太らないおやつってあるの?選び方やコツを学ぼう!

ダイエット おやつ 選び方

太らないおやつってあるの?その疑問にお答えします!今回はおやつの選び方やコツについて学んでいきましょう!ダイエットには敵とも言われているおやつ!ダイエット中だけどおやつが食べたい!と思っているかた多いのではないでしょうか?食事制限はとても辛いですよね。ここではダイエット中でも太りにくいおやつを一挙大公開!ぜひ参考にしてみてくださいね。

太らないおやつなんてあるの?

お菓子 おやつ
おやつなのに太らない?そんなものあるの?と思いますよね。現代社会は常に進歩しています。ダイエットを多くする人が増えているのも、きちんとメーカさんも把握しています。ダイエットに向いている商品の開発は常にされいて、わりとみなさん気が付いていませんが、多くの商品が発売されているのです。さてそんな太らないおやつはどのようなものがあるかみていきあましょう。

カロリーより糖質に気を付ける! ダイエットというとカロリーばかり気にしてしまいますよね。カロリーは熱量と呼ばれ、簡単いいうと体のなかのガソリンと思ってください。これがないと私たちは動けません。さて糖質とは?実は最近のダイエットの傾向で注目されているのが糖質!糖質とはどんなものか?簡単にご説明しますね。糖質は人間い取って大事な3代栄養素と言われています。

糖質は頭をつかったり激しい運動をするときに必要なエネルギー源です。糖質をエネルギーに変えているのが肝臓の役目なのですが、1度にエネルギーとして使える量が決まっています。糖質は基本的に主食や野菜に飲み物などほとんどのものに含まれており、どしても取りすぎてしまう傾向があります。これがとり過ぎてしまうとすべて脂肪に変わっていき太ってしまうのです。

食べる時間が大切

8時間以上の空腹は食べ過ぎの元! 理想的なおやつの時間は昼食から4時間ご!だいたいの方は11時~12時に昼食を済ますので3時から4時の間になりますね。空腹時間が長いとついつい食べ過ぎてしまい結果的に太りやすくなるので、間に間食をはさむことで夕食を軽くすることが出来ます。

食べるおやつ次第で太らなくできる

糖質が多いものは控える! 間食は夕食の食べ過ぎ防止に効果があると言いましたが、なんでも食べていいわけではありません。またカロリーよりも糖質を!とお知らせしましたが、カロリーも決して除外して考えてはいけません。当たり前ですが、食事と同じぐらいのおやつを食べてはな意味がないのはわかりますよね。腹持ちのよさと200cal前後のおやつであれば太りにくくなります。

太らないおやつの選び方

買い物かご
具体的に見ていくと
■たんぱく質+脂肪や繊維を一緒にとる
■カロリーの目安は200cal
■時間は昼食4時間後もしくは夕食4時間前に食べる
■小分けになっているものを選ぶ

これらを意識しておやつを選んでみましょう。

食べすぎ予防で小分けの袋のおやつを選ぶ

太りやすい人はやりがちなのが、 量をきちんと決めずに食べてしまうこと!やはりおやつはおいしいので、なんとなく食べていたら空っぽになっていいたなんてことありますよね。そうならないためにも小袋にわかれているおやつをこれだけ!と決めて食べるようにしましょう。

カロリーよりも糖質を気にして選ぶ

糖質はおやつ意外でもとっているので、おやつではなるべく控える! 3食の食事の中で糖質はどうしても多くなりがちなので、せめておやつは糖質を避けるようにしましょう。

おやつを食べても太らないコツ


■飲み物はお茶などお砂糖が使われていないもの
■ゼリーなどのカロリーが低いものより食べたえがあるもの
■血糖値をあげにくいもの

気を付けたいのは飲み物!おやつの時に甘いもの飲んでいませんか??基本的に甘い飲み物にはもちろん糖質が多く含まれています。
ちなみに糖質量と100mlあたりのカロリーをみてましょう。

ミルクココア 糖質量が74.9g 412cal
ぶどうジュース 糖質量14.4g 50cal
紅茶(加糖) 糖質量13.6g 19cal
炭酸飲料 糖質量12.8 50cal
ブラックコーヒー 糖質量0.7g 4cal
緑茶 糖質量0g 0cal

これを見ればわかりますが、飲み物にもしっかり糖質も含まれていますよね。おやつを食べるのであればお茶にした方がいいのは一目瞭然ですね。

夕食以降のおかしは食べないようにする

夕食後のデザートはズべて脂肪になる!夜はどうしてもエネルギーを溜め込んでしまう時間帯!そんな時間に食べてしまうえばどうなるか…わかりますよね。ちなみ夕食後にデザート食べたくなる人に多いのが、極端な糖質制限をしている人に多いと言われています。もしあなたが糖質制限を行っているならば、やり方を少し1度見直してもいいでしょう。体がエネルギー不足を起こしておやつを欲している場合もあります。

カロリーは200calに抑えるようにする

太りにくいとさえいるおやつの組み合わせもOK!おやつは栄養補給と考えるといいでしょう。そうすると必然的に糖質を除いた食事で足りない栄養素に目が向いていきます。

コンビニでおすすめのおやつ7選

今コンビニでは何でも売っていますよね。コンビニでも買えるおやつの糖質量やカロリーをご紹介! なんとなくいつもおやつを選んでいたあなた!今日から選び方を考えてみませんか??

ミックスナッツ

ミックスナッツ
セブンイレブンのミックスナッツは1袋83gあたり525㎉!カロリーだけ見ると心配になりますよね。これを1回で食べてはいけません。ナッツ類は油分や脂質が多いので糖質はほとんど入っていません。また噛みごたえもしっかりあるので満腹感も得られますね。食べる目安としては1日25gを目安なのでアーモンドなら25粒、クルミなら8粒、カシューナッツとマカダミアナッツなら13粒で25gほどになります。1種類を食べるのではなく組み合わせて食べてもいいですね。

茎わかめ

セブンイレブンの茎わかめは 1袋約30㎉!カロリーの低さは太にくいということが一目でわかりますね。茎わかめのいいところはしっかりとしたコリコリとした食感!噛むことで脳は刺激されて満腹感を得られます。これにより夕食の量も減らすことができれば、1日通してカロリーを抑えつつ、空腹になることなくダイエットが出来ますよね。また茎わかめはミネラルやビタミン・カリウムなどの栄養価も高く食物繊維も豊富です。

こんにゃくゼリー

マンナンライフの蒟蒻畑シリーズは1個あたり25cal!昔からある商品で、種類も豊富ですよね。食感としてはもっちりしているのでお腹にも溜まりやすいのです。普通のゼリーは製造過程で凝固剤が使われていますが、蒟蒻畑は凝固剤を使っていないためグルコマンナンという水溶性食物繊維がそのまま入っているので、便秘解消やコレステロールの抑制にも効果があるのです。1個に対して0.4gもの食物繊維が入っておりこれはキャベツ100gあたりと同じ量になるのです。キャベツ100gを食べるとなると大変ですが、これなら手軽に食べれますよね。

ソイジョイ

1本あたりのカロリーはそれぞれの種類によりますが、130~140cal前後!糖質量は15g以下の物が多い! カロリーコントロールシリーズは1本当たり80calと低カロリーかつ糖質量も7g以下になっています。ソイジョイのいいところは大豆を原料としているので糖質量は小麦に比べて6分の1と言われています。そしてダイエットにおいて欠かせないのがたんぱく質。日本人は1日のたんぱく質量が減っているとも言われています。なかなか食事だけでとるのは難しいですよね。そんな時に手軽にたんぱく質を摂れるのでおすすめです。また種類も豊富なので、その時の気分によって味を選ぶことも出来ますね。

ヨーグルト

ヨーグルト
無糖ヨーグルトであれば100gあたりのカロリーは62cal前後、糖質量は4.9g!果糖ヨーグルとは100gあたり80cal前後で糖質量は9.7g!アロエヨーグルトであれば120gで100cal前後。ギリシアヨーグルトは100gあたり63cal!ギリシアヨーグルトはたんぱく質が普通のヨーグルトに比べて3倍も入っているのです。基本的に無脂肪や低脂肪のものは糖質が高いと覚えておきましょう。

ビターチョコレート

チョコレート
1枚50gあたり295cal、糖質量は29.4g!ミルクが入っていなうカカオマスが40~60%のチョコレートをさします。苦みが強いのが特徴です。脂肪分解の強い味方としてポリフェノールが上げられます。ポリフェノールはは血流が良くなり、血中脂肪を分解してくれます。ポリフェノールの含む量は赤ワインは100gあたり0.3gですがビターチョコレートはなんと100gあたり17gも入っています。カカオ豆を丸ごと使用しているチョコレートだからこそ、ポリフェノールがたくさん含まれているためその効果も抜群です。

フルーツ

フルーツ 果物
フルーツでも糖質少なものを選ぶ!フルーツの中でも糖質が多いものと少ないものにわけられます。手軽に食べられるフルーツですが知らないうちに太りやすいフルーツを選んでいたかもしれません。
■糖質が低いフルーツはこちら!
ラズベリー100gあたり20粒前後40cal 糖質量は5.5g
いちご100gあたり40cal前後 糖質量は7.1g
もも100gあたり40cal前後 糖質量は8.9g
グレープフルーツ・オレンジ100gあたり40cal前後 糖質量は9g

気を付けたいフルーツはバナナ!バナナは100gあたり86cal!糖質量が21gといちごに比べるとなんと4倍もの糖質が含まれています。その他ではマンゴーやぶどうは100gあたり15g。またりんごも100gあたり13gと糖質量が高いので気を付けましょう。

まとめ

太らないおやつの選び方はわかりましたか??ダイエット中でも食べられるおやつがあるのは嬉しいことですよね!我慢ばかりのダイエットは続きません。正しいおやつの選び方を知ったあなたなら、きっとダイエットにも成功できるはず!ノンストレスなダイエットでキレイを手に入れましょう。