ハーブティーがデトックスに効果がある秘密は?

ヨーロッパなどでは古くからハーブを生活に役立てた歴史があり、日本でも自然志向の人に注目されています。そんなハーブを使ったハーブティーは、デトックス効果もあります。以下ではデトックスの秘密について紹介しますので参考にしてみてください。

デトックス効果のあるハーブティー


人間の体は、どんな環境にいても、自分の知らないうちに有害物質や老廃物をためこんでしまうものです。何もしないでいても有害物質や老廃物は体から出ていってはくれないので、デトックス効果がある食品などを体内に取り込む必要があります。そこで手軽にとれるものが、デトックス効果があるハーブティーになります。ハーブはヨーロッパで言う漢方薬のようなもので、様々な効果を持っているものです。以下では利尿作用があるタンポポ茶、むくみ改善のハイビスカス茶、発汗作用があるジュニパーベリー茶・エルダーフラワー茶、ダイエットにアーティチョーク茶、消化機能を整えるラズベリーリーフ茶…などのハーブティーについて紹介します。

利尿作用のあるタンポポ茶


タンポポ茶には肝臓強化や利尿作用があるので、むくみや便秘解消になります。肝臓強化の作用はコレステロールを抑え、血糖値を下げる効果が期待できます。健康診断の結果でコレステロール値が高い人にもオススメというわけです。タンポポの根には利尿作用がある成分が含まれているので、優れた利尿作用があり、ヨーロッパではおねしょハーブという呼ばれ方もします。タンポポ茶は入れ方によってタンポポ茶になったり、タンポポコーヒーになったりします。タンポポ茶は苦みのある味で、タンポポコーヒーはコーヒーのような味です。注意点としては低血圧の人は、血圧を低下させる作用があるので気を付けて飲むようにしてください。

むくみを改善するハイビスカス茶


華やかな見た目のハイビスカス茶は、カリウムが多く含まれているので利尿作用が高いことから、むくみに悩んでいる人に最適です。アルコールを飲んだ後に起こる二日酔いにも効果があります。また、クエン酸が含まれているので、肉体疲労を回復する効果があります。そのため、スポーツ中や後の水分補給に最適なハーブティーと言えます。のどの痛みや肌荒れにも効果があるので、その症状がある時に使えます。ハイビスカス茶に使われるのは一般的なハイビスカスの種類ではなく、同属の食用品種であるローゼルという種類です。きれいな真っ赤なルビーのような色のお茶になります。味はかなり強い酸味で、すっきりした印象となっています。

発汗作用のあるジュニパーベリー茶

あまり耳馴染みがないハーブですが、ヨーロッパ原産の高木の針葉樹・ジュニパーの実を乾燥させたものです。お酒の香りづけや肉料理のスパイスに使われていて、お茶にするとデトックス効果が強くなります。そのため老廃物や有害物質を排出してくれ、関節炎やリウマチ、痛風の症状を改善してくれます。さらにむくみや水太りを防ぎ、泌尿器系の感染症の改善、健胃作用があるので食欲増進や消化促進にもなります。味は針葉樹の木の香りがふんだんにしていて少しスパイシーな感じです。飲む時の注意点は、4~6週間くらいの期間に継続して飲むことは避けること、肝臓の炎症を起こしている病気を持っている人は飲まないことです。

ダイエットに良いアーティチョーク茶

日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパで花のつぼみを食べるアーティチョークは、別名チョウセンアザミとも呼ばれています。古くから薬用ハーブとして使われてきた、アーティチョークは肝臓の解毒作用があり、お酒をよく飲む人にはお茶にして飲むと効果があります。さらに消化促進や食欲不振の改善にも効果があるので、食べ過ぎてしまったり、食欲がなかったりした時には最適です。他には血中コレステロール値を下げ、便秘、貧血、糖尿病防止になります。コレステロール値が高い人や便秘に悩む人は飲んでみてください。味は苦みがありますが、後味がスッキリしています。キク科の植物にアレルギーがなければ、飲むことができます。

発汗作用のあるエルダーフラワー茶

インフルエンザの特効薬として有名な伝統的なハーブが、エルダーフラワーです。発汗作用や利尿作用に優れているので、アメリカではインフルエンザの特効薬として使われてきました。ヨーロッパでは砂糖を入れて、子供の風邪薬として飲ませていたそうです。エルダーフラワーは温まった状態で飲むことで血液循環を刺激して発汗し、体内の毒素の排出をしてくれます。風邪のひき始め、花粉症対策に効果があるので、ハーブティーにして飲むことはもちろんですが、うがいをすることでも効果があります。香りはマスカットのようなさっぱりした甘い香りで、味も優しい感じです。ちなみにエルダーフラワーの葉には、毒があるので、絶対に飲まないようにしてください。

消化機能を整えるラズベリーリーフ茶

ラズベリーリーフはヨーロッパ原産のヨーロッパキイチゴと呼ばれているもので、果実はお菓子・ジャム・ワインの原料に使われます。古くからヨーロッパでは安産のハーブティーとして知られていますが、子宮に効果があるだけでなく様々な効果があります。それは消化機能を整える効果、陣痛を和らげる効果、母乳分泌を促進し母体の回復を高めてくれる効果、生理痛や月経前症候群、更年期の症状改善効果などです。また、粘膜の炎症の鎮静効果、収れん作用もあり、風邪のひき始めにピッタリです。味は甘味と酸味があり、くせなく飲みやすい味となっています。胃がもたれたり風邪をひいたりしている人や、妊娠や生理の女性には嬉しい効果がたくさんのハーブティーです。

消化機能を高めるレモングラス茶


タイ料理のトムヤムクンに使われているレモングラスは、アジアではポピュラーなハーブとして様々なものに使われています。そんなレモングラスをハーブティーにすると、胃腸の調子を整えてくれるので、胃もたれ・お腹のガス抜き・食欲不振など、胃の調子が悪い時にオススメです。また、殺菌作用があり発熱や頭痛など、風邪のひき始めに効果があります。レモンのようなさわやかな香りが特徴で、レモンと同じようにリフレッシュしたい時に飲むといいでしょう。レモングラス茶はドライハーブでもフレッシュハーブでも両方使えるので、手に入れやすいもので作ります。なお、レモングラス茶は妊娠中の方は飲まないようにしてください。

老廃物の排出を促すクミスクチン茶

クミスクチン茶に使われるクミスクチンは、インド・マレー半島原産のシソ科ネコノヒゲ属の多年草で、可憐な花を咲かせるものです。おしべの形が猫のひげに似ていることから、和名はネコノヒゲと言います。クミスクチンはカリウムを多く含んでいるハーブのため、利尿作用に優れていて、体内の老廃物の排出を促進してくれる効果が期待できます。水分を排出する時に、ナトリウム・塩素・窒素化合物を一緒に排出してくれるので、痛風や高血圧の人は飲んでおきたいハーブティーと言えます。また、ポリフェノールの種類のロズマリン酸を含んでいるので、美肌効果やがん予防もあります。味はくせがなくさっぱりとしていて意外と飲みやすく、草のような香りがします。

効果的なデトックスハーブティーの飲み方

今までは具体的なハーブティーを紹介しましたが、デトックス効果を高めるためには飲み方を守る必要があります。何も知らないでデトックスしようと、ハーブティーを飲んでいても効果が出ませんし、逆効果になる場合もあるので、予備知識を頭に入れておきましょう。以下では、ハーブティーを毎日継続して飲むこと、熱いお湯でしっかり抽出すること、3~4分蒸らすことについて詳しく解説します。ハーブティーは1つの種類だけで楽しむことができますが、ブレンドして飲むこともできます。自分の身体や心の状態を見極めて、3種類に絞ってブレンドしていくといいです。分量の目安はメインとなるハーブをスプーン1杯、サブのハーブはスプーン半分ずつ調整してみてください。

毎日継続して飲む

ダイエットするときの運動もそうですが、ハーブティーでデトックスをする時も、ある程度継続して飲むことが重要です。昔は薬の代わりとして使われていたことがあるハーブですが、すぐに効果があるわけではありません。そのため最低でも1~3ヶ月は続けて、効き目があるのか様子を見ていきましょう。ハーブによっては長く飲むことをオススメしていないものもあるのでチェックしていくといいです。香りでリラックスできるハーブティーは継続して飲むことで、心にもいい影響があるので、試してみてください。

熱いお湯を注いでしっかり抽出する

ハーブティーをいれる時に重要なポイントの1つが、お湯の温度です。お湯の温度は、沸騰から一呼吸おいたお湯、つまり95~98℃くらいが理想です。しかし、ハーブティーはハーブによって6種類の入れ方があります。ドライハーブ・フレッシュハーブ・ティーバッグのハーブティーは熱湯から抽出し、ミント系やハイビスカスなどは熱湯で抽出して氷で冷やす入れ方をします。種の部分の固い部分をハーブティーとして飲む場合は、煮だして抽出します。また、高温になるとカフェインや苦みが出てしまう場合は、水だしで作ります。

3~4分蒸らす

紅茶や緑茶などのように短時間蒸らしただけで完成するお茶とは違い、ハーブは3~4分ポットやマグカップの中で蒸らす時間が必要です。蒸らす時間を短縮したい場合は、すり鉢などで細かくつぶしておくといいでしょう。フレッシュハーブの場合は、ハサミで適当な大きさに切っておくことをオススメします。きちんと蒸らす時間を設けることで、ハーブの効能が十分に出てきますので、きちんと守るようにしてください。

まとめ

ハーブティーにデトックス効果や健康効果があることを知って、ビックリした人は多いかもしれません。自然の植物の力で、体調を良くしたい人は実践してみてください。