これでダイエット成功!おすすめの脂肪燃焼スープのレシピを紹介

ダイエット成功 おすすめ 脂肪燃焼スープ レシピ

ダイエットにおいて大事なことはきちんと正しやり方で最後までやり通すこですが、それを簡単に叶えることが出来るのが脂肪燃焼スープダイエット!明日から始めよう…とそんなことを口にしては、また明日。と永遠にはじめるきっかけをつかめないあなたにおすすめです。脂肪燃焼スープは医療現場で生まれたダイエット法なので多くの方が試して実際に成功しています。あなたもこのタイミングで生まれ変わってみませんか?

脂肪燃焼スープの基本ルール

ダイエット 脂肪燃焼スープ 基本 ルール

脂肪燃焼スープでは基本てきなルールをしっかり学び実践することが大切です。

■1週間決められたメニューを食べる
■甘いものやお酒は1週間は我慢する
■人工甘味料なども口にしない
■揚げ物やパンなど小麦粉を使った食べ物を食べない
■なるべく油も控える

飲み物はお水かお茶にする

基本的になるべくカロリーカット!飲み物の中にも糖質は多く含まれます。糖質をカットすることで体脂肪を燃やしやすくしているので、飲み物で糖質をとってしまっては意味が食事で制限をしている意味がなくなってしまうのです。

一週間のスープレシピを守る

味のアレンジはOK!必ず夕食の前に1杯スープを飲む! スープと組み合わせのメニューが多いのですが、必ずスープは飲むようにしてください。栄養補給とデトックスのために必要不可欠なのです。

アルコールは飲まないようにする

アルコールは脂肪を分解する邪魔をする! アルコールを飲んでしまった場合は1日目から再スタートしましょう。ちなみにお酒を完全に抜かないと意味がないのでお酒を飲んでから丸1日置いてからのスタートです。

これで成功する!一週間の脂肪燃焼スープレシピ

ダイエット成功 脂肪燃焼スープ 1週間 レシピ
脂肪燃焼スープの鍵はアレンジ方法!それにより飽きずにスープを飲み続けることが出来ます。毎日さすがに同じスープでは辛いですよね。味に変化をつけることで、続けていく意欲にもつながります!
一週間どんな献立がいいのか?迷ったときの参考にしてみてください。

1日目 スープとフルーツ
フルーツはバナナ以外ならなんでも食べられる。飲み物は水もしくは100%の果汁ジュースを飲む

2日目 スープと野菜
調理する際は油は使用しないで豆とコーン以外の野菜を食べてOK!夕飯はベイクドポテトも食べてもいい。

3日目 スープとフルーツと野菜
基本的にこのふたつの中であればなにを食べてもOK!ベイクドポテトは除く!

4日目 スープとバナナとスキムミルク
スキムミルクを500mlの水で飲む+バナナを3本食べてOK。水分は多めに取る!

5日目 スープと肉とトマト
赤身の牛肉なら350g~700g・鶏肉、煮魚などでもOK!最大6個のトマトを食べ最低1杯はスープも飲むようにする。水分はコップ6~8杯飲む。

6日目 スープと牛肉と野菜
牛肉は好きなだけとベイクドポテト以外の野菜を食べ、最低1杯のスープを飲む。

7日目 玄米と野菜スープとフルーツジュース
フルーツジュースは100%のものに限る!最低1杯スープは1杯を飲む。

一週間の献立いかがでしたか?
今度は具体的なレシピを参考にしてみてください!

トマト

「基本の脂肪燃焼トマトスープ」

■材料
玉葱3個 、ピーマン1個、セロリ1本、キャベツ半玉、ホールトマト1缶、チキンスープの素1個、にんじん1本

■作り方
①野菜を食べやすい大きさに切り、スープの素とホールトマトをお鍋に入れましょう。材料がひたひたになるまで水を入れ、煮ていきます。お好みの柔らかさで火を止めましょう。だいたい10分程で全体にひが通ります。

きのこ

「きのこと根菜のもやしキムチスープ」

■材料
ごぼう50g、れんこん80g、もやし1袋、むきえび70g、きのこ(しめじエリンギなど200g、わかめ適量、白菜キムチ100g、水5カップ、鶏がらスープの素大さじ1、みりん小さじ2、しょうゆ小さじ1、しょうがチューブ4センチ

■作り方
ごぼうはささがきにして水にさらしてアクを抜いておきましょう。れんこんは2ミリくらいに切り同じく水につけてアク抜きをしていおきます。えびは背ワタを取り、きのこは石づきを取ってほぐしておきます。エリンギは食べやすくスライスします。鍋に水、れんこん、ごぼう、鶏がらスープの素を入れて火にかけ、沸騰したらえび、きのこ、しょうゆ、みりんを入れて弱火で7~10分煮て、もやしとキムチを加えてひと煮立ちさせます。最後にわかめとしょうがを加えて完成です。

生姜

「たっぷりきのこ生姜豆乳スープ」

■材料
しめじ120g、まいたけ95g、えのき65g(きのこ類はどれも1パック)水200ml、豆乳200ml、鶏ガラスープの素5g(小さじ1)、生姜5g(小さじ1)、塩適量、こしょう適量、あさつき2.5g

■作り方
しめじと舞茸は食べやすい大きさに手で割き、えのき茸は3cm長さにカットしておきましょう。あさつきは小口切りにし、その他の材料も計量しておきましょう。鍋にきのこを入れ、中火でしっかりと炒め、軽く塩・コショウします。きのこは加熱すると少し粘りが出てきます。鍋にに水を加えて煮立ったら中火にし、豆乳を加えて沸騰させないように加熱していきます。鶏ガラスープを加えて溶かし、塩こしょうで味を整えたら、火を止め、しょうがを加えて完成です。生姜の量はお好みで調節してくださいね。最後に器に盛りつけてあさつきをちらして完成です。

白菜

「白菜と卵の中華スープ」

■材料
白菜3枚、ごま油大さじ1、おろし生姜小さじ1/2、卵1個、鶏ガラスープの素小さじ1、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1、片栗粉大さじ1、白コショウ少々

■作り方
白菜は繊維を断ち切るように、芯は5㎜、葉は1㎝幅に刻んでおきます。小鍋にごま油とおろし生姜を入れて熱し、香りが上がってきたらまず芯の部分を入れて、中火でしんなりするまで炒めましょう。 芯がしんなりしてきたらに葉の部分を加え、全体に油が回るようザクザク炒めます。炒め終わったら水500ccと、ガラスープの素、酒・しょうゆを加え、弱火でコトコト15分~20分、芯が透明になるまで煮込んでいきます。白菜が柔らかく煮えたら、片栗粉を同量の水で溶いて加え、とろみをつけます。最後に強火にし、グツグツ煮立ったらスープをグルグルかき混ぜながら溶き卵を加えて完成です。

豆腐

 

「くずし豆腐スープ」

■材料
絹豆腐1丁、卵1個、長ねぎ(青い部分ガオススメ)1/2本、にんにくみじん切り1片分、しょうがみじん切り1片分、ごま油大さじ1、塩小さじ1/2、酒大さじ2、オイスターソース大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ小さじ2、水600㏄、こしょう少々

■作り方
ねぎはみじん切りにしておきます。鍋ににんにく、しょうが、ごま油を入れて熱し、ねぎ、塩を入れてねぎがしんなりとするまで炒めましょう。酒を加えてひと炒めし、豆腐を入れてマッシャーや泡だて器でくずしながら混ぜ炒めます。オイスターソース、砂糖、しょうゆ、水を入れて煮ましょう。煮立ったら溶いた卵を回しかけ、塩、こしょうで味を調えます。

エビ・セロリ・もやし

「エビセロリもやしのデトックススープ」
■材料
むき海老50~70g、セロリ1/2本、もやし1袋、しいたけ2枚、水5カップ、ウェイパーもしくは鶏がらスープの素大さじ1、塩ふたつまみ、薄口しょうゆ小さじ1、しょうがチューブ4センチくらい、ごま油少々

■作り方
海老の背ワタをとっておきましょう。あとの具材は食べやすい大きさに切っておきます。鍋にごま油以外の調味料をすべていれ火にかけます。そこに具材を入れて5分程煮て海老に火が通れば完成です。お好みで最後にごま油をかけると香りがよくなります。

玉ねぎ

 

「玉ねぎと生姜スープ」

■材料
玉ねぎ大1個、生姜15〜20g、コンソメキューブ3個、水1200cc、醤油小さじ2、サラダ油少々、パセリ(あれば
■作り方
玉ねぎは半分に切り、さらに薄くスライスする。生姜は千切りにしておきます。鍋に、サラダ油少々・玉ねぎ・生姜を入れて中火で炒めます。玉ねぎが茶色くしんなりとしたら、水・コンソメキューブを入れて強火にして煮ます。沸騰してきたら弱目の中火にして、アクを除きながら15分ほど煮込んでいきましょう。仕上げに醤油を入れて味を整えます。あればパセリなどを散らして完成です。

脂肪燃焼スープの注意点


脂肪と糖質を減らしたダイエット法なので、短期集中型! これはあくまで1週間を目安に行うのがルールです。そうでないと体調を崩しやすくなったりするので、長期にわたってこのメニューを行うのはやめましょう。長いめでおこなっていく場合は脂肪燃焼スープを1食夜に置き換える方法であれば、朝と昼で足りない栄養素を補充できるのでいいでしょう。まずは自分の体の声をきちんと聞いて無理のないようなダイエットを行いましょう。

一緒に食べていいのはフルーツと生野菜

野菜は糖質が高い野菜を除けばなにを食べてもOK! 基本的に糖質が高いと言われているかぼちゃ・さつまいも・豆類・とうもろこしなどを除けば何を食べてもいいのです!ここでポイントは油を使わないことを忘れないこと!ノンオイルドレッシングは油は入っていないのですが。代わりに糖類が入っていることもあるので、気を付けて選びましょう。

おすすめフルーツは?

糖質が低いフルーツがおすすめ!フルーツの中で最も糖質が高いのがバナナです。もちろんこの糖質はお米などに含まれる糖質とは違う果糖なので炭水化物の糖質に比べると、血糖値の上昇も緩やかであると言われています。バナナの糖質量は1本当たり25g程度の糖質量になります。100gあたりは21g!糖質量が少ないフルーツはいちごやみかん、グレープフルーツなどがおすすめです。いちごにおいては100gああたり7.1gとバナナの3分の1の糖質量になりま。

まとめ

ダイエット成功 脂肪燃焼スープ 痩せる
脂肪燃焼スープは飽きずに続けていくためにはバリエーションが大事です! この他のレシピでは、カレー粉を使うものや味噌を使うものなどもあります。自分好みの脂肪燃焼スープを見つけて、おいしく食べながら痩せていきましょう。脂肪燃焼スープの正しい方法がわかったあなたたらきっと成功するこが出来ます!いつ始めるかは自分次第です。変わりたいと思ったその時がチャンスです。