ちくわダイエット。ちくわの持つ効果を活かしてダイエットしてみよう!

ちくわと言えば煮物やちょとしたおつまみに簡単に出せる食材!ちくわをそれだけにしか使っていないのは損?!ちくわでダイエットが出来るなんて多くの人が知らないのでは??ちくわのこともっと知ってみませんか??

ちくわダイエットの効果とは?


ちくわにはさまざまなダイエット効果があります。

■カロリーが低いため置き換えやおやつの代用に使うことで1日の摂取カロリーを減らせる
■白身魚のすり身から出来ているため良質なたんぱく質や豊富なカルシウムが取れる
■ダイエット行うにあたってコスト面でも低価格なので続けやすい

などが上げられます。

そもそもちくわとは?
一般的に練り物に分類され、ちくわもスケソウダラやアジ・ホッケなどの魚の身が原料になっています。これらをすりつぶして作ったものがちくわなのです。高たんぱく低脂質が特徴で成人病の予防にも効果があると言われている食品なのです。

カルシウムの効果

カルシウムのイメージと言えば健康な歯や骨を作るのには欠かせない存在ですよね。それに加えダイエットの効果としてあげられているのが脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるのです。

たんぱく質による代謝アップ効果

たんぱく質は筋肉を作るのに欠かせない存在ですよね。たんぱく質が少なくなることで筋肉は弱っていき基礎代謝が下がります。そうなると食べた分のエネルギーは使われずに溜まって脂肪になっていくのです。これを防ぐには良質なたんぱく質をしっかり取ることが1番なのです! 筋肉をしっかり作ることが出来れば多くのエネルギーを使ってくれるので、結果痩せやすい体質に変わっていくのです。

気軽に無理なくダイエットができる

ダイエットでは食事制限や運動などが基本ですがやはり辛いと続きませんよね?ちくわは手軽に購入でき、調理も簡単に出来る上に、空腹感を感じにくいのです!これはダイエットをはじめるとしたら、とてもいい条件ですよね。ちくわをダイエットに使わない手はありませんね。

ちくわのカロリー


ちくわのカロリーは1本30cal! 1パックが5本入りが多いので、それでも150calととても低下カロリーなのです。ごはんと比べてみると1膳が150gで250calなのでちくわで換算すると8本分です!グラム数はちくわ1パックと同じなのにカロリーにすると100calも違うのです!運動で100calを消費するとなると、ウォーキングで20分近く歩くことと同じなのです。

ちくわダイエットをやるための効果的な方法とは?


ちくわダイエットの方法はいくつかあります。

■いつもの食事にちくわをプラスする方法
■おやつをちくわにする方法
■プロテインの代わりに食べる方法
この3つが主なやり方になります!

ここでちくわの調理方法についてポイント!
それはちくわを使う際に1度湯通しすることです。塩分も含まれているちくわ!塩分のとり過ぎはむくみに繋がり血流が悪くなると体には悪影響でもあり、ダイエットの敵でもある体の冷えも起こしかねません。塩分をカットすればそれらの心配もなくなるので調理する前にぜひ行ってみて下さいね。

ちくわに置き換えるダイエットが効果的

ちくわのいいところは、味が吸収しやすい=さまざまな食材の置き換えが出来る! という点です。例えば煮物であれば大根と人参の組み合わせを、大根とちくわにすることで、ちくわの満腹感により他の炭水化物などの量が減ることで食事のカロリーを減らすことが出来ます。

おやつとして置き換えてみる

低カロリーで満腹感も出るのでおやつにはぴったり! また低価格なのでケーキやシュークリームを買うより安く済むうえにカロリーを抑えてダイエット効果までも期待できるのです!

普段の食事を減らして、ちくわをプラスする

置き換えと少し似ていますが食事の最初にちくわを食べる!こちらは食べ過ぎ防止の意味もあり、置き換えと同じようにちくわを先に食べることで普通の食事の量を減らしてカロリーを減らす方法になります!

ちくわダイエットに効果のあるレシピとは?

誰でも簡単に作れるレシピをご紹介!ちくわがヘルシーなのでなるべく調理法にも気を付けてみましょう。やはり油を使う料理はカロリーも高くなること、煮物などは砂糖を多く使うのでなるべく炒めるようなメニューを取り入れていきましょう。さてここからご紹介するレシピは時間がかからずに、カロリーオフを最大限に生かしたメニューです!ぜひ試してみてくださいね。

ちくわの磯部炒め


■材料
ちくわ200g、青のり少々、白いりごま少々、ごま油小さじ1、しょうゆ小さじ2、砂糖小さじ2
■作り方
ちくわを一口大に斜め切りにします。フライパンを温めごま油をひきます。ちくわをいれて転がしながら炒めましょう。ちくわにほんのり焼き色がついてきたらしょうゆと砂糖を入れます。調味料を入れたら箸で混ぜるもしくはフライパンを振りながらちくわ全体にたれを絡めていきましょう。調味料を煮詰めて絡めていくとおいしく仕上がります。仕上げにごまと青のりをかけて出来上がり!冷蔵庫に入れておけば3日ほどは持つので作り置きしといてもいいですね。

ちくわのマヨネーズグリル


■材料
ちくわ10本
○たれ
マヨネーズ大さじ2、粉チーズ大さじ1、にんにくチューブ2〜3cm
■作り方
ちくわに縦に切り込みを入れておきます。たれは混ぜて用意しておきます。ちくわを裏返しに巻いていきます。それを竹串や爪楊枝に2つずつ刺しましょう。アルミホイルの上に刺したものを並べ、たれを塗っていきます。トースターで5分程焼いていきます。完成したらパセリをふると見た目も鮮やかになります!またマヨネーズはカロリーハーフやゼロのもので代用してもおいしくできますよ!

ちくわダイエットの注意点


ちくわダイエットの落とし穴がふたつあります!それらが塩分と添加物! これらにさえきちんと気を付けていければ、ちくわダイエットも成功間違いなしです!ちなみにお酒によく合うのでお酒が好きな人は気を付けてくださいね。

塩分が多いので食べすぎには注意する

ちくわ1本当たり0.6gの塩分 が入っています。成人の1日塩分摂取量の目安は男性で8gとされ女性7gと言われています。また高血圧学会の推奨値は6g未満と言われています。また先進国の基準WHOでは1日5gを目標にするようにとも言われています。塩分は必要不可欠であるものの多くとり過ぎることで体にはよくないと言う事がわりますね。

添加物に注意する

ちくわのパッケージの裏に注目!加工でん紛や保存料が使われていないものを選ぶべし! 加工でん紛は食品添加物と定められており普通に食べている分には安全性があると言われています。しかしこれは日本だけの基準!他の国では注意が出されているのです。危険とは言いませんが健康にいいという訳ではないのです。また保存料に含まれるソルビン酸Kは発がん性物質かつ変異属性のある物質に変化する可能性がある添加物です。骨粗しょう症の原因になるとも言われています。ちくわを選ぶ際は裏を見ることを心がけましょう!

まとめ

ちくわは手ごろな価格ですぐに手に入る食材なので、明日からでもはじめられる手軽さもいいですよね!これに合わせて軽い運動やバランスの取れた食事を意識することでダイエット効果はさらに上がります!まずはちくわの成分をしっかり確認して食べ過ぎないことを頭にしっかり入れて正しいちくわダイエット行ってくださいね!