腹筋ダイエットは効果ある?おすすめの腹筋を鍛える方法を紹介

昔はただ痩せていることが綺麗とされてきましたが、今はどうでしょう?インスタグラムなどのSNSで綺麗に割れた腹筋をのせるモデルの方も多くいますよね。正直自分には無理だろうな…と思っている方も多いかと思いますが。正直きちんと正しい腹筋を行えば、綺麗に引き締まったお腹を手に入れることが出来るのです。ダイエット効果があるのか?どのぐらいで効果はでるのか?気になることをひとつずつ解決していきましょう。

腹筋ダイエットの効果は?



■お腹の引き締め
■筋肉が増えることで基礎代謝の向上
■太りにくい体になる
■姿勢がよくなり血行促進になる
■腸内環境が整う
■ダイエットの成功のサポート

1番効果があるとされるのはお腹周りがすっきりすること!お腹がでているとものすごくスタイルが悪く見えます。このポッコリなお腹は直るといいことがたくさんあるのです。

まずは内臓や骨盤の位置を正しい位置に戻してくれることにより、内臓や骨盤位押しつぶされていた血管やリンパなどが正常に働きはじめます。そうなると血流がよくなったり、冷え性が改善したりします。体温が上がることはダイエットにおいても健康にとってもとてもいいことです。基礎代謝は体温が1度上がると12~13パーゼントも代謝率があがると言われています。
代謝率が上がるということは燃費のいい体になったといことです。そこで筋トレを行うことで、基礎代謝をより一層強めることが出来れば効果はさらに上がるのです!また腹筋が付くと自然と背筋が伸びるようになります。姿勢が悪いと体全体のバランスが崩れてしまうので、正しい姿勢になることで自然とバランス調整をし、血流促進や冷え性の改善などに役立ってくれているのです。

意外な所では腸との関係!腸が綺麗になるのはダイエットの近い道とも言われてるぐらい大事な場所です。腹筋が付くことで腸の働きが活性化され、老廃物が溜まるのを防いだり、便秘解消にも効果があるのです。

ただ、腹筋ダイエット自体はすごい減量効果や全身がすぐに痩せるというダイエットではありません。しかし確実に筋肉がつくことで脂肪が減り、体のラインが細く見えるのは間違いありません。有酸素運動やバランスのとれた食事なども意識すると効果が上がるでしょう。

腹筋ダイエットはどのぐらいで効果が出るの?

ここを先にお話しすると、やり始めるのを迷う方も出てきてしまうかもしれませんが…正直にきちんとお伝えしますね! 腹筋ダイエットは2週間は期間が必要です!ただ効果は必ず出るのがポイントです!

みなさんもわかると思いますが、夜腹筋をして次の日になったらお腹が割れていたなんてことありませんよね。このダイエットは続けることが1番のポイントです。そんなに長くやるのか…と思うかもしれませんが、筋肉がしっかりつけあまりもだらしない生活に戻らなければ持続することが可能なのです。

またダイエットにおいて筋肉はかかせない存在です。食事制限だけで一旦体重は落ちて筋肉も落ちてしまい痩せにくい体質になるのと、コツコツ続けて筋肉がついて痩せやすい体質になった方がよくはないですか?
長い目でみるちどちらがいいか考えてみてくださいね。

腹筋ダイエットはどの部分に効果があるの?


腹筋ダイエットはやり方により鍛えられるところはまちまちですが、おすすめの腹筋ダイエットであれば腹筋のすべての部分に効果がありますよ!

まずはここで腹筋は1つの筋肉だと思っていませんか?腹筋は4つの筋肉から成り立っています。
それが腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋と言います。これらの役割を知ることでどの部分を鍛えることが必要なのかがわかります。

腹直筋(ふくちょくきん)

シックスパックと呼ばれる部分ですね。最も表にある筋肉が腹直筋です!お腹の真ん中あたりで胸骨の一番下のあたりから骨盤の下にある恥骨部分にかけてつながっている筋肉をさします。みなさんが腹筋というとイメージする部分ですね!日常では体を起こしたりする動作で使います。その他には姿勢を保ったり、咳や排便などの腹圧を高める役割なども担っています。

外腹斜筋(がいふくしゃきん)

脇腹の1番外側の筋肉がこの筋肉です。肋骨から骨盤側へと下方向に走っています。日常ではひねる動きに大きく働いています。この筋肉は腹直筋と同じように骨盤を引きあげる効果もあるのです。ここを鍛えるとわき腹からおへその当たりに走るHラインを作ることが出来ます。

内腹斜筋(ないふくしゃきん)

外腹斜筋より内側にある横腹と脇腹の位置にあるこの筋肉は、内臓や骨盤を包んで守る役目があります。日常では体をねじる時に使われたり、かがんだときに外腹斜筋と一緒に使われることがほとんどです。コルセットのような形で私たちの大事な臓器を守ってくれています。ここを鍛えるとくびれができて寸胴の解消になるのです。

腹横筋(ふくおうきん)

お腹の1番深い位置にある筋肉でインナーマッスルとも呼ばれています。この筋肉の働きは内臓を正しい位置に保つ役割や体幹を安定させる役割をになっているのです。ここ鍛えることで腹横筋をでっぱったお腹を引き締めてくれてウエストを絞ることもできます。

ここでポイント!インナーマッスルは体の奥にある深層筋と呼ばれる部分になります。ここを鍛えることに体のラインは綺麗に見えるのです。それに加え代謝が上がりやすくなるので、ダイエットにはここを鍛えるといいということになります。インナーマッスルは、通常の外側の筋肉を鍛えるよりも簡単とも言われています。そしてインナーマッスルに更なる効果をもたらしてくれるのがドローイン!これについては次の項目で詳しくご説明しましょう。

腹筋はひとつではないことがわかりましたね。自分がどの位置を鍛えているかをきちんと把握することが筋トレでは大事なポイントになってくるので、しっかり覚えておきましょう。

おすすめ腹筋ダイエットの方法は?

腹筋ダイエットの常識を変えた?!ドローインを取り入れた2週間で痩せられる方法をご紹介!!

まず、ドローインとは?
体幹トレーニングのもっとも基礎的な方法のひとつ!ダイエットやまた腰痛改善にもいいとされています。
ドローインとは呼吸方法のことをさします。息をゆっくり深く吸いながらお腹を膨らまし、ふくらみきったら息を細く長く吐きながらお腹をへこませます。お腹の空気がもうない!という状態でお腹をキープします。10秒を目安に段々と伸ばしていきましょう。これがドローインの方法です。これを腹筋と組みあわせた方法がこれからやる5秒腹筋ダイエットになります!

テレビでも話題になった5秒腹筋ダイエットをご紹介!これならば2週間でマイナス3kgの効果も実証済みです!このやり方を考えたのは元陸上教官の体育教官経験者の松井薫先生!やり方は簡単です。4つの動作を行うだけ!!

1つめは、基本の5秒腹筋(1日10回3セット)
2つめは、腹斜菌を鍛える5秒腹筋5秒腹筋(1日左右各10回×3セット)
3つめは、腹横筋を鍛える5秒腹筋(1日10回3セット)
4つめは、腸腰筋を鍛える5秒腹筋(左右交互に合計10回3セット)

基本の5秒腹筋とは

はじめに基本の5秒腹筋は、手をグーにして頭の後ろにあてます。そこからお腹を丸めながら息を吐いて5秒キープ!これが基本の形です!この方法で4種類の動作をやる!たったこれだけ!イメージとしては空き缶を潰すようなイメージで体を丸めていくことだそうです。これは普通の腹筋の効果の5倍と言われているので、この方法で30回行えば150回分の腹筋をしたことと同じなのです。

腹斜菌を鍛える5秒腹筋

基本の腹筋の応用編!わき腹をねじりながら上体を横に倒していきます。この状態で5秒キープします。

腹横筋を鍛える5秒腹筋

は、うつ伏せの状態で両肘をつき、右手で丸をつくり左で添えます。そこに頭を乗せてつま先と手肘足の3点で体を支えます。お尻をゆっくりとあげて全身でアーチを作りましょう。そこからまた5秒キープです。そのあとは床にお腹がつかに程度に体を下げてください。最初は膝をついてやってもいいでしょう。

腸腰筋を鍛える5秒腹筋

腸腰筋を鍛える5秒腹筋は、姿勢を正して椅子に座り両手を机の上に置きましょう。左足を地面から上に持ち上げて両手は机を押します。この状態で5秒キープです。左右交代でやっていきましょう。

これを2週間続けて行った結果、中性脂肪が下がりウエストがマイナス5cmになり1番は体重がマイナス3kgも落ちたという点ですね。

スクワットで腹筋を鍛える


スクワットは下半身のみの筋トレだと思っている方が多いのですが、正しいスクワットを行うと自然に腹筋を鍛えることが出来るのです!なぜならスクワットをやる際にお尻を下げていくときに上半身は前のめりにならないように力をいれて姿勢を保ちますよね?この姿勢を保つことは腹筋を鍛えることと一緒なのです。

これは体幹を鍛えることにも繋がります。またスクワットは足の大きな筋肉や全身の筋肉を鍛えますよね。それにより基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすくなります。そうなってくるとお腹周りの脂肪も必然と落ちてきますよね。

スクワットは、腹筋などの筋肉を刺激しながら、筋肉を育てる上に、さらにはお腹周りの脂肪も落としてくれる効果もあるということがわかりますね。スクワットで効率的に腹筋を鍛えるのもひとつの手ですね。ここでも呼吸を意識するのもお忘れなく!

腕立てで腹筋は鍛えられる?

腕立ては腕にしか効かない?それは違います。ただの腕立てでは確かに腕にしか効きませんが、合わせ技をするこで腹筋も鍛えることが出来ます!それがこの方法!ドローインと一緒に行う!さきほどもお話ししましたが、ドローインは呼吸方法なのでどの筋トレと組みまわせても大きな効果が得られるのです。

おすすめ!腹筋ダイエットグッズ!

腹筋の王道アイテム!アブローラー


腹筋を鍛えるならこれだよねと言って誰もが納得する商品!ジムでもちろんやるのはいいけど、仕事の関係であまりいけない、高いグッズはちょっと手が出せないなど始めたいけど色々な理由で始められていない人におすすめです。値段も手ごろなで買えますし、なんて言っても自分の好きな時間に出来るのも忙しい人には嬉しいですよね。

鍛えられる腹筋は、腹筋と呼ばれる4つの部分に加え、体幹の大きな筋肉を鍛えることもできます。これにより基礎代謝があがり脂肪燃焼しやすい身体=痩せやすい体になっていけるのです。ちなみにはじめて使う場合は、膝を曲げてはじめましょう。急にやり始めて腰を痛める人も多いので自分の体と相談してやりましょうね。また筋トレは回数ではなく、筋肉にどれだけ負荷をかけられたかが大事なので、あまり回数にこだわる必要はありません。なにも考えずに行う100回より、筋肉の使っている場所を意識した10回の方が効果が高い事もあるのです。きちんと追い込みたい人はきついなと思ってやめるのではなく、そこから何回か頑張ると効果はぐんと上がりますよ。

腹筋ローラ正直たくさん種類がありすぎてわからないですね。ポイントとしては、タイヤの大きさや太さなどがしっかり作られているもの!また手を握る部分のグリップは持てるなら試しにもってみて自分の手にフィットしたものを選びましょう。またストッパー機能がついているものがいいでしょう。最後にアブローラーを使うと膝が痛いとなる人も多いので、膝を保護するためのマットを用意するといいですね。

バランスボール

ボールで腹筋ダイエットが出来るの??このバランスボール鍛え方が何通りもあるのが飽きずに色々な筋肉を鍛えることが出来るのです。また手ごろな価格なので、取り入れやすいですね。ここのデメリットは場所をとることぐらいでしょう。体幹を鍛えるのにも効果があると言われています。

諦めるのはまだ早いかもしれません


腹筋ダイエットはさまざまな組み合わせにより効果が上がってくるのです。バランスのいい食事に湯酸素運動これに腹筋をたして行えば、脂肪の燃焼は間違いありませんね。ただ気を付けなればいけないのは、運動不足の方が急にやりはじめると怪我をしやすくなります。まずは準備体操にストレッチを行い、基礎代謝をあげるための腹筋やドローインを行うことからはじめましょう。
回数ではなく、きちんと腹筋を意識して行うか?なのです。効果のない腹筋では意味がありませんよね。慣れてきたら少しずつ負荷をあげたり、スクワットや腕立て伏せとの合わせ技もいいですね。今のあなたのお腹はどんな状況ですか?今一度鏡で自分の姿をよく見てみましょう。今からでも遅くありません!やるかやらないかはあなた次第ですよ??