デトックスヨガで日々の疲れや毒素を排出しよう!

Young woman doing yoga in a beautiful setting

現代社会は科学技術の高度な発展で経済的にも豊かになり、便利で快適な生活が送れるようになってきましたが、その反面、ますます激化する競争社会や管理社会の中で、多くの人がストレスを感じています。そのストレスが原因で代謝が落ちてしまい、体の中の不要物がうまく排出されずに体調を崩す人も多くいるのです。ここでは、ヨガによるデトックスで、代謝を回復させて日々の疲れや体内の毒素を取り除く方法を紹介します。

日常生活で体に毒素がたまる理由


少し前の時代にはなかったデトックスという言葉ですが、なぜ今はこのように毒素を洗い流すことが推奨されているのでしょうか。昔に比べ現代人は、毒素が溜まりやすい環境の中に晒されており、その最たるものが食事で、食品に含まれる大量の添加物が原因になっています。昔は食品添加物などほとんどなかった時代でしたが、添加物が開発されたことで、いろいろな味を再現できたり、味に深みを持たせたりすることが可能になりました。しかしその反面、添加物は化学物質でもあり、私たちには消化ができない物質が体の中に蓄積され続けると、体調を崩したり病気になったりするのです。では、毒素はどのようにして摂取され、体にどのような害を及ぼすのか、またそれらの毒素をどうしたら健康的に排出できるのでしょうか。

コンビニや冷凍食品に含まれる添加物

忙しい現代人にとって、コンビニは欠かせないお店の一つとなっています。朝、通勤途中で朝食を、お昼には会社近くのコンビニで昼食を、夜も一人で手軽に食べられるコンビニ弁当など、毎日利用する人も多いことでしょう。では、コンビニ弁当に貼ってある成分表をご覧になったことはあるでしょうか。そこには、お弁当が腐敗して食中毒を起こさないためにたくさんの添加物が記載されています。以前このような話がありました。あるコンビニ店の店長さんは、自社のお弁当の品質向上のため、研究を兼ねて毎食お弁当を食べていたところ、あるときから原因不明の頭痛に悩まされ始めたといいます。病院で診察してもらった結果、驚くべきことを医師から言われ、なんとその店長さんは栄養失調だったそうです。弁当に栄養がなかったわけではなく、大量に入れられた防腐剤や添加物が体にたまっていった結果、その他の重要な栄養素がいき渡らなくなってしまったのでしょう。

大気汚染で有害物質を取り込んでしまう


また食品だけではなく、日常の生活でも私たちの体は危険にさらされています。たとえば最近騒がれている大気汚染などもその一つです。自動車の排気ガスやダイオキシン、硫黄酸化物や窒素酸化物など、あげればきりがなく、また自国で発生している脅威とは別に、隣国からの黄砂やPM2.5などの物質の脅威にもさらされているのです。

ストレスが原因で代謝が悪くなる

元々人間には、自然浄化装置ともいえる仕組みが備わっていて、体に有害な毒素を溜めないように、便や汗といった代謝で体外に排出しています。しかしその代謝の働きも、心身ともに健康であれば問題なくできるのですが、とかくストレス社会と言われている現代では、その代謝能力も低くなってしまっています。代謝能力が低くなれば当然体内に毒素が残ってしまい、それらが活性酸素を生み出し体の細胞を錆びさせてしまうので、ストレスは老化を早めてしまう要因になっているのです。

ヨガがデトックスに良い理由


このストレス社会において、心身ともにリラックスできる状態を作り、体内の毒素を効率よく排出するにはどうしたら良いのでしょうか。一番簡単なことは落ちてしまった代謝能力を回復させることですが、いきなりジョギングや水泳を始めようとしても難しい方もいるでしょう。そんな方々に最適な運動がヨガで、ヨガは呼吸法を通じ、心身ともにリラックスをしながら行う体操の一種であり、筋力がない方や運動が苦手な方でも、できる範囲で無理なく体を動かすことができます。深い呼吸法を使いゆっくりと行う運動ですが、全身を使う運動なので、代謝を促したくさん汗をかくことができるのです。さらにヨガは畳一畳分のスペースがあればどこでもできるので、ちょっとした時間の合間を利用して行うことができるのも魅力の一つです。

内蔵を刺激して消化機能を高める

ヨガで重要な呼吸法は、血液や脳に意識をして酸素を送ることで、それに加えヨガのポーズで内臓に刺激を与え、本来の代謝を目覚めさせることが目的です。ヨガのポーズには代謝を促すポーズが多々あり、その一つがねじりのポーズと言われるもので、これは呼吸法と一緒に行い体内循環を促進することで、その結果老廃物の排出を促し、細胞一つ一つに栄養をいき渡らせる効果があります。

深い呼吸で血液とリンパの流れをよくする

私たちの体に流れる血液とリンパ液という二つの川は、非常に密接に関係していて、この二つの川が滞ってしまうと体調を崩してしまいます。血液の循環は心臓が担っていますが、リンパ液の循環は実は筋肉の働きで全身を巡っているため、普段運動をしない人や筋肉をあまり動かさない人は、リンパ液の循環が滞っている可能性があります。リンパ液の循環が滞ると、余分な水分や老廃物、毒素などが体にたまりやすくなり、むくみなどが起こりやすくなってしまいます。そこでおすすめするのが、呼吸法によるセルフリンパマッサージで、これは直接リンパをマッサージするのではなく、呼吸法により筋肉と内臓を刺激することでリンパの循環を促していくのです。呼吸法によりリンパを刺激する方法は、ゆっくり深く呼吸をする、いわゆる腹式呼吸を行います。まず仰向けに寝て、おへそのあたりに両手を重ね、鼻からゆっくり深く息を吸って、お腹を膨らませます。次にお腹いっぱい吸った息を、今度は口からゆっくり吐き出しながらお腹をへこませます。これを二回ほど繰り返せば、腸のリンパを上手に流すことができ、むくみ解消や免疫力アップ、ダイエット効果に美肌効果など、さまざまな効果が表れます。

汗をかいて老廃物を流す

運動をして汗をかいたときや岩盤浴やサウナに入ったときに、すっきりした感覚を覚えたことがあると思いますが、それは汗と一緒に体から毒素が抜けたからで、汗はかけばかくほど体外に老廃物を排出してくれます。そのほかにも、汗をかくことには体調を整える役割があるので、免疫力が高まりストレスや病気に対する抵抗力が生まれるのです。

デトックス効果があるヨガポーズ

ヨガは、呼吸法と合わせてゆっくりとしたストレッチ運動で体を動かします。ヨガのポーズにはたくさんの種類があり、すべてのポーズでデトックス効果が期待できるのですが、ここでは各目的に応じた最適なポーズをいくつか紹介します。

内臓に刺激を与えるガス抜きのポーズ

お腹がゴロゴロしたり、便秘や軟便でお悩みの方におすすめなのがガス抜きのポーズです。ガス抜きの基本となるポーズは、仰向けに寝て両膝を抱え、息を吐きながら両腕でひざを胸に引き寄せ上体を起こします。このとき、太ももを下腹に押しつけ、お尻を持ち上げながら呼吸をすると、自然にガスが抜けます。難しいと感じる方は、片足ずつ行っても同様の効果が得られます。ほかにはコブラのポーズがあり、これはまず両足をそろえてうつぶせに寝ます。手のひらを肩の横に置き、息を吸いながら、おへそは床に付けたままで上体をそらし、その状態のまま呼吸5回ほどの時間静止したあと元に戻します。このポーズはお腹以外にも、肩こりや腰痛の予防にも効果があります。

代謝を上げるカエルのポーズ


代謝を促すには大きな筋肉を動かすことが重要ですが、そこで注目したいのが大腿四頭筋、いわゆる太ももの筋肉です。大腿四頭筋は人間の体の中で一番大きな筋肉で、この筋肉を刺激することで代謝アップを図ることができます。やりかたは、まずうつぶせに寝てかかとを腰のあたりまで持っていき、息を吸いながら手のひらで足の甲を抑え込むようにして膝関節を曲げ、太ももと足首を伸ばしながら上体をそらし、リラックスします。これはかなり難易度が高いポーズなので、慣れるまでは片足ずつ行ってみましょう。

全身の筋肉を伸ばす三角のポーズ


このポーズは簡単に全身の筋肉を伸ばし、腰痛や便秘、冷え性の改善、さらにはウエスト周りを引き締めるなどの効果があります。まず両脚を肩幅より広めにとって立ち、左足のつま先は正面、右足のつま先は90度開きます。両方の腕をまっすぐ肩の高さまで持ち上げ、床と並行にして左右へ伸ばし、手のひらは下に向けたままゆっくり肩甲骨を開いていきます。次に息を吐きながら上体をゆっくりと右に倒していくのですが、このとき右手でつま先をつかむイメージで、脇腹がしっかり伸びているのを意識しながら行います。そのまま左手を天井に向けて伸ばし、目線は左手の先に向けたままで、呼吸をしながら30秒ほどポーズをキープします。上の肩を伸ばしながら元の姿勢に戻していき、足を変えて反対側も同じように繰り返します。慣れないうちは腰を痛める可能性もありますので、難しいと感じる方は壁などを使って、適度に行うようにしましょう。

胃腸を刺激するねじりのポーズ


ねじりのポーズには、筋肉や関節をねじることにより、体内の循環を促して老廃物を上手に排出する効果があります。ねじりのポーズにはさまざまなポーズがあり、そのほとんどが首から肩、腰にかけてのストレッチで、肝臓や腎臓に効果があるのです。半分の魚の王と呼ばれるねじりのポーズのやり方は、まず脚を伸ばして座り、片方のかかとを反対側のお尻の下につくように内側に曲げます。もう片方の脚の膝を立ててその曲げた脚をまたぎ、膝を立てた脚とは逆の肘を外側にあてて上体をそらしながらねじります。このポーズは、首や肩、腰の筋肉を伸ばし、背骨を中心に刺激します。また、ウエストをねじりながら呼吸するので脂肪燃焼効果も期待でき、さらに肝臓や腎臓を活性化し、消化機能の安定や月経の周期も整えてくれます。

まとめ

便利で快適な生活が送れるようになってきた反面、現代社会ではストレスや有害物質にさらされずに生活することが難しくなり、私たちの体は常に危険にさらされています。健康な毎日を送るには、日々の疲れを取り、体内の不要物を排出することがとても大切です。食生活の見直しを図るとともに、デトックスヨガを実践し、疲れ知らずの元気な体で毎日を過ごしましょう。