とうもろこしダイエット。ひげ茶やコーン茶でも効果がでるのは本当?

夏の季節に食べたくなるとうもろこし!茹でたては甘みも強くとてもおいしいですよね。そんなとうもろこしがダイエットにも効果があった?よくドラックストアーなどでも置かれているとうもろこし由来のお茶などの効果はどうなの?気になるとうもろこしのこと一緒にみていきましょう!

とうもろこしダイエットの効果とは?

食物繊維がたっぷり含まれている

とうもろこしには100gあたり3.0gの食物繊維が含まれています。その秘密はひとつひとつのとうもろこしの実を包んでいる皮!なんとさつまいもに比べると4倍の食物繊維量なのです。これにより便の量を増やしたり、腸の動きを助けるなどの働きが期待できるのです。

ビタミンも豊富に含まれている

とうもこしの栄養素に多く含まれるビタミン類!ビタミンB1には糖質分解効果・ビタミンB2には脂質を燃焼する効果などがあります。ダイエットにはどれも嬉しい効果ですよね。

ダイエットに不可欠なナイアシンが含まれている

ナイアシンが脂肪+糖+たんぱく質の代謝を上げてくれる役割をもっているのです! ナイアシンは体を動かす力を食べ物から吸収し使ってくれます。それによりダイエットには強い味方なのです。また血液の流れをスムーズにする力もあり肌の再生能力にも一役かっています。

とうもろこしのカロリー


とうもろこしの調理法でも変わってきますが茹でたとうもろこしは、中くらいの大きさ1本175gで173calと言われています。焼きとうもろこしは1本218calとたれなどの分少しカロリーが高いですよね。また缶詰のコーンは150gで138calとなっています。さてこのカロリーがどのぐらいかと言うと!主食として考えるとごはん1膳が150gで250cal。同じ野菜類で言えば野菜類の中で1番カロリーが高いさつまいもは150gで190cal。糖質が多い食べ物の中で比べると、とうもろこしはカロリーが低いのがわかりますね。

とうもろこしの主成分

とうもろこしの主成分は
■炭水化物(糖質)
■ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE
■カリウムやマグネシウムなどのミネラル
■食物繊維などなど
ビタミン類は緑黄色野菜に比べれば少ないですが、主食の穀類として考えると世界三大穀物とも言われるほどの栄養価の高い食材なのです。
ダイエットだけではなく疲労回復に効くアスパラギン酸や脳の機能アップにつながるグルタミン酸や免疫機能を上げるアラニンなども含まれており健康面でもたくさんの効果が認められています。

とうもろこしダイエットの効果的な方法とは?

1食置き換えダイエット

ダイエットの基本のカロリーを抑えるのが置き換えダイエット!朝や夜など1日の食事の1回をとうもろこしのみにする方法!

1食置き換えダイエットの効果

カロリーを抑えることが出来る! 白米をとうもろこしにした場合は、カロリーを1食70calも抑えることが出来ます。これは運動に置き換えたらウォーキングであれば時速4kmで歩いた場合40分前後の消費カロリーと同じ値なのです。1食とうもろこしに置き換えたことで40分のウォーキング効果が得られるのは嬉しいですよね。

1食置き換えダイエットの方法は?

3食のうち1回を茹でたとうもろこしのみを食べる!たったこれだけです。他の食事は普通に食べてOk!ただ食べ過ぎは禁物です。栄養バランスを考えて残りの2食を食べましょう。

とうもろこしのひげ茶やコーン茶でも効果的!

とうもろこしのひげを干したものはカリウムを豊富に含んだ立派な生薬!これらは南蛮毛(なんばんげ)や玉米鬚(ぎょくべいしゅ)と呼ばれています。

ひげ茶やコーン茶の効果

利尿作用により、水分代謝をよくしむくみをよくする!コレステロールを下げる!女性にとってむくみの悩みは多いので嬉しい効果ですね。また現代食でなにかと問題になっているコレステロールを下げることにも効果が期待できます。

ひげ茶やコーン茶での方法は?

ひげ茶やコーン茶は1日3杯を目安に飲みましょう!食前に飲めば食べ過ぎ防止!食中は血糖値上昇を抑える効果!などがあり、時間を決めずに飲んでも血液循環がよくなる効果もあります!カフェインレスで飲む時の注意は特にありませんが、授乳中の方は飲む時はカリウムを減らしてしまうので気を付けましょう。

とうもろこしダイエット効果的な時間とは?


基本的にとうもろこしは糖質を多く含んでいるので朝がおすすめ! 朝に食べること1日のエネルギーの元になり、お腹の調子も整えてくれるのです!!

とうもろこしダイエットに効果のあるレシピとは?

基本的にはとうもろこしはカロリーもしっかりあるのでなるべく調味料などを使わずにカロリーはとうもろこしの分だけにすればさらにダイエットの効果は高まりますよね!誰にでも出来て、調味料をほとんど使わないそんなレシピをご紹介します!

簡単おいしい!レンジでゆでとうもろこし


鍋も使わずに簡単甘いゆでとうもろこしが出来ちゃいます!材料はとうもろこし・塩・サランラップの3つのみ!まずとうもろこしの皮をむいてひげを取って洗います。洗った水分はそのままに塩を全体にふりかけてしっかりラップをしていきます。500w~600wで5分程様子を見ながら加熱します。加熱後粗熱が取れるまでラップは外さないでおきましょう!これなら誰でもおいしくできちゃいますね。

とうもろこしスープ


調味料はなんと、とうもろこしと水のみ!
手間は少しかかるけど、失敗せずに誰でも作れる!そんなレシピはいいですよね。ダイエットしながらおいしいものが食べられるのも幸せですね。

さて材料はともろこし2本に水120㏄~150㏄に塩小さじ1/8、たったこれだけです。作り方はまず、とうもろこしをを生の物を半分に切りすりおろします。縦方向にすっていき真ん中の芯の部分にあたったら場所を変えてまたすりおろし、細かめのザルもしくは漉し器で少しずつこして汁を鍋に入れていきます。
しっかり最後はザルなどにとうもろこしを押し付けてエキスを搾りだしましょう。そこに水と塩を入れて弱火にかけ、ヘラでしばらくかき回していきます。手を止めてはいけません!少しするととろみが出てきて出来上がりです。そのまま食べてもいいですし、夏の暑い時期の食欲がない時など冷やしておいて朝飲んでもいいでしょう。

とうもろこしダイエットの口コミ


みなさんの気になる口コミ!とうもろこしひげ茶の口コミとして、多く上がっていたのが甘味があり糖質を制限しているときには頼りになった!また利尿作用がありむくみがすっきり取れた!また便秘が解消されたなどの嬉しい声がありました!!

とうもろこしダイエットの注意点

ついついやってしまいなのが、食べ過ぎてしまうこと! とうもろこしには多くの糖質が含まれているので、炭水化物であるということを忘れずに食べるようにしましょう。また寝る前など休息前に食べるのもやめましょう。

とうもろこしダイエットはじめてみませんか?

とうもろこしは健康面では栄養価も高くきちんとルールさえ守ればダイエットにも効果がある食べものなのです。しかし、とうもろこしには炭水化物が多いため、健康効果があっておいしいからといって食べ過ぎないこと!これさえしっかり忘れずにいれば、簡単にはじめられる方法です。ぜひ、理想の体型を手に入れるために、とうもろこしダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。