食べるダイエット。痩せるためにできる食事方法とは

食べるダイエット 痩せる 食事方法

ダイエットにおいて重要になってくるのが食事!ダイエット=食べないなどと思っている方!危険です。食べることは生きることと言ってもいいぐらい私たちにとってはとても大事なこと。ただ食べ方によっては、自分の体を悪くすることだってあります。さて健康的に食べながら痩せられる方法知りたくありませんか??

痩せるためにできる食事法

痩せる 食べる 方法 ポイント
意外と知らない痩せる食事方法! ダイエットをしているつもりが、正しい知識がないと間違った方法を実践してしまい、なかなか効果を得られずに挫折してしまうなんてことにもなりかねませんね。今一度ダイエット中の食事のこと見直してみませんか??

朝ご飯を食べて代謝アップ

朝食は体温を上げるには必要不可欠な食事! 朝食を取らない人は意外と多いと思いますが、朝ごはんほど大事な食事はありません。なぜならば朝食べないと体温は上がりません。体温が上がらないということは、代謝は低いまま。そうなるとカロリーが効率よく消費することが出来なくなっていまします。

2回のおやつで1日5食にする

血糖値をコントロールしていく! 食事を増やすことで、急激な血糖値の上昇を避けます。血糖値の特徴は上がるとき早く上がると落ちるのも急激ということ。この急激に上がると多く出てしまうのが体に脂肪を貯め込みやすくするインスリンなのです。血糖値は急激に下がると今度やってくるのは強い空腹感になるのです。ここで大事なのは。この2回のおやつ分のカロリーを昼食や夕食で調整することもお忘れなく!

キレイに痩せるには黄金バランスを知る

黄金バランスとは炭水化物・たんぱく質・野菜の割合が1:2:3になること! これにより脂肪を減らして、筋肉を残すことが出来ます。ダイエットにおいて大事な基礎代謝を上げることが出来るのです。

よく噛んで食べてDIT値を高めよう

DITとは食事をした後に体温が上がって、消費するカロリーのこと! 要は食べてるのに使われるカロリーのことですね。これに必要不可欠なのが噛むこと。1口食べたら30回は噛むことにより多くのエネルギーが使われるだけではなく、満腹中枢が刺激され脳が満腹だと感じてくれるので食べ過ぎ防止にもなるのです。噛むことで使われるカロリーは 1日の消費エネルギーの10%近くも食事で使っているのです。だいたいごはん1膳分のカロリーにもなります。さらに噛むことにより交感神経が刺激され、脂肪細胞の手助けをしてくれるノルアドレナリンのおかげで脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果もあるのです。またダイエットにつきもののリバウンドもしにくくなります。噛むことはいいことづくめなのがわかりますね。

食べ合わせや順番も大切

食べる順番はコース料理をイメージして! 血糖値のの機能を上手く使って自然と食べ過ぎを防ぐ方法が食べる順番がはじめに、野菜なんど食物繊維、次に肉などのたんぱく質
最後にご飯などの炭水化物!食物繊維には血糖値の上昇を抑える効果に加え、脂質・糖質の吸収を抑える効果もあります。これを最初に食べることでダイエット効果が上がりますね。次にお肉やお魚を食べることでダイエットには必要な筋肉を作る材料をしっかりとります。食べ方を気を付けるだけで個人差はありますが4か月~1年半ほど続けて6~10kg痩せられた人も言われるほど食べる順番はとても大事なのです。

お米が食べたいならお味噌汁と肉魚を食べる!

白米は糖質量もたっぷり!糖質は多くなりがちで、余った糖質は体の中に蓄えれらている! 現代人の食生活で多いのが炭水化物中心の食事!パンなども手軽に食べられて便利なのですが、糖質は高くお腹が減りやすくいくつも食べれてしまいます。そこで主食が食べたいときはまずは汁ものをしっかり飲んでからにしましょう。スープや味噌汁は体を温める食材でもあるので基礎代謝向上にもつながります。

焼肉が食べたいときは最初にキムチ

乳酸期の効果で脂肪代謝が上がる!キムチやカクテキなどの発酵食品に多く含まれる乳酸菌!また唐辛子に含まれるカプサイシンは身体を温め血行をよくする効果もあります。これにより発汗効果や弱った胃を元気にしてくれます。

どうしてもポテチが食べたいなら100%オレンジジュースを一緒に飲む!

じゃがいもは糖質が高い野菜の上に油で揚げた状態!=ダイエット的である糖質と脂質のコンビ! オレンジジュースにはミネラルやビタミンが豊富です。ポテトチップに入っている悪い油を中和する効果があります。また脂質代謝も促してくれます。

食べて痩せる食材

食べるダイエット おすすめ 食材
ダイエットにおいて強い味方をご紹介! 上手く食材を利用して更なるダイエット効果を高めましょう。

代謝促進効果のあるアスパラガス

アスパラギン酸は脂肪が燃やしやすくなる成分! また有害なアンモニアを体外に排出する力ももっています。体の毒素が減ると体は綺麗になると同時に代謝も更に上がります。

赤みの肉は脂肪燃焼効果が高い

良質なたんぱく質+豊富なビタミンが豊富!ビタミンは肝機能のお医者さんとも言われ、機能回復には必要不可欠になります。肉の中でも赤身の肉(特に羊、牛肉のヒレ)には、L-カルニチンという脂肪を燃やしてくれる成分が多く含まれています。

おすすめのダイエットレシピを紹介

食べるダイエット おすすめ レシピ
実際におすすめのおいしくてダイエットにぴったりのレシピをご紹介します。食べるダイエットで大事なことは、ダイエットにいい食べ物をおいしく食べることです。これによりストレス減りますよね。さて詳しくみていきましょう。

アスパラの豚チーズ巻き♪黒こしょうレモン味

 

■材料
豚バラ薄切り7枚(200g)、アスパラガス(塩茹でする)7本、ベビーチーズ(細長く8等分する)2個、塩適量、粗びき黒胡椒ちょっと多め、オリーブ油適量、レモンの皮(すりおろす)適量
■作り方
ます豚バラでアスパラガスとチーズを巻きます。フライパンにオリーブ油をひきアスパラの巻いたものをを並べる。調味料で味を付けてこんがりと焼いて、お皿に盛り付けレモンの皮を振りかけて完成です。

赤身肉とトマトのホットサラダ

■材料
牛肉(ステーキ用)300g、ミディトマト(半分に切る)4個、香菜(ざく切り)1束、太白ごま油(あればココナッツオイル)大さじ3、ピーナッツ(軽くつぶす)15粒、しょうが(千切り)1片、レモン果汁大さじ2、ナンプラー、塩、こしょう

■作り方
牛肉は冷蔵庫から出しておきましょう。牛肉の両面に塩、こしょうをしっかりふりフライパンに太白ごま油としょうがを加え、しょうががパリパリになるまで熱します。しょうがを別の皿に取り出し、牛肉を加えて片面3分ずつ焼き、フライパンから取り出してアルミホイルに包み温かい場所で10分ほど置き、斜めそぎ切りにしておきます。フライパンを中火にかけ、紫玉ねぎを軽く炒め、トマトを加えて全体を混ぜ合わせたらボウルに移し、ナンプラーとレモン果汁をまわしかけましょう。香菜とピーナッツを加え、スライスした肉を加えて全体を混ぜ合わせて器に盛り、しょうがをふりかけて完成です。

まとめ

食べるダイエット 成功 痩せる
食べながら痩せる方法はわかりましたか?? 細かい点がいくつかありますが、運動をしたりするのは苦手であれど、食べる方法であれば今日からすぐに実行できますよね。まず自分の食生活や食べ方をしっかり把握したうえで、どこを改善していくべきか見つけてみましょう。あなたもこれ食べながら綺麗に痩せていくことが出来るかは、あなた次第です。健康的にあなたも綺麗になってみませんか??