ウエストをくびれさせる方法!おすすめの方法やおすすめ商品を紹介

くびれ ウエスト 鍛え方

今回はウエストをくびれさせる方法として、おすすめの方法やおすすめ商品を紹介します。ウエストがくびれているととてもスタイルが良く見えますよね??ただくびれを作るには鍛えるのは腹筋ではないことを知っていましたか?ただ腹筋をしてるだけではあの綺麗なくびれを手に入れることは出来ないのです。さてここからはくびれを手に入れるのに必要なことを細かくお教えします。私にはくびれなんて出来ないからと諦めていませんか??くびれは鍛え方すらあっていれば誰にでも出来るもの!あなたはまだ正しいくびれの鍛え方を知らないのです。今日から正しいくびれの作り方を実践すれば憧れのスタイルも手に入れられるはずです!さぁウエストのくびれの作り方をみていきましょう。

ウエストをくびれさせる為の必要な筋肉は?

くびれ ウエスト
大事な筋肉はこのふたつ!腹斜筋と腹横筋!

あれ?腹筋ではないの?とハテナが浮かんでいる人が多いのではないでしょうか。大方の方が鍛えているのは腹筋!もちろんこのふたつも腹筋の1部ですが、場所が異なるのです。

正確に言えば腹筋は大きく3つに分かれています。その一部が腹斜筋と腹横筋!みなさんの腹筋としてイメーされる場所はだいたい前の筋肉の位置です。これが腹直筋と言う部分にあたり、シックスパックと言われる割れた腹筋の部分をさします。くびれに必要なのは、お腹の横側の筋肉とお腹の中の横の繊維で出来ているベルトのような筋肉!このふたつが重要になるので、この前の真ん中の筋肉をいくら鍛えても素敵なくびれはあらわてこないのです。実際これを知っている人はあまりいないのでご安心くださいね。今わかればいいのです。そうすれば改善策は見つかるのですから!さてこの前の筋肉以外を詳しくみていきましょう。

腹斜筋とはなに?

腹斜筋は2つの筋肉から構成されています。それが外腹斜筋と内腹斜筋と呼ばれています。簡単に言うと言葉通りですが外側が外腹斜筋、内側が内腹斜筋とイメージしておいてくださいね。ここの筋肉の主な働きは姿勢を正しく保つことや、体をひねる時や体を曲げるときに使うことになります。また腹圧や排便を助ける力も持ち合わせ内臓の位置を保つためにも大事な筋肉になっています。

腹横筋とはなに?

腹横筋は腹斜筋のひとつ内側の筋肉の内腹斜筋よりさらに奥にある筋肉をいいます。お腹の中のベルトのような存在とも言われています。ここの働きはお腹が出ないように腹圧を高める効果や背骨の腰の部分を支える役割があります。腹斜筋と違う所は、体の動きには直接的には関わりがないところ。また運動した時の激しい呼吸を整えたり、内臓の位置を保ったりする働きもあるのです。

くびれができるメリットとは

くびれ ウエスト
女性にとっては嬉しい効果がたくさんあるのをご存知ですか?

くびれが出来ることによりメリハリのある女性らしい体型になれる!!男性からも一目置かれる存在になれるのは間違いありません。とここで、ウエストとヒップの黄金比があるのを知っていますか??
ウエストとヒップの比率が7:10!これがモテ&愛され系女子の体型なのです。
詳しく見ていくと、ウエストが56cmのときは80cmのヒップが黄金比率!意外と自分のウエストやヒップを計るタイミングがないので、これを機に自分のウエストとバストの数値を知ってみるのはどうですか??明確な目標を立てることが綺麗になる第一歩になります。くびれが出来ることはさらなる効果もまたらしてくれます。バストも大きく見えるということ。もうくびれさまさまですよね。ウエストが締まっているとバストは高さも横幅もあるので大きく見えます。前から見たときはウエストの絞れ具合が重要なのです。ウエストにくびれが出来るだけで女性としての魅力が倍増するのは間違いありません。

さてここからは詳しくそれぞれの効果も見ていきましょう。

姿勢を正しく出来る

姿勢が悪い人に綺麗な人はいません。 これはどちらも言えるのですが姿勢が正しい人が綺麗に見えるのかはわかりませんが。背筋がピンとしていると綺麗に見えますよね。綺麗に見えるだけではなく、正しい姿勢をとることはお腹や腰回りの体の中心に力を入れている状態になります。実はそれだけでも簡単な筋トレと同じ効果になるのです。猫背の人は内臓が下がりやすく脂肪が付きやすいとも言われておる、くびれにとっては嬉しくないことだらけですね。

腹筋を鍛えることでお腹周りも引き締まる

腹筋を鍛えることでポッコリお腹もひっこむ! これは体の内側にも効果があるのです。それが便秘の解消!便秘の原因のひとつにいきむ力が足りない=筋肉が足りないとも言われています。便秘はお腹が出てしまうだけではなく、体の中に老廃物も溜めてしまうので、いいことはなにひとつとしてありません。腹筋を鍛えることで、お腹の中と外から両方アプローチすることで、綺麗なくびれを手に入れることができるのです。

くびれを作るために必要なコツはなに?


■筋トレ、エクササイズ、ストレッチ
■骨盤の歪みを治す
■生活習慣の見直し(食事や入浴法)
■便秘を解消する
■猫背を治す
■くびれグッズを使う

まずは自分で出来ることが多いですよね。筋トレ等については下で詳しくご説明しますね。
骨盤の歪みは、女性はなりやすいとも言われています。それは妊娠や出産のために骨盤が開きやすくゆがみやすいから。どうしてもなりやすい症状のひとつなのです。骨盤は身体の中の大事な土台部分です。これを支えているのが腹筋と背筋などの大きな筋肉です。これらの筋肉がなくなると更にゆがみは強くなり綺麗なくびれは遠のきます。筋トレと合わせて骨盤を正しい位置に戻すことを行うことでより早く美しいくびれを手に入れることが出来るのです。

生活習慣の見直しについて少しお話しをすると、お腹まわりのお肉はどうしても余分なエネルギーが原因と言われています。これらは脂っこいものやジャンクフードが原因です。まずは食生活の見直しをしましょう。またお風呂でしっかり体を温めることもとても大事なポイントです。今シャワーだけで済ませているならば、まず体を温めることからはじめましょう。くびれには冷えが大敵なのです。飲み物なども出来たら常温や温かい物を飲んだ方が脂肪の燃焼が早まります。

おすすめのエクササイズ!

ねじりエクササイズ!

腹斜筋のストレッチも兼ねた筋トレになります!意外と体をねじる動作は普段しませんよね。腹斜筋の血行がよくなりいらないお肉の代謝もあがることは間違いなしです!脂肪が減れば綺麗なくびれに一歩近付けます。ここでのポイントは反動で体を使わないことです。横っ腹をしっかり意識してゆっくりとした動きで負荷をかけていきましょう。

脇腹を鍛えるツイストクランチの方法をご紹介!
ただの腹筋運動にプラスひねりながら行う方法です。かなりきついですが効果は期待出来ます。
まず仰向けに寝て手は軽く頭を支えましょう。膝を90度に曲げて、上半身を丸めるようにしながら頭を持ち上げます。次に左脚を曲げて引き寄せるようにしながら右脚は真っ直ぐ伸ばします。右ひじと左膝がくっつくようにして腹筋に力を入れましょう。ここから元に戻して反対側も同様に行っていきます。最初は辛いはずなので足は曲げたままで持ち上げず、上半身だけ左右にひねる運動でも十分効果が期待できます。とにかく反動を使わずに、使っている筋肉を意識するのがポイントです。

筋トレでくびれを作る

おすすめのサイドブリッジ+脚上げ!

体幹と腹斜筋を一気に鍛える筋トレ!また足をあげることで更に負荷を高めることができます。体幹の筋肉が弱いと内臓を支えることが出来ずに体のラインも崩れていくので、同時にこのふたつを鍛えられるトレーニングは効率がいいですよね。くびれに必要な腹斜筋を鍛えて内臓をあるべき場所に戻し綺麗なボディラインを作っていきましょう。

それではサイドブリッジの方法をご説明!
まず横向きに寝て片方の肘を床につき、両足を揃えて伸ばします。目線は正面に向けます。次に腰を床から浮かせて体を1直線にしていきます。この時肘は肩の真下にくるのが正解です。呼吸をしっかりしながら20秒ほどキープしましょう。これを反対も行っていきます。まずはこの体制になれることからはじめてくださいね。少しずつ時間を伸ばしていき、20秒が楽にこなせるようになったら、片方の足を天井にむけて肘をついていない方の手を胸の前において足をあげてみましょう。筋肉がないとなかなか支えられず、危ないので、まずはサイドブリッジをマスターしてくださいね。また行う時は肘で体を支えることのになるので、柔らかいマットなどをひいてやってみましょう。

ストレッチでも効果的!

ストレッチは、たるみを改善したり引き締め効果がある!ストレッチをすることで、筋肉がほぐれ血流がよくなります。そうすると脂肪の燃焼効果も早くなるのです。

これならば誰でも出来る寝ながらストレッチ!

■寝ながらストレッチ1
柔らかい床でうつ伏せで寝ます。腕を使って上半身を少しずつ起こしていきましょう。そのまま気持ち良いと感じるところで止めて5秒キープ!息をしっかり吐きましょう。次に体を右にひねって5秒キープします。この時もしっかり息を吐きます。これを左右両方行い、ゆっくりと元の体制に戻していきましょう。これならばテレビを見ながら、寝る前など簡単に取り組めますね。

■寝ながらストレッチ2
柔らかい床で仰向けに寝ます。右ヒザを90度に曲げ、股関節も90度になるようにしてヒザを床に近づけましょう。この時顔は右側に向けます。左手でヒザの辺りを押してあげると、気持ちよく伸ばせます。筋肉を伸ばすときは必ず息を吐きましょう。上半身が横を向かないように、右肩が床から離れないように意識しましょう。そのまま5秒キープして、そのあと体を元に戻していきます。左足も同様にやっていきましょう。

どちらも寝ながら出来るのが簡単でいいですよね。ここでのポイントは筋肉をほぐすイメージで、気持ちがいいところで止めて、息をしっかり吐くことがポイントです。息を吸って吐くことで血流の流れをよくすることに効果もあるのです。

腰回し運動でくびれを作る!

まずは腰の筋肉をほぐすことがポイント!使っていない筋肉はまずはほぐしてあげるように、必ず準備体操をしましょう。きちんと筋肉を使う準備をすることで筋トレの質は格段に上がるのです。腹斜筋を動かし筋肉をほぐしていきます。それでは腰回しの方法を見ていきましょう。

まず足を肩幅ほどに開き、軽く膝を曲げます。次にウエストのくびれの部分を意識して腰を左右に大きく10回程振ります。大きく円をかくようなイメージやってみてくださいね。それが終わったら今度は前後に大きく10回程振ります。前に出すときはおへそを上に向けるイメージでm後ろに出すときはお尻を振り上げるイメージで行うとやりやすいです。腰とお尻を右に8回、左に8回回します。この動作を1セットとして1日に3セット目安にやってみましょう。

くびれを作るためのおすすめグッズは?

ダンベル ダイエットグッズ
あなたは今は筋肉が足りずにくびれが出来ていないのか?それとも骨盤のゆがみなどが原因でくびれができないのか??まずは自分のくびれが出来ない理由を知ることが大事!それによって必要となってくるグッズも必然的に変わってくるのです。

コルセット

こちらは骨盤の歪みでくびれが出来ない人におすすめ!骨盤の位置を正しくすることで美しいくびれを手に入れる!

■価格 2550円
■効果
薄くてズレないぴったりフィットする骨盤矯正のコルセットになります。産後やダイエットにはぴったりの商品です。3重ベルトでしっかり骨盤を引き締めて正しい骨盤の位置にするのを補助します、ベルトの幅は自由自在に動かすことが出来るので自分の体型に合わせて調節することができます。筋トレと合わせて行うことで骨盤を正しいいちに戻して美しいくびれを手に入れることが出来るのです。
■使い方
まずベルトを骨盤部分に合わせてしめます。3重ベルトをそれぞれずらして自分の体のラインに沿わせて整えていきます。

腹筋ローラー

こちらは筋肉量が足りずにくびれが出来ない人におすすめ!腹筋を鍛えるならこれ!と言ってもいい商品に間違いありませんね。芸能人の方でも使っている方も多いのです。

■価格 1580円

■効果
短時間で簡単にお腹の筋肉をはじめさまざな筋肉を鍛えることが出来ます。またコンパクトで収納にも便利なこのグッズ!腹筋や腹斜筋を鍛えることが出来るのはもちろんのこと、体幹の大きな筋肉を鍛えることもできるます!これにより筋肉がつくことで基礎代謝があがり脂肪の燃焼が効率よく行われて痩せやすい体質になるのは間違いありません。

■使い方
始めて使う方は最初は無理せずに膝を曲げてはじめるのがコツ!早く効果をだいたい!そう思って遠くに遠くにやろうとすると、腰を痛めてしまうのでまずは自分の体に無理のない距離で行いましょう。だいたいの目安の回数ですが、筋肉は疲れされることが目標です。筋肉が使う=筋肉を壊して強くしているので、回数を気にするより筋肉に効いていると感じることが大事なのです。少しきついなと思ったところから何回か行う癖をつけるとより効果が上がります。

■ここで選ぶときはどんなものがいい??
タイヤの大きさや太さなどをしっかりみて頑丈な物であり、グリップは握りやすいかどうか・グリップの太さなど自分の手に合ったものを選ぶようにしましょう。またストッパー機能がついているものと膝を保護するために専用のマットがついているものを選ぶといいでしょう。

まとめ

ウエストがくびれると女性としての魅力が上がるということがわかりましたね! やはり女性は何歳になっても綺麗にいたいですよね。そのためには努力は欠かせません。今の自分のお腹で満足ですか??1度しかない人生をそのぽっこりおなかのままでいいですか??自分の今の状況としてくびれが出来ない理由をきちんと把握することがまずくびれを作る第一歩です。原因がわかれば後は、努力してくのみです!このくびれ作りのいいところは必ずやった分だけ自分に返ってくるこです。もちろん1日2日では無理ですが、ここまであなたの体は何年もかけて出来上がっているのを考えれば、そう簡単にいくはずはないですよね。ですが続けていれば必ず効果はあります。なぜならば私自身が経験したことだからです。あなたも今日から出来ることはじめてみませんか??