肩甲骨ダイエット。グッズを使って肩甲骨ダイエットを成功させよう!

肩甲骨ダイエット?!肩甲骨のまわりをほぐすだけで痩せやすい体質になれることご存知ですか?あなたは知らないうちに痩せにくい体質になっているのかも…それもこの方法され知れば見違えるようなスレンダーなカラダになれるかもしれませんよ!さて肩甲骨ダイエットの全貌をご紹介しましょう。

肩甲骨ダイエットとの効果は?


■老廃物をしっかり流すことにより、血流がよくなる
■脂肪の燃焼を助ける褐色脂肪細胞を刺激し痩せやすい体質になる
■冷え性や肩こりなど生理痛が軽くなった
■バストアップにも効果がある

老廃物がたまることでむくみや太りやすくなると言われています。肩甲骨をしっかり動かすことにより血流がよくなり新陳代謝もあがり、脂肪を溜め込みにくい体になります。肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が多く集まる場所と言われています。褐色脂肪細胞とは??口から入った栄養分の脂質や糖質をエネルギーとして使ってくれる役割をもっています。これらが増えることで脂肪を燃やしやすい状態になるのです。それを増やすには肩甲骨をしっかり動かすこと!それにより痩せやすい体質になるということです。また肩甲骨の動きがよくなると骨盤の開閉もスムーズになると言われています。骨盤が正しい位置になることで、基礎代謝が上がり痩せやすくなるとも言われてています。

肩甲骨をしっかり動かすことによりリンパの流れがよくなります。それにより体全体に血が巡り冷えやコリなどに効くと言われれています。また肩甲骨と骨盤はつながっているため、骨盤のゆがみなどが改善されることにより骨盤の中にある子宮にもしっかり血液が回ります。それにより生理痛が軽くなることもあるのです。また女性にとってさらに嬉しい効果としてバストアップ!肩甲骨が固まってしまうとどうしても肩が前に出る姿勢になり猫背になってしまうのです。そうなるとバストは下垂していきます。肩甲骨を動かすことにより肩が開きやすくなることで、自然とバストを支える位置が変わりバストアップにつながるのです。

■肩甲骨の正しい位置ってどこ?
肩甲骨とは背中側の肩の下にある出っ張った骨のこと言います。 手のひらぐらいの大きさで逆三角形の形が特徴です。腕を後ろにひくと左右対称に出てくる骨の部分ですね。その見た目から天使の羽と呼ばれたりすることもあります。肩甲骨は鎖骨とは繋がっているものの、背中の肋骨とは繋がっておらず、体の内部で浮いているような状態なので、とても不安定な骨になのです。

■ここであなたの肩甲骨の固まり具合をチェック!すぐに出来ることのなので、自分がどのぐらい肩甲骨が動かないのか確認してみましょう!

まず腕を曲げた状態で腰に当てます。反対の手で腕を真横に引っ張ってみましょう。たったこれだけ!!

まず、後ろに腕を回すのだけで痛かった人は…固まり具合100%
次に後ろに手を回し腰に当てるので痛かった人は…固まり具合80%
腰に当てて反対の手でひっぱると痛かった人は…固まり具合50%
比較的に簡単に真横に引っ張れた人は…固まり具合30%以下

固まり具合が80%以上の人は肩甲骨の動きが相当悪いので、きちんとストレッチをして肩甲骨の固まりをほぐしていきましょう。

肩甲骨はがしはどんな効果があるの?方法は?

現代社会で使う頻度が高いパソコンや携帯電話。その作業を行うときどうしても前かがみになりますよね。そうすると肩甲骨が固まりやすい状態になります。肩甲骨ストレッチを1日5分するだけで、肩甲骨が自由に動くようになり、血の巡りがよくなることで、肩こりや脂肪を燃やすしやすくなるんのです。さて具体的な方法をご紹介!いきなり始めると筋肉を痛めるので、まずはじめに行う準備体操的なものから行いましょう。

■肩回し
肩に手を置きゆっくりと大きく回していきます。

■肩甲骨ストレッチ
まず立ったまま息を吸い肩を耳に近づけます。次に息を吐きながら元の位置に肩を戻していきます。今度は息を吐きながら肩を下に下げていきましょう。そしてまた息を吐きながらゆっくり元の位置に戻します。

■肩甲骨ストレッチその2
まず立った状態で腰に手を当てます。息を吸いながら肩を上げます。肩甲骨が動いているのを意識しましょう。最後に息を3秒吐きながら肩を下げます。これを5回程続けます。

■自宅で行う四つん這いストレッチ
朝の起きる時に行うのがおすすめです!両膝を揃えて四つん這いになります。足のつま先を立てて息を吐きながらかかとの上におしりを乗せていきます。このとき上半身は倒して両手を前方に伸ばします。かかとの上にからお尻を離し天井にお尻を突き出します。このときしっかり深呼吸をして肩甲骨が伸びているのを意識しましょう。そこから右手は前に出したまま、左肩を地面にくっけるようにし左腕を右わきの下に入れていきます。この時は左の肩甲骨を意識してください。次に逆を行い右の肩甲骨を意識して行いましょう。

■ちょっとした時間でも出来るくねくねストレッチ
手をクロスした状態で顔より上にあげます。これがきついとなると肩甲骨の動きが悪いとう証拠です。そのまま左右に左右に回転させていきます。5回転を3セットを目安に行うとだいぶ肩甲骨は楽になります。

■オフィスでも出来るのびのび体操
両腕を頭の上にあげ指を組みます。この時手のひらが天助にむくように。左右前後に動かし、最後に頭の上で円をかいてみましょう。この応用編としては背中の後ろで指を組み息を吸いながら肩甲骨を中央に寄せましょう。次に息を吐きながら上を持ち上げて状態を曲げます。お辞儀をするようなイメージで!息をゆっくり吸いながら身体をおこしましょう。

おすすめ!肩甲骨ダイエットの方法


■肩甲骨をしっかり動かすストレッチを行う
■呼吸を意識する
■行うタイミングは目覚めてすぐと寝る前に行う

呼吸を整えることで自律神経を整えることにも繋がってきます。しっかり息を吸い吐くことで自然と腹式呼吸を取り入れることが出来ます。それにより交感神経から副交感神経に切り替わります。副交感神経は食欲をコントロールするとも言われいるのでダイエットには嬉しい効果ですね。また疲れも溜まりにくく免疫力も高まるのです。
朝このストレッチを行うことで交感神経を優位にすることが出来ます。それにより体内の血の巡りがよくなり体温が上がり目覚めもすっきりします。これにより1日元気に過ごすことが出来るのです。

タオルを使った方法


タオルの端を持ち、肩幅より広く幅を取りながらばんざいのように手を上げましょう。その体制のまま手を下げて首の後ろで肘をしめるよな形をとります。これを10回~15回を1日3回行いましょう。

ボールを使った方法

おうちにあるもので出来る簡単なストレッチ方法!それがテニスボール。やり方としては仰向けで横になり、肩甲骨の下あたりにテニスボールをいれます。そのまま腕を開き肩甲骨の筋肉がこわばったりしないように力を抜きます。その状態から腕を上下にゆっくりと動かしましょう。テニスボールがずれないように気を付けながらやるようにしましょう。また痛みが強すぎて出来ない場合は立って行いましょう。壁と自分の間にテニスボールを入れて力を調節してやりましょう。体重のかけかたで圧を変えられるのはいいですよね。

チューブを使った方法


チューブを使うことで更に肩甲骨を効果的に動かすことが出来るか見ていきましょう。チューブを使った肩甲骨のほぐし方はとても簡単です。チューブはアマゾンや楽天などで安く買えるのでチェックしてみくださいね。手に入りやすい価格のものが多くあります!さてここからは実践編!まず両足を閉じてチューブの上に立ちます。チューブの端を持ちゆっくりと左右に開いていき、腕は肩の高さまで上げていきましょう。この時腕を上げる時にしっかり息を吐きましょう。10回を1セットととして、慣れていたら回数を増やしていきましょう。

肩甲骨ダイエットおすすめグッズ!


ここでおすすめなのが「ストレッチポール」
なんとテレビでも紹介された商品です。これで30kg痩せることが出来たという減量の実証がされているのがこのストレッチポールなのです。ストレッチポールは体のゆがみを改善すると言われており、肩こり・膝痛・腰痛・冷え性・むくみ・などの体のさまざまな問題を解決してくれます。これを使うことで体のゆがみを直しながら痩せることができ、綺麗な姿勢にしてくれるのです。

やり方はとっても簡単!専用のポールの上に寝ころんでストレッチをするだけ!これにより代謝を上げる効果があり、結果的に脂肪が燃えやすい状況になるのです。

方法としておすすめなのが「鳥のはばたき運動」やり方は鳥の羽を動かすような動きをポールの上で行います。手を広げたり閉じたりすることで肩や肩甲骨周りの筋肉をほぐしてくれるのです。
価格はまちまちですが、安いものであれば1800円~DVDの解説などがついているものだと3万円前後とだいぶ差があります。まずは気軽にはじめられる手ごろなお値段の物を買って試してみてはいかがですか??

あなたにはどの肩甲骨ダイエットが合っていましたか?

あなたの肩甲骨は今どの状態ですか?自分の肩甲骨の固まり具合をチェックしてみることが大事です!固まり具合がひどい人はそれが原因で痩せにくい体質になってしまっているかもしれません。肩甲骨がしっかり動くようになればダイエット効果はもちろんいいことがたくさんありますよね。まずは簡単にはじめられる肩甲骨周りのストレッチを行い、痩せ体質を目指してみませんか?