下腹のダイエット方法。ぽっこりお腹の解消はどうすればできる?

下腹 ダイエット方法 ぽっこりお腹 解消

上半身はすっきりしているのになぜか出ている下っ腹!年齢を重ねて更に出てきた気がする!今気が付いたならば、まだなんとかなるかも?!どんどん大きくなる下っ腹今食い止めないと後で大変な思いをすることになりますよ?さてどうしたらそのぽっこりお腹がすっきりするのか見ていきましょう!

下腹がぽっこりする原因

下腹 ダイエット方法 ぽっこりお腹 原因

下腹が出ているあなた!痩せていても意外と出ている人もいるのが多いのがこの部分ですよね。ぽっこりお腹が出ていると、幼児体型に見えるだけではなくウエストラインがもたつき、おしゃれも楽しめませんよね。

あなたの下腹が出てしまう理由はどれに当てはまりますか??
■年齢に伴う筋肉の衰え
■便秘やガスが溜まっている
■骨盤が開いていたり歪んでいる
■内臓が正しい位置ではない
■反り腰である
■病気の可能性
これらが下腹が出る主な原因と言われています。それでは詳しくそれぞれを見ていきましょう。

お腹周りの筋力の低下

筋力の低下のサインを見逃がさないで!悲しいことに年齢とともに、筋肉は鍛えなければ衰えていくものになります。最近お腹周りがやたらとお肉が付き始めたなと感じているのであれば、腰やお腹回りの筋肉が衰え始めている体のサインなのです。お腹周りは元々の役割の内臓を守るという点から、脂肪が付きやすい場所ともいわれており、筋肉がなくなればそこにお肉がつきやすい状況に陥りやすいところなのです。

筋肉が内臓を支えきれない

筋肉は内臓を守る大事な役目!ただその筋肉も衰えてしまう!筋肉は衰えると内臓を支える役目を旗うことが出来ません。もともとある位置からどんどん下の方に下がってきてお腹が出てきてしまっていることが多いのです。

骨盤がゆがんでいる

歪みによりあるべきところに内臓がない!内臓を支えるには大事な骨盤と筋肉!筋肉が衰えて役目を果たせずにいると骨盤にも影響があります。もちろんその逆もあり得るわけですね。骨盤はたくさんの骨が集まって構成されています。毎日の生活で元々歪んだり開いたりするものなのです。その特徴として骨盤は朝に締まって夜に開くという状態をを繰り返しているのです。本来ならば骨盤はしっかりその特徴通りに開閉を繰り返すのが、歪んでいると上手くできなくなります。そして歪みが激しいままにしておくと、骨盤が閉じない開状態になってしまいます。骨盤が常に閉じない状態であれば、必然的に内臓は下がってきてしまい、骨盤周りにお肉がつきやすくなるのです。

ここで骨盤のゆがみチェック項目!
□長時間同じ姿勢でいることが多い
□座る際に横座りをする
□足を組む癖がある
□立っているときにどちらかの足に体重をかけて立つことが多い
□いつもバックは同じ方向で持つ
□女性の場合スカートがよく回る

これらの項目に当てはまる行動が多い人は骨盤が歪んでいる可能性があります。また毎日きちんと排便も出ていて運動もしているのに下腹が出ている場合、骨盤の歪みが原因であるかもしれませんね。

お通じがあまり良くない

慢性的な便秘も下腹が出る!便秘は続くと便が腸内で腐ってしまい毒素をもったガスが腸内にたまってしまいます。腸内にある毒素はインドールやスカトールなどになりますが、これらが腸内に充満すると、腸そのものの機能が悪くなるとも言われています。厄介なのが便秘を治そうと下剤を飲んで便を出しても溜まったガスは排出されずに残ってしまうのです。ただ出すだけでは意味はなく根本の便秘を改善しないと再び腸内に便が溜まり、より強いお腹の張ってしまうという悪循環になるのです。

腸がむくんでいる

むくみ腸とはご存知ですか?私たちは手や足がむくむように、腸が水分を含んで状態をむくみ腸と言います。このむくみ腸の原因は、腸内の血液の流れが悪くなり、うまく水分排出がされないことと言われています。特徴としては、よく下痢をしたり、おならが臭い、食事を減らしているのに体重が減らないなどの症状がみられるようです。健康な大腸とむくんでしまった大腸の写真を見比べてみると、大腸内部のひだがむくんでいるので一目瞭然と言われています。

下腹に効くトレーニング

下腹 ぽっこりお腹 解消 トレーニング

下腹をすっきりさせるために必要な筋肉は腹直筋・腹斜筋・腹横筋!簡単に説明すると腹直筋とはお腹の真ん中の筋肉をさします。鍛えるとシックスパックになると言われている部分!腹斜筋はお腹の脇の部分の筋肉をさします。腹横筋は斜筋の奥にある横の繊維で出来ていてベルトのようにお腹を守っている筋肉になります。これらの3つを鍛えることがポイントです!

空中自転車こぎで脚やせも狙う

空中で自転車こぎを行うことで下っ腹と一緒に太もも・ふくらはぎ・下っ腹も鍛える!これのいいところは、場所も道具もいらないので簡単に始められます。腰痛がある方少し気つけるポイントとして、上体を起こさずにやってください。

具体的なポイントとしては足を開いて行うと太ももに内側に負荷が掛からないので。足を横に開かず、体の正面で動くように行います。余裕がある方は、逆回転もおすすめ!慣れて足を一回転する毎に呼吸も一回するなど、腹筋や呼吸もしっかり意識すると効果も上がります。最後に反動に任せてやるのではなくゆっくりと2~5分かけて行うのが効果的です。

インナーマッスルを鍛える


体の軸を支えるインナーマッスルを鍛えるのは、下腹をすっきりさせる近道になります。

寝ながら足上げ体操

1日10回を目標にしましょう。まず両手を広げても問題がないスペースを確保し、そこに両手を広げ寝そべりましょう。足は揃えて伸ばし上からみると漢字の「十」のような形となるような体制です。その体制から、両足だけを直角になるまであげましょう。上げる時も、下ろす時も必ずゆっくり行います。下腹にしっかり意識を集中をしてしっかり筋肉を使っていきましょう。

足あげ強化版

先ほどの寝ながら足上げ体操に更に負荷をかけたもの!両足を直角に上げたあと更に天井に向かって足を延ばします。この時に腰も浮かします。最初はぐらついたりしますが、バランスを取りながら呼吸も意識して行いましょう。これはかなりきついですが、下っ腹の筋トレには効果は絶大です。

ドローインで簡単にぽっこり解消

体幹トレーニングのもっとも基礎的な方法!ダイエットの効果はもちろん腰痛改善にも効果がある!
ドローインとは呼吸方法!やり方は、息をゆっくり深く吸いながらお腹を膨らまし、ふくらみきったら息を細く長く吐きながらお腹をへこませるたったこれだけです。そこからお腹の空気がもうない!という状態でキープします。まずは10秒を目安に少しずつ時間を伸ばしていきましょう。意外とやると辛いのです。辛いということはしっかりお腹に効果があるということになりますね。

骨盤の歪みよくしてお腹をすっきりさせる!


骨盤の歪みを矯正するポイントは、股関節と腰仙関節!そしてこれらを支えるインナーマッスルが重要。関節を十分に動かし、骨を支える内側の筋肉を鍛えるエクササイズにもっうてこいなのが簡単な方法はお尻歩き!お尻歩きは骨盤の位置を正しくするだけではなく、骨盤を支えるインナーマッスルも鍛えることが出来るのです。方法はまず両足の膝を伸ばして床に座りましょう。骨盤の左右を前後させながら、お尻で歩くように前に進でいきます。前へ30歩、後ろへ30歩ほどを1セットとし、毎日3セットを目安に行うと効果的です。ポイントとしては背筋をしっかり伸ばして行うことと手は腰に当てながらお尻に合わせて動かすましょう。

ぽっこり下腹解消の為に食べたい食べ物

ぽっこり下腹 解消 効果的な食べ物

体の中からぽっこりお腹を撃退する!それに必要なのは善玉菌!私達の腸内にはたくさんの細菌が住んでいます。それぞれの働きによって善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類に分かれています。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方する菌=その場に応じて良くも悪くも働く菌ですね。善玉菌が増えるほど、腸内環境が良くなってくるのはみなさんもわかりますよね。

善玉菌の中でも代表的な菌は乳酸菌とビフィズス菌!ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品に多く含まれます。乳酸菌の主な働きを見てると、糖質を分解して乳酸や酢酸を作りだし、腸内の掃除をしたり、腸内を酸性にして、有害菌の増やすことや有害物質を作りだしたり、体内に取り込むの防いでくれます。それに腸のぜん動運動を活発にし、便秘をよくする力も持っています。乳酸菌は腸内環境をよくするスペシャリストと言ってもいい存在ですね。

またオリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなって、その活動をサポートしてくれるので同時に摂取すると更にいいですね。

食物繊維たっぷりのキノコ類

きのこは不溶性食物繊維が豊富に含まれている!不溶性食物繊維とは胃や腸で水分を多く含んで膨らむ特性があり、便のかさ増しに効果があると言われています。また満腹感を得ることが出来るのでダイエットはもってこにいの食材!この不溶性食物繊維は腸の老廃物を外へ出す力も持っているため便秘の解消にも役立ちます。

腸内環境を良くする発酵食品

乳酸菌という言葉を聞くとヨーグルトなどに乳製品を思い浮かべる人がおおいですよね。実は発酵食品にも乳酸菌は多く含まれています。発酵食品は微生物等の菌の働き作用で発酵させ加工された食品のことをさし、具体的に言うとヨーグルト・納豆・鰹節・キムチや漬物・味噌・醤油などにも含まれているのです。

まとめ

下腹 ダイエット方法 ぽっこりお腹 綺麗なくびれ

下っ腹をすっきりさせるにはあなたにはなにが必要でしたか??まずは自分がどうして下っ腹が出てしまっているかの原因がわかれば、対処の仕方もわかりますね!ただお腹が出てきたなと思っているあなた!そのままにしておいていいのですか??なにもしなければ変わりません。ですが今日から自分に出来ることをはじめれば、1か月後・半年後・1年後の自分の下っ腹は見違える姿になっているかもしれませんよ??