お尻痩せ。女性は結構見られてる?おすすめのマッサージ方法とは

お尻痩せ 女性 おすすめ マッサージ方法

女性にとって悩みが多いのがお尻!お尻は女性の象徴でもありますが、そんな素敵なお尻の女性は数少ないのです。デニムやタイトスカートなどの、お尻の形が出るものを履いて悲しくなったことありませんか??プリッとした女性らしいお尻とは、かけ離れた横に大きなお尻!実は男性も意外と見ています。綺麗な誰もが憧れるようなお尻を目指すにはなにをするべきか一緒にみていきましょう。

おしりを小さくする方法

お尻痩せ 女性 小さくする 方法
いろいろなことを試したのに一向に小さくならないお尻!お尻を小さくするにはどうしたらいいのか途方にくれている方にお教えします!

おしりを小さくするには、脂肪でも筋肉でもなく、骨のケアをすること!つまり、おしり部分の骨である「骨盤」がポイント!骨盤がお尻を小さくするの?ますますハテナが多くなってきましたね。ゆっくり説明していきましょう。

もちろん筋肉を鍛える、おしりの脂肪を減らすことはお尻を小さくするうえで必要なことなのですが。1番早く結果をだすとなると、このふたつは時間がかかるのがデメリットでもあります。ですがこの骨盤の内側の骨はけっこう簡単に整えることができるます。骨盤は女性は特に出産などで開きやすくなっています。また普段の生活のくせによって簡単に開いたり、ゆがんだりしてしまう特徴があります。骨盤が開いていると、おしりを小さくするどころかおしりは横幅が大きくとてもスタイルの悪いお尻になってしまいます。それだけではなく、内臓下垂を引き起こしぽっこりおなかの原因になったり婦人病にかかりやすくなったり、O脚やX脚の原因になったりと、骨盤が開いていてもいいことはないのです。そして骨盤が歪むとおしりの筋肉の付き方にも影響が出て、本来つくはずのないところに余分なお肉も付きやすくなるのです。

骨盤の歪みを整える

お尻痩せ 女性 骨盤歪み 整える
骨盤は本来チューリップ型のはず! 出産や普段の日常生活中のクセなどで、開いてしまったり、歪んでしまうことで、骨盤はゆがんだり傾いたりします。骨盤は本来は平行であるべきもの。ですが腰骨が右左のどちらかが高いなど、傾いている状態になることがあります。こうなってしまうと、左右どちらかのおしりが大きくなったり、おしりを小さくする上での問題になります。

また骨盤の傾きは、左右だけでなく前後にも起こると言われています。骨盤が後傾してしまうと、猫背やおしりが垂れる特徴があります。またそのせいで脂肪がつきやすくなるのですそして前傾してしまうと反り腰になっておしりを突き出すようになり、出っ尻になったりとおしりを小さくする上では前後の骨盤の傾きも気を付けたいところなのです。

骨盤のエクササイズ方法

お尻痩せ 骨盤 エクササイズ
骨盤はセルフケアでも正常な位置にもどすことが出来る!

1.骨盤ベルトで矯正する
骨盤ベルトを着けておけば、骨盤は正しい位置に固定され、骨盤に連動している背骨もスッと伸びますから、正しい姿勢が取りやすくなるのです。正しい位置に骨盤が固定されるようになれば、余分な脂肪も付きにくくなるメリットもあります。お尻の形を整えるためには、必要な筋肉を正しい位置につけるために、骨盤ベルトは強い味方になりますね。

2.骨盤矯正下着を着用する
骨盤矯正効果があり、履くだけで骨盤を内側に締めておしりそのものを小さくしてくれます。またお尻周りは冷えやすいと言われていますが、補正下着の多くは冷えからも尻を守ることにより血流をよくしお尻の思慕燃焼の効果を維持するのです。

3.ストレッチを毎日行う
ストレッチにおいて骨盤を矯正することもできます。腰をひねる感じで、ゆっくり痛くない程度を目安にしましょう。

まずあお向けに寝て、両膝を立て足裏は床につけたままにします。次に両膝をつけたまま、足をゆっくり右に倒しましょう。肩が床から離れないように注意して、息を吐きながら倒していきます。息を吸いながらゆっくり足を戻し、左側も同様に1~2分程度行うのです。とても簡単なのですぐに取り組むことが出来ますね。。

マッサージを行う

お尻は脂肪が多く、実はむくみや冷えが進みやすいパーツ!冷えることによりさらに脂肪を溜め込みやすくなります。そうなってしまうとなかなかお尻痩せは難しくなります。脂肪が頑固なセルライトになって落ちにくくなる前にしっかりマッサージで血流を改善して、脂肪をため込まないようにしましょう

ここからは具体的におしりのリンパマッサージをしてみましょう。

まず脚を少し後ろに引いて立ちましょう。脚を伸ばしてかかとが離れないくらいを目安にしましょう。両手の手のひらで太もものつけ根あたりから腰まで少し力を入れてさすり上げしょう。ここでセルライトが気になる人はゴリゴリ強めにマッサージしてもいいでしょう。お尻の横の肉も腰の後ろまで寄せていくイメージで揉みほぐしていきます。これを5回ほど繰り返します。下から上へ強めにさすり上げてくださいね。脚を反対に換えて同様のことを繰り返します。お尻の上、腰の真ん中あたりにあるリンパ節に集めた老廃物を指先に少し力を入れてさすって流し込んでいき、両手をグーにしてリンパ節の周辺を三角形を描くようにしましょう。ポイントはおしりを下から上にこすり上げ、腰の真ん中のリンパ節に集めましょう。

マッサージを行うときは、マッサージクリームや乳液などで肌を保護しながら行いましょう。お尻は黒ずみなどにもなりやすい場所なのでなるべく摩擦の軽減を意識しましょう。

お尻を小さくする筋トレをする

お尻を支える筋肉は使わなければどんどん衰える! お尻痩せを長い目で考える場合は筋トレは欠かせない存在です。お尻を支える筋力をつけて垂れるのを防ぐことで、代謝もア上がり脂肪も燃えやすい環境になります。筋トレの種類によれば、骨盤のバランスを整える手助けにもなり。骨盤をあるべき場所に戻すことも可能です。筋トレひとつとっても、お尻を鍛えるとこんなにもメリットがあるのです。

エクササイズ方法


おすすめは簡単に出来るヒップリフト!こののフォームで重要なポイントがあります。それはお腹と膝が直線になるまでお尻を上げたら、そこで息を吐きながらとまること!とても簡単でシンプルなトレーニングですが、そこを意識するだけで効果が大きく変わってくるので、しっかり意識して行いましょう。

ヒップリフトの方法!
まず仰向けで寝ます。そこから足を90度に曲げて落ち着かせます。手は、30度ほど開いてリラックスできるところに置きましょう。そこからゆっくりお尻をグッと持ち上げます。お腹と足の膝が直線になるまでお尻をあげたら、しっかり息を吐きながら止まりましょう。しっかり大臀筋の収縮を感じたらゆっくりおろしていきましょう。

正しい歩き方を心掛ける

正しい歩き方とは、股関節を使って歩くこと!たったこれだ!ここで気を付けるポイントはお尻は振らずに歩きましょう。股関節を使うことにより、膝を曲げずに歩くことができますが、実際やってみると正直かなり不自然なポーズになりがち!股関節に意識がいき過ぎてしまったり、膝を伸ばそうとして変な歩き方になってしまうのです。そうならないためのポイントが、背筋をピンと伸ばすことなのです。これにより自然に膝が伸び、股関節を使って歩くことができるのです。股関節で歩くことができるようになれば、お尻を持ち上げる筋肉が鍛えられたるみが減るのでツンと上向きのお尻を手に入れられます。また股関節周りのリンパの流れが良くなる関係で、お尻周辺の老廃物が流れ小さく引き締まったお尻にもなれるのです。

エクササイズ方法

■歩く時には膝も伸ばす。
■出来るだけ大股で歩く
■足の裏全体を使って歩くことを意識する
■しっかりと踵で着地をし、つま先で地面を蹴る感覚で歩く
■ヒップの穴に力を入れて歩く
■肘を曲げて大きく振りながら歩く

これを意識することでお尻痩せの効果は更にUPします。

大股で歩く

身長(cm)×0.45~0.5=あなたの大股の目安! 大股歩きで鍛えられる筋肉は、骨盤と太ももをつなぐインナーマッスルの腸腰筋になります。この腸腰筋の役割は、スムーズな歩行のコントロールや骨盤を安定させて美しい姿勢を保つことになります。

大股で歩くときは、すねやふくらはぎに加えて、太股の前と後ろ、おしりや腹筋など下半身はもちろん、お腹周りの筋肉も使っています。要は下半身強化にもなっています。また大股で歩くことは筋肉が大きく伸びたり、縮んだりするので、筋肉の収縮がさらに筋肉を刺激し成長因子が分泌されダイエットにはもってこいなのです。大股で歩く場合の一日の歩数目標はは6,000歩ほど!。普段の日常生活で歩くことがありますが、その歩く際に大股にすればいいだけなのです。

足上げエクササイズを行う


バックキックはお尻に効果的! バックキックまたはドンキーキックと呼ばれるお尻を綺麗に鍛えるエクササイズになります。お馬さんの体制になってから、片足を曲げた状態のまま後ろに向かって持っていくだけ!曲げた足が股関節を中心に半円を描くようなイメージで行いましょう。これにより大殿筋と股関節、腸腰筋といったお尻まわりの筋肉すべてをまんべんなく鍛えることが出来るのです。

お尻痩せを目指す為に注意すべきこと

お尻痩せ 注意 姿勢 内股
姿勢に気を付けていく! お尻は体の歪みをダイレクトに受けてしまいやすいので、正しい姿勢で骨盤を正しい位置にしておくことを意識しましょう。

足は組まない

足を組むことで、どちらかの骨盤が常に上がっている状態! 当然骨盤の位置はおかしくなってしまいます。同じ方向の足ばかりを組むようにしてしまうとそういった癖がついてしまい、骨盤自体もそのような形でゆがんで形状記憶されてしまいます。骨盤が歪んだ状態になってしまうと、背骨が曲がり骨盤が開いてねじれた状態になり、猫背になったり体のラインが歪み、スタイルが悪く見えるのです。

エクササイズやマッサージは継続する

続けることがお尻痩せには必要!筋肉は1日では付きません。姿勢も1日では治りません。しっかり意識して過ごすからこそ、成果が出てくるのです。焦らず、自分のペースを貫くのも大事なことです。

長時間はなるべく座り続けない

座り続ける場面が多い現代!同じ体制は血流の滞りが起きやすくなる!デスクワークや通勤、通学、ソファーに座ってテレビや本を見るなど、私達は一日の大半を座っていると言ってもおかしくありませんね。この座ることはやめられませんが、お尻や太ももが圧迫されるため、血行やリンパ液の流れが悪くなるのも事実なのです。これにより代謝が落ちて脂肪の蓄積やむくみが生じやすくなってしまうのです。これを改善するためには、1時間に1度は立ち上がってストレッチなどを行うようにしましょう。

内股に気を付ける

内股はお尻が大きく広がりやすくなる!ダイエットにおいて重要なリンパ節がある股関節や膝が内向きにねじれた状態を内股と言います。この内股がクセになるとどうなるか?というと下半身にさまざまな症状が出てきます。太もも外側がパンパンに張ってしまったり、垂れ尻やもも張りなどが引き起こされてしまうのです。
T

肛門を締めて歩く

お尻の穴をしっかり占めることでインナーマッスルが鍛えられる! 歩くときh常につま先を真っ直ぐ前に向け膝をあまり曲げないように意識して歩き、後ろの足が地面を蹴る感覚で歩きましょう。この時、お尻の穴を締めることで、ヒップアップに繋がります。それはインナーマッスルが鍛えられるからなのです。お尻の穴を占めるとインナーマッスルの1つ骨盤底筋を鍛えることが出来るのです。 さらに骨盤底筋を鍛えることにより、ヒップアップだけでなく女性の下半身のトラブルの改善にもなると医学的に証明もされています。お尻の穴に力を入れるだけで、体にとってもいいことが多いのです。。

まとめ

お尻痩せ マッサージ方法 ヒップアップ
お尻を小さくするには、生活習慣を見直し、姿勢を正して、筋トレを行う!それが1番の近道のようですね。ちなみに理想のお尻の大きさの計算式があるのをご存知ですか?今の自分のお尻との差を見てみることで、目標が明確になります!お尻・ヒップの理想的なサイズ(cm)=身長(cm)×0.53
自分にとっての理想のお尻のサイズがわかればあとは、そのために努力をするだけですね。やらなけらばどんどんと大きくなるお尻!そのままにしておきますか??