイエットに向いていないと言えるでしょうか??

チョコレートはストレス緩和に役立つ

チョコレートにはテオブロミンという物質がポイント! テオブロミンは自然界でカカオにしか含まれない成分であり、脳内物質のセロトニンを増やす作用があります。セロトニンは別名は幸せホルモンとも言われています。このセロトニンが増えるとどんないいことが起きるかというと、心が穏やかになったり、幸福感を感じやすくなったり、とストレスとは逆の感情にしてくれるのです。テオブロミンの効果にストレス解消や集中力を高める効果があると言われています。そして血管拡張作用もあり、これによりチョコレート食べると鼻血が出やすくなるとも言われています。

その他にはGABAとう成分も多く含まれています。このGABAの正式名はガンマアミノ酸と言われ気持ちを落ち着かせてくれます。GABAの作用は、脳に存在する抑制系の神経伝達物質として、ストレスを和らげてくれます。またストレスによって興奮した神経を落ち着かせる働きもあるのです。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、リラックスした状態を保ってくれるのです。チョコレートはこれらの成分によりストレスを解消してくれるのです。

ストレスはデブの元??

現代社会ではストレスがない人の方が少ないのではないでしょうか??そのストレスは心にも体にも影響があるのを、あたなは知っていますか?ストレスは痩せにく体を作る元になっているのです。ストレスがたまると、コルチゾールというホルモンが体の中で増えていきます。このコルチゾールの仕事は筋肉を分解してしまうことなのです。痩せ体質になるには筋肉はとても大事なところなのですが、それが減ってしまうというと…基礎代謝が落ちてしまうのです。

この基礎代謝とは私たちが生きているだけで消費するエネルギー量のことをさし、ダイエットにおいて基礎代謝の向上が必要不可欠とも言われています。基礎代謝が落ちれば、食べた分がエネルギーとして使われずに、余ってしまい結果脂肪になり太っていくという負のループに入ってしまうのです。またコルチゾールは他のホルモンにも悪い影響を与えます。それが成長ホルモン。大人の人には関係ないのでは?と思いますが、この成長ホルモンは年齢と共に減っていきますが、大人の人にもきちんとあるホルモンなのです。この成長ホルモンの働きは脂質代謝を促す効果。コルチゾールはここkの働きも抑制してしまうのです。ストレスがこんなにもダイエットにおいて邪魔なものかわかりましたよね。

ポリフェノールの効果

カカオポリフェノールはカカオを丸ごと使うチョコレートにはたくさん含まれている! このポリフェノールはストレスホルモンを増えるのを抑えてくれたり、LDLコレステロールの酸化を防ぐ働きがあり、血液の流れをよくする力やに血管をしなやかにする作用もあるとさえれています。血の巡りがよくなると、生活習慣病の予防はもちろんダイエットにも大きな効果をもたらします。血流が良くなることで新鮮な血液が体の中を駆け巡ります。そうするとむくみが取れたり、冷え性は改善されます。冷え性が改善されると体は温まり基礎代謝も上がるのです。体温が1度上がると基礎代謝の代謝率が12~15%もよくなるのです。また血流がよくなれば脂肪分解の機能がよくなるとも言われていいます。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはすごい力をもっていたのがわかりましたね。

カカオププロテインの効果

カカオプロテインはカカオポリフェノールと並ぶ栄養素! カカオプロテインには消化しにくいという性質があり、小腸で消化吸収されず、大腸そのまま届くということになります。便の元にとなってかさを増す効果が期待できます。また、腸内細菌のえさとなることで腸内フローラ増やして、お腹を綺麗にする効果もあるます。これにより。カカオプロテインには便通がよくなる効果が期待できるのです。

食欲を抑える効果

デオプロミンはチョコレートの苦み成分で、これが食欲を抑える力を持っていたのです。さきほども少し出てきましたが、このデオプロミンは血糖値をスばやう上げてくれます。これにより満足感があるのです。それにより間食や食事の量を減らすことが出来て食べ過ぎることも減るのです。

チョコレートのカロリー


ダイエットにおいて気になるのがカロリーですよね!さまざまなチョコレートカロリーを見ていましょう。

1番カロリーが高いと言われれているのが、ビターチョコレート!

え!?と思う方も多いと思います。甘くないのにカロリーが高いなんてどうしてでしょう?それはカカオマスの分量の問題!カカオマスとはカカオを潰したものとお話ししましたよね。カカオ豆自体はナッツ類と同じように油を多く含んでいます。ただこれは脂肪とは違う栄養価の高い油のことになります。ビターチョコレートはカカオ豆の油を多く含んでいるカカオマスの状態に1番近いため、カロリーも高いのです。具体的にはロッテのチョコレートで比較してみましょう。

ロッテ ガーナミルク 50gあたりのカロリーは279cal
ロッテ ガーナブラック 50gあたりのカロリーは335cal
その差は56calになります。

ここで少し番外編!ミルクチョコレートは実はチョコレートの中では1番カロリーが低いのです。ビターチョコの次にカロリーが高いのはホワイトチョコレート!ホワイトチョコレートには牛乳ミルクチョコレートより多く含まれているので、ごくわずかですがカロリーも高くなっています。

チョコレートダイエットをやるための効果的な方法とは?



■チョコレートは必ずカカオ70%以上のものを選ぶ
■1日50g前後を目安に食べる
■食事の前なら10分前に食べる

これらをきちんと守らないと逆効果になって、最悪太ってしまうこともあるので気を付けましょう。

カカオ70%以上のチョコレートを選ぶようにする

ここが1番のポイント!カカオ70%以上のチョコレートを食べることに意味がある! このダイエットはカカオの栄養価が大事なポイントなので、カカオの成分がより濃厚な物を選びましょう。

チョコレートダイエットを成功させるための時間帯は?


食事の前ならば10分前!これは血糖値の関係があります。血糖値が上がるとお腹がいっぱいと感じるため、そのあとの食事を食べ過ぎることがなくないます。また間食に食べることで空腹感を和らげることもできます。

ダイエットにおすすめのチョコレートは?

ここではそれぞれのメーカから出ている高カカオチョコレートをご紹介しますね。

明治 チョコレート効果カカオ72%

このチョコのおすすめな部分はポリフェノールが1粒に127mgも含まれているところ!1箱全部で75gあたり1900mgにもなるのです。ちなみに1日の成人のポリフェノール摂取量目安は1日1500mgと言われており、これ1箱であっという間に取れてしまいますね。この商品カカオダイエット流行る前からある商品!なんと18年もの前から発売されていました。この長い間多くの人が買う理由がやはり味!高カカオは苦みが強かったりと普通のチョコレートに比べると食べづらい人もいますが。明治のチョコレート効果はおいしいという口コミが多いのです。もちろん苦みはありますが、甘さも感じられるという感じですね。

森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70

このチョコレートのおすすめな部分は、甘さはすっきりで本格的なビターチョコレートの味に近いところ。雑味をほとんど感じることがないチョコレートになっています。ポリフェノールは1粒に108mg含まれえています。多くの方がおいしさに負けて食べすぎてしまうなんてこともあるというぐらい、味には自信があるようですね。

最後に、どうしてもカカオの含有量が上がると、ポリフェノールの数は各段に上がります。しかしそれとは逆に味の方はどうしても苦みが強くなります。苦みが好きな人はカカオ86%や95%などの商品をおすすめしますが、はじめて食べるのには70%のものから試してみるのがいいでしょう。

チョコレートダイエットの口コミ

実際に痩せた人はいるのか気になりませんか??どんな風にやっていたのかも含め、減量数もお教えします!これでチョコレートダイエット始めるか始めないか考えてみてくださいね。最大2か月でマイナス6kg!早い方で1週間でマイナス3kgと言う人もいました!個人差はありますが減量効果あるようです!みなさんが多く感じていたのが便秘解消や空腹感の減少を多くの方が実感でいました。もともと間食がなかなか辞められないという方が多く試していました。ダイエット中にチョコレートを食べれる幸せ感がストレスを感じないので続けやすいとの声もありました。また嬉しいことひとつに多くあがっていたのがイライラ感が減ったという声!穏やかに過ごせるのは自分自身のために周りのためにも嬉しいですよね。やり方としては、食事の5分前に食べている人が多くビターチョコをしっかり食べている人やミルクチョコレートをひとかけと食べる量はまちまちでしたね。

チョコレートダイエットの注意点

チョコだったらなんでもいい!訳ではなかったですよね。チョコレートダイエットは成果もしっかり出せるのは立証済みですが。おそらく失敗してしまう人のほとんどが きちんとルールを守っていないから!チョコレートダイエットの基本はカカオ70%以上のチョコレートを食前に食べることです。また食べ過ぎにも気を付けましょう。カロリーと油が多いのを少しお話ししましたよね。食べ過ぎれば太りやすい食材なのは一目瞭然ですよね。きちんとルールを守ってこそダイエットは成功します。甘いものを食べながらダイエット行うにはきちんとそれを頭に入れて行いましょう。その他にはまた頭痛や偏頭痛に悩んでいる人はやめておいた方がいいダイエット法になります。その理由はチョコレートに含まれているチラミンには血管を収縮される作用があり、食べ過ぎると片頭痛を引き起こす可能性があるのです。

まとめ


チョコレートダイエットのことはわかりましたか??今コンビニやスーパでもカカオが多く含まれているチョコレートは販売されていますよね。手軽にはじめられて、ストレスも解消できるチョコレートダイエット!あなたははじめなくていいですか??